Out of focus ~Baseballフォトブログ~

2017年 03月 07日 ( 3 )

2017WBC開幕!侍ジャパン白星発進☆11-6 松田3ラン4打点、筒香2ラン3打点、山田勝ち越し2塁打

2017年第4回WBCが開幕しました。
侍ジャパンは、東京ドームでキューバ代表と初戦を戦います。

先発は日本代表・侍ジャパンは石川歩投手、キューバはエンテンザ投手

試合経過は ニッカンスコア


石川投手は、先頭打者にショート内野安打、続く打者はサード松田選手がファンブルで無死1、2塁。
つづくセペダ選手のセカンドへの打球を菊池選手が軽快にさばき、セカンドゴロ併殺打で1死3塁。
名手・菊池選手のファインプレーが石川投手を救いました。
デスパイネ選手には四球を与えますが、続くバッターをサードゴロに打ち取り、
初回を無失点で切り抜けます。
初回からドキドキしましたが、0点に抑えてやれやれです。

その裏は1番DHの山田哲人選手から。セカンドフライに倒れ、菊池選手は三振、
青木宣親選手はレフトフェンス直撃の2塁打で出塁。
ここで4番・筒香嘉智選手がライトへタイムリーヒットを放ち、日本が1点先制!
さすが4番、プレッシャーを跳ねのけ、きっちり先制点を奪いました。
久しぶりの引っ張った打球でしたね。
つづく中田翔選手は四球を選び2死1、2塁で、坂本選手は大きなセンターフライも好捕され3アウト。
どちらのチームにもいい守備が出ました。

2回、石川投手は内野ゴロ3つで簡単に3アウト。リズムが出てきました。

2回裏1死後、サードスタメンの松田宣浩選手がセンター前ヒットで出塁。
小林誠司捕手はバントを2度ファールして送れず、松田選手が2盗して1死2塁から打って出ると、
センター前ヒットで1死1、3塁とチャンスが広がります。

つづく山田選手の打席で、キューバは左のイエラ投手に交代。
山田くんは初球を打ってサードゴロ、飛び出した松田選手が三本間でタッチアウト。
う~ん、打ってほしかった。こういう場面で打たないので、また、叩かれる材料にされそう・・・。
菊池選手は四球で2死満塁となり、青木選手はピッチャーゴロで追加点ならず。

3回、石川投手は先頭打者にレフトへの2塁打を打たれ、
サントス選手のセーフティ気味の送りバントで1死3塁。
つづくアヤラ選手のセンターへの大飛球を、
青木選手がジャンプしてナイスキャッチも、犠牲フライとなり1-1の同点に。

3回裏は筒香選手からも、1塁への強い打球を相手ファーストがナイスキャッチして、
ベースカバーの投手にトスして1アウト。
つづく中田選手のサードへの強いライナーもサードがナイスキャッチで2アウト。
キューバは球際に強いですね。
坂本選手はセカンドフライで三者凡退に終わります。
ちょっと流れが変わりそう・・・。

4回表、石川投手は、センター青木選手のファインプレ-もあって三者凡退に抑えます。
センターは秋山選手推しの私でしたが、これだけ守れば文句は言いません。
攻守にチーム最年長のベテランが頑張っています!
それと、秋山選手は、前回の死球でどうも足首を痛めているようですね?

その裏1死後、松田選手が2安打目となるヒットで出塁。マッチがノッテきました。
小林捕手が送って2死2塁で山田くん。
今度は打ってとの願いが届いたか、スタンドインで2ランと思いきや、ビデオ判定となります。
ビデオ判定で、2塁打と判定され2-1と1点勝ち越し!
観客の男の子が手を伸ばしてグラブでホームラン性の打球をキャッチしていましたね。
これはいけません!
捕らなかったらギリギリ入っていたでしょうに??
どっちにしても、山田くんが勝ち越しのタイムリー2塁打を打ちました!嬉しい♪
これで山田叩きが少しは黙るでしょ。

写真は合宿2月26日 山田哲人選手
e0222575_21292729.jpg


このあと菊池選手がサード悪送球のエラーで2死1、3塁となりますが、
青木選手の左中間の打球をサントス選手に好捕され3アウト。すごい身体能力!

