Out of focus ~Baseballフォトブログ~

1番~5番がノーヒット!得点は相手落球エラーの2点のみ★2-5 ヤクルト6連敗

開幕から4カード目、東京ヤクルトスワローズは、昨夜は神宮が雨天中止となり、
今日から中日との2連戦。

先発は、ヤクルトが山中浩史投手、中日はバルデス投手
スタメンは1番比屋根、2番大引選手で、雄平選手が外れ、畠山選手が5番に上がり、6番に鵜久森選手
サードには西浦選手が入りました。
選手の入れ替えでは、星野雄大捕手と山崎晃大朗選手が昇格し、土肥寛昌投手と三輪正義選手が降格


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・山中投手が7回2失点の好投も、今季3度目の延長戦を制せず6連敗…

初回は両チームとも三者凡退
ヤクルトは1死後、大引選手が四球で歩きますが、山田選手がサードゴロ併殺打。
力のないゴロで、またまた併殺打の山田くんに、私は早くも撤収モード。打てそうな気がしません。

2回、山中投手は先頭のビシエド選手に四球を与え、平田選手にレフト前ヒットを打たれ無死1、2塁
1死後、ルーキーの京田選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ1点失うと、
2死後、バルデス投手にセンターへタイムリーヒットを打たれ0-2
山中投手にしてはコントロールがよくなく、ストライクを取りに行って打たれました。

この後、3、4回は両チーム三者凡退。
ヤクルトは4回までノーヒット。フライアウトが続きます。
4回の山田選手はサードフライを打ち上げました。
凄い球を投げてるわけでもないのに、どうやったらヒットが打てるのか手がかりさえ見えません。

5回も山中投手は3人で片付けます。3回以降、山中投手らしいテンポの良さが戻ってきました。

その裏、ヤクルトは2死後、今日スタメンの鵜久森選手がレフト前ヒットで出塁。
ようやくチーム初ヒット!ノーノーを阻止しました。
中村悠平捕手もレフト前ヒットで続き2死1、2塁
ヤクルトはここから如何に点をとるかが問題!

つづく西浦選手は四球で歩き2死満塁。
代打は出さず、山中投手がそのまま打席に入ります。
山中投手はショートゴロで3アウトチェンジ。まあ、仕方ありませんか・・・。

6回、山中投手は亀澤選手にライトへ2塁打を打たれます。
鵜久森選手の守備の隙をつかれて2塁打となりました。
無死2塁のピンチから、この後、ゲレーロ、ビシエド、平田選手を抑え追加点を許しません。
よく抑えました。

その裏、比屋根、大引選手はショートゴロ、山田選手はライトへの大きなフライで3アウト。
腰が入ってないので、ひと伸び足りません。

7回、山中投手は、この回も危なげなく三者凡退に抑えます。
打線が何とかしなきゃ!

その裏、ヤクルトは2死後、鵜久森選手が左中間への2塁打で出塁。また2死からチャンスか・・・。
中村悠平捕手の打席でバッテリーミスが出て2死3塁。
もうムーチョしか頼る選手がいません。打って~!
中村捕手は四球、西浦選手も四球で2死満塁となります。

ここで、ヤクルトは代打に西田明央選手を送ります。
今日は戸田でデーゲームに出場し、夜は神宮へ!
西田選手ファーストフライを打ち上げますが、ビシエド選手がなんと落球。
この間にランナーが二者生還して2-2の同点に!
比屋根選手の打席で、西田選手が2盗して2死2、3塁も、
比屋根選手はライトフライで3アウト、勝ち越しならず。

2-2の同点となった8回、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
1死後、大島選手にサード内野安打を打たれますが、大島選手はけん制盗塁死で2アウト。
亀澤選手は見逃し三振で3アウト。

その裏、中日は三ツ間投手が登板
1死後、山田選手は外の球に見逃し三振。バレンティン選手も倒れあっさり三者凡退。

今日も上位打線はダメダメ、特に3、4番。下位打線と入れ替えてほしいくらいの絶望感。
山田くんは、すぐ2ストライクと追い込まれ、最後はボールくさい球でしたが見逃し三振。
不服そうにしていました。
不調で怖さがないので、相手バッテリーはどんどんトライクを取って追い込みます。
追い込まれると、粘ることも何もできず、三振か凡打の繰り返し。かなり重症ですね。
これ、ホントにそのうち打てるようになるんでしょうか??

