Out of focus ~Baseballフォトブログ~

2017年 05月 03日 ( 1 )

山中また勝てず!ヤクルト4得点は押し出し2・パスボール・敵失の相手ミスでもらっただけ★4-8

東京ヤクルトスワローズは、神宮での阪神戦初戦をとって3連勝。
ゴールデンウィーク真っただ中の神宮で、この勢いで連勝ウィークと行きたいですね。

先発は、ヤクルトがまだ勝ち星がない山中浩史投手、阪神は岩貞祐太投手
岩貞投手とは、公式戦ではあの昨年9月11日以来の対戦となります。
今日は、今まで以上に不調の山田選手の打席に注目が集まります。
スタメンは、中村捕手が6番に上がり、7番ファーストに荒木選手が入りました。
一方、阪神もガラッとオーダーをいじってきて、スタメンマスクは岡崎捕手でした。あら!?


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・山中投手が6回2失点(自責点1)の力投も、終盤突き放され4連勝ならず

初回、山中投手はテンポよく3人で片付けます。

その裏、先頭の坂口選手がセンター前ヒットで出塁。
大引選手が送って1死2塁
山田選手はサード内野安打でつなぎ1死1、3塁。
打球そのものは、まずまずの当たりで、鳥谷選手が弾いてくれました。
因縁の対決第1ラウンドに、とりあえずヒットが出ました。よかった♪
バレンティン選手は空振り三振で2アウト。山田くん、やはり走りません。
雄平選手は右足に死球を受け2死満塁。
ここで、中村悠平選手がフルカウントから押し出しの四球を選び、ヤクルトが1点先制!

なおも満塁で、荒木選手はセカンドゴロで1点どまり。
こういうところなんですよね。カープなら一気呵成に畳みかけるんですけどね。

2回、山中投手は福留選手にライト線へのヒットを打たれます。
2塁打になるところでしたが、福留選手が1塁ベースを回ったところで転びました。
つづいて、今日5番に入った髙山選手にもライトへヒットを打たれ無死1、2塁のピンチを招きます。

鳥谷選手はファーストゴロで、荒木選手が弾きますが、山田選手がカバーして1塁アウトで1死2、3塁。
糸原選手はセカンドフライで2アウト。岡崎捕手は敬遠で2死満塁。
岩貞投手には粘られフルカウントとなりますが、最後は空振り三振に仕留め無失点で切り抜けます。
やれやれ・・・。

その裏、2死後、坂口選手がセンター前ヒットで出塁。
大引選手はピッチャー返しのセンター前ヒットで続き2死1、2塁。
明日の藤浪投手の時に、こういうのをお願いします。
つづく山田選手は、フルカウントから外の球を見逃して三振。がっくッ。
四球待ちだったとしたら消極的。きわどい球はせめてカットしなきゃ。それが出来ないんですよね。
ここで、打てれば復活(訂正)への足掛かりとなりましたが、また遠のきました。

3回、山中投手は三者凡退に抑えます。

その裏、バレンティン選手は強烈なレフト前ヒットで出塁。さっき打て!こういうのが多すぎ。
雄平選手は謎バントの構えのあと見逃し三振。中村悠平捕手はセンターフライで2アウト。
荒木選手はセカンドゴロで3アウト。後続が進塁打すら打てませんでした。
ベンチの指示もなさそうで、基本、選手がヒットを打つのを待つだけ。
これが真中自主性野球なんでしょう。

4回、先頭の福留選手にライトへヒットを打たれます。
1死後、鳥谷選手のショートゴロを、大引選手が弾いて併殺がとれず2塁アウトのみ。
う~ん、昨日からいろいろビッキーのやらかしが目立ちます。
こんな状態でも、西浦選手が使えないのは寂しすぎます。
このあと鳥谷選手が盗塁を試み、1、2塁間で挟んで3アウト。無失点で切り抜けます。

その裏、ヤクルトは三者凡退。

5回、山中投手は3人で片付けます。

その裏、1死後、山田選手はライトへの大飛球もひと伸び足りず。
惜しい当たりも、最後は失速しました。
バレンティン選手は浅いライトフライで三者凡退。

6回、山中投手は先頭の荒木選手にレフト前に2塁打を打たれます。
打球がイレギュラーして跳ね、バレンティン選手が素手で捕りますがファンブルして、
悠々と2塁へ行かれました。記録はシングルヒットとバレンティン選手の失策。

つづく上本選手の送りバントを、山中投手が3塁へ投げますがフィルダースチョイスとなりセーフ。
無死1、3塁のピンチで、糸井選手のファーストゴロがタイムリー内野安打となり、
3塁走者が生還して1-1の同点に追いつかれます。
荒木選手、バックホームできなかったですかね?1塁もセーフで1死1、2塁。
福留、髙山選手は打ちとり2死となりますが、
鳥谷選手にセカンド横を抜けるセンターへのタイムリーヒットを打たれ、1-2と逆転されます。
山田くん、出来れば止めてほしかったですね・・・。

なおも2死1、3塁で糸原選手に四球を与え2死満塁。
岡崎捕手はショートフライに打ち取り、ようやく3アウト。
しかし、この回、バレンティン選手に始まり、内外野のミスが重なりました。

その裏、岩貞投手の前に三者凡退。

7回、ヤクルトはルーキ投手が登板。きっちり3人で片付けます。

その裏、阪神は桑原投手が登板
ヤクルトは三者凡退。

8回、ヤクルトはギルメット投手が登板
先頭の糸井選手に四球を与え出塁を許します。
福留選手にはライト線へのヒットを打たれ無死1、3塁。髙山選手は空振り三振で1アウト。
つづく鳥谷選手のファーストゴロを荒木選手がバックホームもセーフとなり、1-3と2点差に。
この時、ホームでのクロスプレーで、中村捕手のブロックに対し、糸井選手が怒っていました。

岡崎捕手は打ちとり2死満塁となりますが、
代打の中谷選手にレフトへ2点タイムリーヒットを浴び1-5となります。

その裏、阪神はマテオ投手が登板
先頭の大引選手がセンターへのヒットで出塁。
山田選手は三遊間へのヒットで無死1、2塁。泳ぎながらもヒットにしました。
外野に抜けるヒットはいつ以来でしょう?

