Out of focus ~Baseballフォトブログ~

鵜久森選手に続き荒木選手がセ・リーグ史上初のシーズン2度目のサヨナラ満塁弾、2選手フォト

松山坊ちゃんスタジアムでの中日との2連戦は、どちらも劇的な結末となりました。
初戦は、2点リードの9回に秋吉投手がビシエド選手に3ランを浴び逆転負け。
好投した小川泰弘投手が不憫でなりませんでした。

2戦目は、1-1の9回裏、
2死満塁から荒木貴裕選手が大野投手から2号サヨナラ満塁弾を放ち、劇的勝利!

スポニチ 今度は荒木!ヤクルト セ史上初シーズン2度のサヨナラ満弾
サンスポ 荒木が鵜久森に続いた!燕、セ界初のサヨナラ満弾シーズン2発


とにかく、荒木選手が凄った。打席での思い切りが素晴らしかったですね。
一日にして前試合逆転負けの大ショックを振り払ってくれました。
また、お世話になっている松山の関係者の皆さん、そしてスタンドで応援したヤクルトファンにとっても、
嬉しすぎる勝利となったことと思います。本当によかったですね。

荒木選手にとっては、自身初のサヨナラ打が劇的満塁弾となり、普段は地味でおとなしい荒木選手が、
打った瞬間、珍しく両手をあげてガッツポーズが飛び出します。
ヒーローインタビューでは「体が震える」と、その喜びを興奮気味に話しました。
カウント2ボールー0ストライクから、積極的に振った結果が実を結びましたね。
その勇気を称えたいと思います。

思えば、4月27日中日戦で2点ビハインドの6回、1死2塁から荒木選手は謎のバントをして、
2死3塁となりました。
続く山田選手は3ボールノーストライクから打って出て、捕邪飛に倒れ得点できませんでした。
あのバントは、結局何だったのか今でもわかりません。
ベンチの指示とも思えず、自分で考えた末のことたっだのでしょうか?
その後、荒木選手はベンチを温めることが多くなりました。
その時の反省、悔しさもきっとあったんでしょうね。
昨日の打席は、迷いがなく思いっきりがいいスイングでした。

試合中は、このサヨナラ満塁ホームランが、どういう記録なのかは知る由もありませんでした。

2017シーズン、ヤクルトは4月2日神宮で、代打鵜久森淳志選手がサヨナラ満塁弾を放ち、
劇的勝利を飾りましたが、
今度は、松山で、鵜久森選手に代わって1塁の守備についた途中出場の荒木貴裕選手が、
9回裏にサヨナラ満塁ホームランとは、不思議な巡りあわせを感じます。

同一球団によるシーズン2度のサヨナラ満塁弾は、セ・リーグ史上初の快挙となるものです。
試合後、このことを知り、さらに驚きました。
単なるサヨナラ満塁弾ではなく、球史に残る快挙だったわけですね。
心よりおめでとうございます。

両リーグでは、1988年にパ・リーグで阪急の藤田浩雅、福良淳一選手以来、
29年ぶりでプロ野球史上3度目のとのことです。
2017年は、サヨナラ満塁弾の球史に、新たに鵜久森淳志、荒木貴裕選手の名が刻まれました。
素晴らしいことです。

シーズンまだ序盤の5月で既に2度もあったことなので、2度あることは3度あるで、
この後もまた、ヤクルトはサヨナラ満塁弾が出るかもしれませんね。大いに期待しています。

ということで、今日はサヨナラ満塁弾の鵜久森、荒木選手の4月神宮とハマスタでのフォトです。

まずは、鵜久森淳志選手
4月2日神宮 球場入り
e0222575_11234150.jpg


延長10回裏、代打サヨナラ満塁弾を打った瞬間
e0222575_11242118.jpg


代打サヨナラ満塁弾を放ちホームイン ナインの手荒い祝福を受けます。ユニの背中が水浸し
昨日の荒木選手も同じような光景でしたね。
e0222575_11245335.jpg


5月11日神宮 球場入り
e0222575_11313841.jpg


ウォームアップ 山田選手と同じ班です。
e0222575_11314782.jpg



続いて荒木貴裕選手
4月2日神宮 花束贈呈に出てきました。
e0222575_1135083.jpg


4月16日ハマスタ 守備練習を終え引きあげる荒木選手
e0222575_11424553.jpg


ティーバッティング
e0222575_11425969.jpg


e0222575_1143932.jpg


5月11日神宮 球場入り
チーム内でもトップのイケメン荒木選手
顔のパーツはすべて整っていますが、どこか寂しげで地味な印象。随分、損をしています。
それでも女性ファンは多くて、荒木選手同様、控えめに応援しています。
e0222575_11333388.jpg


e0222575_11334191.jpg


昨日の派手なサヨナラ満塁弾で、一気に荒木選手の存在が目立つことになりました。
これからも、もっともっとアピールして、控えに甘んじることなく、
スタメンを奪いとるくらいの活躍を期待しています。

by misty2011 | 2017-05-15 14:25 | 東京ヤクルトスワローズ