Out of focus ~Baseballフォトブログ~

2017年 03月 04日 ( 2 )

3/4ヤクルトオープン戦初勝利!大引2発・雄平3安打、小川まずまず・星好投

3月4日、東京ヤクルトスワローズは、鹿児島鴨池野球場で、
福岡ソフトバンクホークスとのオープン戦を行いました。

先発はヤクルトが小川泰弘投手、ソフトバンクは復活を期す松坂大輔投手

試合経過は ニッカンスコア

立ち上がり、小川投手はテンポよく2死をとり、柳田選手に四球を与えますが、後続を抑え無失点。

その裏、1番大引選手はレフトへのいい当たりでしたが好捕されます。
1死後、上田選手が相手セカンド悪送球エラーで出塁。
松坂投手の暴投で1死2塁となり、坂口選手は倒れますが、
4番・雄平選手がライト前タイムリーヒットを放ち、ヤクルトが1点先制!
雄平選手はすかさず2盗に成功し2死2塁も、5番・畠山選手はサードファールフライで1点どまり。

松坂投手、少し身体を絞ってはいましたが、フォームも球も全盛期の面影はなかったですね。

2回表、小川投手は先頭の中村晃選手をヒットで出し、明石選手には四球を与え無死1、2塁。
犠打でランナーがそれぞれ進塁し1死2、3塁。
つづく鶴岡捕手にセンターへ犠牲フライを運ばれ、1-1の同点に。
本多選手にはライトへタイムリーヒットを打たれ、1-2と逆転されます。
しかし、本多選手の盗塁を中村捕手が刺し3アウト。

その裏、先頭のグリーン選手が四球で出塁。
1死後、打撃好調の中村悠平捕手のセンターへの大飛球は、福田選手に好捕され、
廣岡選手も倒れ、追加点ならず。

3回、小川投手は柳田選手にヒットを打たれますが無失点。

その裏、第1打席がいい当たりだった大引選手が、レフトスタンドへ一発を放り込み2-2の同点に。
写真はキャンプ4日目 大引選手
e0222575_1225882.jpg


4回、小川投手は1安打されますが無失点。

その裏、ソフトバンクは左腕の笠原大芽投手が登板。
ヤクルト打線は三者連続三振を喫します。
松坂投手のあとだけに、ボールの伸びとキレを感じました。

5回、小川投手は危なげなく三者凡退に抑えます。

その裏、中村悠平捕手がセンターへのヒットで2塁を陥れます。
ムーチョ、今シーズンは見違えるほどバッティングがいいですね。
つづく廣岡選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち3-2と勝ち越しに成功!
さらに、大引選手が2打席連続となる2ランホームランをレフトスタンドに放り込み
5-2とリードを広げます。

1死後、坂口選手がヒット、雄平選手もレフト前ヒットで1死1、3塁。
雄平選手も好調で、Wユウヘイでチームを引っ張っています。
畠山選手は四球で1死満塁。
グリーン選手はピッチャー強襲ヒットで2者生還して7-2
西浦選手のサードゴロで3塁ランナーが生還して8-2

6回表、注目のドラ2・星知弥投手が登板
先頭の柳田選手をライトフライ、その後も、ピッチャーゴロ、空振り三振と、
三者凡退に抑える堂々たる投球
最速は151キロまで出ました。
ストライク先行で、攻めのピッチングは気持ちいいですね。

写真はキャンプ2月6日、星知弥投手ブルペン
e0222575_0501735.jpg


その裏、ソフトバンク3番手の嘉弥真投手から廣岡、大引選手が連打(代走は谷内選手)でチャンスメイク
送りバント失敗、坂口選手は倒れますが、雄平選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち9-2
雄平選手も好調をキープ!
これは、雄平選手が4番の最有力候補でしょうか!?

7回、続投の星投手は先頭を四球で出し、2盗を許します。
2者連続三振後、本多選手にライト前にヒットを打たれますが、
途中からライトに移った上田選手の好返球でホームタッチアウト。無失点で切り抜けます。
星投手は、伸びのあるストレートで空振りがとれるのが、見ていてスカッとします。

その裏、グリーン選手が内野安打(代走は比屋根選手)
2死後、今日2安打の廣岡大志選手は空振り三振で得点ならず。

8回、ヤクルトはルーキ―の菊沢竜佑投手が登板
先頭に2塁打を打たれると、川島慶三選手にライトへタイムリーヒットを打たれ9-3。
このあと四球でランナーを出しますが、最後はピッチャーゴロに打ち取り3アウト。
菊沢投手は、自滅するタイプではなく、そう悪くはないですが、これと言った球がなく打たれます。
1軍に残れるかどうか微妙でしょうね。

その裏、森投手から1死後、上田選手がライト前ヒット。
1死後、荒木貴裕選手がレフトへの2塁打で1死2、3塁
山崎晃大朗選手は空振り三振で、飛び出した上田選手が3塁タッチアウトで3アウトチェンジ。

9回は岩橋慶侍投手が登板
先頭に四球を与え、高谷捕手には2塁打を打たれ無死2、3塁のピンチを招くと、
長谷川選手の1塁ゴロの間に3塁ランナーがホームインして9-4
その後も四球でランナーを出しますが、ジェンセン選手をセンターフライに打ち取りゲームセット!

