Out of focus ~Baseballフォトブログ~

2017年 05月 06日 ( 1 )

今季ワーストゲーム!5点リードも守備ミス&交代の遅れから同点被弾で延長サヨナラ負け!山田4号2ラン

ハマスタでの横浜DeNAとの初戦は、ローテを変更してまで由規投手を先発させましたが惨敗となりました。

2戦目の先発は、DeNAが今永昇太投手、東京ヤクルトスワローズは小川泰弘投手
今日はエースが投げる日なので落とせません。
スタメンは、2番ショート西浦、6番ファーストに鵜久森、8番サードに谷内選手が入りました。

選手公示は、由規投手が下がり、榎本葵選手が上がってきました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 山田選手が先制の4号2ランも、リード守りきれず4連敗…

初回、先頭の坂口選手がレフトへのヒットで出塁
西浦選手は空振り三振後、山田選手がライトスタンドへ4号2ランホームランを放り込み2点先制!
今日はストレートを捉えてスタンドイン。風にも乗って、右方向へ強く引っ張り流しました。
2試合連続弾で、これはいい感じになってきたでしょうか!?
あとは引っ張った長打が出ることを期待しましょう。

その裏、2点援護をもらった小川投手でしたが、
先頭の桑原選手にレフトフェンス直撃の3塁打を打たれます。
1死後、ロペス選手はライトフライも、雄平選手の強肩が抑止力となりタッチアップできず。
筒香選手は四球で2死1、3塁となり、宮崎選手をピッチャーゴロに打ち取り、無失点で切り抜けます。
よくしのぎました。

2回、先頭の鵜久森選手がレフト線への2塁打。
中村捕手はショートゴロの進塁打となり1死3塁。
谷内選手は空振り三振で2死3塁。
小川投手はレフトフライで追加点ならず。これを谷内選手が打ってほしかったですね。

その裏、小川投手は下位打線を三者凡退に抑えます。

3回2死後、山田選手がレフト前ヒット。走るかな!?走れ~
雄平選手は粘りますが、空振り三振で3アウト。

その裏、小川投手は3人で片付けます。

4回1死後、鵜久森選手が四球で出て、2死後、珍しく2盗に成功。
しかし、谷内選手は空振り三振で3アウト。

その裏1死後、小川投手は筒香選手にレフト前ヒットを打たれますが、
宮崎選手をショートゴロ併殺打に打ちとり3アウト。

5回表裏は、両チーム三者凡退
この頃から、私はだんだん眠くなってきて、必死で目をあけています。

6回、ヤクルトは山田、雄平選手が連続三振、バレンティン選手はショートゴロで3アウト。

その裏、小川投手は三者凡退に抑えます。

7回、横浜は須田投手に交代。
先頭の鵜久森選手がセンターフェンス直撃の2塁打で出塁。代走は榎本選手
中村悠平捕手もライトフェンス直撃のヒットで無死1、3塁。
榎本選手、これでホームに走れませんか!?
谷内選手はセカンドゴロも、相手フィルダースチョイスとなり3塁ランナーが生還して3-0

なおも無死1、2塁で、小川投手は送りバント成功で1死2、3塁

ここで、横浜は田中健二朗投手に継投
坂口選手が、センター前に2点タイムリーヒットを放ち5-0と突き放します。
この追加点は大きいです。
西浦選手はサードフライで2アウト。
続く山田選手、もう1本打ってほしかったですが、ショートフライで3アウト。
今シーズン、3安打猛打賞はまだ一度もありません。
今の状態で贅沢は言えませんが、固め打ちが早く見たいですね。

その裏、小川投手は3番からの打順も三者凡退に抑えます。
筒香選手は全球ストレートで見逃し三振に仕留めました。素晴らしい!

8回、横浜は加賀投手が登板
雄平選手は三邪飛。
バレンティン選手は、天敵の前にファーストゴロで、今日はノーヒット。
途中出場の武内選手は四球を選びますが、中村捕手はライトライナーで3アウト。

その裏、小川投手は先頭の荒波選手をファーストゴロに打ち取りますが、
武内選手がボールをこぼすエラーで1塁セーフ。
石川雄洋選手にはストレートの四球で無死1、2塁。
ここで、昨年はヤクルトキラーだったエリアン選手が登場も、空振り三振に斬って取ります。
倉本選手はセンターへの飛球で、途中出場の上田選手が、グラブに当てながらも捕れず、
実質エラーも記録はタイムリーヒットとなって5-1


