Out of focus ~Baseballフォトブログ~

2017年 04月 30日 ( 1 )

ミスが出ながらもヤクルト競り勝つ☆3-2、星6回2失点、坂口勝ち越しタイムリー内野安打

昨夜は、小川投手の力投と雄平選手の2ランで読売ジャイアンツを下した東京ヤクルトスワローズ

神宮3戦目の先発は、ヤクルトがドラ2ルーキーの星知弥投手、巨人は内海哲也投手
スタメンは鵜久森選手が6番ファースト、谷内選手が8番サードに入りました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト プロ初先発の星投手が6回2失点(自責点1)の好投! 2連勝でカード勝ち越し!

立ち上がり、星投手はヒットと2四球で2死満塁となりますが、石川選手をサードゴロに打ち取り、
無失点で切り抜けます。

その裏、先頭の坂口選手が四球、大引選手がバントの構えからヒッティングでレフト前ヒット。
坂口選手が好走塁で無死1、3塁となります。
ここで、今日も3番の山田くん。絶不調なのに3番から外さないのは、もうこれはイジメか!?
山田選手はピッチャーゴロで、三本間に坂口選手が挟まれ時間稼ぎをする間に、
ランナーがそれぞれ進み1死2、3塁。
バレンティン選手はセカンドゴロで、サードランナー大引選手が生還してヤクルトが1点先制!
雄平選手はセカンドゴロで1点どまり。

1、2番で作ったチャンスに、3、4番が内野ゴロで1点とはしょぼすぎますが、とりあえず先制しました。
坂口選手の好走塁に助けられました。
打てない山田くんも惨めですが、その山田くんを3番で使う方が、もっと罪作りというしかありません。
外せないのなら、下位に置いて下さいよ!!
ただでさえ、打てなくて苦しんでいるのに、本人のためにも、チームのためにもなりません。

2回、星投手は3人で片付けます。
その裏、ヤクルトは三者凡退。

3回1死後、星投手は橋本選手にセンター前ヒットを打たれ、けん制悪送球で1死2塁となります。
このあと、坂本選手のショートゴロを大引選手が後逸エラーをやらかし、
2塁ランナ―が生還して1-1の同点に。
痛いミスが出ましたね・・・。
阿部選手は空振り三振、マギー選手はライトフライで3アウト。

その裏、ヤクルトは三者凡退

4回1死後、星投手は中井選手にライトへ2塁打を打たれます。
雄平選手が追いかけますが、惜しくも捕れませんでした。
続く小林捕手にレフト前にタイムリーヒットを打たれ、2塁ランナーが生還して1-2
バレンティン選手の懸命のバックホームも間に合いませんでした。
それにしても、ヤクルト投手陣は小林捕手に打たれますね・・・。今季初打点だそうです。

2死後、立岡選手にレフト前にヒットを打たれ2死1、3塁とピンチが続きます。
立岡選手は2盗して2死2、3塁
つづく橋本選手をショートゴロに打ち取り3アウト。1点で済みました。

その裏、先頭の山田選手はストレートの四球で出ます。
これはラッキーですが、山田くん走らないのでね・・・。
守りでファールフライを追う時に、足がえらい遅いと思いました。やっぱりこれは何かあるでしょう。

バレンティン選手はボール球を強振して空振り三振。これだもん。
この3、4番が固定のままでは、点が入りませんよ、真中さん。何故こだわっているの(怒)!
雄平選手はショートゴロ併殺崩れで2死1塁となり、鵜久森選手はサードゴロで3アウト。

5回、プロ最長イニングとなった星投手は、巨人クリーンナップを三者凡退に抑えます。
その裏、ヤクルトはも三者凡退。

6回、星投手は三者凡退に抑えます。
その裏、ヤクルトは1死後、大引選手が四球で出ます。
22打席ノーヒットの山田選手は、フルカウントから四球を選んで1死1、2塁。ほっ…
その前に、エンドランで空振りしなかっただけでも進歩と慰める私。

ここで、バレンティン選手はレフトへタイムリーヒットを放ち、大引選手が激走して2-2の同点に!
やっと打ちました。
しかし、バックホームの間に山田くんは3塁へ走っていません。
足が普通の状態であれば、山田くんなら走っているはずなんですが・・・。

1死1、2塁で雄平選手はセカンドゴロで2死2、3塁
鵜久森選手はファールの自打球が当たり、ベンチに下がって治療も、空振り三振で3アウト。
スタメンの鵜久森選手は期待薄ですね・・・。守備もあるので、やはり代打のほうが良さそう。

7回、ヤクルトはルーキ投手が登板
ファーストは武内選手に交代。
先頭の内海投手の代打・脇谷選手にセンター前ヒットを打たれると、
立岡選手の送りバントをルーキ投手が弾くエラーで、無死1、2塁のピンチを招きます。
橋本選手は送れず空振り三振で1死後、
坂本選手をセカンドゴロ併殺打に仕留め無失点で切り抜けます。
山田選手が判断よく、1塁走者にタッチして、素早く1塁へ送球して併殺完成のナイスプレー!
守備の人で今日も貢献。