5回から日本は2番手で則本昴大投手が登板。三者凡退にきっちり抑えます。

その裏、1死後、中田選手が四球で出塁。2盗を決めます。
ここで、坂本勇人選手がレフト線へのタイムリー2塁打を放ち3-1と2点リード!
盗塁が効きましたね。

キューバはここで3番手のJ・ガルシア投手に交代
鈴木誠也選手は四球で歩き1死1、2塁で松田選手。
キューバはR・マルティネス投手に交代

ここで松田選手はレフトスタンドへ3ランホームランを放り込み、日本が6-1と突き放します。
これは試合を決める大きなホームランですね。
開幕前までは、さほど当たってなくて、スタメンを外されたりしましたが、
開幕した途端に大暴れ!お祭り男は、こうなると手が付けられません。

写真は強化合宿26日 山田くんと談笑する松田宣浩選手
e0222575_22262389.jpg


小林捕手はサードエラーで2塁まで進み1死2塁で山田選手。
幻の1号ホームランの打ち直しをお願いと思ったら、レフトポール際への大ファール。
超惜しい当たり。ほんのちょっと切れました。
このあとショートゴロで2死3塁でから、
菊池選手がピッチャー強襲するライトへのタイムリーヒットで7-1
青木選手は四球で1死1,2塁で、キューバは、つまようじを加えて投げるJ・マルティネス投手に交代。
筒香選手も四球で、2死満塁から中田翔選手はサードフライで3アウト。
しかし、5回一挙5得点!侍打線が爆発です。

6回表、則本投手はこの回も三者凡退の抑えます。

その裏、先頭の坂本選手が四球で出塁し2盗成功。
このあと、後続が倒れ3アウト。

7回、3イニングめの則本投手は、先頭のデスパイネ選手にソロホームランを打たれ7-2
続く打者にもヒットと、さらにセンターオーバーの2塁打を浴び、無死2、3塁のピンチ。
代打のアービレイス選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ、2者生還して7-4と3点差。
このあと、ショートゴロ併殺打、このあとまたヒットを打たれ、3番手の岡田俊哉投手に交代。
交代が少し遅すぎるように思いましたが。

侍初登板の岡田投手は、落ち着いて代打のバッターを空振り三振に斬ってとり3アウト。

その裏、先頭の山田選手はライトフライ、菊池選手がヒット後、
2死から筒香嘉智選手がライトスタンドへ2ランホームランを放ち9-4と再び突き放します。
見事な主砲の一発でした。

8回、侍は平野佳寿投手が登板
四球とヒットで1死1、2塁となったところで秋吉亮投手に交代。
ここで秋吉投手投入とは??おかしな継投ですね?
秋吉投手は、グラシアル選手にセンターオーバーのタイムリー2塁打を打たれ、2者生還して9-6。
あらら打たれましたか。

その裏、侍は坂本選手がセンターオーバーの2塁打。坂本選手が当たってきました。
代打の内川選手はショートゴロに倒れ、松田選手はライトへのタイムリーヒットで10-6
投手の暴投で1死3塁となり、小林捕手は犠牲フライを運び11-6
6打席目の山田選手、もう1本ヒットが欲しかったですが、レフトフライで一伸び足りませんでした。
結局6打数1安打で終わりましたが、まあ勝ち越しの2塁打を打ったのでヨシとしましょう。
あれがホームランだったら、もっと運が回ってきたように思いますが。

9回は牧田和久投手が登板
満塁のピンチを招きますが、最後は三振締めでゲームセット。

松田宣浩選手が3ランを含む4安打4打点
筒香嘉智選手が2ランホームランを含む2安打3打点
そして、山田哲人選手はホームラン未遂の勝ち越し2塁打で1打点など、
あんなに打てなかった侍が本番ではよく打ち、14安打の猛攻で11得点でした。
その分、投手陣もちょっと打たれましたが、初戦白星発進が何よりよかったです。

侍ジャパン、開幕勝利おめでとうございます。

by misty2011 | 2017-03-07 23:18 | WBC・侍ジャパン

3/7オープン戦vs阪神★2-12大敗、村中乱調3回7失点、中澤&石山好投

東京ヤクルトスワローズは、今日は甲子園で阪神タイガースとのオープン戦

先発は阪神が岩田稔投手、ヤクルトは村中恭兵投手。
両左腕とも先発生き残りをかけての登板となります。 

試合経過は ニッカンスコア

写真はキャンプ2月6日ブルペン 村中恭兵投手
e0222575_15253544.jpg



初回、ヤクルトは三者凡退

その裏、村中投手は、先頭に早速四球、髙山選手にセンター前ヒットを打たれ無死1、3塁のピンチ

鳥谷選手はいい当たりのライトライナーも、雄平選手の強肩では3塁ランナーは動けません。
原口選手はセカンド後方のフライ、中谷選手は大きなレフトフライに打ち取り、無失点で切り抜けます。

2回1死後、畠山選手が初安打となるライト前ヒットも、グリーン、中村選手が連続三振

その裏、1死後、村中投手は大山、梅野選手に連打され、俊介選手には四球を与え1死満塁のピンチ。
ここで、上本選手に押し出しの四球を献上して1点先制を許します。
なおも満塁で、髙山俊選手に初球をセンター前に運ばれ、2者生還して0-3
しかし、打ちますね~髙山選手!
鳥谷選手には右中間へのタイムリー2塁打を浴び、2者生還して0-5
原口選手にもレフトへタイムリー2塁打を打たれ0-6
中谷選手はセンターへのタイムリーヒットで0-7
虎打線が止まりません。

