Out of focus ~Baseballフォトブログ~

2017年 04月 07日 ( 1 )

初登板ルーキー加藤拓也投手にノーヒットノーラン&完封を辛くも免れる★1-4

東京ヤクルトスワローズは、開幕カードの横浜DeNAに勝ち越し、
2カード目の阪神戦は負け越して、3勝3敗となりました。
今日から敵地・マツダスタジアムで広島東洋カープとの3連戦

先発は広島カープがドラ1ルーキーの加藤拓也投手、ヤクルトは開幕勝利を挙げた石川雅規投手
ヤクルトは打順をいじってくるかと思いましたが、同じままでした。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 雄平選手が一矢報いるタイムリーを放つも反撃及ばず3連敗

初回、ヤクルトは加藤投手の前にあっさり三者凡退
山田選手はど真ん中のフォークを空振り三振。う~~ん、あれを空振りするかぁ・・・。

その裏2死後、石川投手は丸ちゃんにライトへ2塁打を打たれ、
新井貴浩選手にレフトへタイムリー2塁打を浴び、1点先制されます。

2回、ヤクルトは2死後、畠山、中村選手が連続四球で出ますが、谷内選手が空振り三振で3アウト。

その裏、石川投手は2死後、加藤投手に四球、田中広輔選手は死球でピンチを招きますが、
菊池選手を空振り三振に仕留めます。

3回2死後、坂口選手がストレートの四球、山田選手も四球で2死1、2塁
しかし、バレンティン選手はセカンドゴロで3アウト。今日も相変わらずの残塁祭り?

その裏1死後、石川投手は新井、鈴木選手に連打され1死1、2塁のピンチ
エルドレッド選手はショートゴロで2死2、3塁
続く小窪選手にレフトへ2点タイムリーヒットを打たれ0-3
カツオくんの球自体はそれほど悪くないし、コースも低めなんですけどね。
簡単に捉えらえています。
敵ながら、カープはチャンスをきっちりモノにして得点しますね。

4回、ヤクルトは1死後、畠山選手が四球で歩きますが、中村捕手がセカンドゴロ併殺打。
まだノーヒットです。

その裏、石川投手は初めて三者凡退に抑えます。

5回、ヤクルトは三者凡退

その裏、石川投手は先頭の丸選手にセンター前ヒット、新井選手はサードゴロで1死2塁
鈴木選手はサードゴロで2死2塁となり、このあと暴投で2死3塁。
つづくエルドレッド選手をファーストファールフライに打ち取り、無失点で切り抜けます。
毎回、ヒヤヒヤします。

6回、先頭の坂口選手が四球で出ます。
山田選手はフォークを空振り三振、走った坂口選手は2塁アウトで三振ゲッツー!

山田くんの空振りのスイングが全くもってヘン。
いくらタイミングが合わないからって、これはないわ。
山田くんはエンドランやラン&ヒットのサインで、当てることすらできないことが多すぎます。
ほとんどが空振り三振かポップフライ。
打てないのならカットくらい出来ないと!
この辺に、ものすごくバッティング技術の未熟さを私は感じるんですよ。

まだ調子が上がっていないのはわかった上でも、
キツイようですが、調子がいいとか悪いの問題ではありません。
ファンでもこれは山田くんをかばえません。

バレンティン選手はサードが弾いて初ヒットかと思いきや、田中選手の好カバーで1塁アウト。

その裏、石川投手は3人で片付けます。
石川投手は、6回を投げ6安打で3失点。
苦手のビジター、カープ打線相手としては、これでよく収まりました。

7回、ヤクルトはカープの好守もあって三者凡退。

その裏、ヤクルトは村中恭兵投手が登板
1死後、菊池選手を四球で出しますが、丸ちゃんをセカンドゴロ併殺打に仕留め3アウト。

8回、ヤクルトは大松、鵜久森選手の代打攻勢をかけますが不発に終わり、
以前ノーノーが続いています。

その裏、ヤクルトは1軍に昇格した土肥寛昌投手が登板。サードは西浦選手
1死後、鈴木選手がショート後方へのヒットで出塁。
エルドレッド選手は四球で1死1、2塁
小窪選手はセンター前ヒットで無死満塁
石原捕手はライトへ犠牲フライを運び0-4

ノーノ―のまま9回を迎えます。
加藤投手は東京六大学野球で東大からノーヒットノーランを達成しています。

先頭の坂口選手はショートゴロで1死
山田選手は四球で歩きます。(山田くんは開幕以来の連続ヒットは6試合でストップ)
続くバレンティン選手が、初球をレフト前ヒットで、1死1、3塁
やった~ココちゃん、ノーノー阻止ありがとうございます!
e0222575_11334142.jpg


続く雄平選手もライト前タイムリーヒットでヤクルトが1点かえして1-4。完封も阻止!

なおも1死1、2塁となり、広島は中崎投手に交代。
畠山選手はライトフライで2死となり、中村捕手はライト前ヒットで2死満塁。
ヤクルトはここで、代打・荒木貴裕選手を送りますが、センターフライに倒れゲームセット。

ヤクルトが辛くもノーノー、完封負けは阻止しましたが、1-4で敗れました。

ヤクルト打線、そして無策のベンチに目を覚ましてもらうためには、
いっそのことノーノーを喰らった方がよかったかもと思うくらい不甲斐ない試合でした。

初登板のドラ1ルーキーの加藤投手は、7四球と球が荒れていましたが、要所ではきっちり投げていました。
ストレートは速いですが、そうびっくりするようなものではなく、伸びもそれほど感じませんでした。
球種が多いわけでもありません。
しかし、強い気持ちで攻めていましたね。ヤクルト打線はその向かってくる気迫に押されたように思います。
プロの洗礼を浴びせるどころか、
物おじしないルーキーに、9回1死までノーヒットに抑えられました。
ノーノーをよく阻止できたものだと思います。
そういえば、マエケンの時も藤本選手が阻止したんですよね。

しかし、選手任せの自主性野球も、これでいいかげんやり方を考え直してほしいですね。
今日の試合が、監督や選手にとって、そのきっかけになることを願います。
考えて打席に入っているのは畠山選手くらい。
打線が線として全く機能していません。

明日は、小川投手なのである程度失点は覚悟です。
打線は、今日打てなかった分も打ってほしいと思います。
打順はまだいじらないんですかね??

by misty2011 | 2017-04-07 22:20 | 東京ヤクルトスワローズ