Out of focus ~Baseballフォトブログ~

2017年 03月 26日 ( 1 )

3/26オープン戦最終戦vs日本ハム 1-1引き分け、ヤクルトOP戦勝率5割で開幕へ

オープン戦は、今日で最終戦となりました。
東京ヤクルトスワローズは、昨日に続き、札幌ドームで北海道日本ハムファイターズとの一戦。

先発は、日本ハムがエスコバー投手、ヤクルトはオーレンドルフ投手
スタメン1番は大引選手、3番には鵜久森選手、6番DHに飯原選手、
西浦選手は8番に下がり、9番はセカンド谷内選手で、スタメンマスクは西田明央捕手
日本ハムは、中田翔選手が最終オープン戦に出場です。


試合経過は ニッカンスコア

初回、ヤクルトは1番大引選手、2番坂口選手の連打でチャンスメイクし、
鵜久森選手のライトフライで1死1、3塁。
雄平選手のセカンドゴロの間に3塁ランナーが生還して1点先制。

その裏、オーレンドルフ投手は、先頭の西川選手の右足に死球をぶつけ、2盗を許します。
近藤選手には四球を与え2死1、2塁のピンチ。
大谷翔平選手はショートフライで1死となりますが、
中田翔選手にセンターへタイムリーヒットを打たれ1-1の同点に。
1死1、3塁で、田中賢介選手にも四球を与え、1死満塁。
初回だけで3四死球とは・・・。

このあと、レアード選手は浅いライトフライで2死満塁
森山選手は空振り三振に仕留め3アウト。よく1点で済みました。

オーレンドルフ投手は、前回の登板でも、初回に2四球から3ラン被弾を浴びましたが、
今日も不安定な立ちあがりで、初回が鬼門のようですね。

ヤクルトは2回1死後、西田捕手が四球で出塁し、
侍帰りの大野捕手のパスボールで3塁まで進みます。
相変わらずポロポロやりますね。
大谷投手が侍辞退で、大野捕手が本戦では出番がなく、小林捕手が正捕手になったのは大正解でした。
このあと、西浦選手は三振、谷内選手はライトフライで得点ならず。

2回裏、1死後、オーレンドルフ投手は中島選手に四球を与えますが、後続を抑えます。

3回、先頭の大引選手が相手投手のエラーで出塁。
坂口選手のセカンドゴロは、田中賢介選手のミスでダブルプレーを免れ1死1塁。
鵜久森選手はライトへのヒットで1死1、2塁。
しかし、雄平選手がショートゴロ、畠山選手はセカンドフライで得点ならず。

その裏、オーレンドルフ投手は、大谷選手からのクリーンナップを三者凡退に抑えます。

4回、ヤクルトも三者凡退

その裏2死後、大野捕手がセンター前ヒット
オーレンドルフ投手は、このあと、中島選手にもレフト前にヒットを打たれ2死1、2塁
今日も中島シフトをとっていましたが、外野はもっと前でよさそうなものですが。
西川選手はセカンドゴロで3アウト。

5回、先頭の谷内選手がセンター前ヒットで出塁
1死後、坂口選手はファーストゴロ併殺打で3アウト。

5回裏、ヤクルトは大幅な守備位置変更
2塁に荒木選手、ショートは西浦選手、サードは谷内選手で、センターに榎本選手

オーレンドルフ投手は、2死後、横尾選手にセンター前ヒットを打たれますが、
田中賢介選手を空振り三振に斬ってとり3アウト。

6回、ファイターズは井口投手が登板
2死後、畠山選手がセンター前ヒットも、飯原選手はショートゴロで3アウト

その裏、ヤクルトは原樹理投手が登板
テンポよく3人で片付けます。

7回、日本ハムは公文投手が登板。ヤクルトは三者凡退
西浦選手が開幕サードがほぼ内定以来、よくありませんね・・・。

その裏、ヤクルトは村中恭兵投手が登板
2死後、近藤選手にサード内野安打、代打の矢野選手にライト前ヒットを打たれますが、
後続を打ち取り3アウト。

8回、日本ハムは谷元圭介投手が登板
2死後、鵜久森選手がマルチとなるセンター前ヒット。代走は三輪ちゃん
雄平選手はセカンドゴロに倒れ3アウト。
抜けると思いましたが、田中選手に好捕されました。

その裏、ヤクルトは平井諒投手が登板。
Max154キロも、先頭の田中賢介選手に四球を与えます。
やっぱりスピードガン出過ぎでしょ?
1死後、暴投で1死2塁となりますが、後続を打ち取り得点を許しません。

9回、日本ハムはマーティン投手が登板
先頭の畠山選手がレフト前ポテンヒット。代走は上田選手
代打のグリーン選手は空振り三振、走った上田選手も2塁タッチアウト。
ダブルプレーで2死走者なし。
このあと、西田捕手がレフト前ヒットのチグハグ攻撃。
西浦選手はセカンドゴロで3アウト。

1-1の同点で9回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
セカンドに奥村選手が入りました。
2死後、近藤選手にレフト前ポテンヒットを打たれますが、
矢野選手をキャッチャーファールフライに仕留めゲームセット。
オープン戦の最終戦、ヤクルトは1-1の引き分けに終わりました。

最終戦ドローで、ヤクルトスワローズのオープン戦の成績は7勝7敗4分けとなり、
勝率5割で開幕を迎えます。

WBCで、バレンティン、山田選手、そして秋吉投手が抜け、また川端選手もいない中では、
まずまずといった結果でしょうか。
少なくとも、昨年よりは投手陣に少しだけ希望が見えます。

今日先発したオーレンドルフ投手は、終わってみれば初回の1失点のみ。
5回を投げ、4安打4四死球で1失点にまとめました。
立ち上がりの制球の不安定さが改善されれば、先発として試合を作れそうです。
ただ、凄くいいとも言い難くて、開幕してみないとわかりませんね・・・。

このオープン戦を通して、リリーフに回った石山泰稚投手の安定感が光ります。
球速は、平井投手や星投手に劣りますが、きっちり空振りがとれ、
何より失点しないところが素晴らしい!防御率0.00の快投で締めくくりました。

写真は浦添キャンプより石山泰稚投手
きゃしゃで色白の石山投手が、今シーズンは見違えるほど頼もしくなりました。
開幕後も、この調子をキープして、チームを勝利に導いて下さい!
e0222575_13462550.jpg


(キャンプ途中から参加のオーレンドルフ投手の写真は、自前がありません。)


打線は、ここまであまり当たっていなかった鵜久森、畠山選手がマルチなど、8安打で1得点。
得点のチャンスはありましたが、チグハグ攻撃や、相変わらずのあと1本がでませんでした。
まあ、この辺はバレンティン、山田選手が入れば、また展開がガラッと変わってくるでしょう。

主に1番で起用されていた西浦選手は、今日は打順が下位に下がりましたがノーヒット。
調子がガクンと落ちています。
開幕のトップバッターは、これでまず無いでしょう。

一部報道では、真中監督が1番・山田選手の構想を話したようですが、
主軸をしっかり任せられるバッターがいるかどうかで、また話は違ってきます。
WBC三冠王のバレンティン選手の4番だけは決まりでしょうけど。

どういうオーダーになるかは、当日のお楽しみとしておきましょう。
どちらにしても、開幕投手のカツオくんがDeNA打線を抑えてくれることを切に願っています。

by misty2011 | 2017-03-26 16:35 | 東京ヤクルトスワローズ