Out of focus ~Baseballフォトブログ~

2017年 05月 04日 ( 1 )

石川3被弾7失点★1-7、初回満塁の好機を逸し、藤浪の抜け球を怖がり攻略できず

昨日の神宮での阪神との2戦目は、両チームにミス続出して締まらない試合となりました。

1勝1敗で迎えた3戦目
東京ヤクルトスワロ―ズの先発は、中5日で石川雅規投手、阪神タイガースは藤浪晋太郎投手
いろいろな意味で、最も当たりたくない投手です。
勝敗以前に、誰もぶつけられないことを祈っていました。
敵のファンにそう思わせるって、異常なことだと思います。

スタメンは6番ファーストに武内晋一選手が入りました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 雄平選手が4安打と奮闘も打線繋がらず…中盤の失点響き2連敗


立ち上がり、石川投手は先頭の中谷選手にセンター前ヒットを打たれ、
上本選手のショートゴロでランナーが入れ替わり、糸井選手は右中間への大飛球。
続く福留選手にセンター前ヒットを打たれ、2死1、3塁のピンチを招きますが、
原口選手をレフトフライに打ち取り、何とか無失点で切り抜けます。

その裏、藤浪投手は、立ち上がりから球が抜けていて、右打者は危なそう・・・。
坂口選手はファーストゴロ、大引選手はサードゴロ。
山田選手は四球で歩いて2死1塁。山田くん、今日はやや打席の後ろに立っています。
このあと、久しぶりに2盗を決め2死2塁。なんだ、山田くん走れるんじゃないの!?
なら、もっと走って下さい。

バレンティン選手は、今日はフェイスガード付きのヘルメット着用。
そのバレンティン選手も四球で2死1.2塁。
雄平選手はファーストゴロで1塁へ滑り込みセーフとなり2死満塁。

ここで、武内選手は初球高めのボール球を打ち上げ、センターフライとなり先制ならず。
制球難の藤浪投手なので、初球を打ち上げたのは勿体ないですね・・・。
あとで、あの初回に…なんてことにならないといいのですが、なりそうな気がします。

2回2死後、梅野捕手がセンター前ヒット
このあと、藤浪投手のサードへの強い打球を、谷内選手がダイビングキャッチして2塁フォースアウト!
ナイスプレーが出ました。難しい打球の方が上手い谷内選手。

その裏、ヤクルトは三者凡退。

3回、先頭の中谷選手がライトフェンス直撃の2塁打で出塁。
今日はフライの打球が多いカツオくん、ちょっと心配です。
上本選手のファーストゴロで1死3塁となり、糸井選手は打ちとりますが、
福留選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ1点先制されます。

その裏、1番からの攻撃も三者凡退。
右打者は抜け球警戒でビビりまくり・・・。ま、ぶつけられるよりはマシと思っておきます。

4回2死後、石川投手は梅野隆太郎捕手に今季1号ソロホームランを浴び0-2

その裏1死後、雄平選手がレフト前ヒットで出塁。
武内選手はフルカウントから空振りで、走った雄平選手が2塁タッチアウトの三振ゲッツー。
ランエンドヒットのこういう失敗を何度見たことか!
いい加減、××の一つ覚えみたいな作戦はやめてください。
これって、三木ヘッドが出しているんですかね?
見逃せば四球をもらえて、1死1、2塁だったというのに。

5回、石川投手は中谷将大選手にレフトスタンドへ2号ソロホームランを運ばれ0-3
1死後、糸井選手にセンター前ヒット、つづく福留選手に2ランホームランを浴び0-5
いやはや、これで決まりでしょう。

2死後、北條選手にもセンター前ヒット、鳥谷選手にはライトへのヒットを打たれ2死1、3塁
梅野捕手にライト前にタイムリーヒットを打たれ0-6
藤浪投手にもセンター前にタイムリーヒットを打たれ0-7
打たれ出したら止まりません。ひどい事になってきました。

ここで、ようやく石川投手降板で、2番手でギルメット投手が登板
ファーストには大松選手が入りました。
ギルメット投手は中谷選手を打ちとり、ようやく3アウトチェンジ。

その裏、先頭の中村捕手は四球で出塁。
谷内選手には抜け球の危ない球が続き、連続四球で無死1、2塁
この点差でこのピッチングになるのは、正真正銘のノーコン!