バレンティン選手はセカンドフライ
雄平選手はセカンドゴロで2死1、2塁。
中村捕手は死球で2死満塁。
ここで、代打の大松選手は押し出しの四球をもらい2-5
谷内選手の打席では、パスボールで3-5

なおも2死2、3塁で、谷内選手のピッチャーゴロをマテオ投手がファンブルするエラーで4-5
もう、お互い草野球ですね。
ゴールデンウィークでスタンドに来ている大勢の子供たちに見せる野球ではありません。

2死1、3塁で、代打の鵜久森選手はセカンドフライで3アウト。

9回、ヤクルトは原樹理投手が登板
先頭の左打ちの大和選手はセカンド内野安打。やっぱりスイッチバッターになっているんですね。
1死後、福留選手に左中間へのタイムリー2塁打を打たれ4-6と2点差に。
北條選手にもライト前タイムリーヒットを浴び4-7


せっかく1点差まで追い上げたのに、これだもんね・・・。
鳥谷選手もライト前ヒットで1死1、2塁。
糸原選手にはレフトオーバーのタイムリー2塁打を打たれ4-8
このあと、二者連続三振に仕留め、ようやく3アウト。

9回裏、阪神はドリス投手が登板
4点を追うヤクルトは、先頭の坂口選手が3安打目となるセンター前ヒットで出塁
大引選手は四球で無死1、2塁
山田選手はフルカウントから低めのボール球をひっかけショートゴロ併殺打。
う~~ん、選べば四球でした。1塁へも全力疾走していません。
キツイことを言うようですが、もし、足に不安があるとしても、
試合に出ている以上は、最後まであきらめないで走ってほしいです。
大谷くんみたいに、全力疾走禁止令が出ているわけでもないでしょう。
自分でセーブしているんだと思いますが、見ていて悲しくなります。

このあと、バレンティン選手は見逃し三振でゲームセット

ヤクルトは4-8で敗れ、連勝は3で止まりました。

先発の山中投手は6回を投げ2失点(自責は1)で、今日も勝てず3敗目。
e0222575_15273117.jpg


あまり調子がよくないながら、最少失点で踏ん張っていましたが、あのバント処理が痛かったですね。
あの6回は、バレンティン選手のエラーから始まり、山中選手の野選ほかミスが重なりました。
タラレバで、いろいろ防げた失点でした。

ルーキ投手は抑えましたが、ギルメット投手、原樹理投手が試合を壊したのが悔やまれます。
ベンチも早々と試合をあきらめたのか、打たれても放置していました。

打線は、8安打で4得点。ただし、相手ミスでもらった4点です。
二つの押し出しの四球と、パスボール、マテオ投手のエラーで、
チャンスにタイムリーがナシでは、やはり勝てません。

序盤で岩貞投手を攻略できず、途中からは立ち直らせてしまいました。

坂口選手が好調で3安打猛打賞、大引、山田選手がマルチヒットでした。

山田選手は、初回に岩貞投手からサード内野安打、
8回にはマテオ投手からレフトへのヒットの2安打で、打率は2割台に乗りました。
これで上向くかと期待しましたが、2回にはチャンスで見逃し三振、
9回のチャンスにも、フルカウントからボール球を打ってショートゴロ併殺打。
特に、9回は点差を考えれば、四球を選んでほしかった場面でした。
最後の打席で、私はマルチヒットを帳消しにするくらい落胆しました。

あと、上でも書いた走塁ですね・・・。
足がホントに悪いのなら、だましだましよりは、治すことを優先してほしいです。
足が大丈夫なら、盗塁も含めちゃんと走ってほしいです。
走れない山田くんでは魅力が半減です。

打順は、真中監督が頑として機能しない3・4番を固定しているので、もうあきらめました。
それなら、せっかく1、2番でおぜん立てした打席では、山田くんはまずはつなぎに徹してほしいですね。
今の状態のバッティングなら、無理に打ちに行くことは賢明ではないと思います。
最後の打席だけは、ファンの私でも擁護できません。
またこれで、山田くんへのヘイトが集まりそうで気が滅入ります。
まあ、つないだところで、後ろの4番もチャンスには頼りないですが・・・。

いろいろあった今日の試合、阪神の守備も大概ですが、それでも負けました。
昨夜、一丸となっていい形で勝って3連勝した勢いを吹き飛ばすようなヤクルトの負け方でした。
一気に後味が悪くなりました。

明日は、怖い藤浪投手との対戦。
右打者は全員フェイスガード付きのヘルメット着用で、出来るだけ左バッターを揃えてほしいです。
山田くんは、ベンチスタート出来ないなら、一日限定の左バッターになることをすすめます。
また、頭付近に危ない球が向かって来たら、せっかくヒットが出始めたのに、
また逆戻りしそうで心配です。

by misty2011 | 2017-05-03 19:50 | 東京ヤクルトスワローズ