Out of focus ~Baseballフォトブログ~

2017年 05月 07日 ( 1 )

両チーム32安打の乱打戦を制す☆12-5、星5回3失点でプロ初勝利、雄平2塁打×4で4打点

昨日は、7回までに小川投手の好投で5-0とリードしながら、
8回に守りのミスから梶谷選手に満塁同点弾を浴び、
延長でサヨナラ負けを喫した東京ヤクルトスワローズ。
イヤなムードを今日は断ち切らないといけません。

ゴールデンウィーク最後の試合となった3戦目
先発は横浜DeNAが久保康友投手、ヤクルトは星知弥投手
スタメンは、2番サードに藤井選手、8番ショートに谷内選手が入りました。

e0222575_205614100.jpg


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 今季最多の19安打12得点、乱打戦を制し連敗ストップ!先発・星投手はプロ初勝利

初回、坂口選手がショート内野安打で出塁。
2番サードスタメンの藤井選手もセンター前ヒットでつなぎ無死1、2塁
山田選手は四球で歩き無死満塁。
ここで、雄平選手がフルカウントからレフトへ2点タイムリー2塁打を放ち、ヤクルトが2点先制!
無死2、3塁でバレンティン選手は四球で歩き、再び無死満塁。

続く満塁男の鵜久森選手はサードゴロも、宮崎選手が弾いて、3塁から山田選手がホームインして3-0
なおも満塁から、中村捕手はショートゴロで、3塁ランナーが生還して4-0
中村捕手のショートゴロは、2塁はアウトも、
エリアン選手の送球がワンバウンドで1塁はセーフとなり、1死1、3塁。
早くもDeNA内野陣にミスが2つも出ました。

ここで、谷内選手はレフト前にポテンと落ちるタイムリーヒットを放ち5-0
1死1、2塁から、星投手は初球バスターを決め1死満塁。ナイスバッティング星くん♪
このあと、坂口、藤井選手が倒れ3アウト。
しかし、初回に5点とは、星投手に大きな援護点となりました。

その裏、星投手は先頭の桑原選手をショート内野安打で出します。
谷内選手が後ろに逸らしました。
捕っても1塁はアウトがとれるかどうかという打球でしたが、せめて止めてほしかったですね。
先日は大引選手がトンネルエラー、今日は谷内選手と、星くん、守備に足を引っ張られまくります。

梶谷選手は四球、ロペス選手はレフト前ヒットを打たれ無死満塁となり、
筒香選手にライトへ犠牲フライを運ばれ5-1

1死1、2塁となり、宮崎選手は四球で1死満塁
つづく戸柱捕手はライトへ犠牲フライを運ばれ5-2
どちらの犠飛も、雄平選手の肩が抑止力となり、3塁へは進ませません。
2死1、2塁となり、エリアン選手にも四球を与え2死満塁
8番・久保投手はファーストゴロに打ち取り、ようやく3アウト。何とか2点で踏みとどまりました。

しかし、初回から落ち着かない試合となりましたね・・・。

2回、ヤクルトは先頭の山田選手がセンターフェンス直撃の3塁打で出塁。もうチョイでホームラン。
山田くん、あまりスピード感はありませんでしたが、3塁までよく走りました。
つづく雄平選手が右中間へのタイムリー2塁打を放ち6-2
多くのヤクルトファンは、雄平選手の4番は頼りなく思っているかもしれませんが、
バレンティン選手の4番よりは、よほど頼りになります!もっと早くこうしておくべきでした。
バレンティン選手は、もっと下位でもいいくらい。
このあと、バレンティン選手もレフト前ヒットで続き無死1、3塁
鵜久森選手はピッチャーゴロ併殺打も、その間に3塁から雄平選手がホームインして7-2

その裏、星投手は先頭の倉本選手にセンター前ヒットを打たれ、
1死後、梶谷選手にレフトフェンス直撃の2塁打を打たれ1死2、3塁
ロペス選手にセンターへ犠牲フライを運ばれ7-3
星投手、ここまで3失点はすべて犠牲フライです。
筒香選手はショートフライで3アウト。

3回、ヤクルトは三者凡退

その裏、先頭の宮崎選手の強いショートライナーを谷内選手が弾きますが、1塁アウト。
宮崎選手が鈍足で助かりました。
このあと、星投手は戸柱捕手にレフト前にヒットを打たれますが、後続を抑えます。

4回、先頭の山田選手はサードゴロ。今日は1塁へちゃんと走っていました。
2死後、バレンティン選手は四球で歩き、鵜久森選手は空振り三振

その裏、星投手は初めて三者凡退に抑えます。

5回、先頭の中村捕手がセンター前ヒット
2死後、久保投手の暴投で中村捕手が2塁へ進み、坂口選手がレフトへタイムリー2塁打を放ち8-3

その裏、星投手は先頭ロペス選手をサード内野安打で出します。
この回から、サードに谷内選手、ショートに西浦選手がつきましたが、谷内選手がまた弾きました。
2死後、戸柱捕手にライへヒットを打たれ2死1、3塁も、
エリアン選手をファーストゴロに打ち取り3アウト。今季は優しいエリアン選手で助かります。

6回、横浜は加賀投手
先頭の山田選手が三遊間を破るヒットで出塁。
雄平選手はセンターフライ
バレンティン選手は、天敵・加賀投手から初ヒットとなる右中間への2塁打で、1死2、3塁。
山田くんは3塁ストップでした。
代打の武内選手は敬遠で1死満塁
中村捕手は空振り三振。谷内選手はショートゴロで追加点ならず。

6回裏、ヤクルトは星投手から成瀬投手に交代
横高対決、先頭の荒波選手を空振り三振後、倉本選手にライト前ヒットを打たれ、
ここで近藤投手に交代。
桑原選手は左中間への2塁打で1死2、3塁。
梶谷選手は三邪飛、ロペス選手をピッチャーゴロに打ち取り、無失点で切り抜けます。
ナイスリリーフ!

