Out of focus ~Baseballフォトブログ~

2017年 04月 16日 ( 1 )

【4/16ハマスタ観戦】ロペスに打たれ過ぎ!バレ弾2発空砲 ★3-6

好天に恵まれた今日は、今季初のハマスタ観戦となりました。
初夏を思わせるような陽気で、汗ばむほどでした。

取り急ぎ、主に得点シーンの写真を並べます。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト バレンティン選手が来日20度目となる2打席連続ホームランも、カード勝ち越しならず

横浜DeNAベイスターズの先発は、長身のクライン投手
開幕カード3戦目で対戦しました。(延長でサヨナラ勝ち、訂正)
e0222575_19362525.jpg


初回、山田選手はレフトフライ
1死後、雄平選手が内野安打で出塁も、盗塁失敗(けん制死)となり、
バレンティン選手もライトフライで三者凡退
e0222575_19373496.jpg


ヤクルトの先発はオーレンドルフ投手
e0222575_1941183.jpg


初回、荒波選手の抜けようかという打球を山田選手の好守備で2死となりますが、
このあと、ロペス選手に3号ソロホームランを浴び1点先制されます。
e0222575_19413792.jpg


e0222575_19414814.jpg


2回2死後、中村悠平捕手がセンター前ヒット、大引選手は四球も、谷内選手が倒れ3アウト
e0222575_19551662.jpg


2回裏、オーレンドルフ投手は3人で片付けます。

3回表、1死後、山田選手が粘って四球で歩きます。
何度もけん制された後、
e0222575_19432096.jpg


e0222575_19432979.jpg

2盗に成功し、

e0222575_19433940.jpg


戸柱捕手の2塁悪送球で3塁まで進みます
e0222575_19434952.jpg


雄平選手がレフトへ犠牲フライを運び
e0222575_19482823.jpg


3塁から山田選手がタッチアップしてホームイン!1-1の同点に
ノーヒットで1点奪います。
e0222575_19435895.jpg


つづいて、3番バレンティン選手がレフトスタンドへ特大の2号ソロホームランを放り込み、
2-1と勝ち越します。
e0222575_19495986.jpg


e0222575_1950816.jpg


3回裏、オーレンドルフ投手は四死球でピンチを招きますが、ロペス選手を空振り三振に仕留め3アウト
e0222575_19573369.jpg


4回、ヤクルトは三者凡退

その裏、1死後、山田選手が今度は宮崎選手のセンターへ抜けようかという打球に追いつき1塁へ送球して2アウト。
今日は守備で貢献した山田くん
e0222575_19584120.jpg


しかし、そのあと、オーレンドルフ投手は四球、ヒット、四球で2死満塁から
クライン投手にライトへタイムリーヒットを打たれ2者生還して2-3と逆転されます。
e0222575_2012838.jpg


投げてヨシ打ってヨシのクライン投手
e0222575_2014663.jpg


5回裏、オーレンドルフ投手は先頭の荒波翔選手にレフトへ2塁打を打たれます。
e0222575_2044569.jpg


続いて、ロペス選手に右中間へタイムリー2塁打を浴び2-4となります。
ロペスシフトをとっていて、全体に左寄り
ライトの鵜久森選手が懸命に追いかけますが捕れませんでした。
普通の守備位置なら、センターの雄平選手がキャッチできたように思いますが?
e0222575_2045772.jpg


e0222575_205955.jpg


ここで、ヤクルトは原樹理投手に交代
e0222575_2085711.jpg


筒香選手のセカンドゴロで1死3塁となり、宮崎選手は三振で2死3塁から
倉本選手にレフトへタイムリー2塁打を打たれ2-5
バレンティン選手の隙をついて2塁へ滑り込む倉本寿彦選手
e0222575_2091113.jpg


