Out of focus ~Baseballフォトブログ~

2017年 05月 10日 ( 1 )

バレンティン3ランで一時逆転も、鈴木誠也に2被弾、丸にも被弾、9回の反撃も届かず★7-8

昨夜は大松尚逸選手の劇的サヨナラホームランで広島カープに先勝した東京ヤクルトスワローズ

2戦目の先発は、ヤクルトが今季まだ勝ち星がない山中浩史投手、広島は大瀬良大地投手
スタメンは、2番にサード藤井選手、8番ショートに大引選手が下がりました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト バレンティン選手の4号3ランで一時逆転も、継投陣が粘れず連勝ストップ

初回、山中投手は先頭の田中選手にセンターオーバーの2塁打を打たれ、
1死後、丸選手にライトへタイムリー2塁打を浴び1点先制されます。
鈴木選手は止めたような当たりがライト前に落ちるタイムリー2塁打となり0-2
エルドレッド選手にもヒットを打たれ1死1、3塁となり、新井選手に犠牲フライを打たれ0-3

立ち上がりに、いきなり3失点はキツイですね。
山中投手は、球が浮いてコースも甘く打ちごろとなっていました。

その裏、坂口選手が四球で歩きますが、後続が倒れ3アウト。

2回、山中投手は石原捕手にヒットを打たれますが、後続を打ち取ります。

その裏、バレンティン選手がレフトフェンス直撃の2塁打を放つと、
1死後、大引選手が左中間スタンドへ2号2ランホームランを放り込み2-3と1点差に。
打順を8番に下げたのがばっちり当たりましたか。ナイスバッティング!

3回、山中投手は先頭の丸ちゃんにライトへ2塁打を打たれ、
鈴木誠也選手に6号2ランホームランを運ばれ2-5と再び3点差。
昨夜はきっちり鈴木選手を抑え込みましたが、
山中投手はスピードがなく、打ってくださいという甘い球でした。

その裏、先頭の坂口選手がレフトへヒット、藤井選手が送って1死2塁
ここで、初回は三振だった山田選手は四球を選び1死1、2塁。
雄平選手は浅いレフトフライで2死となり、バレンティン選手は空振り三振で3アウト。
ランナーが出ても、後ろが何もできません。
バレンティン選手は1球ブラッシュボールを大げさに避け、あとは何でもかんでも振り回すだけでした。

4回2死後、山中投手は田中選手にショート内野安打、菊池選手にレフト前ヒットを打たれます。
2死1、2塁となり、丸選手はレフトフライに打ち取り無失点で切り抜けます。

その裏、ヤクルトは三者凡退

5回、続投の山中投手は、4番からの打順を3人で片付けます。

その裏、ヤクルトは山中投手の代打で榎本選手を送りますが三邪飛。
1死後、坂口選手が四球で歩きます。
藤井選手の打席で、坂口選手が2盗成功。これをもっとやってほしい。
藤井選手も四球で1死1、2塁。

ここで、山田選手は高く弾んだサードゴロで、2塁セーフのフィルダースチョイスとなり1死満塁。
雄平選手はセンターへ犠牲フライを運び3-5と2点差に。
この後、大瀬良投手の暴投で2死2、3塁。
バレンティン選手はセンターバックスクリーン右横に4号3ランホームランを叩き込み6-5と逆転!
ど真ん中の甘い変化球を、ここぞで打ちました、ココちゃん、ナイスホームラン!!

続く鵜久森選手はライトへの3塁打を放ち2死3塁も、中村捕手はライトフライで3アウト。

6回、ヤクルトは2番手でギルメット投手が登板。ここからの継投がどうなりますか?
ギルメット投手は三者連続三振斬りで3アウト!