さらに、セカンド西浦選手の後逸エラーで1死1、2塁。アウトがとれません。
大山悠輔選手には四球で1死満塁も、後続を打ち取り、ようやく3アウト。
村中投手、せっかく先発に戻れるチャンスをもらいながらも、これでは話になりません。

3回、先頭の西浦選手がレフト前ヒット、廣岡選手もセンターへのヒット無死2、3塁。
大引選手は歩いて1死満塁から、坂口選手は浅いセンターフライで、俊介選手の好捕され1アウト。
鵜久森選手のセカンドゴロで、3塁ランナーが生還して1-7
雄平選手は大きなライトフライでしたが、好捕され3アウト。

その裏、村中投手は糸原選手にヒット、髙山選手はピッチャーゴロ併殺崩れで1死1塁
北條選手をショートゴロ併殺打に打ちとり、この回は0点に抑えます。

4回、ヤクルトは三者凡退。
その裏、ヤクルトは2番手で中澤雅人投手が登板し、きっちり三者凡退に抑えます。

5回、ヤクルトは岩田投手の前に三者凡退。
岩田投手は5回を投げ、3安打6奪三振で1失点と好投。
3回は、その前の味方の攻撃が長くて、肩が冷えたかリズムが狂ったのかもしれませんね?
それ以外の回はナイスピッチングで、ヤクルト打線は打てませんでした。

その裏、先頭のドラ1ルーキー大山選手が、2安打目のヒットで出塁。
しかし、中澤投手は後続を打ち取り3アウト!

6回、阪神はメンデス投手が登板
先頭の坂口選手がヒット、2死後、畠山選手もレフト前ヒットで続き、
グリーン選手がセンター前タイムリーヒットで2-7
中村悠平捕手もヒットで続き2死満塁となりますが、西浦選手は空振り三振に倒れます。
西浦選手、アピールしなきゃいけない立場ですが、出来ませんね・・・。

その裏、ヤクルトは岩橋慶侍投手が登板
髙山選手が3安打猛打賞となるセンター前ヒット、北條選手もヒット、原口選手には四球で無死満塁。
つづく中谷選手にレフトへ2点タイムリーヒットを打たれ2-9
1死後、大山選手に四球を与え再び満塁。
1死後、俊介選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ2-11。
糸原選手にも打たれ2-12。一方的な展開に。
岩橋投手、期待してたんですが、これだけ打たれてはね・・・。
残念ですが、即2軍行きでしょうね。

7回1死後、大引選手がヒットで出塁も(代走は谷内選手)、後続倒れ得点なし。

その裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
球速表示以上に伸びのあるストレートで、三者凡退に抑えます。

8回、阪神はドリス投手
先頭の山崎晃大朗選手が三遊間のヒットで出塁も後続が倒れます。

その裏、続投の石山投手は、この回も三者凡退で2回パーフェクト。

ヤクルト最後の攻撃は、1死後、廣岡選手がマテオ選手から今日2安打目となるセンター前ヒット
こちらも若トラに負けていません。
谷内選手もヒットで続き、1死1、3塁。
しかし、井野捕手、鵜久森選手が連続三振に倒れゲームセット。

ヤクルトは2-12で阪神タイガースに大敗しました。

投手陣は14安打6四球で12失点とボロボロ。
ただ、失点は村中投手が7失点、岩橋投手が5失点と、打たれたのはこの2投手
中澤投手と石山投手は、それぞれ2イニングを無失点に抑える好投を見せました。

まあ、それにしても若トラはよく打ちますね。侍ジャパンより強く見えます。
キャンプで相当振り込んできたんでしょう。若手の競争も熾烈ですからね。

ヤクルトは、畠山和洋選手、廣岡大志選手がマルチヒットなど11安打しながらも2得点。
相変わらず効率の悪い攻めでした。
序盤で試合が壊れたのと、岩田投手が今日はよかったですね。
廣岡選手は、西浦選手が精彩がないので、このままいけば1軍に残れそうな勢いですね。

しかし、村中恭兵投手が、このありさまでは先発から遠のきました。
1軍も危うくなりそうです。
またチャンスがもらえるかどうかわかりませんが、次回は結果を出してほしいです。
結局、今年のヤクルトも、投手陣の出来不出来が鍵を握りそうですね。

by misty2011 | 2017-03-07 16:22 | 東京ヤクルトスワローズ

正捕手不在、人材難の侍ジャパン捕手陣、強化合宿フォト

今日からいよいよ第4回WBC大会が開幕します。

侍ジャパンは嶋基宏捕手が、下半身の張りと右ふくらはぎに痛みを訴えて、結局代表辞退となりました。
代役には、西武ライオンズの炭谷銀仁朗捕手が緊急招集され、既に強化試合に出場しています。
リーダー格の嶋捕手の離脱は大きな痛手ですが、
大野、小林、炭谷捕手の3人で何とか乗り切るしかありません。

