Out of focus ~Baseballフォトブログ~

2017年 03月 05日 ( 3 )

3/5侍ジャパン強化試合 ☆5-3 鈴木誠也3ラン、秋山翔吾勝ち越し3塁打

7日からの第4回WBC本大会を前に、侍ジャパンの強化試合は今日が最後となりました。

今日は京セラドーム大阪で、オリックス・バファローズとの一戦

先発はオリックスが金子千尋投手 侍ジャパンは藤浪晋太郎投手

スタメンは1番DHに山田哲人選手が入り、青木宣親選手は3番センター
坂本勇人選手が6番に下がり、8番にはサード田中広輔選手が入りました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、山田選手がセンター前ヒットで出塁。
しかし、2番の菊池選手が送りバントを打ち上げランナー進めず。
3番の青木選手は空振り三振に倒れ、筒香選手はファーストゴロで3アウトチェンジ。
山田くん、前回は失敗しましたが、盗塁できなかったかなあ・・・。
ヤクルトと違って、侍ではサインが出ないと走れないのかな?

その裏、藤浪投手が、早速先頭の西野選手に四球を与え、2盗を許します。
安達選手の送りバントを、藤浪投手が1塁へ悪送球する間に、2塁ランナーが生還して、
オリックスが1点先制。
藤浪投手、いつもは送球に自信がないので、下から1塁へトスしますが、
今日は距離があったので、上からまともに投げて悪送球。
送球イップスの傾向がありますからね。

さらに、安達選手が2盗後、吉田正尚選手がレフト前にタイムリーヒットを運び0-2
つづくロメロ選手もレフト前ヒットで無死1、2塁。アウトがとれません。
T-岡田選手はサードフライでようやく1アウト。
小谷野選手は四球で1死満塁。
伊藤捕手はセカンドゴロ併殺打で3アウト。2点で済みました。

いくらいい球を持っていても、ノーコンピッチャーは国際大会には不向きだと私は思いますけどね…。
ぶつけてケガさせる心配もありますし。
選んだ側は、藤浪投手に対して過大評価しすぎでしょ。
ある意味、四球からの失点は予想通りの展開となりました。

2点を追いかける侍は、先頭の中田翔選手がライトへのヒット、
坂本選手も左中間への2塁打で、無死2、3塁のチャンス!
オリックスは、2回から近藤大亮投手に早くも交代していました。
ここで、鈴木誠也選手がレフトスタンドへ3ランホームランを叩き込み3-2と逆転!
合宿でも、大きな当たりを打っていました。
ただ、これ、オリックス投手が投げているのはNPBのボールなんですよね。

写真は強化合宿初日23日 鈴木誠也選手
e0222575_2051996.jpg


しかし、近藤投手とは、オリックスは侍に自信をつけさせるため、早くも接待野球に切り替えましたか!??
2死後、山田選手はキャッチャーファールフライに倒れ3アウト。あらら・・・。

2回裏、藤浪投手は三者凡退に抑えます。
3回、侍は2番からの打順も三者凡退。

その裏、侍は平野佳寿投手が登板。きっちり三者凡退に抑えます。

4回、侍ジャパンは三者凡退

その裏、侍は岡田俊哉投手に交代
1死後、小谷野選手に2塁打を打たれ(代走は小島選手)、
若月捕手にセンター前タイムリーヒットを打たれ、3-3の同点に。

5回2死後、山田選手はまたまたキャッチャーファールフライに倒れ、侍はこの回も三者凡退。
う~~~ん。山田くんは、近藤投手のほうがタイミングが合わないようです。

その裏、続投の岡田投手は先頭を打ちとり、
ここで増井浩俊投手に継投も、安達選手にライト前ヒットを打たれます。
吉田正尚選手は空振り三振の間に、安達選手は2塁へ進みますが、
ロメロ選手をセカンドゴロに打ち取り3アウト。

6回、オリックスはルーキーの澤田圭佑投手が登板
2番からの打順も、三者凡退。
青木選手、決して良くありませんね。
メジャーリーガーだからと言って、センター固定はどうなんでしょう??
前の記事で書きましたが、DHは筒香選手で、センターは守備がいい秋山選手、
青木、鈴木、平田選手で他の外野を調子がいい者から使った方が攻守ともいいと思うんですが。
そういう発想は、小久保監督にはないんでしょうか?

その裏、松井裕樹投手が登板
侍は守備位置変更で、サードに菊池選手、セカンドは田中広輔選手が入りました。
何なんだ、この守備位置交換は。
試すのなら、最初からサード菊池選手、セカンド山田くんでいいじゃないの(怒)!
どうしても、山田くんにはセカンドを守らせたくないってか!?