その裏、広島は薮田投手
先頭の大引選手が右中間への2塁打で出ます。
代打の谷内選手は、送りバントを打ち上げ1死2塁。
坂口選手は浅いライトフライで2死2塁。ランナーが進めません。
藤井選手もライトフライで3アウト。
リードはわずか1点で、せっかく先頭が出ても、こういう場面でヤクルトは毎度の進塁打さえ打てません。

7回、ヤクルトはルーキ投手。谷内選手がサードの守備につきます。
1死後、菊池選手にセンター前ヒットを打たれ、丸ちゃんは空振り三振で2アウト。
しかし、鈴木誠也選手に7号2ランホームランをレフトスタンドに放り込まれ、6-7と逆転されます。
ゆるい変化球を打たれました。なんで最後ストレートで攻めきれなかったんでしょう??
悔いの残る1球となりました。

その裏、広島は薮田投手が続投
先頭の山田選手は今日2個目に四球で出塁。
タイミングが合ってないので、相手が勝手に警戒して四球をもらえたのはラッキー。
雄平選手はセカンドゴロで、2塁フォースアウトとなり1死1塁。
山田くん、2盗できなかったかな?足が問題ないなら、もっと積極的に走ってほしいです。
続くバレンティン選手は四球で1死1、2塁
ここで、ヤクルトは昨日のヒーロー大松選手を送ります。
大松選手はショートゴロで1死1、3塁。
中村捕手はライトファールフライで得点ならず。
このところ、ムーチョが疲れからなのか、振りが鈍くなっているのが気になります。

8回、ヤクルトは原樹理投手が登板 大松選手がそのまま1塁の守備につきます。
1死後、安部選手にサード内野安打を打たれます。
石原捕手は送りバント失敗で2死となり、代打・西川選手は空振り三振に仕留め3アウト。
今日は落ち着いて投げました。

その裏、広島はジャクソン投手が登板
先頭の大引選手はライトフライ。谷内選手もライトフライ。
坂口選手はセカンドゴロで、あっさり三者凡退。

9回、ヤクルトは原樹理投手が続投
2死後、首を振ってゆるい変化球を丸選手に投げ、6号ソロ弾を浴び6-8と2点差に。
せっかく2イニング2死まで取りながら、最後は失投となりました。
鈴木選手は四球で、エルドレッドはサードゴロで3アウト。

9回裏、広島は今村投手
先頭の代打・荒木選手はサードゴロ。
今日ヒットがない山田選手は、今日3個目の四球で歩きます。
打てそうになかったので、よく選びました。
雄平選手はセカンドゴロで2塁フォースアウトとなり2死1塁。
バレンティン選手はセンター前ヒットで2死1、2塁。代走は上田選手
大松選手は四球で歩き2死満塁。代走は西浦選手

中村悠平捕手はショートゴロも、田中選手の1塁悪送球で、3塁ランナーが生還して7-8と1点差。
2死満塁で一打出ればサヨナラ。しかし、大引選手はショートゴロでゲームセット。

ヤクルトは7-8で広島に競り負けました。

逆転後、再逆転されるなどもつれた展開でしたが、
終わってみれば、9回に浴びた丸選手の一発が痛すぎました。

先発の山中投手は、相手チームに慣れられたのか、今年は序盤から打たれますね・・・。
ゆるい球が甘く入れば、やはり打たれます。

一度はバレンティン選手の3ランで逆転したものの、鈴木誠也選手に2発浴び、
その2本目で逆転された時点ではまだ1点ビハインドでしたが、9回に丸選手に被弾して2点差に。
最後は1点差まで追いあげますが届かずゲームセット。

バレンティン選手は今日は3安打猛打賞で3打点と奮闘しましたが、勝利につながりませんでした。
e0222575_13331237.jpg


せっかくバレンティン選手が3ランを打った試合だったので、勝ちたかったですね。
得点は、2ラン、犠牲フライ、3ラン、相手エラーとタイムリーヒットなしの7得点でした。

投手陣は、鈴木誠也選手に打たれ過ぎました。丸選手にしても攻め方が甘すぎました。
まあ、カープはそれだけ失投を仕留めるバッターが揃っているってことでしょう。

そのほかでは、大引選手が2ランなどマルチヒットで2打点も最後のバッターとなりました。
山田選手はノーヒットも3四球。明日はスカッとするヒットをお願いしたいですね。
また打てないと逆戻りしそうで心配です。

明日も球の遅い石川投手なので、不安の方が大きいですが、低めに丁寧に投げてほしいと思います。
球が遅い山中、石川投手がつづくローテは、
相手にとっては目先が変わらないので、あまりよくないように思いますが、どうなんでしょう?

by misty2011 | 2017-05-10 22:13 | 東京ヤクルトスワローズ