その裏、巨人は池田投手が登板
先頭の中村捕手が四球で出ると、谷内選手が送って1死2塁
ここで、巨人はマシソン投手に交代
武内選手はライト前にヒットを放ち1死1、3塁。ナイスバッティング!
当たっていますね。もう相手が左でもスタメンでいいじゃないですか。

ここで、坂口選手はセカンドゴロも、中井選手が1塁走者にからタッチ。
3塁から中村捕手が生還して、1塁もセーフで1死1、2塁
坂口選手の記録はタイムリー内野安打となり、3-2と勝ち越しに成功!
しかし、大引選手はショートゴロ併殺打で3アウト。畳みかける攻撃ができません。

1点リードで8回は石山泰稚投手が登板
1死後、マギー選手に右中間への2塁打を打たれます。代走は寺内選手
石川選手はピッチャーゴロに打ち取り(石山投手ナイスキャッチ)、
2塁走者を2-3塁間で挟殺し、2死2塁。
中井選手はセンターフライに打ち取り、無失点で切り抜けます。

その裏、マシソン投手が続投
先頭の山田くんはサードフライ。これで24打席ノーヒット。自己ワースト更新中
打率は.191 どこまで打率を下げるんでしょう?まさか1割を切るまでなんてことには・・・。

チームメイトも、ここまで打てないと、言葉のかけようもないでしょうね。
守備のことがあるので、ベンチに下げられないのなら、いくら何でも、次のカードからは打順を下げるべき。
バレンティン選手はセンター前ヒット。代走は上田選手
2死後、代打・大松選手を送りますが、いい当たりもライト正面のフライで3アウト。

1点リードで9回は秋吉投手。センターに上田選手、坂口選手はレフトに移動
まずは、先頭の亀井選手を見逃し三振に仕留めます。
村田選手にレフトへの2塁打を打たれ、代走は重信選手
立岡選手はレフトフライで2死2塁。
橋本選手は空振り三振に斬ってとりゲームセット

ヤクルトが3-2で巨人に競り勝ちました。
ヤクルトは3失策してわずか5安打、勝ちに不思議の勝ちありとなった試合でした。

お立ち台は、勝ち越しのタイムリー内野安打を打った坂口智隆選手でした。
おめでとうございます。
インフルエンザから復帰後、打撃好調で、グングン打率がが上がってきましたね。
出塁率も高く、これからもリードオフマンとしてチームをけん引してくれることを期待しています。
e0222575_9403613.jpg



中継ぎから初先発となったルーキーの星知弥投手は、6回2失点(自責1)
エラーで足を引っ張られたのが気の毒でしたが、よく投げました。
ストレートは十分通用します。あとは細かい制球や変化球を磨けば、さらによくなるでしょうね。
大いに希望が持てます。
今日は、出来れば勝たせてあげたかったですね。

リリーフ陣はルーキ、石山、秋吉投手と、それぞれピンチはありましたが無失点リレー
辛くも1点リードを守って逃げ切りました。
神宮で巨人に勝ち越せたのは何よりです。

ただ、心配なのは山田くん・・・
5試合24打席ノーヒットとなり、打率は.191まで下がりました。
解説陣からは、山田選手はバットが打つときに下がる、
右足にタメがないということを言われていました。
試合後は、谷繁さん、金村さんも、絶不調の山田くんを気遣うようなコメントでした。

確かに軸足にタメがなく、いいバッターは1、2の~3で打つんですが、
今の山田くんは、3もなく「の~」の間もなくて、1、2で打ってるような感じがしますね。

ちょっとのポイントのズレ、タイミングのズレ、体の開き、とにかくすべてが少しずつ狂いが出て、
それがいまだに修正されていません。
ほんのちょっとだけはよくなっているかなあ??
少し兆しは見えてきたかなあと思っても続きません。苦しいですね。試練はまだまだ続きます。

本人の気持ちを察すると、いたたまれなくなくて、昨夜は私はベットの中で涙が止まりませんでした。
打てないので、それなら守備で何とかしようとする姿には心打たれます。
結果的には、今日はセカンドの守備の差で勝った試合と言っていいでしょう!

次のカードは、おそらく岩貞、藤浪投手と当たるので、
山田選手にとっては、さらに厳しい状況が待ち受けています。
あり得ないですが、もう藤浪投手の時は、ベンチスタートにしてほしいです。
また、とんでもない危ない球が向かってくると、ますます腰を引きそうで、
そうなったら、この不振からさらに抜け出せないでしょうから。
右バッターは、全員フェイスガード付きのヘルメットを被って、藤浪投手をけん制したらいいのに。

山田選手は下で調整した方がいいという意見もありますが、気分転換にはなっても、
この状態では、下で調整しても、誰が面倒を見てくれるの?ってなります。
また、下でも打てないと、ますます自信を無くします。
それなら、まだ今のまま、上で杉村コーチに見てもらった方がいいような気がします。
ただ、ずっとやっているティーで改善できてないので、
何らかの別の練習メニューを考えてほしいです。ロングティーを取り入れてほしいですね。

5月になれば、ツキがかわって、今まで苦しんできた山田くんにいいことがありますように!
みんなでそう願いましょう!

by misty2011 | 2017-04-30 21:56 | 東京ヤクルトスワローズ