Out of focus ~Baseballフォトブログ~

2017年 04月 18日 ( 1 )

菅野に3安打完封負け★0-3 故郷熊本で、山中7回2失点粘投も無援護で黒星

東京ヤクルトスワローズは、今日から読売ジャイアンツとの2連戦

その初戦は熊本藤崎台県営野球場で開催されました。
先発は、巨人が菅野智之投手、ヤクルトは地元熊本出身の山中浩史投手
勝利で凱旋登板を飾ってほしいものです。

スタメンは、またまたいじってきました。
2番に山崎、5番に雄平選手、8番ショートは西浦選手となりました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発の山中投手が故郷・熊本で7回2失点の力投!しかし打線の援護なく完封負け…

初回、ヤクルトは三者凡退

その裏、山中投手は1死後、熊本出身の立岡選手にサード横を抜けるレフトへ前にヒットを打たれると、
2死後、阿部慎之助選手にセンターへのタイムリーヒットで、
1塁から立岡選手が一気にホームインして、1点先制を許します。
山崎→西浦選手と中継してバックホームも悠々セーフとなりました。
立岡選手の打球は谷内選手には捕ってほしかったし、
本塁生還を許した外野からの中継プレーもお粗末でした。

2回、先頭の畠山選手がセカンドゴロで、走りだした途端に足を痛めて負傷交代。
心配ですね。軽症ならいいのですが。
追記
サンスポ 燕・畠山、左脚痛め抹消へ…肉離れの疑い強く 真中監督「歩けないような状況なので…」
いや~これは踏んだり蹴ったりですね。どうかお大事に!

このあと、中村捕手が四球で歩きますが、谷内選手はセンターフライで3アウト。

その裏、その裏、ヤクルト1塁の守備に鵜久森選手が入ります。
山中投手は2死後、小林捕手、菅野投手に連打されますが、後続を打ち取ります。
開幕後、打撃不振の小林捕手ですが、相変わらずヤクルト戦ではよく打ちます。

3回、ヤクルトは三者凡退。山田選手は見逃し三振でした。

その裏、山中投手は先頭の立岡選手にピッチャー強襲内野安打を打たれますが、
坂本、阿部選手を打ち取り、立岡選手の2盗を中村捕手が刺し3アウト。

4回、ヤクルトはあっさり三者凡退。まだここまでノーヒット。

その裏、1死後、山中投手は2段モーションを取られた後、石川慎吾選手にセンターへヒットを打たれます。
2死後、小林捕手のセンターへ抜けようかという打球に山田選手が飛びつき、セカンドゴロで3アウト!
ナイスキャッチ! 打てないので、哀しいかな今日も山田くんは守備の人。

5回、先頭の雄平選手がセカンド内野安打で出塁。ヤクルト初ヒットでノーノーを阻止!
中村捕手はエンドランでファーストゴロとなり1死2塁。
谷内選手はキャッチャーファールフライで2死となり、西浦選手は四球で2死1、2塁。
山中投手はファーストゴロで3アウト。

その裏、山中投手は菅野投手にセンター前ヒットを打たれます。
投手なのにセンターが深く守っていて、山崎選手が突っ込んできましたが捕れませんでした。
1死後、立岡選手に今日3安打目となるライト前ヒットを打たれ1死1、3塁
坂本選手は初球を打ちあげキャッチャーファールフライで2アウト。これは優しい坂本くん。
このあと、阿部選手にライト前タイムリーヒットを打たれ0-2
しかし、この場面、阿部選手と勝負するかな??致命的な2点目とならなければいいんですが。
マギー選手はサードゴロで3アウト。

6回、先頭の山田選手はショートゴロ。間一髪アウトとなりました。
山崎選手は見逃し三振、バレンティン選手はショートゴロ。打てません。

その裏、山中投手は初めて三者凡退に抑えます。

7回、ヤクルトはこの回も三者凡退。中村捕手はいい当たりのレフトフライでしたが、ひと伸び足りず。
その裏、山中投手は3人で片付けます。

8回2死後、山中投手の代打で上田選手が打席に立ちますが、空振り三振。

その裏、ヤクルトは村中恭兵投手が登板
先頭の坂本選手はショートゴロでで1死と思いきや、
1塁の足が離れてる??の審判の判断でセーフとなります。これはないわ、アウトでしょ。
記録は西浦選手の悪送球エラー