ヤクルトが9-4でソフトバンクを下し、オープン戦初勝利を飾りました。

先発の小川投手は、2回に打たれましたが、それ以降はきっちり修正して追加点を与えませんでした。
ストレートはまずまずで、チェンジアップが浮き気味なので、そこがこれからの修正点でしょうね。

今日は何と言っても、実戦初登板のドラ2ルーキーの星知弥投手が良かったですね。
やはり空振りがとれるストレートは大きな武器で魅力です。
1軍は間違いないところで、しかも勝ちゲームの大事なリリーフを任されそうですね。
大いに期待しています。

打つ方は、大引啓次選手が2発を含め3安打猛打賞3打点と大暴れ!
4番の雄平選手も3安打猛打賞で2打点と好調をキープ。
グリーン選手は内野安打が2本。どうも巨体とはイメージが違って中距離バッターのようですね。
1軍に生き残りをかける2年目廣岡大志選手はマルチヒットで1打点と結果を出しました。

畠山選手にヒットがなかったのが残念です。これから調子を上げてもらいたいですね。
川端選手が離脱で大きなチャンスの西浦選手も、今日は4タコと結果が出ませんでした。
山崎選手は、昨年から課題のバッティングの進歩がなく、1軍は厳しいかもしれません。

選手によって明暗ありましたが、全体的には、14安打9得点とよくバットが振れていました。
相手投手が違うとしても、侍ジャパンが完封負けを喫した同じソフトバンクから9点も取りましたからね。

今日のように投打がかみ合った試合を、これからも続けてくれたらと思います。

by misty2011 | 2017-03-04 16:28 | 東京ヤクルトスワローズ

2017石川雅規投手キャンプフォト(動画リンク2)

2017東京ヤクルトスワローズ春季沖縄浦添キャンプより、
今回は、石川雅規投手のフォトです。

キャンプレポは、「ヤクルトスワローズ」のタグではなく、「浦添キャンプ」のタグとなります。

今日4日、鹿児島でソフトバンクとのオープン戦が、この後行われますが、
小川泰弘投手の出来いかんによっては、石川投手が開幕投手になる可能性が出てきました。
前回、小川投手が打たれたので、真中監督は、まだ迷っているようですね。
どちらが開幕投手になっても、勝って弾みをつけてもらいたいです。

ではキャンプフォトです。

2月1日 キャンプ初日 ブルペン
e0222575_10433967.jpg


e0222575_10435188.jpg


見ている場所からは、こんな感じで白いポールに遮られるので、写真はほとんど撮れませんでした。
e0222575_10435859.jpg



2月2日 陸上トラック キャッチボール 
キャッチボールの相手は成瀬投手でした。 
e0222575_10442670.jpg


左腕の岩橋慶侍投手と、投球動作がほぼシンクロしました。
e0222575_10443550.jpg



2月3日 全体練習後、ブルペンで居残りピッチング Tシャツ短パン姿
毎年、石川投手は、午後もこうやってよく投げています。
e0222575_10484031.jpg


e0222575_10485333.jpg



2月4日 投内連係のため3塁側に集合してノックを受けます。
e0222575_1050535.jpg


4日 投内連係より2枚
e0222575_1052564.jpg


e0222575_10521488.jpg


投内連係 YouTube動画
 https://youtu.be/wjmh58d4wAA


4日 ブルペン
e0222575_10561178.jpg


e0222575_10564429.jpg


e0222575_11121753.jpg



2月7日 ウォームアップ
e0222575_11271096.jpg


7日 午後のブルペン 自主投球練習
この時は、村中恭兵投手と一緒でした。
e0222575_11013.jpg


e0222575_1101126.jpg


e0222575_1102543.jpg


ふくらはぎの筋肉が凄いですね。
e0222575_1103965.jpg



2月8日 内野守備総合練習 YouTube動画
 https://youtu.be/CP-8x-0B0FA

以上です。
200勝目指して、これかもコツコツ勝ち星を積み重ねてほしいですね。
無事これ名馬、カツオくんなら達成できそうな気がします。

by misty2011 | 2017-03-04 11:17 | 東京ヤクルトスワローズ