松井裕樹投手は珍しく四球がなく、三者連続三振に斬ってとります。

7回1死後、坂本選手がレフト前ヒットで出塁。
鈴木誠也選手はフルカウントから四球で歩き1死1、2塁。
つづく田中広輔選手は空振り三振で2アウト。
ここで、代打・内川選手が登場し、初球を打ちますがライトフライの倒れ得点ならず。

その裏、侍は千賀滉大投手が登板 
キャッチャーは嶋捕手と入れ替わって代表に緊急招集された炭谷銀仁朗捕手
2死後、西野選手にレフト前ヒットを打たれますが、安達選手を打ちとり3アウト。

8回、オリックスはウエスト投手
先頭の山田選手は、ファールフライが天井に吸い込まれ、打ち直してセンターフライ。
いい当たりも、先っぽだったのでもう一伸び足りません。
菊池、青木選手は内野ゴロに倒れ三者凡退。
あんなに当たっていた菊池選手が冷えてきました。

その裏、続投の千賀投手は2死をとり、T-岡田選手の打席で宮西尚生投手に交代
岡田選手に四球を与えますが、後続を抑え3アウト。

9回、侍は途中出場の4番・平田選手からの打順
平田選手はセンター前ヒットで出塁
中田翔選手は右中間の大飛球でしたが、ライト小島選手に好捕されます。
坂本選手はセンターフライで2アウト。
鈴木誠也選手の打席で、ウェスト投手のボークで2死2塁。
外野は前進守備をとります。むしろこれは幸いかも。
鈴木選手は四球を選び2死1、2塁。
ここで、侍は代打・秋山翔吾選手を送ります。
秋山選手は期待に応えるライト線へのタイムリー3塁打を放ち、2者生還して5-3と勝ち越します!
やったね~!!
やっぱ、秋山選手をベンチに置くのは勿体ないと思います。

写真は宮崎強化合宿初日 秋山翔吾選手
e0222575_22504437.jpg


2点リードで、9回裏は秋吉亮投手
ということは侍ジャパンの抑えは秋吉投手ってことですね?これは責任重大。
秋吉投手は、きっちり三人で片付け、侍ジャパンが5-3でオリックスを下しました。

WBC本大会前に、とにかく勝って終われて良かったです。
ヒヤヒヤもんの勝利でしたが、勝ったことで少しはチームに弾みがつくことを祈りましょう。
今回の侍ジャパンは、どう見ても強くはありませんが、まあ、試合はやってみないとわかりません。
そこに期待するしかありません。

くどいようですが、やはり外野枠が勿体ないので、守備に難がある筒香選手がDHで、
秋山選手はセンター、それ以外を鈴木、平田、青木選手の中から、調子がいい選手を選んだ方が、
絶対に今日のオーダーよりは強いと思います。
セカンドは山田選手、サードに菊池選手か田中広輔選手、これで行ってほしいです!

山田選手は、結局、私の案でない限り、セカンドは守れないし、DHで出るしかないんでしょうね?
小久保監督、もっと頭を柔軟にして、勝てるオーダーを考えてくださいよ!

by misty2011 | 2017-03-05 22:17 | WBC・侍ジャパン

3/5ヤクルトオープン戦★1-6、オーレンドルフ投手4回無失点と好投

東京ヤクルトスワローズは、今日は北九州市民球場で、福岡ソフトバンクホークスとのオープン戦

先発は、ソフトバンクが、先日侍ジャパン相手に好投した東浜巨投手、
ヤクルトは新加入のオーレンドルフ投手。
私の沖縄滞在中はまだ来日していなかったので、私は初めて見ます。

試合経過は ニッカンスコア

初回、大引選手が今日もまたフェンス直撃の2塁打で出塁。
当たってますね~!シーズンにとっておいてもらいたいくらい。

1死後、鵜久森選手は四球で1死1、2塁
雄平選手のショートゴロで2塁フォースアウトとなり2死1、3塁
畠山選手は歩いて2死満塁となりますが、グリーン選手が空振り三振で先制の好機を潰します。

その裏、2死後、オーレンドルフ投手は中村晃選手にヒットを打たれ、暴投で2塁へ進まれますが、
ジェンセン選手を見逃し三振に仕留めます。

2回、先頭の中村悠平捕手がショート内野安打で出塁。こちらも打撃好調!
廣岡選手は空振り三振。
そろそろ結果が欲しい谷内選手も三振に倒れ、
大引選手は止めたバットにボールが当たりファースライナーで3アウト

