Out of focus ~Baseballフォトブログ~

2017年 05月 05日 ( 1 )

由規初回に3失点、原樹理、筒香を目覚めさす3ラン被弾★1-6 ヤクルト3連敗!山田3号ソロ

阪神に連敗した東京ヤクルトスワローズは、今日からハマスタで横浜DeNAベイスターズとの3連戦

好天に恵まれた一日でしたが、今日はナイター
「こどもの日」の先発は、DeNAが井納翔一投手、ヤクルトは由規投手
スタメンは、ようやく3、4番を切り離し、4番に雄平、5番にバレンティン選手が下がりました。
動くのが遅すぎるんだわ!!!
8番サードは今季初スタメンの藤井亮太選手。

選手公示では、山本哲哉投手と三輪ちゃんが下がり、由規投手と成瀬投手が上がってきました。
先日の杉浦投手といい、今日の山本投手の2軍降格は、どういう理由なんでしょう?わかりません。
三輪選手に対しても、随分ぞんざいな扱いですね。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 山田選手が3号ソロも、打線繋がらず3連敗…

初回、ヤクルトはあっさり三者凡退
山田選手はサードゴロ。バットが最短で出てこないので、こねたようなスイングでした。

その裏、由規投手は先頭の桑原選手にセンター前ヒット、1死後、ロペス選手にレフトへヒットを打たれ、
無死1、3塁。
筒香選手は四球で1死満塁から、宮崎選手に押し出しの四球を献上して1点先制を許します。
戸柱捕手にはレフトへ犠牲フライを運ばれ0-2
さらに、石川雄洋選手にレフトへタイムリー2塁打を浴び0-3
初回に早くも3失点。

2回、ヤクルトは先頭のバレンティン選手が四球で出ますが、雄平選手が倒れ、
武内選手はショートゴロ併殺打で3アウト。

その裏1死後、由規投手は倉本選手にピッチャー強襲の内野安打で出塁されますが、
後続を抑えます。

3回、ヤクルトは先頭の中村捕手がセカンド内野安打で出塁。
藤井選手はセカンドゴロでランナーが入れ替わり、由規投手は送りバント失敗で2死1塁。
坂口選手はレフトフライで3アウト。
先頭が出ても、進塁打さえ打てず、送りバントも失敗で、結局何も出来ませんでした。

その裏、ロペス選手は雄平選手の好守もあり打ちとりますが、
筒香選手にレフトフェンス直撃の2塁打を打たれ1死2塁
宮崎選手のセンターフライで、筒香選手がタッチアップして3塁へ走り、2死3塁
つづく戸柱捕手をセンターフライに打ち取り3アウト。

4回1死後、山田選手がセンターバックスクリーンへ3号ソロホームランを叩き込み1-3

2球続けたカーブを捉えました。久しぶりの一発ですね、ナイスバッティング!
ここまで、山田くんはすべて横浜戦でホームランを打っています。

雄平選手はセンターフェンス直撃の2塁打。惜しい、あとちょっとでホームランでした。
バレンティン選手は、判定不服で拗ねて見逃し三振。武内選手はショートフライで3アウト。

その裏、先頭の石川選手はレフトへのヒットで、
これをバレンティン選手がとんでもない所へ悪送球して無死2塁。もう懲罰交代でいいでしょ!
こういうところでも動かない真中監督、目を覚してよ!
井納捕手は送りバントで1死3塁。

ここで、由規投手に代わり、近藤一樹投手が2番手でマウンドへ。
由規投手、せっかくの1軍登板も、何のために上がってきたのと言う散々な結果でした。

倉本選手はレフトフライで、3塁ランナーが判断ミスでタッチアップできず2死3塁。
これは助かりました。
つづく桑原選手を空振り三振に仕留め、無失点で切り抜けます。
ナイスリリーフ、近藤投手!

5回、先頭の中村捕手がレフトへのヒットで出塁。
藤井選手はピッチャーゴロで1死2塁となり、代打・荒木選手はサードゴロで2死2塁。
坂口選手はセンターフライで3アウト。

その裏、ヤクルトは3番手で原樹理投手が登板
先頭の梶谷選手をストレートの四球で出します。ま~た、これですか。
梶谷選手は2盗成功で、無死2塁。
ロペス選手も四球で無死1、2塁。
つづく筒香選手に2号3ランホームランを打たれ1-6。これは最悪。
また試合をぶち壊してくれました。
筒香選手は、本拠地初アーチとなりました。

自分たちは眠ったまま、筒香選手の目を覚まさせてどうするの!

