Out of focus ~Baseballフォトブログ~

星7回1失点で2勝目☆7-1で快勝!2回一挙6得点

5連敗で最下位転落した東京ヤクルトスワローズ、今日は交流戦前最後の一戦です。

先発は、中日ドラゴンズが中4日のバルデス投手、ヤクルトは星知弥投手
スタメンは、1番大引、2番坂口、6番ファースト鵜久森、8番サードに谷内選手が入りました。

選手公示では、背中の張りで小川泰弘投手が登録抹消され、比屋根渉選手が上がってきました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・星投手が7回1失点で2勝目!交流戦前最後の試合で連敗脱出!

(毎度ながらタイプミスが多数あったので訂正してお詫びします。)

初回、大引選手のレフトフェンス際への大飛球は藤井選手に好捕されます。
坂口選手は右中間への2塁打で出塁
山田選手はいい当たりながらレフト正面へのフライ。
これがヒットにならないところが今の不調を物語っています。好調時ならスタンドインでしょ。
雄平選手は空振り三振で先制ならず。

1回裏1死後、星投手は、振り逃げで亀澤選手を出します。
2死後、ビシエド選手にはレフト前ヒットを打たれ1死1、2塁
ゲレード選手は捉えられた当たりもセンターフライで、無失点に抑えます。

2回、先頭のバレンティン選手がレフトフェンス際へのシングルヒット
鵜久森選手はショートゴロも、京田選手が後逸するエラーで、
バレンティン選手が好走塁で無死1、3塁
鵜久森選手の打球は併殺コースだったので、これは超ラッキー!

ここで、中村悠平捕手がセンター前にタイムリーヒットを放ち、ヤクルトが1点先制!
なおも無死1、2塁で、谷内選手もセンター前ヒットでつなぎ無死満塁。
星投手は三振で1死満塁から、大引選手はレフト前タイムリーヒットを放ち、二者生還して3-0
坂口選手はセカンドゴロで2死1、3塁。
山田選手はフルカウントから四球で歩き2死満塁。とりあえず最低限の仕事、つなげてほっとしました。
つづく雄平選手はレフト前にタイムリーヒットを放ち二者生還して5-0
バレンティン選手はレフトへのタイムリーヒットで6-0
鵜久森選手はサードゴロで3アウト。
この回打者11人、6安打と相手エラーも絡んで一挙6得点!

その裏、ライトの守備に上田選手が入りました。
雄平選手、昨日の試合で脚を痛めたようですが、その影響でしょうか?心配です。

星投手は1死後、平田選手にレフト前ヒットを打たれ、
2死後、代打の福田選手にレフトへの2塁打を打たれ2死2、3塁のピンチを招きますが、
京田選手を打ち取り無失点で切り抜けます。

3回、中日はドラ1ルーキーの柳裕也投手が登板
ドラ2ルーキー星投手とは同じ明治大学対決となりました。
そういえば、解説の川上憲伸さんも明治ですね。
1死後、谷内選手がセンター前ヒット、星投手は送りバントを決め2死2塁
大引選手はセンターフライで追加点ならず。

その裏2死後、星投手はビシエド選手にヒットを打たれますが、後続を打ち取ります。

4回1死後、山田選手は、真ん中の球を見逃し三振。見逃すような球じゃないのに・・・
ヒットは増えず、三振ばかりが増えてきました。良くなるどころか重症です。
もういい加減3番から外してください。

上田選手はセンター前ヒット後、
バレンティン選手が右中間へのタイムリー2塁打を放ち7-0一方的な展開になりました。
ココちゃん、既に3安打猛打賞で2打点!
鵜久森選手はセカンドゴロで3アウト。
みんな簡単にヒットを打っているのに、
ここまで、まだヒットがない野手は、山田、鵜久森選手のみとなりました。

その裏、星投手は2者連続三振など三者凡退に抑えます。

5回2死後、柳投手VS打者・星くんの対決は、空振り三振に倒れました。

その裏、星投手はテンポよく3人で片付けます。

6回、中日は福谷投手が登板
1死後、坂口選手が四球で出ます。
山田くん、1本くらい打ってほしいと祈りましたが、セカンドゴロ併殺打。
今日もヤクルト恒例行事の併殺打がここで出ました。
全力疾走していたかどうか??ですが、走るのも遅いし、なんなのこの絶望感は・・・。涙
打てなくても、もっと必死さがあれば救いようがあるんですが、今はそれもなし。

