Out of focus ~Baseballフォトブログ~

2016最終戦、小川踏ん張れず逆転負けで5位に!山田哲人2年連続トリプルスリー&盗塁王!

東京ヤクルトスワローズは、本日、マツダスタジアムで2016シーズン最終戦を迎えました。
既にセ・リーグ優勝を決めている広島カープも同じく最終戦となります。

今日はデーゲームで阪神タイガースが勝ったため、ヤクルトは負ければ5位となります。

先発は、広島が10勝目をかけて黒田博樹投手、ヤクルトは小川泰弘投手
スタメンは川端選手が3割キープのためお休みで、2番は上田選手
バレンティン選手が左手首を痛め欠場で、雄平選手が4番に入りました。
スタメンマスクは中村悠平捕手。田中広輔選手の盗塁を絶対に阻止して下さい。

一方、カープは打率で坂本選手を追いかける鈴木誠也選手が1番に入りました。
今日5打数5安打すれば坂本選手を抜いて首位打者となります。
小川投手、これまで鈴木選手に打たれていますが、最後くらいはきっちり抑えてほしいです。

と、ここまで試合前に書きました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 雄平選手のタイムリーで幸先よく先制も、最終戦を勝利で飾れず…

先制したのはヤクルト
初回1死後、上田選手が脚に死球をぶつけらられ出塁。
山田選手はセンターフライに倒れますが、上田選手が2盗に成功!
ここで、打撃好調の雄平選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち、ヤクルトが1点先制!

ヤクルトは3回、上田選手が内野安打で出塁。
山田選手は空振り三振後、雄平選手がライト前ヒットでチャンスを広げますが、
鵜久森選手が倒れ、追加点ならず。

小川投手は4回までカープ打線をノーヒットに抑えます。
注目の鈴木誠也選手を抑え、田中広輔選手も打ちとるなどナイスピッチング。

5回2死後、菊池選手にサード内野安打を浴び、これが許した初ヒット。
このあと、後続を抑え無失点ピッチングが続きます。

しか~し、6回裏、先頭の黒田投手にヒットを打たれると、
鈴木選手は三振に仕留めますが、田中選手に四球を与え1死1、2塁
2死後、エルドレッド選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ1-1の同点となります。
さらに、松山選手にセンターへタイムリー2塁打を浴び1-3と勝ち越されます。
ルナ選手にもライト前ヒットを打たれますが、雄平選手の好返球でホームタッチアウトで3アウト!
この場面、コリジョンのビデオ判定に持ち込まれ、判定通りでアウトとなりますが、
中村捕手は警告となりました。
最後まで、なんだかすっきりしないコリジョンルールですね・・・。
審判も、もっときちんと説明してほしいです。

小川投手は、初回から飛ばしたせいか、急に球威もキレもこの回は落ちました。
田中選手への四球が悔やまれますね・・・。

ヤクルト打線は初回こそ1点奪いましたが、
その後は、黒田投手に抑えられ追加点が奪えません。6安打しましたが1点のみでした。

7回は松岡投手が登板し、引退する廣瀬純選手と対戦し、いい当たりのレフトフライでした。
廣瀬選手は、そのあとはライトの守備にもつきました。
全盛期のライトの守備は素晴らしかったですね。
早すぎる引退ですが、いままでお疲れさまでした。

8回、広島はジャクソン投手が登板し、代打で川端選手が打席に立ち、レフト前ヒットで出塁。
1死後、上田選手もレフト前ヒットでつなぎますが、山田選手は空振り三振、
期待の雄平選手も倒れ、この回も得点できません。

8回裏は久古投手が登板し、田中、丸選手を抑え、
2死後、秋吉投手に交代して、エルドレッド選手を打ち取ります。

2点を追いかけるヤクルトは9回、今村投手の前に三者凡退でゲームセット。
1-3で広島カープに逆転負けを喫し、最終順位は、阪神が4位でヤクルトが5位となりました。

山田選手は、今日は4打数ノーヒット2三振でしたが、
最終打率は.304で、辛くも3割はキープ。
今日も出塁なしで盗塁はできず30盗塁のまま、本塁打は38本でシーズンを終えました。
これにより、山田哲人選手は、史上初の2年連続トリプルスリーの偉業を達成しました!
おめでとうございます。

