Out of focus ~Baseballフォトブログ~

2017年 04月 08日 ( 1 )

打線重症!9回の反撃も届かずヤクルト4連敗★1-2 小川サイン見落としからやらずもがなの2失点

昨夜は、プロ初登板の広島のドラ1ルーキー加藤拓也投手の前に、
あわやノーヒットノーラン寸前まで大苦戦した東京ヤクルトスワローズ
9回1死から、バレンティン選手がノーノー阻止するヒット、
そして雄平選手のタイムリーヒットで完封を阻止しました。
それで喜んでいる場合ではありませんが、ルーキー初登板ノーノーの歴史的屈辱だけは免れました。

今日は昨夜の鬱憤を晴らしてもらいたいものです。

先発は広島カープが岡田明丈投手、ヤクルトは小川泰弘投手
小川投手で勝ちを計算できなくなっているのが辛いところですが、意地を見せてほしいものです。
スタメンの選手は同じままで、1番坂口、2番大引選手と打順を入れ替えました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 鵜久森選手がタイムリー、終盤の追い上げ及ばず惜敗

初回1死後、大引選手がヒットで出塁も、山田選手がライトフライ、バレンティン選手は空振り三振。
とりあえず、初回に(訂正)ヒットが出たのでノーノーを阻止しました(苦笑)


その裏、小川投手はテンポよく三者凡退に抑えます。
立ち上がり、ストレートの球速は出ています。

2回、先頭の雄平選手がセカンド内野安打で出塁も、畠山選手がショートゴロ併殺打。
早くもカープ寄りの解説者・笘篠さんがうるさくて不快!
達ちゃんがいなくなってやれやれと思っていたのに、コヤツがいましたか。

2死後、中村捕手が四球で出塁。
谷内選手はショートゴロで3アウト。

その裏、先頭の新井選手がレフトへのヒットで出塁。
ま~た、インコースを引っ張られました。
1死後、エルドレッド選手は四球で1死1、2塁
安部選手はセカンドゴロで、併殺ならず2死1、3塁
このあと、安部選手の2盗に中村捕手が小川投手へ送球も、
小川投手が避けてカットせず、その間に3塁ランナーが生還して1点献上。
広島ダブルスチールの仕掛けに、まんまと引っかかりました。
これは、サイン見落とした小川投手のミスでしょう。
昨年も同じようなシーンがありましたね・・・。

このあと、石原捕手にライトへタイムリーヒットを打たれ0-2

3回、ヤクルトは2死後、大引選手がセンター前ヒットで出塁
山田くん、そろそろ打ってよとの願いも虚しく、力ないライトフライで3アウト。
初回の打席とほぼ同じ打球でした。右へは打球がホントに伸びません。
この打席、ど真ん中のフォークを空振りし、ストレートには遅れて、全く打てる気配なし。
石原捕手に手玉にとられています。

その裏、小川投手は先頭の田中広輔選手にレフトへのヒットを打たれると、
けん制で田中選手をタッチアウトにし1アウト。
菊池選手に粘られますが、センターフライ、丸ちゃんは見逃し三振で3アウト

4回、先頭のバレンティンは空振り三振、雄平選手はサードファールフライ。
畠山選手は空振り三振。何なんだ、この打線は・・・。
もうテレビを見るのもブログを書くのも放棄したい気分。

その裏、小川投手は2死後、エルドレッド選手にレフトへヒットを打たれますが、後続を抑えます。

5回1死後、谷内選手が四球で歩き、小川投手の送りバントで2死2塁
坂口選手は四球を選んで2死1、2塁。グッチは四球数がすごいことになっています。
ここで、今日2安打の大引選手に期待も、ファーストゴロで3アウト。
抜けるかと思いましたが、新井さんの好守に阻まれました。

その裏、小川投手は2死後、田中選手にレフト前ヒットを打たれます。
菊池選手には、ファールで11球粘られて四球を与え2死1、2塁。空振りがとれません。
しかし、丸選手を空振り三振に仕留め3アウト。

6回、先頭の山田選手は、全球変化球攻めをされサードゴロ。
甘い球にもバットを振りませんでした。
粘りも工夫もなく、淡々と凡打を重ねます。
バレンティン選手はセカンドフライ。雄平選手はセカンドゴロであっさり三者凡退。
わずか2点差なのに、クリーンナップがこれでは絶望感が漂います。

その裏、小川投手は鈴木選手からの打順を3人で片付けます。

7回、続投の岡田投手は152キロを出すなど力強いピッチングで、ヤクルトはこの回も三者凡退。

その裏、小川投手は安部選手にライトへ2塁打を打たれます。
記録は2塁打も、雄平選手が捕球ミスした実質エラー。
小川投手は、このあと踏ん張り、無失点で切り抜けます。

8回、ヤクルトは代打の荒木選手を送りますが、見逃し三振
坂口選手は捕手前の内野安打で出塁。この回から雨が降りだしてきました。
大引選手はファーストゴロで2死2塁
山田選手は四球で歩き2死1、2塁。打てそうもないので、これはラッキー!
続くバレンティン選手に託しますが、空振り三振で得点ならず。
オランダ代表のバレンティン選手は何処へ!?