その裏、オーレンドルフ投手は3人で片付けます。

3回、ヤクルトは2死後、雄平選手がセンター前ヒットで出塁。よく打ちますね~!
開幕が待ち遠しいくらい。
しかし、畠山選手はライトフライで、この回も得点ならず。

その裏1死後、オーレンドルフ投手は福田選手にセンター前ヒット
2死後、今宮選手にもレフト前ヒットを打たれ2死1、2塁のピンチも、
中村晃選手を見逃し三振に斬ってとり3アウト。
オーレンドルフ投手は、ランナーが出ると執拗にけん制していましたが、
クイックが早くて、けん制も上手いですね。なかなか器用なところがあります。

4回1死後、ヤクルトは中村捕手が四球で出ますが、廣岡選手がショートゴロ併殺打で3アウト。

その裏、オーレンドルフ投手は1死後、長谷川選手に四球を与え、
川島慶三選手にライト前ヒットを打たれ1死1、2塁のピンチ。
しかし、上林選手をセカンドゴロ併殺打に仕留め、この回も無失点。

5回、ソフトバンクは小澤怜史投手が登板
1死後、大引選手は四球で、代走は西浦選手
ここで、坂口選手が1、2塁間を破るヒットを放ち1死1、3塁
つづく鵜久森選手がセンター前タイムリーヒットで、ヤクルトが1点先制!
2死1、2塁(2塁代走は比屋根選手)となりますが、畠山選手が倒れ1点どまり。

5回裏、ヤクルトは2番手でルーキーの中尾輝投手が登板
1死後、福田選手にセンター前ヒット、
今宮選手にもセンターへのタイムリーヒットを浴び、1-1の同点に。
このあと、今宮選手の2盗を中村捕手が刺し3アウト。

6回ヤクルトの攻撃、1死後、3番手飯田投手から中村悠平捕手がライトフェンス直撃の2塁打で出塁
(代走は荒木選手)
廣岡選手は、インコースのストレートにバットが出ず見逃し三振
谷内選手は四球を選び、西浦選手も四球で2死満塁で比屋根選手
しかし、サードファールフライに倒れ得点できません。

6回裏、ヤクルトは平井諒投手
1死後、ジェンセン選手に左中間への2塁打を打たれ、長谷川選手のセカンドゴロで2死3塁
川島選手は四球で2死1、3塁のピンチ
続く上林誠知選手に、流してレフトスタンドに3ランホームランを放り込まれ1-4
外高めのストレートでした・・・。

7回、ソフトバンクは寺原投手が登板し、ヤクルトはあっさり三者凡退

その裏、ヤクルトはギルメット投手が登板
サード廣岡選手が正面の強い打球を弾き、記録はヒットでランナーを出しますが無失点。

8回、ヤクルトは三者凡退

その裏、ルーキ投手が登板
1死後、廣岡選手がまたも正面の強い打球を弾き(今度はエラー)でランナーを出すと、
川島選手がヒットで続き、上林選手はセカンドゴロで2死1、3塁
つづく吉村裕基選手に左中間へのタイムリー2塁打を浴び1-6と引き離されます。

5点を追うヤクルト9回の攻撃も、ソフトバンクの石川柊太投手の前に三者凡退でゲームセット。

ヤクルトは1-6でソフトバンクホークスに敗れました。

ヤクルトは6安打で1得点
ランナーは出しますが、つながりませんでした。
ランナーが出ても、攻撃に仕掛けがなく、そのまま打って淡々とアウトになりました。

新加入のグリーン選手は、今のところまだ日本の野球に慣れないのかもしれませんが、物足りませんね。
出来れば、畠山選手が調子を上げてくれることを私は期待しています。


投げる方では、先発のオーレンドルフ投手は、4回4安打3奪三振で無失点と好投。
ヒットは打たれましたが、テンポが良くて、リズムがいいので、見ていて心地よかったです。
先発ローテ枠が確実でしょうね。入ってもらわないといけません。

中尾投手は、ソフトバンクの1軍定着クラスの打者には、やはり打たれました。
徐々に、球の精度と力を上げて行ってくれたらと思います。

3ランを浴びた平井投手は、スピードあるストレートも高めに入ったところを打たれました。
コントロールの精度をさらに磨いていく必要がありそうですね。

ギルメット投手は、上々のピッチング。
ルーキ投手は、エラーがらみなので、今日のところは何とも言えません。
外国人枠があるので、新加入の外国人投手たちとの競争に注目です。

打つ方は、中村悠平捕手が恐ろしいくらい好調で、すぐにでも開幕してほしいでしょうね。
西田捕手が、攻守ともイマイチなので、
このまま好調をキープすれば、中村捕手が正妻の座をがっちりつかみそうな勢いです。