さらに、田中広輔選手が今日盗塁なしで、30盗塁の山田選手が、2年連続の盗塁王に輝きました。
こちらも、おめでとうございます。
30盗塁してから全く走れませんでしたが、2個差のまま逃げ切れてホッとしました。
数字的には物足りませんが、とにかくタイトルを獲得できて何よりです。

打撃部門のタイトルは、死球以後の成績が急降下で、打率、打点、本塁打とも逃しただけに、
せめて盗塁王だけでもタイトルを死守できてよかったです。

山田選手の今シーズンの成績は、明日にでもまとめて記事を書くつもりです。
その際に、またいろいろ感想など書きたいと思います。

真中監督は、順位が決まるまで、メンバーや打順はそのままで行くとして戦ってきましたが、
阪神が7連勝の快進撃で、ヤクルトは最終戦で負けたため、
5位に転落してシーズンを終えました。

今日は、小川投手が序盤は好投でしたが、結局スタミナ切れでつかまって逆転負け。
打線はランナーを出しながらも、追加点がとれないままでした。

死球禍で、身体もメンタルもボロボロの山田くんを、最後まで使うにしても、
あれだけバッティングを崩していて、ヒットが期待できない山田選手を
ずっと3番から動かさないままでは、勝ち目はなかったでしょうね。

今日でも、インコースどころか、外のスライダーにさえ腰が引けていました。
あれでは打てるわけがありません。
もう、ずっとこんな状態なのに、3番で使い続ける意味があったでしょうか?
大いに疑問です。

出続けて、打率ほか、今まで積み重ねきた打撃成績が急降下していくのを見るのは辛すぎました。
球団としては、山田くんの年俸が爆上げにならなくて助かったかもしれませんね。
それが狙いだったのかと勘繰りたくなりましたよ。いえ冗談ですけど。

そんな中でも、川端選手はさすがの帳尻力を見せ、きっちり3割に乗せてシーズンを終えました。
もうチョイ早く復調してくれていたらと思いました。

同じ3割を目指した坂口智隆選手は、今日はノーヒットで3割には届きませんでした。残念です。
川端選手の3割に配慮するのなら、
チームの功労者の坂口選手が3割になった時にも、そうしてほしかったと思いました。
順位が確定してなかったというのがあったにしても・・・。

ルーキーの廣岡くんは、今日は黒田投手から右への1安打。
来季がますます楽しみです!
雄平選手は、フルスイングから巧打者へ変身しつつありますね。
バッティングが上手くなりました。自由自在にヒットが打てます。
来季へつながる終盤の素晴らしい活躍でした。

そして、エースと言われた小川泰弘投手に、最終戦では意地をみせてほしかったですが、
結局、よかったのは8月だけでしたね。
いろいろ原因はあると思いますが、オフから来季のキャンプでしっかり修正して、
もう一度、エースにふさわしいピッチングを取り戻してほしいと願います。
小川投手に限らず、投手陣の整備が急務でしょうね。
そうでなければ、来季への展望が見えてきません。

2016年は、私にとっては、山田くんの死球禍があり、終盤、打撃が大失速となり、
つらくて苦しいことの方が多かったシーズンでした。
山田選手は、イップスかと思うくらい最後は不振に苦しみ、私は来季への不安が残りました。
このオフは、心身ともケアして、また元気を取り戻してくれるよう祈っています。
とりあえず、一度病院に行って、ケガしたところの再検査や(岩貞投手の死球では病院に行っていません)
さらには、メンタルクリニックをしてほしいくらいです。

写真は9月28日神宮 山田哲人選手
e0222575_22181850.jpg



選手の皆さん、1年間お疲れさまでした。
しばらくは、ゆっくり疲れを取って身体を癒して下さい。

# by misty2011 | 2016-10-01 22:22