Out of focus ~Baseballフォトブログ~

3/19オープン戦vs阪神 3-3引き分け、9回無死満塁サヨナラの好機を潰す!

東京ヤクルトスワローズは、今日は神宮で阪神タイガースとのオープン戦

先発はヤクルトが新加入のオーレンドルフ投手、阪神は能見篤史投手
スタメンは2番センターに榎本葵選手が入り、坂口選手はベンチスタート。

試合経過は ニッカンスコア

初回、オーレンドルフ投手は制球に苦しみ、髙山、北條選手に連続四球後、
阪神にFA移籍した糸井嘉男選手に、ライトスタンドへ1号3ランホームランを浴び、早くも3失点。

1死後、中谷選手には左中間への2塁打を打たれますが、後続を抑えます。
オーレンドルフ投手はコントロールがばらつく上に、球が高く、これでは打たれます。
前回も戸田で打たれ、今日の初回がこれでは・・・。


その裏1死後、楽天出身の2番・榎本選手が初スタメンの起用に応え、レフト前ヒットで出塁。
鵜久森選手も大ファール後、レフトへのヒットで続き1死1、2塁。
2死後、畠山選手のレフトへの飛球を髙山選手が落球するエラーで、榎本選手が生還して1-3
髙山選手は打つ方は素晴らしいですが、はっきり言って守備は下手。肩も弱いし。

2回、オーレンドルフ投手は、相変わらず球は高めが多いですが、三者凡退に抑えます。

その裏1死後、中村悠平捕手が右中間への2塁打で出塁。
オーレンドルフ投手が送りバントを決め2死3塁。
ここで、西浦直亨選手がレフトへタイムリーヒットを放ち2-3と1点差。
榎本選手もライト前ヒットで続き2死1、2塁。
能見投手のワイルドピッチで、ランナーがそれぞれ進塁して2死2、3塁も、
鵜久森選手はサードゴロで3アウト。

3回、オーレンドルフ投手はこの回も、2番からの打順を3人で片付けます。少し落ち着いてきました。

その裏2死後、荒木選手がレフト前ヒットで出塁。
大引選手はサードゴロで3アウト。しかし、サードの鳥谷選手が危なっかしい・・・。
衰えが隠せません。

4回もオーレンドルフ投手は三者凡退の抑えます。
好投と言うより、
解説の田尾さん指摘のとおり、阪神打線が高めのボール球に手を出して助けてくれています。

その裏2死後、西浦選手がセンター前ヒットも、榎本選手は見逃し三振で3アウト。
西浦選手は低めの難しい球を上手く捉えました。もう開幕サードスタメンは確定でいいでしょう。

5回、オーレンドルフ投手は四球、併殺打、ライトフライで三者凡退に抑えます。
その裏、ヤクルトは先頭の鵜久森選手が四球で歩き、
雄平選手のサードゴロで、ランナーが入れ替わって1死1塁。
畠山選手は四球で1死1、2塁も、後続が倒れ追加点ならず。

6回、オーレンドルフ投手がこの回も続投。
守備位置変更で、セカンドは谷内選手、サードに荒木選手でショートは西浦選手。
オーレンドルフ投手は、この回も3人で片付けます。

結局、オーレンドルフ投手は初回の3失点だけでした。
これだと、そう悪いとも言えなくなりました。
ただ、ストレートは前評判よりかなり遅くて、キレがあるようにも見えず、
私には棒だまっぽく見えました。

6回裏、阪神は伊藤和雄投手に交代
先頭の中村悠平捕手がセカンド内野安打で出塁。上本選手の守備に助けられました。
阪神の守備は、サード、レフト方面、セカンドもアナだらけ。ねらい目です。
代打の坂口選手、西浦選手は連続三振で、榎本選手は惜しいレフトフライで3アウト。

7回、ヤクルトは星知弥投手が登板
先頭の中谷選手に左中間への2塁打を打たれます。
このあと、フライアウト、三振で2死となりますが、暴投で2死3塁。
最後は、梅野捕手を空振り三振に斬ってとり、無失点で切り抜けます。
星投手、前回はよくなかったですが、今日はまずまずでほっとしました。

その裏、阪神は松田遼馬投手。ヤクルトは三者凡退。

8回、ヤクルトは石山泰稚投手
1死後、髙山選手にレフトへヒットを打たれますが、北條、西田選手を連続三振に仕留め3アウト。
今日は早起きしたので、眠くて、この辺はウトウトしながら書いています。
石山投手は、リリーフが決まってから好投が続いています。

その裏、阪神は藤川球児投手が登板
荒木選手がヒット、谷内選手もヒットで続き無死1、2塁。
中村捕手は送りバントで1死2、3塁。
しかし、グリーン選手は見逃し三振2アウト。最低限もできません。
西浦選手は、前進守備の頭を越えそうでしたが捕られ、ライトフライで3アウト。得点なりません。

9回はギルメット投手
2死後、原口選手に四球を与え、糸原選手にライト前ヒットを打たれ2死1、2塁。
しかし、梅野捕手をレフトフライに打ち取り3アウト。

9回裏、阪神はマテオ投手
先頭の榎本選手が3安打猛打賞となるセンター前ヒットで出塁。パリーグ産はいいですね~!
鵜久森選手はセカンド上本選手のエラーで無死1、2塁。代走は山崎選手。
つづく雄平選手のセカンドゴロを、上本選手が、今度は2塁へ悪送球して無死満塁。
またやらかしました。

代打の上田剛史選手は押し出し死球で3-3の同点に。相手ミスが重なり同点に追いつきました。
しかし、絶好のサヨナラのチャンスに、荒木、谷内選手は連続三振で2死満塁。
中村捕手はサードゴロでサヨナラならずゲームセット。

阪神も阪神なら、これだけミスしてもらってもサヨナラ出来ないヤクルト打線もたいがいですね。
今日も残塁打線の真骨頂を見せてもらいました。

先発のオーレンドルフ投手は、初回に2四球後、3ラン被弾で3失点。
6回まで投げ、結局初回の3失点のみ。ヒットも初回の2安打だけでした。
これだと、そう悪くもなくまずまずってことでしょうか!?
何とも微妙ですが、小川投手よりはいい内容ですからね。

星投手は前回よりはよくなっていました。ただ、球速は以前ほど出ていません。
疲れもあるでしょう。
石山投手は順調。
ギルメット投手はランナーを出しましたが、大崩れの心配がないので、それほど心配していません。

打線は、タイムリーヒットを打ったのは2回の西浦直亨選手のみ。
初スタメンの榎本葵選手が3安打猛打賞とアピールしました。

しかし、11安打で相手エラーが3個もありながら、14残塁で3得点のみ。
初回は相手落球エラー、9回は押し出し死球ですからね。
特に9回は、相手ミスから同点に追いつきながら、
無死満塁から1点も取れず、サヨナラ出来なかったなかったことがすべてです。

唯一タイムリーヒットを打った西浦直亨選手 今日はマルチヒットでした。
e0222575_12195372.jpg



毎試合のように、こんな残塁祭りを繰り返しています。野球が下手ですね。
いくら主力の山田、バレンティン選手がいないからって、何とかならないものでしょうか?
相変わらずストレスのたまる試合をやっています。

by misty2011 | 2017-03-19 16:36 | 東京ヤクルトスワローズ