9回は秋吉亮投手が登板
1死後、ビシエド選手に四球を与えますが、後続を抑えます。

その裏、三ツ間投手は続投
先頭の畠山は空振り三振。
期待の鵜久森選手も空振り三振。あらら・・・
中村悠平捕手は内野安打で2死1塁。またまた2アウトから
西浦選手はレフトファールフライに倒れ、サヨナラ逸し、延長戦に入ります。

10回、ヤクルトは星知弥投手が登板 ライトは雄平選手に交代
先頭の京田選手がショート内野安打で出塁
杉山捕手は送りバントで1死2塁。
ここで、中日は代打の藤井淳志選手が右中間へのタイムリー3塁打を放ち中日が1点勝ち越します。
大島選手はピッチャーゴロで2死3塁
つづく亀澤恭平選手にライトへ2ランホームランを放り込まれ2-5となります。あちゃ・・・

3点を追うその裏、中日は田島投手が登板
先頭の雄平選手は空振り三振、代打の山崎選手はライトフライ。
大引選手はセカンドゴロでゲームセット。

ヤクルトは2-5で中日に敗れ、これで6連敗。

山中投手は7回2失点。2回だけなんですよね。
これ以外は好投も、また勝ちにつながりませんでした。

問題は打線、それも上位打線が全く音なし。
スタメンの1番から5番が20打数ノーヒット1四球では話になりません。

6番の鵜久森選手と7番の中村悠平捕手がともに2安打と下位打線の方がよほど期待が持てました。
結局、ヒットはこの2選手の4安打のみ。
しかも、得点は相手落球エラーでもらった2点のみ。
あれがなければ完封されていたかもしれません。何ともさぶい試合となりました。

中村悠平捕手の打撃は好調なんですが・・・いっそのこと上位の打順におきますか?
e0222575_21372424.jpg



チャンスがあったとすれば、5回2死満塁の場面。
ヤクルトは山中投手に代打を出さず、そのまま打席に立たせました。
まだ回が浅かったので、続投はわかりますが、もし代打を送っていればどうだったでしょう?
ま、結果論なので何とでも言えます。同じく点が入らなかったような気もしますが。

同点で延長に入り、星投手が打たれましたが、やはりまだ競った場面では厳しいのかもしれませんね。
京田選手の打球がショート内野安打だったのも不運でしたが、そのあと、藤井選手に打たれ、
まさかの亀澤選手に被弾したのは大誤算でした。全部、左打者に打たれていますね。

3点ビハインドでは、今のヤクルト打線に挽回の力はありません。
どちらにしても、相手エラーがなければ1点も取れなかったので、勝ち目はありませんでした。

打線を何とかしないと、とてもじゃないですが勝てそうにありません。
投手陣が頑張っているだけに、これだけ打てないと気が滅入ってきますね。
開幕早々、もう試合を見るのが苦痛になってきました。
特に、山田くんの状態が一向にあがってきませんからね。
凡退の内容も悪いので、明かりが見えません。私は、どんどん落ち込むだけ・・・。

明日から、突然打ってくれないかしら? そう願っても打てそうにない雰囲気なんですよね。
今のところ、3番に置く価値が見いだせません。
1番で気分転換でもと思いますが、それでも打てそうにないですね。
山田くんに限らず、特に上位打線は何とかなりませんかね。

投手が打たれるのも辛いですが、こんな打てない打線を見るのは、マジで勘弁してほしいです。
ベンチは何か打開策を考えているんでしょうか?
それが見えてこないので、余計ストレスが溜まります。

by misty2011 | 2017-04-12 22:05 | 東京ヤクルトスワローズ