Out of focus ~Baseballフォトブログ~

菅野の前に早打ち打線がサクサク凡退、バレソロ弾のみ★1-5完敗

東京ヤクルトスワローズは、今日から東京ドームで読売ジャイアンツとの3連戦
ヤクルトは、なかなか東京ドームでは勝てませんが、
セ界史上初のシーズン2本のサヨナラ満塁弾の勢いに乗って、今度こそ勝ち越したいですね。

先発は巨人が菅野智之投手、ヤクルトはブキャナン投手
スタメンは、6番ファーストに一昨日のサヨナラ満塁弾の荒木選手、8番にショート西浦選手


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト バレンティン選手の5号ソロで一矢報いるも…失点重く連勝ならず

初回、ヤクルトは1死後、藤井選手がエラーで出塁も、山田選手がサードゴロ併殺打。

その裏、1死後、ブキャナン投手は石川慎吾選手をショート内野安打で出します。
捕れた打球でしたが、西浦選手がもたつきました。
坂本選手は打ちとりますが、2死1塁から、
阿部慎之助選手にレフトスタンドへ8号2ランホームランを運ばれ2点先制されます。
菅野投手相手に、初回の2失点は厳しい立ち上がりとなりました。

ヤクルトは3回はブキャナン投手がチーム初ヒット、
4回は雄平選手がレフト前ヒットを打ちますが、後続が倒れます。

早いカウントから積極的に打っていますが、仕留められず、サクサク試合が進みます。
追い込まれたら打てないから、早打ち指示が出ていると思われますが、
あっさり凡退では、相手の思うつぼ。これは完全に菅野投手のペースになっています。

4回裏2死後、ブキャナン投手はマギー選手に四球を与え、2盗を許しますが、後続を抑え3アウト。

5回、先頭の荒木選手がレフトへの2塁打で出塁。チーム初の長打、それも先頭バッターが出ました。
荒木選手は、レフトからの返球がおなかに当たって痛そうでしたがプレー続行。
中井選手、ベースに入っているんだから捕れよ~!笑っちゃイカンでしょ。
つづく中村捕手は浅いライトフライ。西浦選手はショートゴロで2死3塁となり、
ブキャナン投手はセカンドフライで得点ならず。

早いペースで試合が進み、19時で5回裏に入ります。
ブキャナン投手は先頭の中井選手を四球で出します。
小林捕手はスリーバントを決め1死2塁
打撃のいい菅野投手は、初球をセンター前にはじき返し1死1、3塁。不用意な甘い球でした。

トップに戻り、立岡選手は前進守備のセカンド横を抜けるタイムリーヒットで0-3
続く石川慎吾選手の抜けようかという打球を山田選手が捕って西浦選手にトスも、
西浦選手がボールをこぼしオールセーフ。
あれは、西浦選手が捕らなくては。記録は西浦選手のエラー。

1死満塁で、坂本選手は浅いライトフライで2死満塁。
阿部選手はライトへのタイムリーヒットで二者生還して0-5
2点でもキツいのに、5点とは・・・もう決まったでしょうね。

6回、ヤクルトは先頭からの攻撃も三者凡退。
ここまで、山田選手はサードゴロ×2と空振り三振。
宮本さんの解説通り、先日4安打したものの、あの試合だけで、しかもシングルヒットのみ。
山田選手は、底は脱したものの、復調と言えるほど良くはなっていないように私も思います。
打席では、インスラにはいまだにびくっと腰が引けていて、外スラは遠く見えている感じですね。
菅野投手に軽くあしらわれています。

その裏、ブキャナン投手は三人で片付けます。

7回1死後、バレンティン選手がレフトスタンドへ5号ソロホームランを放ち1-5
これで完封は阻止しました。
しかし、バレンティン選手の一発って、ほとんど負け試合と言うのがねぇ・・・。

写真は4月16日ハマスタ この日もソロ2発が空砲となりました。
e0222575_201264.jpg


その裏、ヤクルトはギルメット投手が登板。三者凡退に抑えます。

8回、先頭の代打・武内選手がレフト前ヒットで出ます。
続く代打の大松選手は粘って四球を選び無死1、2塁。代走は谷内選手
坂口選手は空振り三振、藤井選手はセンター前ヒットで1死満塁。