今回は、侍ジャパン宮崎強化合宿より、その捕手陣のフォトです。

23日 合宿初日 朝の集合時
捕手陣の間に、なぜか山田選手が入っています。
e0222575_923316.jpg


ウォームアップ 各選手、自由にやっていました。
アップの際、坂本選手と山田くんは、ほとんど一緒にいましたが、小林誠司捕手も加わりました。
e0222575_9242115.jpg


e0222575_9242766.jpg


e0222575_9243338.jpg


23日 ティーバッティング 捕手陣は最後に行います。嶋基宏捕手
e0222575_9273169.jpg


表情が明るかったので、下半身に故障を抱えているとは思ってもみませんでした。
e0222575_9273986.jpg


e0222575_9274843.jpg


e0222575_9275640.jpg


大野奨太捕手
e0222575_9291239.jpg


後ろにヤクルトの篠田トレーナーの姿が見えます。
e0222575_9302687.jpg


小林誠司捕手 原辰徳さんに挨拶
e0222575_9304970.jpg


侍の捕手陣の中で、小林捕手は、この時点では3番手の位置づけのようでした。
e0222575_9305833.jpg


サンマリンスタジアムから出てきて、移動のバスに乗り込むところ 嶋捕手
e0222575_9333220.jpg


同じく大野捕手
e0222575_9334186.jpg



2月24日 合宿2日目
ウォームアップ時、ゴムチューブでトレーニング 大野奨太捕手
e0222575_936469.jpg


キャッチボール 嶋基宏捕手
e0222575_9362997.jpg


シートノック 大野奨太捕手
侍ジャパンのシートノックは、ヤクルトより外野は大きく左右に振るのと、内野との連係が入るので、
選手の動きについてけず、動画は撮りましたがボツとしました。
e0222575_9591834.jpg


ティーバッティング
e0222575_959311.jpg


e0222575_9594163.jpg


e0222575_9595465.jpg


e0222575_1014011.jpg



25日 ソフトバンクホークスとの練習試合
選手登場 小林誠司捕手
e0222575_1023294.jpg


嶋基宏捕手 にこやかです。
e0222575_1024190.jpg


先発マスクは大野奨太捕手
e0222575_1025117.jpg



26日 合宿最終日 ウォームアップ ストレッチ
小林捕手の隣が山田選手で、よく話していました。
e0222575_1043185.jpg


e0222575_1044228.jpg


26日 3捕手のティーバッティング 撮った順番に並べました。
e0222575_106840.jpg


e0222575_1062135.jpg


e0222575_1064777.jpg


e0222575_1065579.jpg


e0222575_1071250.jpg


e0222575_1072117.jpg


e0222575_1073642.jpg


e0222575_1075292.jpg


e0222575_108058.jpg


e0222575_108715.jpg


e0222575_1081834.jpg



嶋捕手が抜けた後、小久保監督は大野捕手を1番手で起用するのでしょうか?
昨年の強化試合の時にも書きましたが、私は大野捕手は大谷翔平投手専用でいいと思っていたので、
その大谷投手が不参加の現状では、もし1番手で使うとしたら少し疑問です。
日本ハムの試合をそれほど見ていませんが、昨年の日本シリーズで大野捕手を見て、
キャッチング、リードとも、あとから出てきた市川友也捕手の方が断然良く見えました。

これなら、現在バッティング好調のヤクルトの中村悠平捕手の方がよほどいいでしょうね。
侍に招集されなくて幸いですが。

小林誠司捕手は、今のところ、その持ち味である強肩が活かせてなくて、盗塁を許しています。
打撃も、送りバント失敗など精彩がありません。
ただ、リードは大野捕手より少しいいのかなあという気がしなくもないです。
侍でも、菅野智之投手とのバッテリーはガチでしょう。

【追記】この後、本大会が始まると、小林誠司捕手が攻守とも急成長で、
正捕手をがっちりつかむとは、この時点では想像できませんでした。

私は、この際、嶋捕手の代わりに緊急招集された炭谷銀仁朗捕手に最も期待したいと思います。
この二人よりは、なんとなくですが安心感があります。
急な招集で大変だと思いますが、力を貸してほしいと願っています。
しかし、西武も森友哉選手がキューバとの練習試合で骨折とはダメージが大きすぎますね。

こうして見ると、プロ野球界全体に、これはという捕手がいなくなりましたね。
寂しいことです。サードも人材不足ですが・・・。

どの選手も、怪我のないようチームに元気に戻ってきてほしいです。

by misty2011 | 2017-03-07 10:49 | WBC・侍ジャパン