7回、横浜は田中健二朗投手
先頭の代打・榎本選手はレフトへのヒット
坂口選手はセンターフライ、西浦選手はサードゴロ併殺打で3アウト。

7回裏、ヤクルトはルーキ投手
筒香選手は、山田選手の筒香シフトでセカンドゴロ 
後続も抑え3人で片付けます。

8回、横浜は進藤投手-嶺井捕手のバッテリーに交代
先頭の山田選手は見逃し三振。う~ん、今日も猛打賞ならずか・・・。
雄平選手はフェンス直撃の2塁打。こちらは3安打猛打賞、しかも、左中右と打ち分けて全部2塁打!

2死後、武内選手は敬遠気味の四球、
続く中村捕手がレフトへのタイムリー3塁打で、ランナーが二者生還して10-3
筒香選手が突っ込んできましたが捕れず、後ろに打球が転がり今季3本目の3塁打となりました。
前日の5点差からの大逆転負けを考えると、大きな追加点が入りました。

その裏、7点リードで石山泰稚投手が登板
センターは上田選手、レフトは坂口選手
今日まだノーヒットの先頭のエリアン選手に右中間への2塁打を打たれます。
嶺井捕手はセカンドへの内野安打で無死1、2塁
センターへ抜けようかという打球に山田くんがよく追いつきましたが、1塁セーフ。
倉本選手はレフト前ヒットで無死満塁のピンチ

トップに戻り、桑原選手はレフトへのタイムリー2塁打で二者生還して10-5と5点差。ブルブル
なおも無死2、3塁で梶谷選手は空振り三振
ロペス選手は浅いセンターフライ、筒香選手は初球を打ちあげサードフライで3アウト。
いやいや助かりました。

9回、先頭の上田選手が1塁線を破る3塁打、
坂口選手はライトフェンス直撃のタイムリーヒットで11-5 惜しい、移籍初ホームランならず。
西浦選手はショートゴロ併殺で2死ランナーなし。
山田選手は左わき腹への死球で歩きます。またぶつけられましたか。
当たった痛みのダメージは小さそうですが、せっかく調子があがってきたところなので、
影響がないといいのですが。

ここで、雄平選手は右中間へのタイムリー2塁打を放ち12-5
何と、今日4本目の2塁打となり、プロ野球タイ記録達成!
凄すぎ雄平選手!ミスターツーベースを襲名しましょう!

その裏、7点リードでヤクルトは秋吉投手が登板
三人で締めゲームセット。
ヤクルトが12-5で乱打戦を制し、連敗を4で止めました。

これにより、先発の星知弥投手が、2度目の先発でプロ初勝利を挙げました。
おめでとうございます。
立ちあがりは不安定でしたが、味方の援護もあり立ち直りました。
3失点はすべて犠牲フライで、タイムリーヒットは打たれていません。
変化球の精度など、課題は山積みですが、まだ1年目、これからの成長に期待しています。

今日はヤクルトが今季最多の19安打12得点、DeNAは13安打5得点、
両チーム合わせて32安打の激しい打ち合いでした。

ヤクルトは前日の5点リードから逆転負けを喫した悔しさから、
今日は、何点取っても安心しないで貪欲に点を取りました。
終盤8、9回の4点追加が効きました。

中でも4番の雄平選手が初回の先制タイムリー2塁打から始まり、2塁打4本のプロ野球タイ記録を達成!
おめでとうございます。セ・リーグでは同じヤクルトの岩村選手以来だそうです。
今日4本の2塁打で4打点、打率は.311まで爆上げしました。

また、坂口智隆選手も今日4安打2打点の固め打ちで、こちらも打率を.281まで上げました。
そのほか、山田選手、バレンティン選手、中村悠平捕手がマルチヒット

しかし、いいことばかりではなく、ヤクルトはショート、サード問題が解決しそうにありません。
ショートの谷内選手の守備は不安で、サードでもイマイチ。
途中からショートの守備についた西浦選手は打つ方で2併殺と精彩がありませんでした。
やはり、まだしばらくはショートは大引選手に頼らざるをえないようですね。
西浦、谷内選手とも、もう若手とは言えない年齢となってきているので、
このチャンスを何としてもモノにしてもらいたいものです。
まずは、しっかり守れるようにお願いします。

乱打戦を制して、ようやく連敗脱出。前日の最悪の負けが少しは払しょくできたでしょうか?
火曜日からは広島カープを神宮に迎えての3連戦。
カープは勢いが少し落ちてきているので、今日のように、カープ相手に打ち勝ってほしいです。
期待しています。

by misty2011 | 2017-05-07 17:52 | 東京ヤクルトスワローズ