Out of focus ~Baseballフォトブログ~

2017年 04月 06日 ( 1 )

館山、初回に4失点、延長11回杉浦が原口にサヨナラ被弾★4-5

1勝1敗で迎えた京セラドーム大阪での阪神タイガースとの3戦目
先発は阪神がメッセンジャー投手、ヤクルトは館山昌平投手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 4点差追いつくも、サヨナラ負けで2カード連続勝ち越しならず


ヤクルトは初回、大引選手が四球、山田選手はエラーで出塁し1死1、2塁のチャンスも、
バレンティン、雄平選手が倒れます。

その裏、館山投手は髙山、上本選手に連打され、
絶好調の糸井選手にライトへタイムリーヒットを浴び1点先制されます。
福留選手には四球で無死満塁から、原口、鳥谷選手に連続タイムリーヒットを打たれ0-3
1死後、梅野捕手のサードゴロの間に3塁ランナーが生還して0-4
初回に早くも4点失いました。

2回、ヤクルトは畠山選手がサード内野安打、中村捕手は死球後、
谷内亮太選手がレフトへタイムリー2塁打を放ち1-4。館山投手はショートゴロで1アウト。
なおも1死2、3塁のチャンスに、大引、坂口選手が連続空振り三振に倒れ追加点ならず。

その裏、館山投手は、畠山選手の好守もあって三者凡退に抑えます。

3回、先頭の山田選手がセンター前ヒットで出塁。
バレンティン選手もライト前ヒットで無死1、2塁。
雄平選手は空振り三振、畠山選手は上本選手の好守に阻まれ、セカンドゴロで2死1、3塁
中村捕手は見逃し三振で得点ならず。あぁ・・・。
チャンスを作るだけで終わりのヤクルト打線。

その裏2死後、館山投手は鳥谷選手にセンター前ヒットを打たれますが、後続を打ち取ります。
館山投手、少し立ち直ってきましたようです。

4回、先頭の谷内選手がライト前ヒット
館山投手に代わり三輪選手を送りますが、レフトフライ
大引、坂口選手が倒れ3アウト
古巣の京セラで、元オリックス戦士がブレーキです。

その裏、ヤクルトは2番手で原樹理投手が登板。三者凡退に抑えます。

5回、先頭の山田選手が四球で出塁。走ってほしいけど、梅ちゃんに刺されているのでね…。
バレンティン選手は空振り三振、雄平選手はサードゴロで2死1塁。
畠山選手は、いい当たりながらライトフライで3アウト。

その裏、原樹理投手は先頭の上本選手にセンター前ヒットを打たれます。
大引選手の守備範囲って??あれが抜けていきますかね。
糸井選手はファーストゴロで1死2塁
つづく福留、原口選手を三振に仕留め3アウト。

6回、先頭の中村捕手がライト前ヒット
谷内選手は四球で歩き無死1、2塁
ここで、代打・大松尚逸選手を送りますが空振り三振。
トップに戻り、大引選手がレフト前タイムリーヒットを放ち2-4

1死1、2塁となり、ここで阪神は2番手・高橋聡文投手に交代
坂口選手はセンターフライで2死ランナー動けず。

阪神は3番手で桑原謙太朗投手に継投
山田選手は詰まりながらもセンターへ運び、深く守っていた糸井選手が捕れず、
タイムリー2塁打となり、2者生還して4-4の同点に。
ラッキーでしたが、とにかくチャンスで打ててよかったよかった!
つづくバレンティン選手は歩きますが、雄平選手は空振り三振で同点どまり。

その裏、ヤクルトは星知弥投手が登板。
山田選手の好守もあって、三者凡退に抑えます。

7回、阪神は松田遼馬投手
先頭の畠山選手が四球で出ます。
中村捕手は送りバントで1死2塁
谷内選手はライトフライで2死2塁。
つづく代打・鵜久森選手に期待も、セカンドゴロで3アウトチェンジ。

その裏、ヤクルトはルーキ投手が登板
1死後、髙山選手がライト前ポテンヒットで出塁。
上本選手はサードゴロで2死1塁
ここで昨夜3ランを浴びた糸井選手を迎えます。
粘られますが、ショートフライに打ち取り3アウト。よく抑えました。

8回、阪神はマテオ投手が登板
大引選手からの打順もあっさり三者凡退。

その裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板。センターは上田選手に交代
福留選手からの打順を、きっちり3人で片付けます。

9回、阪神はドリス投手
バレンティン選手からの打順も三者凡退。

その裏、2イニング目の石山投手は、この回も三者凡退に抑え、延長に入ります。

10回、阪神は藤川球児投手
1死後、谷内選手が3安打目となるライト前ヒットで出塁
つづく途中出場の上田選手はファーストゴロ(原口選手好守)で2死2塁
大引選手はセンターフライで3アウト

その裏、ヤクルトは杉浦稔大投手が登板。ショートに西浦選手が入ります。
1死後、上本選手に四球を与えます。
糸井選手は見逃し三振に斬ってとり、福留選手はショートゴロで3アウト
今日も伸びのあるストレートで押しました。Maxは150キロ

11回、阪神は藤川投手が続投。
西浦、山田、バレンティン選手が3者フライアウトに倒れます。

その裏、ヤクルトは杉浦投手が続投しますが・・・
先頭の原口文仁選手にレフトスタンドへサヨナラホームランを打たれゲームセット。

ヤクルトは4-5×でサヨナラ負けを喫しました。

う~ん、残念な結果に終わりましたね。
私は11回は秋吉投手投入かと思いましたが、温存してサヨナラ負けとは、ちょっと悔いが残ります。

2カード目の阪神戦は、これで1勝2敗と負け越しました。

まあ、初回によーいどんで館山投手がいきなり4失点で始まりましたからね。
2回以降は0点に抑えただけに、立ち上がりの失点が悔やまれます。
それでも、リリーフ陣が懸命につないで10回までは追加点を許しませんでした。
最後は、回またぎの杉浦投手が打たれましたが、責められません。

打線は、谷内選手のタイムリー2塁打、大引選手のタイムリー、
山田選手のラッキーなタイムリー2塁打で、何とか4点取って追いつきましたが、
これ以外のチャンスを潰しまくりました。
特に2回、1点かえして、なおも1死2、3塁のチャンスで、1、2番の連続三振が痛すぎました。

サードスタメン出場が続く谷内亮太選手が、タイムリー2塁打など3安打猛打賞とよく打ちました。
結果を出して、西浦選手を一歩も二歩もリードしましたね。
これからも二人でいい競争をしてほしいです。

e0222575_15253312.jpg



一方、坂口選手が不調で、今日は途中交代しましたが、
明日からの広島戦では、もしかして打順をいじるかもしれませんね。
キャンプでは、右ひじをかなり気にしていたので、その影響があるのかもしれませんね?

とにかく勝つためには、打線はチャンスを作るだけでなく、そこから如何に得点するかを
各打者がもっと粘り強く工夫してほしいと思います。
投手陣は後ろが整備されてきたので、打線の奮起をお願いします。

by misty2011 | 2017-04-06 22:36 | 東京ヤクルトスワローズ