Out of focus ~Baseballフォトブログ~

石川6回無失点好投も、得点は犠飛の1点のみ!8回追いつかれ延長サヨナラ負け1-2×

交流戦の初戦に大敗した東京ヤクルトスワローズは、借金が8と膨らみました。
5月はチーム状態が落ちていたオリックス・バファローズ相手に、これほど大差で負けるとは想定外で、
それだけパ・リーグは下位チームでも強いなあと感じます。

2戦目の先発は、オリックスが今季初登板の東明大貴投手、ヤクルトは石川雅規投手
スタメンは雄平選手が4番DHとなり、上田選手が7番ライト、9番サードに藤井選手が入りました。
雄平選手は、やはり膝の状態がよくないんでしょうね。くれぐれも無理しないようお願いします。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・石川投手が6回無失点の好投も、救援陣がリード守れず…打線もわずか1得点で逆転負け

初回、ヤクルトは三者凡退
その裏、石川投手は内野安打でランナーを出しますが、後続を抑えます。

2回、先頭のバレンティン選手がショート内野安打で出塁も、後続が倒れます。
その裏、石川投手は3人で片付けます。なかなか良さそう。

3回、先頭の中村捕手がセンター前ヒット
1死後、大引選手がサード強襲ヒットを放ち1死2、3塁とチャンスを広げます。
つづく坂口選手はファーストゴロで、3塁ランナーが三本間で挟殺され2死1、3塁
ここで山田選手はライトフライを打ち上げ好機を潰します。
それほど速くも厳しくもないストレートに差し込まれています。
だから3番から外してって言ってるのに!
真中さん、いつまで辛抱しても良くなる気配はありませんよ。
解説の小早川さんにも「今の球を捉えられないのはかなりショック」と言われる始末。 おっしゃる通り

簡単な話、大引-坂口ー雄平選手とくっつけるだけでも、今よりはつながると思います。

その裏、石川投手は三者凡退に抑えます。

4回、先頭の雄平選手はライトへの強烈なライナーも捕られ、後続も倒れ三者凡退。

その裏、石川投手はこの回も三者凡退に抑えます。

5回、先頭の上田選手がセンターオーバーの3塁打で出塁。いいね~
ここで、中村悠平捕手がライトへ犠牲フライを運び、ヤクルトが1点先制!
今季チーム5本目の犠牲フライです。ナイス、ムーチョ!

その裏、石川投手は先頭の中島選手にライト前ヒットを打たれます。
つづくT-岡田選手にライト前ヒットを打たれ無死1、2塁のピンチ
安達選手の打席で、中村捕手が2塁中島選手をけん制タッチアウトとし、
後続二者を打ち取り無失点で切り抜けます。

6回、1死後、山田選手はキャッチャーフライ。甘い球をミスショットばかり。光が見えません。
普通の選手なら、とっくにスタメンから外れて戸田送りでしょうけど・・・。
雄平選手は四球で歩き、バレンティン選手は、小野塚アナの絶叫も普通のレフトフライで3アウト。

その裏1死後、石川投手は宮崎選手に内野安打を打たれ、送りバントで2死2塁
つづく小谷野選手はセンターフライに打ち取り3アウト。

7回、オリックスは近藤大亮投手が登板
先頭の大松選手がセンター前ヒット、代走は荒木選手
上田選手は送りバントを決め1死2塁
中村捕手はピッチャーゴロで1死3塁
代打・鵜久森選手はセカンドフライに倒れ追加点ならず。

7回裏、ヤクルトは継投に入り、2番手でルーキ投手が登板
サードは谷内選手、1塁に荒木選手
ルーキ投手は3人できっちり片付けます。

8回、オリックスはルーキーの黒木投手が登板
先頭の大引選手がライト前ヒット、坂口選手が送って1死2塁
このチャンスに問題の山田くん。ストレートの四球で歩き1死1、2塁
打てないので、四球はありがたいですね。今できる最高の仕事です。
しかし、雄平選手はレフトフライ、バレンティン選手はファーストフライで3アウト。

その裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
先頭の西野選手がレフトへの2塁打、高田選手はセカンドゴロで1死3塁となり。
代打モレル選手に前進守備の1-2塁間を抜けるタイムリーヒットを打たれ、1-1の同点に
このあと、石山投手のワイルドピッチで1死2塁となりますが、後続を打ち取ります。

9回、オリックスは平野投手が登板
先頭の荒木選手がレフト前ヒットで出ます。
上田選手は送りバントを決め1死2塁
このあと、ワイルドピッチで1死3塁となりますが、中村捕手はショートフライで2死となり、
谷内選手はセンターフライで得点ならず。

その裏、ヤクルトはギルメット投手が登板
2死後、中島選手にセンター前ヒットを打たれますが、T-岡田選手をセンターフライに打ち取り3アウト

延長10回、オリックスはルーキーの小林慶祐投手が登板
先頭の大引選手が四球で歩きます。坂口選手は送りバントで1死2塁
山田選手はライトフライで、大引選手がタッチアップして2死3塁
スイングが弱いので頭の上を越せません。
雄平選手は敬遠で2死1、3塁から、
途中出場の比屋根選手に託しますが、空振り三振で得点ならず。

その裏、ギルメット投手が続投
先頭の西野選手にセンター前ヒット、送りバントで1死2塁
つづく途中出場の伊藤光捕手は三振で2死となりますが、
途中出場の駿太選手にライトへサヨナラタイムリー2塁打を浴び、
1-2×でヤクルトはサヨナラ負けを喫しました。

敬遠で次の大城選手と勝負という策もありましたが、駿太選手との勝負が裏目に出ました。

ヤクルトは交流戦1カード目で連敗して、早くもこのカード負け越しとなりました。

まあ、ヤクルトは何度もチャンスをモノにできず、
延長になれば、サヨナラ負けは覚悟していましたが、その通りとなりました。

ヤクルトは、結局、5回の上田選手3塁打ー中村捕手が犠牲フライの1得点のみ。

石川投手は6回を投げ79球4安打無失点と好投しましたが、
8回に同点に追いつかれたため5勝目は消えました。
もう1回くらい投げても良かったように思いますが、どうだったでしょう?

5勝目がスルリ 石川雅規投手 次回はもっと援護をお願いします。
e0222575_21525343.jpg


リリーフの石山投手が、このところ打たれていますね。
ギルメット投手は、抑えてほしかったですが、回またぎなので何とも言えません。

やっぱり1点しかとれない打線が問題です。
大引選手が出て、坂口選手が送りバントをしても、3番の山田選手が打てないのでは、
何のための送りバントなのかと思います。
これなら、いっそのこと、坂口選手に打たせた方がよかったかもしれません。
いい加減、山田選手を3番から外してください。
交流戦2試合で、8打数ノーヒット、今日は1四球で一度出塁したのみ。

まあ、他の選手もチャンスで打てないのは同じですが、一応3番ですからね。

真中監督は、山田くんを一体どうするつもりなんでしょう?
凡打でも惜しい打球すら皆無で、再び打率2割を切りそうな勢いです。
それでも、このまま3番で使うつもりでしょうか?

今の山田くんでは、心中する価値がありません。
最近、打席では打つ前から腰が引けているようにさえ見えます。
私は、こんなにも打てない惨めな山田くんを、テレビで晒すのはもう耐えられそうにありません。

ベンチに下げられないのなら、まずは山田選手の打順を下げることからやって下さい!
今の山田くんは、打ち損じばかりで、ファンでも期待できませんから。
打席で迷いがあるのか、バットが出てこないし、振ってもスイングスピードがメッチャ遅くなっています。

真中監督が、3番山田選手固定だと、勝てる試合も勝てないように思います。
チームのためにも、不調で苦しんでいる山田選手のためにも、決断をお願いします!

by misty2011 | 2017-05-31 21:57 | 東京ヤクルトスワローズ