写真はキャンプ2月4日 
e0222575_21372424.jpg



大引選手、雄平選手も打撃好調。
開幕まで、出来るだけ今の状態を続けてくれたらと願います。

廣岡大志選手は、今日はノーヒットで守備でもミスが出ました。
まだまだだなあと思うところがあるので、2軍でみっちり鍛えた方がいいのかもしれませんが、
残りのオープン戦で、1軍生き残りをかけ、攻守とも頑張って下さい。

それから、ソフトバンクの川島慶三選手が頑張ってますね~!
是非、セカンドのポジションを奪ってほしいです。



by misty2011 | 2017-03-05 17:10 | 東京ヤクルトスワローズ

2017西田明央捕手キャンプフォト(動画リンク4)

2017東京ヤクルトスワローズ春季沖縄浦添キャンプより、
今回は、西田明央(あきひさ)捕手のフォトです。

キャンプレポは、「ヤクルトスワローズ」のタグではなく、「浦添キャンプ」のタグとなります。

オープン戦が始まり、昨年、打撃不調で苦しんだ中村悠平捕手のバッティングが好調で、
ふたたび正捕手の座を確実にするため猛アピールしています。
西田捕手は、少なくとも打撃では負けていられませんね。
これからの実戦で結果を出してほしいと願います。

2月1日 キャンプ初日 キャッチボール
e0222575_10584171.jpg


初日 3か所ノックのうち内野ノック
ミスが出てやり直しをさせられました。
e0222575_10593010.jpg


e0222575_10593770.jpg


アチコチ走らされてボールを捕りに行きます。でも、いつも笑顔の西田くん
e0222575_10594451.jpg


初日 内野ノック2本 YouTube動画
 https://youtu.be/1zGCbkGNXi0
 https://youtu.be/OHySAfntYdQ


初日 ブルペン
初日から審判がついてストライク・ボールのジャッジをしていました。森審判
e0222575_11223.jpg


e0222575_1121815.jpg



2月2日 キャッチボール 少し痩せた?
e0222575_1125392.jpg


2日 内野ノック YouTube動画
 https://youtu.be/Y9gwlkRavtE


2日 3か所ノックのうち外野でノックを受けます。
頭上を越されたり
e0222575_1135816.jpg


前に突っ込んできて落としたりで、さんざん走らされていました。
e0222575_1143997.jpg


2日 外野ノック YouTube動画
 https://youtu.be/CpVH4en73jU


2月4日 走塁練習
e0222575_1165259.jpg


e0222575_117562.jpg


4日 キャッチボール
e0222575_1174673.jpg


e0222575_1175847.jpg


4日 リレー式のキャッチボールで盛り上がって笑顔がこぼれます。
e0222575_1181499.jpg


e0222575_1182642.jpg


4日 バント練習
e0222575_1192796.jpg



2月6日 ティーバッティング
e0222575_11102445.jpg


e0222575_11104966.jpg


e0222575_1110588.jpg


e0222575_1111737.jpg


e0222575_11111869.jpg


e0222575_11113626.jpg


2月7日 内野シートノック
e0222575_111223100.jpg


e0222575_1112388.jpg


e0222575_11125672.jpg


7日 守備練習前のキャッチボール 
このあと、捕球練習をしていました。写真はNGばかりでボツ
e0222575_11134111.jpg


e0222575_11135435.jpg


e0222575_1114873.jpg


e0222575_11142339.jpg


7日 ティーバッティング
e0222575_11154877.jpg


e0222575_1115598.jpg


e0222575_11161629.jpg


e0222575_11162784.jpg


e0222575_11165674.jpg


e0222575_1117958.jpg



2月8日 シートノック前のキャッチボール
e0222575_11175910.jpg


e0222575_11182244.jpg


8日 フリー打撃が終わった山田選手と言葉を交わして、これから打撃練習
e0222575_11185348.jpg


8日 ティーバッティング この日は、中村捕手と同時でした。
e0222575_1119365.jpg


e0222575_11191539.jpg


中村悠平捕手が西田くんのティーを後ろで見ています。
e0222575_11192374.jpg


e0222575_11193381.jpg


西田捕手は、長打力を秘めた打撃をさらに伸ばし、
打てるキャッチャー目指して、正捕手を手繰り寄せてほしいです。
キャッチングや送球はまだ課題が多いですが、練習あるのみ。
リードは中村悠平捕手とは対照的ですが、私はチームに傾向が違う捕手がいることは良いことだと思います。
西田捕手の大らかな明るいキャラと、攻めに持ち味があるリードは、私は好きですね。
これからも、中村捕手と刺激し合って成長してくれたらと思います。

by misty2011 | 2017-03-05 11:43 | 東京ヤクルトスワローズ