Out of focus ~Baseballフォトブログ~

2017年 03月 20日 ( 2 )

3/20オープン戦vs巨人☆4-2、ブキャナン5回2失点、7回荒木適時2塁打と相手ミスで逆転

東京ヤクルトスワローズは、今日は神宮で読売ジャイアンツとのオープン戦

先発はヤクルトがブキャナン投手、巨人は宮國椋丞投手
スタメン2番レフトには、何と三輪正義選手が入りました。
今年は2軍西都キャンプスタートで、以降ずっと2軍でしたが、いよいよ三輪ちゃんが1軍に上がってきました。
巨人のスタメンは、補強をしたというわりには迫力不足に感じます。

試合経過は ニッカンスコア

初回、ブキャナン投手は3人できっちり片付けます。
テンポよくコーナー投げ分け上々の立ちあがり。

その裏、宮國投手の前にヤクルトも三者凡退。

2回2死後、ブキャナン投手はファールフライを追って走ったあと、クルーズ選手に四球を与えます。
中井選手にセンター前ヒットを打たれ2死1、2塁。
しかし、岡本選手をセカンドフライに打ち取り3アウト。

その裏、1死後、畠山選手が四球で出塁も、荒木選手がショートゴロ併殺打で3アウト。

3回、ブキャナン投手は先頭の河野捕手にライト前ヒットを打たれ、
立岡選手はセカンドゴロで2塁フォースアウト、1死1塁。
重信選手もセカンドゴロで2死2塁となり、長野選手は空振り三振で3アウト。

その裏、ヤクルトは三者凡退。まだノーヒット。

4回の表裏とも三者凡退。

5回、センターに三輪選手が回り、レフトに飯原選手が入りました。

ブキャナン投手は先頭の中井選手にセンター前ヒットを打たれ、
岡本選手は四球で出し無死1、2塁のピンチ
河野捕手は送りバントで1死2、3塁から
立岡選手をピッチャーゴロに打ち取り、3塁ランナーを三本間で挟殺して2死1、3塁。

しかし、重信選手に三遊間を抜けるタイムリーヒットを打たれ、巨人に1点先制されます。
さらに長野選手にもレフトへタイムリーヒットを打たれ0-2
マギー選手は空振り三振で3アウト。
ブキャナン投手は、この回3安打され2点失いました。四球が余計でしたね。

その裏、ヤクルトはまたも三者凡退。依然ノーヒット。
失礼ながら、宮國投手レベルを打てないとは情けない・・・。

6回からヤクルトは2番手で土肥寛昌投手が登板
2死後、中井大介選手に今日3安打目となるヒットを打たれますが、後続を抑えます。

その裏、巨人は篠原慎平投手が登板
1死後、中村悠平捕手がセンター前ヒット。ようやくチーム初ヒットが出ました。
代打のグリーン選手は空振り三振。
畠山選手が本調子ではありませんが、グリーン選手もこれでは使えませんね。
トップに戻り、西浦選手はサードゴロで3アウト。

7回は村中恭兵投手に交代。既に先発は不合格となり、中継ぎで生き残りをかけます。
早速、先頭の河野捕手を四球で出します。
立岡選手はセカンドゴロ併殺打で2死走者なし。重信選手もセカンドゴロで3アウト。
結局3人で終わりました。

7回裏、巨人は山口鉄也投手が登板
代打の鵜久森選手が四球で出ます。
飯原選手はショートゴロで1死1塁
雄平選手はサードゴロで2死1塁。ランナーが進めません。
ここで、畠山選手がレフト前ヒットを放ち2死1、2塁。ようやくランナーが2塁へ進みました。
続く荒木貴裕選手が、初球を狙い打ちレフトオーバーのタイムリー2塁打とマギー選手のミスがあり、
打った荒木選手も生還して3-2と逆転に成功!
ウトウトしていた私は、これでやっと目が覚めました。

