Out of focus ~Baseballフォトブログ~

3/18オープン戦vs楽天★0-7惨敗、小川6回途中5失点


東京ヤクルトスワローズは、昨日は開幕投手に決まった石川雅規投手が7回無失点と好投し、
星→ギルメット投手とつなぎ3投手でオリックスを完封しました。

今日は、開幕投手こそ石川投手に譲りましたが、もう一人の候補だった小川泰弘投手が先発。
好投して、今年のライアンはやってくれると期待を抱かせてほしいですね。
東北楽天ゴールデンイーグルスの先発は安楽智大投手

ヤクルトスタメンは、1番サード西浦選手、2番レフトに荒木選手が入り、9番セカンドは谷内選手で、
坂口、大引選手は下位に回りました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、小川投手は三者凡退に抑え上々の立ちあがり。

その裏、先頭の西浦選手はセカンドライナー。いい当たりも藤田プロに好捕されました。
2番荒木選手もショートの好守備で2アウト。
雄平選手はレフト前ヒットで2盗も、悠々のタッチアウトで3アウトチェンジ。

2回、小川投手は先頭ウィーラー選手に四球、島内選手にはレフト前ヒットを打たれ無死1、2塁。
1死後、松井稼頭央選手にも四球を与え1死満塁のピンチ。
岡島選手は三振で2死満塁となりますが、細川捕手に押し出しの四球を献上して1点先制を許します。

前回はテンポよく投げていましたが、今日はまだグダグダに戻っていました。
続く茂木選手にライト前2点タイムリーヒットを浴び0-3
小川投手は決め球がなく、慎重になりすぎて2四球を与え、
さらに、全体的に球が浮いては、まあ打たれますね・・・。

その裏、ヤクルトは1死後、ベテラン坂口、大引選手の連打で1死1、3塁のチャンスメイク。
しかし、中村悠平捕手はショートフライ、谷内選手はセカンドゴロで得点ならず。

3回、小川投手は先頭の銀次選手にセンター前ヒットを打たれ、
1死後、島内選手にフルカウントから四球を与え1死1、2塁。
このあと、今江選手をセカンドゴロ併殺打に仕留め、何とか無失点で切り抜けます。
しかし、小川投手、3回で73球は多すぎでしょ。

その裏、ヤクルトはあっさり三者凡退。

4回、続投の小川投手は三人で片付けます。

その裏、先頭の雄平選手がセンターオーバーの2塁打で出塁。これで昨日から5打席連続ヒット。
畠山選手はフルカウントから四球を選び1死1、2塁とチャンス到来も、
坂口選手はショートゴロ併殺打で2死3塁。
大引選手は四球を選び1死1、3塁。
中村悠平捕手はライトフライに倒れ、この回も得点ならず。

5回、小川投手はこの回も三者凡退に抑えます。

その裏、先頭の谷内選手がレフト前ヒットで出塁し、小川投手の送りバントで1死2塁。
西浦選手はレフトフライで2死となり、荒木選手は四球で2死1、2塁。
続く5打席連続ヒットの雄平選手に期待も、空振り三振に倒れ、またもチャンスを潰します。

6回も続投の小川投手は、島内選手にライトへ、今江選手にレフトへ二者連続ホームランを浴び0-5
ちょっと持ち直したかと思ったら、これだもんね・・・。
開幕候補どころか、他球団ならローテも危うくなるレベルでしょう。

2死となったところで、中澤雅人投手と交代。後続を三振に仕留め3アウト。

その裏、5点ビハインドのヤクルトは畠山選手からの攻撃も三者凡退。

7回、ヤクルトは村中恭兵投手が登板。
この回から、1塁にグリーン選手、ショートに廣岡選手、センターに榎本葵選手が入ります。
村中投手は、きっちり三者凡退に抑えます。

その裏、楽天は今野龍太投手に交代
2死から、グリーン選手がライト線へのヒットで2塁へ走りますが、
スライディングが届かずタッチアウトとなり3アウトチェンジ。それにしても足が遅すぎ。
みどりちゃん、ヒットは少しづつ出るようになりました。

8回、ヤクルトは平井諒投手が登板 キャッチャーは星野雄大捕手に交代。
1死後、ウィーラー選手にライト線への2塁打、島内選手に内野安打を打たれ1死1、3塁のピンチ。
今江選手は谷内選手の好守もあって2死2、3塁となりますが、3塁ランナーが生還して0-6。
つづく聖澤選手にセンターオーバーのタイムリー2塁打を浴び、0-7と一方的な展開に。
平井投手が打たれました。

その裏、1死後、荒木貴裕選手が濱矢投手からセンター前ヒット。
雄平選手は空振り三振、代打の鵜久森選手はセンターフライで3アウト。

9回、ヤクルトはルーキ投手が登板
1死後、三好、藤田選手に連打され1死1、2塁から、銀次選手のサードゴロで2死2、3塁も、
ウィーラー選手を打ち取り無失点。

その裏、楽天は森原投手が登板。7回以降投げた楽天の投手は、私は全く知りません。
ヤクルトは榎本、廣岡、星野選手が三者凡退でゲームセット。
楽天に0-7で完封負けを喫しました。

先発の小川投手は、昨年のダメな時そのまんまでした。
ストレートが走らず、変化球は浮いて、決め球に苦労して四球を出すなど球数が増えました。
6回には2発浴び、これまた昨年の飛翔癖を思いだしました。
今日は悪いところが全部出たとして、これから開幕までに修正できるかどうかが重要になってきました。
やはりストレートが走らないと苦しいですね。

写真はキャンプブルペンより小川泰弘投手
e0222575_17291940.jpg



小川投手以外でも、今年のオープン戦では投手によって出来不出来がはっきりしていますね。
好調な投手はこのままキープ出来るよう、不調の投手は課題を修正してもらいたいです。

打線は、7安打で無得点。
そこそこヒットは出ても、チャンスでは全く打てない糞詰まり打線。
ロッテとの試合でも、7併殺なんてやらかしました。
ベンチは何の指示もなく、自主性任せで勝手に打たせているだけ。
オープン戦なので、自由に打たせているのかもしれませんが、
いざ開幕して、それがつながるとも思えません。
もう少し、オープン戦から勝ちに行く緻密な野球をしてほしいと思いました。
選手もですが、ベンチもまだ目が覚めていないようです・・・。

by misty2011 | 2017-03-18 16:28 | 東京ヤクルトスワローズ