大松選手はセカンドゴロで1死2、3塁
坂口選手はショートゴロで、その間に3塁から中村捕手がホームインして1-7
前の試合から、タイムリーなしの得点が続いています。
大引選手はライトフライで3アウト。

6回、続投のギルメット投手は、先頭の上本選手にセンター前ヒットを打たれ、
糸井選手は四球で無死1、2塁
福留選手は空振り三振で1死となり、原口選手をサードゴロ併殺打に仕留め、無失点で切り抜けます。

その裏、先頭の山田選手はセンターフライ。打球が伸びません。
リプレイを見ると、軸足が踏ん張れていませんでした。
バレンティン選手は空振り三振
2死後、雄平選手はセンター前ヒットで3安打猛打賞!
代打・藤井亮太選手はセカンドゴロで3アウト。

7回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
1死後、鳥谷選手にレフトへヒットを打たれますが、後続を打ち取ります。

その裏、先頭の中村捕手が四球で出塁
つづく谷内選手はレフト前ヒットで無死1、2塁。右打者ではチーム初ヒット!
大松選手は初球を打ってファーストゴロ併殺打で2死3塁
坂口選手はピッチャーゴロで3アウト。

8回、続投の近藤投手は三者凡退に抑えます。

その裏、先頭の大引選手が四球で出ます。
山田選手も連続四球で無死1、2塁。これで藤浪投手は7四球目
バレンティン選手はファーストファールフライで1アウト。
前回乱闘のバレンティン選手が、いちばん腰を引いているって何なんだ~!

阪神はここで、岩崎投手に交代。
雄平選手はファーストゴロで、俊足を生かして1塁セーフの内野安打。なんと今日4安打!
1死満塁で、代打・鵜久森選手は見逃し三振で2死となり、
中村捕手はショートゴロで3アウト。

9回、ヤクルトは山本哲哉投手が登板
先頭・福留選手のファーストへの強い打球を大松選手が弾き出塁を許します。
1死後、北條選手には四球を与えますが、後続を抑え3アウト。

その裏、阪神は藤川球児投手が登板
先頭の谷内選手が四球で出ます。
このあと、大松選手は捕邪飛、坂口選手は空振り三振、大引選手はサードゴロでゲームセット。

ヤクルトは1-7で阪神に敗れ、このカードは負け越しとなりました。

先発の石川投手は、5回途中で13安打3被弾で7失点と大乱調。
前回も4回7失点と早々とノックアウトされ、得意の神宮で2試合連続の黒星となりました。
打線は冷えたまま、恐れていた先発が崩れてきましたね・・・。どうするんでしょう?

打線は藤浪投手の抜け球にビビッて、右打者は腰が引けて打てる気がしませんでした。
雄平選手(訂正)が4安打と一人気を吐き、右では谷内選手が1安打の計5安打。
e0222575_21234530.jpg


制球難の藤浪投手から7四球もらいながらも、得点は結局、内野ゴロの間にとった1点のみ。
ヤクルトは2試合連続タイムリーなしとなりました。

藤浪投手に対し、昨年の谷内選手の骨折、今シーズンは畠山選手への危険球などで、
特に右バッターが、ぶつけられるのが怖くて腰を引き、踏み込めないのは、まあ理解できます。
今日は左打者への足元へもぶつけそうな球がありました。

ヤクルト戦に限って、藤浪投手は危ない球、抜け球が多いような気もしますが、
他球団の右打者は、これほどまでにはビビッていません。
この差は何なんでしょう!?メンタルの問題??

ぬけ球が武器となる藤浪投手に対し、何らかの対策を立てないと、
今後も同じようにやられる可能性が大ですね。
せめて左バッターの川端、今浪選手がいれば、少しは違ってくるように思いますが、
今は左は坂口、雄平選手だけで、武内選手は早くも冷えてきました。

これ以外にも、代打陣の大松、鵜久森選手も一時の勢いがありません。
彼らに頼ること自体が情けないことですが、他に頼れるバッターもいませんから。

ここまで打撃不振に陥ったベンチの責任は大きいですね。
しかも、全く機能しない3・4番を固定のままでは、点が取れる気がしません。

昨年も、3割バッターの坂口、川端選手を機能しないまま、ずっとこだわって並べました。
今シーズンは3、4番に同じことが言えるでしょう。しかも二人とも不調で長打も出ません。
山田選手の復調が待たれますが、
山田選手が打たないから、勝てないのは仕方ないでは話になりません。
そこを何とかするのが首脳陣の仕事です。

先発投手陣に陰りが見えてきて、打線がこのままでは、上位浮上のメはありません。
打てないのなら、せめて、少しはつながるような打順にしてほしいものです。
ゴールデンウィークの満員の観客の前で、こんな情けない試合ばかり見せては失礼ってもんです。

私は、山田くんが不調なのもあって、既に2回分チケットを無駄にしましたが、
行かなくて正解だったと思っています。

by misty2011 | 2017-05-04 17:13 | 東京ヤクルトスワローズ