なおも1死1、3塁から、桑原選手に四球を与え1死満塁の大ピンチ!
つづく梶谷選手にライトスタンドへ7号満塁弾を浴び、一気に5-5の同点に追いつかれます。
よりもよって、アッパースイングの梶谷選手の一番好きなインコース低めにストレートが行きました。
風のことを考えたら、一発だけは避けないといけない場面だったので、
慎重の上にも慎重になってほしかったです。
すべてアウトコースでもよかったくらいでしょう。中村捕手のリードに疑問が残ります。

ここで、小川投手は無念の降板で、石山泰稚投手に交代。
交代が遅かったですね。
倉本選手を打ち取った打球がタイムリーになって気落ちした時点か、
遅くとも、桑原選手に粘られ四球を出した時点で交代だったでしょうね。悔やまれます。

石山投手は、ロペス選手は打ち取りますが、筒香選手にレフトト前に落ちる2塁打を打たれ、
この後、宮崎、荒波選手を抑え、何とか同点どまりで3アウト。

しかし、守備固めの選手のエラーが続いたあと同点満塁被弾とは、ショックが大きすぎます。
この試合を落とすようなことがあっては、お先真っ暗です・・・。

9回、横浜はパットン投手が登板。ヤクルトは三者凡退。

その裏、ヤクルトはルーキ投手が登板。3人できっちり片付けます。

延長に入り10回、横浜は山﨑康晃投手
先頭の西浦選手は空振り三振
山田選手も空振り三振。
う~ん、せっかく復調のメドがついたかと思ったら、また逆戻り?
いい感じがホントに続きませんね。
雄平選手はレフト前ヒット。
ここで、ミスをした上田選手。取り返せ~!しかし、空振り三振で3アウト。

その裏、ルーキ投手が続投
先頭の桑原選手がセンターへのヒット、梶谷選手のサードゴロで1死2塁
ロペスは前進守備のセンターオーバーの打球を放ちますが、上田選手が好捕して2死2塁。
上田選手、サヨナラを阻止するファインプレー!さっき、捕っていれば・・・と。
筒香選手は敬遠し、宮崎選手をサードゴロに打ち取り3アウト。

11回、横浜は三上投手
先頭の武内選手、エラーの汚名返上なるか、センター前ヒットで出ます。
中村捕手は送りバント、谷内選手は四球でで1死1、2塁
代打の大松選手は筒香選手に好捕されレフトフライ。坂口選手も倒れ得点ならず。

その裏、ヤクルトは秋吉投手が登板
先頭の高城選手にヒット、送りバントで1死2塁から、
柴田竜拓選手にセンターオーバーのサヨナラ2塁打を浴びゲームセット。

ヤクルトは5点差をひっくり返され5-6×で延長サヨナラ負け。4連敗となりました。

それにしても、好投していた小川泰弘投手にとっては、悪夢の8回となりましたね。
守備固めの武内選手のエラー、センター上田選手の実質エラーがつづきピンチを招くと、
梶谷選手へは配球ミスとも思われるインコース低めのストレートを投げ、
あろうことか満塁被弾を浴び5-5の同点に。

延長に入ってからは、正直サヨナラの場面しか浮かびませんでした。
で、その通り、私は名前も顔も知らない選手にサヨナラ打を浴びジ・エンド。
今シーズンは、数々の負けを重ねてきましたが、その中でも今日は極めつけのワーストゲームでしょう!
エースの小川投手の力投で、8回5-0から、まさかの逆転負けとは・・・。

今シーズンは守りでの失策が目立ちますが、エラーのつかないミスも毎試合のようにあって、
それが今日は決定的な場面で続きました。

中村捕手も、ここまで打って守って、リードでも頑張ってきましたが、
今日のあの梶谷選手への1球は信じられない配球でした。
小川投手の球威が落ちてきていたこともあって、ムーチョが外から内に構えた瞬間、
私はヤバいと思いました。
満塁弾を浴びた球は、中村捕手の構えた所でしたからね・・・。
悔やんでも悔やみきれない1球となりました。

打者は1球でヒーローになれますが、
それまでどれだけ好投していても、投手は1球で奈落の底に突き落とされてしまいます。

その前に、倉本選手に打たれたあとか、桑原選手に粘られ四球を出したところで交代でしょ!
ベンチの継投の遅れが、今日の悲劇を招いたといっても過言ではありません。

小川投手は、今日は眠れないでしょうね。気の毒すぎてかける言葉がありません。
よく投げてくれました。お疲れさまでした。

本来なら、山田哲人選手が先制2ランを放ち、エース小川投手が好投で連敗ストップ!
絶対に勝たなくてはならない試合でした。
次回は今日のライアンの1勝を野手陣が取り戻してあげてください!
e0222575_17345327.jpg


しかし、ダメージが大きすぎる負けでした。
真中監督もいくら何でも危機感を感じていることでしょうね!??

by misty2011 | 2017-05-06 19:36 | 東京ヤクルトスワローズ