写真は浦添キャンプより荒木貴裕選手
e0222575_14194186.jpg


1点リードで、8回は平井諒投手が登板
三者凡退にきっちり抑えます。

その裏、巨人はマシソン投手が登板
廣岡選手が見逃し三振後、西浦選手がレフトオーバーの2塁打で出塁。
鵜久森選手も左中間へのタイムリー2塁打で4-2と2点差に。
連続2塁打で、あっさり1点追加しました。

2点リードで9回はルーキ投手が登板
1死後、際どい所をストライクにとってもらえず中井選手を四球で出します。
代打の阿部慎之助選手は空振り三振、柿澤選手はピッチャーゴロでゲームセット。

ヤクルトが4-2で巨人に逆転勝ちしました。
勝ち投手は、7回に投げた村中恭兵投手がちゃっかりゲット!

途中まではノーヒットで、今日も打線はやる気なしかと思いましたが、
7回に逆転、そして8回はマシソン投手から追加点を奪い、2点差で逃げ切りました。

劣勢からの今日の逆転勝利。神宮でズルズル負けなくてよかったです。

先発のブキャナン投手は、5回97球5安打で2失点。
ランナーを出すと、やや制球に狂いが生じ、四球をだしたり、タイムリーヒットを打たれました。
スタミナ面が不安そうなので、リード次第で、もう少し球数は減らせそうです。
5回2失点しましたが、まずまずと言ったところでしょう。

打つ方は、宮國投手は打てませんでしたが、衰えの見える山口投手、
そして剛腕マシソン投手からは得点できました。
荒木選手の殊勲のタイムリー2塁打、8回には追加点が取れたのも良かったです。

連休最後に、神宮で勝てて何よりです。

by misty2011 | 2017-03-20 15:54 | 東京ヤクルトスワローズ

侍ジャパンvsドジャース練習試合 ★2-3×逆転サヨナラ負け

侍ジャパンは、WBC準決勝を控え、ロサンゼルス・ドジャースとアリゾナで最後の練習試合を行いました。

ドジャースの先発はオークス投手、日本は武田翔太投手ー炭谷銀仁朗捕手のバッテリー
スタメンは、1番DH山田選手、3番に坂本勇人選手が入り、青木選手は6番に下がり、
田中広輔選手が8番サードに入りました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、日本は山田選手がショートゴロ、菊池選手は三振、坂本選手はショートゴロで三者凡退。
その裏、ドジャースも三者凡退。

2回、先頭の筒香選手が左中間への2塁打で出塁。
中田選手はショートゴロ、青木選手はレフトフライでランナー動けず。
鈴木誠也選手も、引っかけてショートゴロで3アウト。
筒香選手だけが、動くボールにもしっかり対応できています。さすがですね。

その裏1死後、武田投手は1安打されますが、後続を打ち取ります。

3回1死後、炭谷捕手がライト線へのヒットで出塁もキャッチャーからのけん制でタッチアウト。
2死後、山田選手はショート内野安打で出ます。
しかし、菊池選手が初球を打ってショートゴロに倒れ3アウト。

その裏、武田投手は先頭エイブナー選手にライト前ヒット、
1死後、トールズ選手にはセンター前ヒットを打たれ1死1、2塁。
このあと、四球で1死満塁のピンチを招きますが、後続を抑え無失点で切り抜けます。

4回、ドジャースは投手に左腕のアビラン投手に交代
先頭の坂本選手がセンター前ヒット
筒香選手は見逃し三振、中田選手はレフトフライで2死1塁で、
ドジャースは左のデイトン投手に交代。
青木選手はショートゴロで3アウト。

その裏、武田投手は先頭のグティエレス選手にレフト前ヒット打たれ、暴投で2塁へ進まれます。
つづくグティエレス選手にセンター前にタイムリーヒットを浴び、ドジャースが1点先制。

5回、先頭の鈴木選手が四球を選び出塁し、2盗で無死2塁。
田中選手も四球で、このあと、暴投で無死1、3塁。
炭谷捕手のセカンドゴロで、鈴木選手がホームインして1-1の同点となり、1死1塁。