ここで山田選手。併殺だけは打たないでと祈りました。
山田選手は初球を打ってボテボテのピッチャーゴロとなり、
3塁ランナー武内選手がスライディングもホームアウトとなり2死満塁。
武内選手に代走を出していればと・・・。
しかし、山田選手、初球から打つにしては情けない打球で、私は泣きたくなりました。
また調子が逆戻りしそうで心配です。
雄平選手はサードゴロで、この回得点ならず。

その裏、ヤクルトは成瀬投手が登板
先頭の坂本選手がライト前ヒットで出塁。
今季は右へのヒットが増えましたね。打率を残せるわけです。
1死後、マギー選手をセカンドゴロ併殺打に打ちとり3アウト。

9回裏、巨人はカミネロ投手が登板
1死後、荒木選手が四球で出ます。
中村捕手はショートゴロで2死1塁。
武内選手はライト前ヒットで2死1、2塁。
谷内選手はサードゴロでゲームセット。

東京ドーム初戦は1-5で完敗しました。

とにかく菅野投手を打てませんでした。
ヤクルト打線の早打ちもあって、8回91球でスイスイ投げられ、バレンティン選手のソロ弾の1点のみ。

ブキャナン投手は、菅野投手相手に初回に阿部選手に2ランを浴びたのが痛かったですね。
5回は、先頭への四球が悔やまれます。そのあとは、内野守備にミスが出て、
阿部慎之助選手の2点タイムリーヒットでトドメを刺されました。

今日はエース菅野投手に抑えられ、4番・阿部新之助選手に先制2ランとダメ押しタイムリーで4打点献上。
相手巨人にとっては最高の勝ち方となり、ヤクルトは完封を免れるのがやっとでした。

今日はNHK/BSで見ましたが、
宮本慎也さんは、中継の中で、山田くんのバッティングに関して、
昨年の死球後遺症ではないかと話されていました。
まあ、昨年からずっ~~と、こんな調子ですからね。
私も何回かブログで書きましたが、やはりそう思う方が普通でしょうね。
影響がないはずなどありません。
そこからバッティングの形を大きく崩して、底は脱したものの、いまだ本調子には程遠い感じです。

打つ日もありますが、ちょっとしたことですぐまた逆もどり。
そういえば、松山でもぶつけられてはいませんが、足の後ろを通るような危ない球がありましたね。
ユニをかする死球もありました。
ホントにどうしたらよくなるんでしょう?

元コーチの伊勢孝夫さんが、不調の山田選手について、いろいろ指摘してくれています。
名コーチが分析。山田哲、筒香の不振は本当に「WBC後遺症」なのか

なるほどとうなづくことばかりで、いっそのこと、また伊勢さんに臨時コーチでもしてほしくらいです。
不調脱出のためには、ずっとやっているティーバッティングでの限界を私は感じます。

伊勢さんは「不振の原因は様々です。それを見極めて対処法を考えないと、
復調できるものもできなくなってしまう」と話しています。
山田くんの場合、ステップ幅が広くなっていて、軸足の粘りがないと指摘しています。


山田選手は、これで2試合8打数ノーヒット。直近3試合だと、松山の初戦に1安打したのみです。
一進一退で一向に前に進みません。
打率は、またまた下がって.233。2割5分越えが遠のきました。
山田くんがこんな調子なので、もうつらくて、試合を見るのが私にとっては苦痛になりつつあります。
明日は何とか1本でもヒットが出るよう願っています。
山田選手が打たないとチームも乗れないし、勝てません。

あと、西浦選手、守備も打つ方も、こちらも一向に調子が上がりませんね。
今年は期待していた選手なので、こちらも見るのが悲しくなる試合が続きます。
一方、荒木選手は、今日も2塁打と、あと好捕に阻まれましたが、
いい感じの打撃が続いていてよかったです。

明日は、各打者が打席でもっと粘って、相手が嫌がることをしてほしいです。

by misty2011 | 2017-05-16 21:08 | 東京ヤクルトスワローズ