6回、大引選手は粘りますが三振。
山田選手はまた逆戻りの悪いスイングでショートゴロ。続きません。
しかも、またタラタラ走っていました。
これ、何なんですかね?足をかばって、それとも怠慢!?
見てないようで、みんな見ているんだから、
どんな事情があるのかわかりませんが、一生懸命な姿を見せてほしいですけどね・・・。
雄平選手は空振り三振で三者凡退。

その裏、倉本選手のセカンドゴロを山田選手が好守備で間一髪アウトに取ります。ナイス守備でした。
これが出来て、1塁へ走るのは抜くってこと!?

続投の原樹理投手は三者凡退に抑えます。いつも打たれてから抑えても意味なし。
選手の好き嫌いを公言するのは問題ありますが、
ルーキーイヤーから、原樹理くんだけは、キャラも含め、私はどうしても好きになれません。
あ~ぁ、言ってしまいました。
今年はキャンプで頑張っていたので、少しは見直していたんですが、結果がこれでは。

7回、バレンティン選手がやる気のない空振りのあと、レフト前ヒット
武内選手は、梶谷選手の好捕でライトファールフライ
中村捕手はショートゴロ併殺打で3アウト。

その裏、続投の原樹理投手は1死後、筒香選手に四球を与えますが、
宮崎選手をショートゴロ併殺打に打ちとり3アウト。

8回、先頭の藤井選手が俊足を生かしてセカンドへの内野安打で出塁
代打の大松選手は空振り三振、坂口選手はレフトフライ、大引選手はセンターライナーで3アウト。
相変わらず先頭が出ても何もできず。自主性野球の真髄を見せつけられ続けます。

その裏、ヤクルトは成瀬善久投手が登板
連続三振で2死後、井納投手にセンター前ヒットを打たれます。
カツオくんや成瀬投手のように、球が遅い投手は、相手ピッチャーによく打たれますね。
このあと、倉本選手をショートゴロに打ち取り3アウト。

9回、ヤクルトは山田選手からの打順
山田選手はショートゴロもらくらくアウト。
今日に限ったことではなく、また全然走っていません。
やっぱり足を痛めているとしか思えないような走塁で、
中継の解説者やアナウンサーにも指摘されました。
昨日は盗塁したので大丈夫と思いましたが、
もし、足を痛めてなくてこの走塁なら、怠慢でしかなく、マジで怒ります。
痛めているとしたら、このまま、だましだましでいいんですかね!?
また真中監督は、「大丈夫でしょう」ですか!??
打も足も病んでいるとしたら、復調はまだ時間がかかりそうですね。

つづく雄平選手は死球で、バレンティン選手はレフトへのヒットで1死1、2塁。
武内選手は倉本選手の好守で2塁フォースアウトとなり2死1、3塁。
中村捕手はショートゴロでゲームセット。

ヤクルトは1-6で横浜DeNAに敗れ、3連敗となりました。

先発の由規投手が、全く先発の働きができませんでした。
もう少し見どころがあってほしかったですが、これでは上で投げるのは厳しいですね。

写真は昨秋の戸田秋季練習より 由規投手
e0222575_20551147.jpg



2番手の原樹理投手は、いつも立ち上がりが悪く、一向に改善されません。
試合が壊れてから好投されても、なんだかなあと思うだけです。
しかも、初戦で筒香選手を目覚めさす罪なことをしてくれました。

打線は、山田くんのソロ弾1点のみ。
その山田くんは、他の打席の内容を見ると、
この一発が、復調のきっかけになりそうもない感じだったですね・・・。
ストレートには差し込まれているので、まだまだでしょうか。
まあ、でも一発が出たので、上向くことを祈るのみです。

打線は、先頭打者が出ても、進塁することさえままならず。
何も考えず、ただバットを振っているだけにしか見えません。

バレンティン選手はマルチヒットですが、毎度のどうでもいいところでしか打ちません。しかも単打。
守備を考えると、懲罰交代でよかったでしょうに。
真中さんも、へんなところで気をつかわないで、ビシッと締めるところは締めてほしいです!

明日は小川投手に連敗ストップを託します。

by misty2011 | 2017-05-05 21:52 | 東京ヤクルトスワローズ