Out of focus ~Baseballフォトブログ~

2017年 04月 04日 ( 1 )

ブキャナン8回1失点来日初勝利☆3-1、危険球の藤浪退場ならずバレンティン(1号ソロ弾)が退場とは…

開幕カードの横浜DeNAに勝ち越した東京ヤクルトスワローズは、
今日から京セラドーム大阪で、開幕2カード目となる阪神タイガースとの3連戦

先発は阪神が藤浪晋太郎投手、ヤクルトはブキャナン投手
今日はスタメンから西浦選手が外れ、8番サードに谷内亮太選手が入りました。

勝敗以前に、藤浪投手にぶつけられて誰も壊されませんように!!
と、試合前に祈っていました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・ブキャナン投手が8回1失点の好投で来日初登板初勝利!

初回、大引選手が四球で出塁も、坂口選手はサードゴロ併殺打。
山田選手は顔の近くに危ないボールがあって倒れた後、四球で歩きます。
バレンティン選手にも高めに抜けた危ない球があり、
そのあと、山田選手が2盗成功!。4試合目で今季初盗塁を決めました。
バレンティン選手も四球で歩くと、
2死1、2塁から、雄平選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち1点先制!

その裏、ブキャナン投手は2死後、糸井選手に四球を与えますが、中村捕手が2盗を刺し3アウト。

2回、ヤクルトは先頭の中村捕手が四球で出塁。
続く今日スタメンの谷内選手は、昨年藤浪投手から死球をぶつけられ、
左尺骨骨折の大けがをした因縁の対決。まさか今日はぶつけないでしょうね!

谷内選手は、その藤浪投手から意地のレフト前ヒットを放ち無死1、2塁。ナイスバッティング!
しかし、ブキャナン投手が送りバント失敗で3塁がアウトとなり1死1、2塁。
大引選手はセカンドフライで2死となり、坂口選手は四球を選び2死満塁。
つづく山田選手は、高めの変化球を打ち上げ、サードファールフライに倒れ得点ならず。
打ち損じでしょうね。がっくり・・・。
DeNA3戦目に続き、今日も満塁のチャンスで打てませんでした。
願いはひとつ勝負強さ。こういう時に打てるバッターになってほしい!

その裏、ブキャナン投手は1死後、原口選手に死球、北條選手にヒットを打たれピンチでしたが、
梅野捕手をレフトフライに打ち取り無失点で切り抜けます。

3回、先頭のバレンティン選手が、スタンド上段へ特大の今季1号ソロホームランを叩き込み2-0
1死後、畠山選手はライト前ヒット、中村捕手は四球も、谷内選手がショートゴロ併殺打で3アウト。

その裏、ブキャナン投手は三者凡退に抑えます。

4回、先頭のブキャナン投手が四球で歩きます。
このあと、暴投で無死2塁。相変わらずノーコンの藤浪投手。
もうバットを振らないで立ってるだけの方が良さそうですね。
大引選手はピッチャーゴロで1死3塁。
坂口選手はセカンドゴロで、ランナー動けず2死3塁。
今度こそ打ってくれと願いましたが、山田選手は四球で歩いて2死1、3塁。この際、また走れ~
しかし、バレンティン選手は初球を打ち上げ、ライトフライで3アウト。

藤浪投手から4回までに4安打、8四球もらいながらも2得点のみ。相変わらずの残塁野球です。

その裏2死後、原口選手がセカンド内野安打、鳥谷選手がレフト前ヒットで2死1、2塁のピンチ。
しかし、北條選手をショートゴロに打ち取り0点に抑えます。

5回、先頭の雄平選手がライトへのヒット。
畠山選手は、藤浪投手から頭付近にぶつけられ、畠山選手が倒れ込み、起き上がると怒りをあらわにします。

私はてっきり頭部に当たったかと思いましたが、リプレイを見たら左肩でしたね。
それから跳ね返って左頬に当たったようです。(訂正)しかし危なすぎます。

これで、ついに乱闘騒ぎになりました。
両軍飛び出して入り乱れる中、バレンティン選手が阪神の矢野コーチを突き飛ばし、
その後、矢野コーチも飛び蹴りして暴れる事態に発展し、
バレンティン選手と矢野コーチが退場処分となり、警告試合が宣告されました。

