Out of focus ~Baseballフォトブログ~

雨天で打てん燕打線、4・5番が2試合ノーヒット

昨夜は畠山和洋選手が左太ももを痛めて負傷交代する中、東京ヤクルトスワローズは逆転勝ちをしました。
その畠山選手は前の記事に書きました通り、「プレーできる状態ではない」とのことで、本日登録抹消されました。
精密検査は明日以降となり、全治などはまだ不明です。心配ですね・・・。
2軍からは岩村選手と野口選手が昇格し、藤井亮太捕手が抹消されました。

今日の先発はヤクルトがナーブソン投手、西武ライオンズは十亀剣投手で、
ヤクルトは7番ファーストで、昇格即、岩村明憲選手がスタメン出場です。

初回、ナーブソン投手は5安打1四球で、いきなり2失点。
よく2点で済んだという内容でした。

かと思えば、3回には打者3人に対し、すべてが見逃し三振と素晴らしいピッチング。
ちょっとつかみどころのないピッチングでした。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 追い上げられず連勝ストップ…ナーブソン投手が5敗目喫す

追いかけるヤクルトは3回、三輪選手が内野安打、1死後、上田選手がヒットでつなぎ、
川端選手のタイムリーヒットで1点かえします。

しかし5回、中村おかわり君にカウント3-0から一発を浴び1-3となります。
不用意な勿体ない1球でした。

ヤクルトは6回、先頭の森岡選手がヒットで出塁後、暴投で3塁まで進み、中村悠平捕手のセカンドゴロで2-3と1点差。

このあと、8回の攻撃前に、雨が強くなり、試合は一時中断。

再開後、松岡健一投手が、ヒットと内野安打、そして四球で満塁のピンチを招き、栗山キャプテンに
ライトへ2点タイムリーヒットを打たれ2-5となります。

中断前より雨あしが強くなったくらいで、松岡投手にとっては最悪のコンディションの中での失点でした。
打たれたヒットも、当たりはよくないアンラッキーヒットで、ついていませんでしたね。
ヒットより、渡辺選手への四球が痛かったかもしれません。
まあ、負けるときはこんなものですね。

3点を追いかける9回最後の攻撃では、中村捕手が四球、山田選手が3塁線を破る2塁打で2死2、3塁となりますが、
最後は飯原選手がショートゴロでゲームセット。

2-5で西武ライオンズに敗れました。

西武は燕打線もびっくりの16安打。それで5点というのは効率悪いですけど。
一方、畠山選手が抜けたヤクルト打線は7安打(訂正)2点と、打線が冷え冷えでした。
いつもはもっと打ってつながってるので、そう感じます。

4番バレンティン選手は四球こそありましたが、3打数ノーヒット
調子が上がる気配がありません。
また、5番の雄平選手は4打数ノーヒット3三振と精彩がありませんでした。
2試合続けて、4、5番がノーヒットは厳しいですね。
5月の月間MVPを受賞した雄平選手は、特に空振り三振が目立って、打てる雰囲気がありません。
何とか早めに修正してほしいですね。

川端選手と森岡選手は好調をキープ。
しかし、畠山選手がいないので、中軸が打てないと、なかなか得点できません。

山田選手は内野安打のほか、最後の打席ではクリーンヒットの2塁打が出てホッとしました。
また、これをきっかけに上向くと思います。

しかし、畠山選手の離脱は、思った以上に大きそうですね・・・。
全体的に打線が下降気味なので、上向くことを期待するしかありません。

1軍昇格し、スタメンファーストの岩村明憲選手 今日は1安打でした。
e0222575_22324639.jpg

写真は4月24日神宮 岩村明憲選手


YouTube プロ野球チャンネル セントラルリーグ ハイライト

     
by misty2011 | 2014-06-09 22:37 | 東京ヤクルトスワローズ