Out of focus ~Baseballフォトブログ~

目を覚ました原樹理投手、6回1失点6Kの快投で今季初勝利☆4-2

読売ジャイアンツに、東京ドームで2試合連続完封勝利して勢いがついた東京ヤクルトスワローズは、
今日から神宮に首位・阪神タイガースを迎えての3連戦

先発は、ヤクルトが原樹理投手、阪神は岩貞祐太投手
立ちあがりの悪い原樹理投手の初回のピッチングに注目です。

スタメンは、相手が左腕ということで、またまたいじってきました。
1番ファースト荒木選手、2番センター坂口選手で、6番ショート大引選手、8番サードは谷内選手


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・原樹理投手が6回1失点の力投で今季初勝利!

初回、原樹理投手は三者凡退に抑え上々の立ちあがり。

その裏、先頭の荒木選手が四球で出ると、坂口選手のサードゴロで1死1塁となり、
つづく山田選手がピッチャー返しセンター前に抜けるヒットを放ち1死1、2塁
雄平選手はセカンドゴロで2死2、3塁となり、バレンティン選手は四球で歩き2死満塁
ここで、今日6番の大引選手がライトへタイムリー2塁打を放ち、ヤクルトが2点先制!
外の球に喰らいついてライトへ運びました。

2回、原樹理投手は2死後、鳥谷選手にヒット、糸原選手に四球を与えますが、梅野選手を抑えます。

2回裏、3回表は、両チーム三者凡退。
原樹理投手は、ここまで5奪三振と快調に飛ばします。

3回裏1死後、山田選手が2打席連続のセンタ―前ヒットで出塁。
雄平選手は肩付近に死球をぶつけられで1死1、2塁。
ま~た、阪神戦で主力選手に危ない球が来ましたよ。いい加減にせい!
雄平選手がうまく避けましたが、下手したら頭に当たっていたかもしれません。
つづくバレンティン選手はライト前にタイムリーヒットを放ち、山田選手が生還して3-0
なおもチャンスに、大引、中村選手は初球を打ち上げ3アウト。

4回、原樹理投手は2死後、中谷選手にはレフトへ大飛球を打たれますが、
フェンス前でバレンティン選手が捕球して三者凡退に抑えます。
原樹理投手、今日はストレートが走り、スライダーがキレています。

その裏2死後、荒木選手が四球で出塁も、坂口選手がセカンドゴロで3アウト。

5回、勝ち投手の権利がかかった原樹理投手は、この回も危なげなく3人で片付けます。
今日は、これまでとは別人のような好投を続ける原樹理投手。

その裏、先頭の山田選手は、岩貞投手のクロスファイアーに見逃し三振。
雄平、バレンティン選手も倒れ三者凡退。

6回、原樹理投手は、代打の伊藤隼太選手にライトへ今季初ホームランを打たれ3-1
続いて髙山選手にもライト前ヒットを打たれます。
北條選手には三遊間を破るヒットを打たれ無死1、2塁
疲れが見えたこの回、急に連打を浴びます。

糸井選手はファーストゴロで併殺取れず1死1、3塁
福留選手はファーストフライで2死、中谷選手はサードゴロで3アウト。

6回裏、阪神は松田遼馬投手が登板 ヤクルトは三者凡退

7回、2点リードでヤクルトはルーキ投手が登板
3人できっちり片付けます。

その裏、阪神は松田投手が続投。
代打の今浪選手、荒木選手が倒れ2死後、坂口選手が四球で歩きます。
山田選手はショートゴロも、北條選手が投げられず、内野安打となり2死1、2塁。
今日3安打猛打賞。北條選手に、松山自主トレの恩返しをしてもらいました。

解説の金村さんは、山田くんのことを調子が上がってきたと褒めてくれるのは嬉しいですが、
あの4安打の時から全部シングルヒットですからね。
私は、インコースのストレートを引っ張って長打が出るまでは、まだまだと思っています。

ここで、今日デッドボールを受けた雄平選手は空振り三振で追加点ならず。

8回、ヤクルトは石山泰稚投手
1死後、髙山俊選手にライトスタンドへ2号ソロホームランを放り込まれ3-2と1点差。

その裏、阪神は藤川投手
先頭のバレンティン選手がレフトスタンドへ6号ソロホームランを叩き込み4-2
再び2点差。これは大きな追加点となりました。
1死後、中村捕手がレフト前ヒット、谷内選手が送って2死2塁
しかし、代打の大松選手は空振り三振で3アウト。

9回、ヤクルトは秋吉投手が登板。センターは上田選手、レフトに坂口選手
先頭の福留選手にライトへヒットを打たれます。
しかし、後続を抑えゲームセット

ヤクルトが4-2で首位・阪神を下しました。

先発した原樹理投手が6回4安打1四球6三振1失点の快投で、今季初勝利をあげました。
素晴らしいピッチングでしたね。おめでとうございます。

キャンプでは、今年の原樹理投手は違う、やってくれると絶賛されていましたが、
いざ開幕すると、期待に応えられない投球が続いていました。
山中投手の離脱で、今日、急きょ先発のチャンスをもらい、
予想以上の素晴らしいピッチングで今季初勝利を飾りました。結果が出て本当によかったです。
e0222575_12462851.jpg


ストレートの球速が出ていて、スライダー、シュートのコンビネーションも抜群で、
阪神打線に的を絞らせませんでした。
6回にソロ一発を浴び、その後、ピンチを招きましたが、追加点を許しませんでした。

由規投手の好投から始まり、これでヤクルトは3連勝。
投打がかみ合ったナイスゲームでした。ヤクルトに流れが来ています!

打つ方では、大引選手が先制の2点タイムリー2塁打。
バレンティン選手がタイムリーと6号ソロの2打点と活躍。
久しぶりにバレ弾が空砲にならず勝ちにつながりました。
これをきっかけに、またホームランをガンガン打ってくれたらと思います。

山田選手も3安打猛打賞で、やれやれです。
上にも書きましたが、ヒットは出ても単打マンとなっているので、早くホームランが見たいですね。
今日はラッキーな当たりもあって猛打賞でしたが、毎試合、続けてヒットを打つようになるまで、
また、本来の引っ張った長打が出るまで、復調と言うのは私は控えておきます。
良かったと思っても、すぐノーヒットの試合がありますからね。安心できません。
岩貞投手はクリアしたので、明日は藤浪投手相手に、打撃の調子を崩されないことを願います。

阪神打線が、調子を落とし気味なので、ヤクルトは一気に連勝を伸ばしたいですね。
明日は小川投手が虎打線を抑えてくれることを期待しています。

by misty2011 | 2017-05-19 21:26 | 東京ヤクルトスワローズ