Out of focus ~Baseballフォトブログ~

ヤクルト追いつくだけで勝ち越せず、最後は延長サヨナラ負け

東京ヤクルトスワローズは、昨夜は代打・鵜久森淳志選手の劇的サヨナラヒットで連敗を6で止めました。
鵜久森選手は、今月に入り、4月2日には代打サヨナラ満塁弾、そして13日にはサヨナラヒットで、
既に2度のサヨナラ打!
ヤクルトはここまで4勝していますが、そのうち2勝は代打・鵜久森選手のバットで挙げました。
素晴らしい活躍ですね。レギュラー陣も負けずに打ってほしいものです。

今日からヤクルトはハマスタで横浜DeNAベイスターズとの3連戦。
開幕初戦のDeNA戦では勝ち越しましたが、2度目の対戦はどういう結果となるでしょう?
主砲の筒香選手を目覚めさせないよう、投手陣が抑えれば、勝機はあると思います。

先発はDeNAがウィーランド投手、ヤクルトは石川雅規投手
スタメンは、またまたいじってきました。
1番山田、2番はセンター雄平、5番にライト鵜久森、7番ショート西浦、8番サード谷内選手
昨夜は1、2番コンビで得点したので、2番は山崎選手のままかと思いましたが・・・。
一方、DeNAは梶谷選手がスタメンから外れています。ハムストリングを痛めたそうです。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 3度追いつく粘りを見せるも…延長10回に痛恨のサヨナラ負け

初回、先頭の山田選手が左手小指付近にデッドボールを受け出塁。
2盗は試みず、雄平選手のショートゴロで2塁フォースアウトとなり、
バレンティン選手はセカンドゴロ併殺打で3アウト。

初っ端から山田くんがぶつけられ心配ですね。
そのまま1塁へ出ましたが、何ともなければいいのですが。
あとから実は・・・何てことにはなりませんように。
出来れば、山田くんには走ってほしかったですね。最近は、盗塁に対しても積極性がありません。

その裏、石川投手は、先頭の桑原将志選手に先頭打者ホームランを浴び、1点先制を許します。
2死後、筒香選手に右中間へ2塁打を打たれますが、後続を抑え1点どまり。

2回表裏は、両チームとも三者凡退。

3回もヤクルトは三者凡退。
その裏、石川投手は倉本選手にセンターへヒットを打たれ、桑原選手はサードゴロで1死2塁。
つづく佐野選手はセカンドゴロで2死3塁となり、ロペス選手も抑え得点を許しません。
しかし、フルカウントが続きく苦しいピッチング。

4回、先頭の山田選手が四球で出ます。今度こそ走れ~!
雄平選手はライトフライ、バレンティン選手はレフト前ヒットで1死1、2塁
どちらも、山田選手が走るまで待つ配慮は全くナシ。
畠山選手は四球を選び2死満塁
ここで鵜久森選手。代打ウグのバッティングを期待も、空振り三振で2死満塁。
中村捕手はレフト前にタイムリーヒットを放ち1-1の同点に!
さすがムーチョ!よく打ちました。
なおも2死満塁で、西浦選手はレフトフライで1点どまり。

その裏、石川投手は先頭の筒香選手を見逃し三振、宮崎選手には四球を与え1死1塁。
浩康選手は空振り三振で2死後、戸柱捕手にライトフェンス直撃のタイムリー2塁打を浴び1-2

5回、ヤクルトは三者凡退。山田選手は気のない空振り三振。
いや~、体の開きが早いし、バットにボールが当たらないし、一向に調子が上がりません。

その裏、石川投手は三者凡退に抑えます。

6回1死後、バレンティン選手が内野安打で出塁。全力疾走しました。
畠山選手は見逃し三振で2死となり、鵜久森選手はライトフライで3アウト。

その裏1死後、筒香選手にセンター前ヒットを打たれます。筒香シフトの間を抜けて行きました。
宮崎選手はレフトフライ、浩康選手は空振り三振で3アウト。

7回、先頭の中村捕手が四球で歩きます。
西浦選手は送りバントで1死2塁
谷内選手はショートゴロで2死3塁
代打の大松選手に期待も、横浜DeNAは砂田投手に交代し、空振り三振に倒れ3アウト。

その裏、ヤクルトは杉浦投手が登板
糸をひくような伸びるストレートで三者凡退に抑えます。

8回、DeNAは三上投手が登板
先頭の山田選手はセンターへのヒットで出塁。とりあえず1本ヒットが出ました。ほっ…
雄平選手は初球を打ち上げライトフライで1死1塁。走るのをちょっと待てよ~!
この後、バレンティン選手の打席で山田選手が2盗成功!いいぞ~!
バレンティン選手はライトフェンス直撃へのタイムリーヒットを放ち2-2の同点に!
畠山選手は空振り三振で2死となり、鵜久森選手はショートゴロで勝ち越しならず。

その裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
2死後、ロペス選手に3塁強襲してレフトへ抜ける2塁打を打たれます。
筒香選手は敬遠して1死1、2塁。ロペス選手の代走は山下選手
宮崎選手は四球で2死満塁
つづく代打の乙坂選手に、カウント3-1からレフト前にタイムリーヒットを打たれ、
2-3と勝ち越されます。
戸柱捕手はファーストゴロで3アウト。

9回、DeNAは山崎康晃投手。パットン投手よりは打てそう!?
ここで、横浜は筒香選手に代わりレフトに山下選手が入ります。サードは白崎選手
足を引きずっていたので、何かアクシデントがあったようです。
先頭の中村捕手は四球で出塁。代走は比屋根選手
西浦選手は送りバントで1死2塁
谷内選手はライト前ヒットで1死1、3塁
途中出場の上田選手はセンターへ犠牲フライを運び3-3の同点に。
2死1塁となり、山田選手はセンターフライで同点どまり。当てただけで伸びませんでした。

9回裏はルーキ投手が登板。髭を短く切っていました。
三者凡退に抑え延長戦に突入

10回、横浜はパットン投手
先頭の雄平選手がピッチャーのグラブを弾く内野安打で出塁
バレンティン選手は空振り三振
畠山選手はセカンドゴロ併殺打で3アウト。

その裏、ヤクルトはルーキ投手が続投。これ大丈夫!?
先頭の関根選手がセーフティバント。ルーキ投手がボールをこぼしが内野安打となり無死1塁
山下選手は空振り三振で1死1塁
白崎選手の打席でワイルドピッチがあり1死2塁
このあと、ルーキ投がボークをやらかし1死3塁のピンチ
白崎選手はサードゴロで、谷内選手がバックホームも、
3塁から関根選手がホームインして判定はセーフ。
DeNAのサヨナラ勝ちとなりました。

今日はスタメンから梶谷選手が外れ、途中からは筒香選手も交代しましたが、
同点までが精いっぱいで、チャンスはありましたが勝ち越しできませんでした。

先発の石川投手は、先頭打者に被弾しましたが、6回2失点と粘りました。
ただ、4回に中村捕手のタイムリーヒットで1-1の同点に追いついたその裏、
戸柱捕手に打たれ勝ち越しを許します。初球でしたが、ちょっと不用意だったかもしれません。

このあと、8回にバレンティン選手のタイムリーで同点に追いつきますが、
その裏、石山投手が打たれ再び勝ち越されます。
9回に上田選手が犠牲フライを運び、3-3の同点に追いつきますが勝ち越せず。

そして延長10回、2イニング目のルーキ投手が、暴投、ボークなどミスが重なり、
最後はサードへのタイムリー内野安打となり、サヨナラ負けを喫しました。

髭を短く剃ってすっきりしましたが、ピッチングはグダグダになったルーキ投手
写真はキャンプ時のルーキ投手
e0222575_1045788.jpg



競った試合でしたが、常に追いかける展開で、結局、追いつくだけで、一度も勝ち越せませんでした。

今日の問題点を考えてみると
真中監督は、今日もスタメンオーダーをいじってきましたが、
1、2番は昨日の、山田-山崎選手のままで良かったように思います。
2番の雄平選手の意味がよくわかりませんでした。

それから、鵜久森選手は、やはり代打での一振りの方が相手にとっては怖さがあるでしょうね。

石山投手は、今日はストレートにいつものキレがなく、四球を出すなど弱気な感じで、
結局勝ち越し打を打たれました。

そして、ルーキ投手の続投が裏目に出ました。
10回は、秋吉投手投入かと思いましたが、
ルーキ投手が2イニング目にミスが重なりサヨナラ負け。
ボークの判定に、ルーキ投手がいら立っていましたが、真中監督は抗議せず、
サヨナラ負けしてから文句を言っても遅すぎました。

最後は、谷内選手のサードからの送球が右にそれたぶん、西田捕手のタッチが遅れました。

まあ、勝ち越し出来ないまま、負けるべくして負けましたね。
ルーキ投手はリリーフ失敗が目立つので、配置転換があるかもしれませんね。
好投が続いていた石山投手が打たれたのは、ちとショックです。

明日は、梶谷、筒香選手の出場がなさそうなので、勝たないといけません。
小川投手の好投を期待しています。
打線は、もうちょっと何とかしないと。
各自、工夫も粘りもなく、ただバットを振ってるだけに見えます。
結局、相手は誰が投げても打てません。奮起をお願いします。

バレンティン選手は、いい当たりが少し戻ってきました。
山田選手は、まだ当分時間がかかりそうなのが辛いです・・・。

by misty2011 | 2017-04-14 22:14 | 東京ヤクルトスワローズ