ここで、ドジャースはモロー投手に交代
山田選手は空振り三振で2死1塁。
菊池選手はライト前ヒットで2死1、2塁。これを山田くんがやらないと。
しかし、坂本選手はライトフライで3アウト。

その裏、日本は岡田俊哉投手が登板
1死後、四球を与えランナーを出しますが、グランダル選手のセンターフライを、
青木選手に代わりセンターに入った秋山翔吾選手がナイスキャッチして2死1塁。
後続も抑え3アウトチェンジ。

決勝ラウンドでは、守備のことも考えて、センターは秋山選手を起用してほしい。

6回、先頭の筒香選手がレフトへ今日2本目の2塁打を放ち、代走の平田選手が3塁へ走り無死3塁。
つづく中田翔選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち2-1と勝ち越します。

秋山選手はセンターフライ、鈴木選手は見逃し三振で2死2塁。
ここで、ドジャースは左のシエラ投手に交代。
田中選手はファーストゴロで3アウト。

その裏、日本は秋吉亮投手が登板
先頭バッターはショート内野安打。ショートは田中広輔選手に代わっていました。
サードに松田選手。
続くバッターはショートゴロ併殺打で2死ランナーなし。後続も抑え3アウト。

7回、ドジャースはホワイト投手
先頭の炭谷捕手がサード内野安打で出塁。
山田選手は3球三振。2球空振りですぐ追い込まれ、最後は厳しいコースでしたが見逃しました。
手元で動くボールに対応できず、また悪くなってきましたか…。
1死1塁で、菊池選手も空振り三振で2アウト。
松田選手はショートフライで3アウト。
1点リードで先頭が出ても、後ろが何もできませんでした。

その裏、日本は平野佳寿投手ー小林誠司捕手のバッテリー
1塁に炭谷捕手が入り、セカンドは山田選手
2死後、平野投手は2塁打を浴びますが、最後はセカンドゴロで山田選手が捕って1塁送球3アウト。
山田くん、セカンドで初めて守備機会がありました。

8回、先頭の平田選手は空振り三振
小林捕手はショートゴロ、秋山選手はレフトフライで三者凡退。
このホワイト投手って、テンポが良くて球も速いし、なかなか良かったですね。

その裏、日本は守護神の牧田和久投手が登板
3人で簡単に片づけます。

9回、ドジャースはジョンソン投手
日本はあっさり三者凡退。山田選手に打席が回って来なくて、私はほっとする始末・・・。

1点リードで9回裏、日本は松井裕樹投手が登板
1死後、四球でランナーを出し、暴投で2塁へ進まれ1死2塁。
続くバッターは見逃し三振、このあと四球で2死1、2塁。
つづくディクソン選手に、ライトへタイムリー3塁打を浴び、
2者生還して、2-3×で逆転サヨナラ負けを喫しました。

最後にサヨナラ負けとは、練習試合とは言え後味が悪いですね。
松井投手は、前の試合で一発を浴びた調整登板だったと思いますが、
四球からの逆転負けで、かえって自信を無くす結果となりました。

侍ジャパンは、これで練習試合2戦2敗で、
22日(日本時間10:00)WBC準決勝でアメリカとの戦いに挑みます。

練習試合で、日本はいろいろ課題が改めて見えてきました。
バッターは、筒香選手だけが、動くボールにも対応できていて、さすがというか頼もしい限り。
あとの各打者は、まだ打席でどうするか対応が出来ていません。
ランナーが出ても、つなぐ意識に欠け、三振や凡打で得点できません。

日本の得点は、足を絡めた1点目、また2点目も平田選手の3盗が効きました。
打てないのなら、こうするしかないでしょうね。
また、ランナーが出た場合、同じアウトでも意味のある進塁打を打つことが大切になってきます。
各打者が意識して打席に入ってほしいと思います。

e0222575_84539.jpg


どういうドラマが待っているかわかりませんが、準決勝での侍の活躍を祈っています。

by misty2011 | 2017-03-20 08:37 | WBC・侍ジャパン