その裏、星投手はゲレーロ選手に10号ソロホームランを浴び7-1

7回、中日は三ツ間投手が登板
2死後、代打の武内選手は粘って四球で歩きます。
中村捕手は左脇腹への死球で2死1、2塁。以前にぶつけられた同じ箇所へ2度目です。
点差があるので、もう交代でいいのにそのまま1塁へ出ます。
真中監督のこういうところの危機管理については、私は疑問です。
谷内選手は空振り三振で3アウト。

その裏、星投手は、先頭の平田選手にレフトへ2塁打を打たれ、
代打の森野選手はいい当たりのサードライナーで1死2塁
工藤選手はセカンドゴロで2死3塁
京田選手はヒット性のライトへのライナーで3アウト。

8回、中日は左の小川投手が登板 三者凡退に終わります。

その裏、ヤクルトはルーキ投手が登板
上位打線を三者凡退に抑えます。

9回、続投の小川投手から先頭の山田選手がセンター前ヒットで出塁。ようやく1本出ました。
やっと初球のストライクを見逃さず打ちました。これをもっとやれ!
上田選手は送りバントでオールセーフとなり無死1、2塁
バレンティン選手はセカンドゴロ併殺打で2死3塁。今日チーム2個目の併殺打
武内選手は空振り三振で3アウト。

9回裏、ヤクルトはギルメット投手が登板
中村捕手はファールチップが当たり痛そうでしたが、プレー続行。
死球もあったし、今日は当たりまくりですね。西田捕手に交代すればいいのに代わりません。
2死後、平田選手が今日3安打目のヒットで出ますが、後続を打ち取りゲームセット。

ヤクルトは7-1で中日に快勝して、連敗を5で止めました。

星知弥投手は、7回を投げ79球6安打4奪三振無四球、ソロ弾の1失点のみで2勝目ゲット!
ナイスピッチング、おめでとうございます。
今日は2回に味方の援護が6点もあって、比較的らくに投げることができました。
もう少し投げさせるかと思いましたが、7回でお役御免となりました。
小川投手離脱で、先発事情が苦しくなってきたいま、星投手の右腕に大いに期待したいと思います。
e0222575_20515442.jpg


打線は、今日はバルデス投手を攻略して2回に一挙6得点。
2回は相手エラーもあって、6安打(訂正)4適時打と、いつもはつながらない打線がよくつながりました。
それだけバルデス投手の調子がよくなかったのもあったでしょうね。

最終的には11安打で7得点と今日は効率よく点が入りました。
バレンティン選手が3安打猛打賞2打点。谷内選手がマルチヒットなど、
先発野手は鵜久森選手以外全員ヒットを打ちました。

山田選手は9回にようやく1日1善のヒットが出ました。
状態はよくないままですが、最後にヒットが出たのを前向きに捉えるしかありません。
ノーヒットのままで終わるのとでは、気分的には違うでしょう。

いろいろ書きたいことは山ほどありますが、最後のヒットで、ぐっとこらえて書くのは控えます。
山田くんの絶不調で、私まで体調不良になって、いつブログを休止するかタイミングを見計らっています。
心配しすぎて食べられなくなりました。元々食は細いんですが、夏前にこれ以上は痩せられません。
今日ノーヒットのままだと、交流戦開始前と考えていましたが、最後のヒットで延命!?
いましばらく様子見とします。

ヤクルトはようやく連敗が止まり、中日と入れ替わって5位で交流戦に向かいます。
交流戦では、パの好投手と数多く当たるので、打線はより厳しくなりそうですが、
今日のような投打がかみ合った試合を少しでも多く見たいと思います。
健闘を祈ります。

それにしても雄平選手が心配ですね・・・。
昨日、脚を痛めた時点で交代でよかったでしょうに。軽症でありますように!
続報があれば追記します。
 【追記】 
雄平選手は右ひざを痛め途中交代とのことです。
サンスポ 燕・雄平、前日に右膝痛め途中交代 真中監督「状態がよくない」

それから、中村捕手も満身創痍なので、たまには休養日があっても良さそうに思います。
相変わらず真中監督は動きませんね・・・。

by misty2011 | 2017-05-28 19:09 | 東京ヤクルトスワローズ