6回1死後、バレンティン選手がレフトスタンドへ特大の3号ソロホームランを叩き込み3-5
e0222575_201264.jpg


e0222575_20121758.jpg


横浜はここで須田投手に継投 後続が倒れ3アウト
e0222575_20122672.jpg


ラッキー7の東京音頭
e0222575_20145822.jpg


DeNAは7回、不調のクローザー山崎康晃投手をここで投入
ヤクルトは三者凡退
e0222575_2015966.jpg


7回裏1死後、原樹理投手は筒香選手にレフト前ヒットを打たれます。
e0222575_2019373.jpg


宮崎、倉本選手にも連打され
2死満塁から戸柱捕手にタイムリーヒットを打たれ3-6と3点差
e0222575_20253124.jpg


ここで、ルーキ投手に交代 乙坂選手を三振に仕留め3アウト
e0222575_20202828.jpg


8回、DeNAは三上投手 ヤクルトは三者凡退
e0222575_2027583.jpg


その裏、村中恭兵投手が登板し3人で片付けます。
e0222575_2028856.jpg


9回はパットン投手
e0222575_20281628.jpg


バレンティン選手が今日3安打目となるセンター前ヒットで出塁も、後続が倒れゲームセット

e0222575_2030316.jpg


ヤクルトは3-6で横浜DeNAに敗れ、このカード1勝2敗と負け越しました。
DeNAのお立ち台は、先発のクライン投手と先制弾とタイムリー2塁打で2打点と活躍のロペス選手でした。

ヤクルトは先発のオーレンドルフ投手が5回途中まで投げ、5安打4四死球で5失点と乱調でした。
コントロールが乱れ、球に力もありませんでした。
相手投手に打たれたのが大誤算でした。
また、前回の登板で3安打されたロペス選手に今日も打たれました。
先発として試合を作れないとなると、この先、ちょっと厳しいですね。
次回は好投をお願いします。

2番手の原樹理投手は、2回2/3を投げ6安打され1失点。
今年の原樹理投手は違うとは何だったのかと思うほど、昨年からの成長が感じられませんでした。
フォーム的には少し改善されたように見えますが、相変わらず簡単に打たれますね・・・。
何か問題があるんでしょうね。早めに修正してもらえたらと思います。

打つ方は5安打で3得点
バレンティン選手がソロ2発とヒットの3安打猛打賞
あとは雄平選手の内野安打と中村悠平捕手のセンター前ヒットの計5安打

バレンティン選手がホームランを打っても勝てない試合が多いですね。
しかも2発打ってもヤクルトは勝てませんでした。まあ、2本ともソロですからね。

横浜のクライン投手は長身で荒れ球。危ない球が数球ありました。
この手のピッチャーは、ヤクルト打線は苦手ですね。

山田選手は、今日は3打数ノーヒット1四球1盗塁。打率はまた少し下がりました。
ヤクルト1点目は、山田選手の四球出塁からの2盗が相手エラーを誘い、犠牲フライでホームイン。
ノーヒットでの得点。
山田くんの足で1点奪いましたが、すぐに逆転されました。
山田くんがトップバッターの場合(今回は1死からですが)、
こういう形で得点できることがメリットのひとつに挙げられます。

今日はヒットは打てませんでしたが、2度のファインプレ-があって守備で貢献しました。
相手にとってはヒットを2本損しました。
山田くんは、さらっとファインプレーをしますが、あれが菊池選手だったら、大げさにやっていそうですね。
こんなところにも、見た目の印象で損をしてるかもしれません。
今日は3塁側後方中上段の席で、私の周りはほとんど横浜ファンでしたが、
山田くんの守備を褒めてくれていました。

ヤクルトは今日負けて再び5位に転落。借金は4となりました。
早めに返済して、しばらくは5割を目標に戦ってほしいと思います。
打線が、やはりもう少し打たないと勝てませんね。
結局、この3連戦は石田投手を打てただけになりました。奮起をお願いします。

あと、鵜久森選手は、守備のこともあるので、相手が左投手先発ならまだしも、
そうでない場合は、やはり代打のほうがいいように思います。
今日の外野の布陣、バレンティン、センターの雄平、そしてライトの鵜久森選手は怖すぎます。
雄平選手のライトは、やはり他に代わるものがいませんから。

打順は雄平選手が2番でしばらく行きそうですね・・・。
そうなると、今日のように3番から5番が全員右バッターで、おまけに足が遅いので、
長打が出ない限り、なかなかホームに戻って来れないように思うんですが・・・。
打順は再検討する必要があると私は思います。

私は、今日一日ですっかり日焼けしました。

by misty2011 | 2017-04-16 21:25 | 東京ヤクルトスワローズ