Out of focus ~Baseballフォトブログ~

2017年 05月 13日 ( 1 )

小川8回1失点好投も報われず★3-4、秋吉がビシエドに悪夢の逆転3ラン被弾

東京ヤクルトスワローズは、今日から松山坊っちゃんスタジアムで中日ドラゴンズとの2連戦。

先発はヤクルトが小川泰弘投手、中日は又吉克樹投手
一昨日のヒーロー藤井選手は今日も2番サードでスタメン


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・小川投手が8回3安打1失点、7奪三振の好投も、リード守れず逆転負け

初回、小川投手は、危なげなく三者凡退に抑える上々の立ちあがり
その裏、ヤクルトも三者凡退
山田選手は捉えた打球でしたが、ライト平田選手に捕られました。

2回も、小川投手はテンポよく3人で片付けます。

2回裏、先頭の雄平選手がレフト前ヒット、おや、今日はシングルヒットです。
バレンティン選手は四球で無死1、2塁
武内選手はセカンドゴロ併殺打で2死3塁
中村捕手は四球で歩き2死1、3塁となると、ディレードスチールを仕掛け2死2、3塁
つづく大引選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち、二者生還してヤクルトが2点先制!
小川投手もレフト前ヒットで2死1、2塁
坂口選手はライトフライで3アウト

3回、小川投手は、先頭のゲレーロ選手に、7号ソロホームランをレフトスタンドに運ばれ2-1
インハイのストレートでした。

その裏1死後、山田選手がレフト前ヒットで出塁。
ライナー性の打球で、あとはこの打球が上がれば、もっと良くなるでしょうね。
雄平選手はレフトフライで2死
バレンティン選手はセンター前ヒットで2死1、3塁も、
武内選手は大きなレフトフライで追加点ならず。

4回、小川投手は三者凡退に抑えます。

その裏、先頭の中村捕手がレフト前ヒット
大引選手は、いい当たりもサードゴロ併殺打で2死ランナーなし。
小川投手は、2打席連続となるレフト前ヒット
坂口選手もライト前ヒットで続き2死1、2塁
藤井選手はファーストゴロで3アウト。
この回、3安打も、間に併殺があったため得点なしで終わり、効率悪い攻めとなりました。

5回、小川投手はこの回も3人で片付けます。

その裏、先頭の山田選手はユニをかする死球で出塁。来ますね容赦なく危ない球が…。
雄平選手はピッチャーゴロでランナーが入れ替わって1死1塁
バレンティン選手はレフト前ヒットで1死1、3塁
ここで、またもチャンスで武内晋一選手。
前の打席のレフトフライなら御の字なのに、今度はファーストフライで2死となり、
中村捕手はライトフライで得点ならず。
う~ん、残塁野球に逆戻り。流れが悪いですね。

6回、小川投手はこの回も三者凡退に抑えます。

その裏、2死後、坂口選手がライト前ヒットで出ます。
しかし、藤井選手が初球を打ってファーストゴロで3アウト

7回2死後、小川投手はビシエド選手にレフトへ2塁打を打たれます。
平田選手には四球を与え2死1、2塁
ここで中日は藤井選手を代打に送りますが、小川投手は空振り三振に斬ってとり3アウト。

その裏、中日は伊藤準規投手に交代。相変わらず足が長いこと!
先頭の山田は四球を選んで出塁。今度こそ走らないと。
雄平選手はレフト線への2塁打で無死2、3塁
このチャンスに今日2安打のバレンティン選手。しかし、見逃し三振で1アウト。

続いて、またまた好機で問題の6番バッター
武内選手はファーストゴロも、3塁ランナー山田選手のスタートがよく、
ナイススライディングでホームインして3-1

記録はビシエド選手のフィルダースチョイスですが、山田選手の好走塁でようやく追加点が入りました。

中村捕手は四球で1死満塁。
大引選手はセカンドライナーで2死満塁となり、小川投手は空振り三振で3アウト。
しかし、形は何であれ欲しかった追加点が入りました。

8回、小川投手は先頭のゲレーロ選手にレフトへヒットを打たれます。
この回から、センターは上田選手、坂口選手がレフトに回り、サードは谷内選手。
木下捕手はファーストゴロ併殺打、途中出場の高橋周平選手はセカンドフライで3アウト。