退場させるのはホントは藤浪投手でしょ!何度も危ない球を投げて。ったくもぉ~怒!
頭じゃなければいいって、あんまりだわ。球が速いだけに危険極まりない!
ココちゃん、どうせ退場処分になるのなら、藤浪投手を突き飛ばしてほしかったですよ。
ホントにタチが悪すぎるノーコンっぷりにはあきれます。いい加減にせい!投げる資格なし!
NPBは危険球退場の定義を改定してほしいですね。

しかも、藤浪投手はぶつけ慣れてるので、そのあと動揺もせず平気で投げるんですよね。

試合再開後、中村捕手は送りバント失敗、谷内選手はサードゴロ併殺打で得点ならず。
右打者は怖くてバントなんてまともにできないでしょ。
藤浪投手には立ってるだけの方がプレッシャーなのに。采配も悪すぎます。

6回、阪神は松田遼馬投手が登板 三者凡退に終わります。

その裏、ブキャナン投手は糸井嘉男選手に2号ソロホームランを浴び2-1

7回、ヤクルトは松田投手の前に、山田選手からの攻撃も、3人であっさり終了。
なお、バレンティン選手の代わりに4番センター上田剛史選手が入り、坂口選手はレフト

その裏、鳥谷選手がライト前ヒット、北條選手の送りバントで1死2塁。
ブキャナン投手は冷静に後続を抑え3アウト。

8回、阪神は藤川球児投手が登板 ヤクルトはこの回も三者凡退。流れが悪くなりました。

8回裏もブキャナン投手が続投
2死後、糸井選手をエラーで出しますが、福留選手をファーストゴロに打ち取り3アウト。
荒れた試合の中、8回1失点のナイスピッチングでした。お疲れさま。
今日は、ブキャナン投手の好投に報いるためにも、負けるわけにはいきません。

9回、阪神は桑原謙太朗投手が登板
先頭の代打。荒木貴裕選手がライトへの2塁打で出塁。
大引選手のファーストゴロで1死3塁
坂口選手はファーストゴロも原口選手がファンブルする間に3塁ランナーが生還して3-1
貴重な追加点が入りました。
2死ランナーなしで、山田選手はショートへの内野安打で出塁。1本ヒットが出てよかった。
上田選手はライトフライで3アウト。山田くん、盗塁してほしかったな。

2点リードで9回裏は秋吉亮投手
1死後、好調の鳥谷選手に今日3安打目となるレフト前ヒットを打たれ、
北條選手にもレフトへヒットを打たれ1死1、2塁。
続く代打・荒木郁也選手はショートゴロで2死1、3塁
阪神は代打・狩野恵輔選手を送りますが、ショートゴロに打ち取りゲームセット。

ヤクルトが3-1で阪神を下しました。

ブキャナン投手が8回5安打1失点(糸井選手に打たれたソロ一発)の好投で、
来日初登板初勝利をあげました。おめでとうございます。
緩急自在、テンポよく冷静で落ちついた素晴らしいピッチング。安心して見ていられましたね。
今日の試合は退場者まで出し、絶対に落とすわけにはいかない試合でしたが、本当によく投げてくれました。

写真は沖縄キャンプブルペンよりブキャナン投手
e0222575_194828100.jpg



打線は、藤浪投手があれだけ荒れていて9死四球をもらいながらも2点のみ。
相変わらずの残塁野球で、おまけに畠山選手への死球から、乱闘騒ぎとなり、
バレンティン選手が退場となる中でも、イマイチやってやるという闘志が見えませんでした。
まあ、向かっていって藤浪投手にぶつけられるのが怖いというのもありますからね。

作戦的にはコントロールが定まらない藤浪投手に対し、バントの指示はいかがなものかと思いました。
立っていれば四球がもらえた可能性が大でしたからね。下手に動かない方がよかったかもしれません。

しかし、ヤクルトの毎度の拙攻はイライラしますね。バント失敗や併殺打などなど…。
それ以上に、藤浪投手のノーコンぶりにはイライラを通り越して怒りを覚えます。
昨年の谷内選手のこともあるのでなおさらです。

ピッチングになっていません。
人をケガさせない程度のコントロールを身につけてから、マウンドに上がってほしいと思います。
いつぶつけられるか危なくて試合になりませんから。
これでは、阪神のエースなんて程遠いでしょう!
出来れば、もう藤浪投手とは当たりたくないです。
畠山選手が無事だったのが何より良かったです。

by misty2011 | 2017-04-04 21:49 | 東京ヤクルトスワローズ