Out of focus ~Baseballフォトブログ~

2017年 05月 02日 ( 1 )

ブキャナン投手7回1失点の好投で2勝目☆4-1、谷内選手2適時打3打点

東京ヤクルトスワローズは、今日から神宮で阪神タイガースとの3連戦

初戦の先発は、ヤクルトがブキャナンン投手、阪神は秋山拓巳投手
スタメンは、山田選手は3番のまま、6番ファーストに武内選手が入りました。
選手公示では藤井亮太選手が昇格。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト ブキャナン投手が7回1失点の好投!谷内選手は2安打3打点!投打噛み合い3連勝!!!

立ち上がり、ブキャナン投手は、髙山選手に先頭打者ホームランを浴び1点先制されます。

その裏1死後、ヤクルトは大引選手がヒットも、山田、バレンティン選手が倒れます。

2回、阪神は三者凡退

その裏、ヤクルトは2死後、中村悠平捕手がレフトへの2塁打で出塁
髙山選手の拙い守備に助けられました。
続く谷内選手が、フルカウントからレフト前にタイムリーヒットを放ち、1-1の同点に。
低めの難しい球を上手く打ちました。

3回、ブキャナン投手は先頭の秋山選手に四球を与えます。
1死1塁から、上本選手のショートゴロを、大引選手が2塁へ送球もセーフとなる内野安打で1死1、2塁。
糸井選手は四球で1死満塁から、
福留選手をファーストゴロ併殺打に仕留め、無失点で切り抜けます。よく抑えました。

その裏、ヤクルトは先頭からの打順も三者凡退。
山田選手はショートゴロで26打席ノーヒット。

4回、ブキャナン投手は先頭のキャンベル選手にライトへのヒットを打たれますが、
鳥谷選手をショートゴロ併殺打に打ちとり2死となります。
北條選手はショート大引選手の悪送球エラーで2死1塁。
大引選手、衰えましたね・・・。
つづく梅野捕手をサードゴロに打ち取り3アウト。

その裏、先頭のバレンティン選手がセンター前ヒット
雄平選手はセカンドファールフライ。武内選手はショートフライで高速2アウト。
中村捕手はサードゴロで3アウト。

5回1死後、ブキャナン投手は髙山選手にセンター前ヒットを打たれます。
2死後、糸井選手にセンター前ヒットを打たれで2死1、3塁のピンチを招きますが、
福留選手をショートゴロに打ち取り3アウト。大引選手が今度は好守備を見せました。

その裏、ヤクルトは三者凡退

6回、ブキャナン投手は三者凡退に抑えます。

その裏、1死後、山田選手は内野ポップフライを打ち上げますが、阪神内野陣がお見合いして、
何とラッキーなヒットとなります。記録はファースト内野安打。
27打席ぶりにヒットが出ました!
この際、何でもいいわ、ヒットはヒット。これをきっかけに上向けば・・・。

つづくバレンティン選手はライト前ヒットで1死1、2塁
雄平選手はファーストゴロで、2死1、3塁。キャンベル選手の拙守で併殺を免れました。
つづく武内選手の打席で、ダブルスチールを仕掛け、
雄平選手が2盗、山田選手は3塁へ危うく帰塁して2死2、3塁も、武内選手はセカンドゴロで得点ならず。

7回、ブキャナン投手はこの回も三者凡退に抑えます。

その裏、先頭の中村捕手が右中間への3塁打で出塁。よく走りました。
谷内選手はピッチャーゴロで1死3塁
ここで、代打・大松尚逸選手はセカンドゴロ。
中村捕手がゴロゴーでギャンブルスタートを切り、
上本選手からのバックホームも間一髪セーフとなりホームイン!2-1と勝ち越します。
 
1塁代走は三輪ちゃん
坂口選手はレフト前ヒットで1死1、2塁。

ここで、阪神は松田遼馬投手に交代。
大引選手は空振り三振で2死となり、山田選手は四球を選んで2死満塁。
しかし、バレンティン選手はサードゴロで1点どまり。

8回は石山泰稚投手が登板
センターは上田選手、坂口選手はレフトへ回ります。
石山投手は、先頭の上本選手を死球で出します。
糸井選手は空振り三振、福留選手はレフトフライで2死後、上本選手が2盗して2死2塁。
続くキャンベル選手を見逃し三振に斬ってとり得点を許しません。

その裏、阪神は岩崎投手が登板
先頭の雄平選手がセンター前ヒット。
このあと、パスボールで無死2塁となり、武内選手は打撃妨害で無死1、2塁となります。
中村捕手は送りバントで1死2、3塁

ここで、阪神は柳瀬投手に交代。
谷内選手は初球をセンター前に運び2者生還して4-1と突き放します。
つづく代打・鵜久森選手はレフト前ヒット、坂口選手はセンターへのヒットで1死満塁。
大引選手はライトライナーで2死満塁となり、気楽な場面で、さあ、山田くん。
しかし、ショートゴロで3アウト。う~~ん、待望のクリーンヒットはまだ出ません。

3点リードで9回は秋吉投手
3人できっちり片付けゲームセット。

ヤクルトが4-1で阪神を下し、これで巨人戦から3連勝となりました。

先発のブキャナン投手が7回6安打1失点で2勝目を挙げました。おめでとうございます。
しり上がりに調子を上げ、結局、先頭打者被弾の1失点のみでした。

打線は、谷内亮太選手が2適時打で3打点と、勝負強いバッティングで勝利に導きました。
e0222575_19142412.jpg


また、中村悠平捕手が2塁打、そして勝ち越しにつながる3塁打から好走塁でホームイン!
ナイスランでした。
坂口、バレンティン選手がマルチヒットなど、ヤクルトは12安打で4得点。

26打席ノーヒットが続いていた山田選手も、今日はラッキーなヒットで、27打席ぶりのヒット。
ただ、阪神内野陣のお見合いでのヒットなので、実質はまだノーヒット状態です。
最後の打席は打ってほしかったですね。
まあ、でも6試合ぶりにヒットが出たので、これをきっかけになればと思います。
まだまだですが、ほんのちょっとだけは良くなってきているかなあ?と思っておきます。

明日は、因縁の岩貞投手。ここで打てば、復調への大きな一歩となりそうです。
どうか打ってください。

今日の試合は、勝負所で、真中監督が珍しくよく動きましたね。選手もそれに応えました。
でも、山田選手の3番は、何が何でも動かさないんですね・・・。

by misty2011 | 2017-05-02 21:33 | 東京ヤクルトスワローズ