その裏、ヤクルトは星知弥投手が登板
Max153キロ(訂正)計測で、2番からの打順を3人で片付けます。
ズムスタのスピードガンはちと甘めかも?

9回、カープは岡田明丈投手が続投
1死後、畠山選手がセンターへ意地の2塁打を放ちます。
中村捕手は四球で歩き1死1、2塁

広島はここで、岡田投手からジャクソン投手に継投
ヤクルトは代打の大松選手を送り、フルカウントからセンター前ヒットを放ち1死満塁
2塁ランナーが畠山選手なので、3塁はストップとなりました。
1死満塁で、あのサヨナラ満塁弾の鵜久森選手を代打で送ります。
鵜久森選手は期待に応え、初球をレフト前に運び、1点かえして1-2
中村捕手は3塁ストップ。回していたらどうだったでしょう?
なおも満塁で、坂口選手はファールフライに倒れ2死満塁
大引選手はライトフライでゲームセット

ヤクルトは9回、代打攻勢で追いあげましたが届かず、1-2で敗れました。

ヤクルト的には、9回だけは盛り上がりましたが、それまでは打線が死んでいました。
8回も2死1、2塁までは行きましたが、バレンティン選手が空振り三振。
それ以外は、ほとんどチャンスさえ作れずじまい。
最後は追いつかない程度の反撃に終わりました。

代打でタイムリーヒットを打った鵜久森淳志選手
e0222575_22235888.jpg



9回満塁で、坂口選手の打席で、代打策ってなかったでしょうかね?
西田選手や、三輪ちゃんもいましたが。ま、結果論なので何とでも言えますが。

カープ2年目の岡田投手は、前日のルーキー加藤拓也投手のノーノー未遂の快投が、
大きな刺激になったでしょうね。
昨日に続き、活きのいいカープ若鯉にやられました。
ヤクルト打線が育てて、自信をつけたことと思います。

先発の小川投手は、終わってみればあの2回だけなんですよね。
あの回は、ミスが重なりました。
まず、セカンドゴロで併殺がとれなかったこと。
ダブルプレーがとれていれば3アウトチェンジでした。
山田くんの動きがゆっくりで、大引選手の送球もぬるかったのが悔やまれます。
そして、このあとダブルスチールを仕掛けられ、サインを見落とした小川投手のうっかりミスで先制されると、
つづく石原捕手と勝負してライトへタイムリーヒットを打たれ2点目となりました。
後ろが投手なので、歩かせるという選択肢はなかったのか?
まだ、2回だったのもありますが、結果的には、これが決定打となりましたからね。

1点目も2点目も、防げる失点だっただけに悔やまれます。
小川投手は、スピードも出ていて前回よりはよくなっていました。
打線の援護がなかったのは気の毒ですが、自身のミスから負け投手になったので、仕方ない部分もあります。

投手が粘り強く投げても、打線はあっさり凡打の山。
カープのように粘ることもできません。結局、岡田投手を9回まで行かせましたからね。
全く投打がかみ合わなくてストレスが溜まる試合が続きますね・・・。

ヤクルトは、これで阪神戦から4連敗。
明日は勝って、カープ戦で3タテ喰らうのだけは避けてほしいものです。
とにかく打線が仕事をしないと話しになりません。

山田選手を筆頭に、主軸が打てなく、1、2番もかみ合わなく、どうしようもありません。
まだ、畠山選手からの下位打線の方が希望が持てます。
打てないのなら、粘るとかボール球に手を出さないとか、いろいろ各自が考えて打席に立ってほしいです。

しかし、山田くんはど真ん中の変化球が全く打てない、かといってストレートも振り遅れる。
不調なのは確かですが、一体どうなっているんでしょう?打席で目が死んでいます。
相手にすれば、安全パイとなっているのが悔しすぎます。奮起してください!

by misty2011 | 2017-04-08 18:00 | 東京ヤクルトスワローズ