その裏、中日はアラウホ投手
1死後、上田選手が死球で出塁。ボークとけん制悪送球で上田選手は3塁まで走り1死3塁
山田選手は足の後ろを通る危ないボールが来た後、外の球を見逃し三振。
判定に納得いかない顔をしていました。ボールくさかったですが、まあ、仕方ありません。
しかし、またとんでもない球を投げられ、山田くん、よく避けました。普通なら当たっていたでしょう。
雄平選手はショートゴロで3アウト。

2点リードで9回は秋吉投手
先頭の京田選手はセンター前ヒット、亀澤選手はライト前ヒットで無死1、2塁のピンチを招きます。
先日から、秋吉投手があまりよくないですね。甘い球が多すぎます。
大島選手はセンターフライで2塁走者がタッチアップして1死1、3塁
ここで、ビシエド選手に6号3ランホームランを打たれ3-4と逆転されます。
初球、浮いたスライダーでした。
なんてこったぁぁぁ~!8回まで好投した小川投手の勝ち星が消えました。

9回裏、中日は田島投手が登板
代打の榎本選手は空振り三振。
武内選手はキャッチャーゴロ、中村捕手はショートゴロでゲームセット。

ヤクルトは、勝利目前で3-4で中日に逆転負けを喫しました。

今日の負けはキツイですね。
先週、小川投手が5点リードの8回、梶谷選手に同点に追いつかれる満塁弾を浴び、
延長で秋吉投手がサヨナラ打を打たれ負けた試合を、私は今季ワーストゲームと書きましたが、
今日の逆転負けもそれに劣らないくらいダメージが大きいものです。

e0222575_17225385.jpg


特に、好投していた小川投手が、こんな形でまた勝ち星から見放されたショックが、
どれほどのものか心配になります。
こういうことが続くと、調子を落としていきますからね。
秋吉投手が普通の出来なら勝てる試合でした。勝たなくてはいけない試合でした。
小川投手に勝たせてあげたかったですね・・・。

ヤクルトは11安打放ちながら3得点。
2回に大引選手が2点タイムリーヒットを打って以降、チャンスを作りながらもあと1本が出ず、
ズルズルと行きました。

今日は打順の巡り合わせが上手く行かず、ちぐはぐな攻めとなりました。
6番の武内選手は5打数ノーヒット。
そのうち4度のチャンスに打席に立つことになり、最低限も打てませんでした。
7回は1塁ゴロ野選で、これは山田選手の足で奪った1点のようなもの。

1塁の守備ではいいところも見せましたが、これだけ好機を潰しては擁護しようがありません。
以前から、武内選手の好調な期間はごく限定的で短いのが通常のこと。
今日は又吉投手ということでスタメンだったと思いますが、もう考え直すときが来たようです。
もしスタメンなら6番より下位でお願いします。

かと言って、スタメンの鵜久森選手もあまり打てないし、守備は不安。
今日は、地元愛媛なので、こんな結果なら、鵜久森選手がスタメンでよかったかもと思います。
代打での登場もありませんでしたね。

明日は誰がファーストのスタメンなんでしょう?
ベンチの置物になっている西田選手を、たまには使っても良さそうに思いますが。
これだけ出番がないと、ますます打てなくなりそうで、少しはチャンスをあげてほしいものです。
または、中村捕手に疲れが見えて、被弾も多くなってきたので、
休養がてら、たまには西田捕手のスタメンマスクでもいいかもしれません。

あと、2番藤井選手は、俊足なので転がすなら左方向でしょうね。
またはセーフティバントを試みるとか。このままスタメンなら、もっと打席で工夫してほしいです。

ベンチも、臨機応変にいろいろ試してほしいものです。

しかし、秋吉投手が不安定なのは困りますね・・・。肩が軽すぎるとか??
石山投手も調子を落とし気味なので、他に抑えに代わる投手がいません。
守護神の中では、他球団見てもまあ安定している方なので、秋吉投手にしっかり投げてもらうしかありませんね。

このまま中日に連敗してはなりません。
中日の両外国人が調子を上げているので要注意!
明日は今日の負けを引きずらないで、きっちり勝ち切って下さい。

by misty2011 | 2017-05-13 17:35 | 東京ヤクルトスワローズ