1死後、マギー選手にセンターへヒットを打たれ1死1、3塁
つづく代打・村田選手には四球を与え1死満塁
ここで、代打・長野選手が登場。ライトへ犠牲フライを運ばれ0-3
小林捕手は敬遠して2死満塁。ここで敬遠してもね・・・。
菅野投手はいい当たりのセカンドゴロも、山田選手がきっちり捕って3アウト。やれやれ…

3点を追う9回、先頭の山田選手はサードゴロで今日4タコ
山崎選手はショートゴロ
バレンティン選手は高めのボールをセンター前にはじき返します。
鵜久森選手はセンター前ヒットで2死1、3塁
雄平選手はセンターフライでゲームセット

ヤクルトは0-3で菅野投手の前に完封負けを喫しました。

先発の山中浩史投手は7回9安打6奪三振で2失点と粘りましたが、
故郷熊本で凱旋勝利とはならず、今季初黒星となりました。
相変わらず援護がなくて気の毒です。

初回の失点は、守備がきっちりしていれば、無失点で切り抜けられたように思います。
打てず守れずの野手は大いに反省してほしいです。
山田選手ところに飛んだ打球だけは安心して見ていられました。

e0222575_15402892.jpg




まあ、今日は相手が菅野投手だから打てなくても仕方ないわと言いたいところですが、
ここまで打線が冷えてくると、相手投手がどうこうの問題ではないような・・・。
一体、だれなら打てるのやら!?今のところDeNAの石田投手だけですね。

9回最後は2死から連打が出ましたが、反撃が遅すぎて虚しいだけ。

山田選手は4打数ノーヒットで2試合連続ノーヒット。打率は.222まで落ちました。
山田くんにしても、打てないのは苦手の菅野投手という以前の問題のような気がします。

とにかく打線が死んでいます。
チームで狙い球を絞っているようにも見えず、ファールで粘ることもできず、
今日は追い込まれると打てないので、早めに打って出ても、
なんの工夫もなく振るだけでは相手の思うツボ。
今さらながら、川端選手の離脱や、今浪選手がまだ復帰できないのが痛すぎますね。

ベンチはおそらく、もう何回も対戦している菅野投手なので、
各自の自主性に任せて打たせているんでしょうけど、
これだけ打てないのなら、チームとして何らかの策を講じてほしかったですね。

毎度のことながら、選手に丸投げで、ベンチからはそういう姿勢が全く見えてきませんでした。
今日は、たしかに菅野投手は好投しましたが、それほど絶好調とまでは行かず、
(中日は別として)他のチームなら、もう少し苦しめられたのではないかと思います。


最後に、山田選手はティーを続けていれば、そのうち上がってくるというのは、
ある種の自分へのおまじないみたいなもの、よりどころにはなっていますが、
根本的な不振脱出とはなっていないように私は感じます。

この際、基本に帰って自分の弱点を見つめ直し、そこから打撃練習に取り組まないと、
この先も、長いトンネルから抜け出せないような気がしてなりません。
もう少しバッティング技術を身につけないと。
苦手な球はカットするとか、バットコントロールを磨くとか等々。
この辺は、杉村コーチとよく話し合って、何らかの手を打ってほしいと願います。
ティー効果が、昨年の後半以降、特に死球以降、私はほとんど感じられないのです。
今日は、始球式ですら腰が引けていたので、死球の影響がやはりまだあるんでしょうか?

とにかく、打順はどこであれ、山田くんが打たないとこのチームは勝てません。
チーム全体としても、中村捕手以外みんな打てないので、
この際、打順がどうこう語るのが虚しくなりました。
明日は、もうちょっと抵抗してください!お願いします。

by misty2011 | 2017-04-18 21:42 | 東京ヤクルトスワローズ