Out of focus ~Baseballフォトブログ~

2017年 05月 14日 ( 1 )

地味な男・荒木貴裕選手がド派手に決めた!サヨナラ満塁弾☆5×-1

東京ヤクルトスワローズは、松山坊ちゃんスタジアム初戦で、
勝たなくてはいけない一戦に、痛すぎる逆転負けを喫しました。
今日こそ負けられない試合、絶対に勝たなくてはいけません。

先発はヤクルトが星知弥投手、中日は吉見一起投手
スタメン6番ファーストに地元出身の鵜久森選手が入り、8番ショートに西浦選手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 荒木選手の2号満塁ホームランでサヨナラ勝利!先発・星投手は6回1失点の粘投

今日は出かけていて全部は見ていないので簡単に。

立ち上がり、星投手は京田選手にレフトへ2塁打を打たれ、送りバントで1死3塁から、
大島選手にレフトへ犠牲フライを運ばれ、1点先制を許します。
浅めのフライでしたが、バレンティン選手のバックホームが間に合いませんでした。

ヤクルトは2回、雄平、バレンティン選手が連打で、1死後、中村捕手もヒットで1死満塁のチャンス。
つづく西浦選手のショートゴロの間に3塁ランナーが生還して1-1の同点に。

星投手は、毎回ランナーを出す苦しいピッチングも、2回以降、無失点に抑えます。
ヤクルト打線は、吉見投手の老獪なピッチングの前に、
なかなかチャンスを作れず、こちらも追加点が奪えません。

ヤクルトは星投手が6回まで投げ、7回からはルーキ投手、8回は石山投手が0点に抑えます。

8回は2死後、藤井選手が粘ってレフトへのヒットで出ますが、山田選手はセンターフライに倒れ、
ここまで4打数ノーヒットで、せっかく2割5分まで上げた打率がまた下がります。

先日の4安打で「完全復調」なんて文字が踊りましたが、
ホームランが出るかレフトへの長打が出るまでは、私はまだまだだと思います。
本当に復調するためには、やはり最低でも1日1安打は打っておかなくては。
山田くん、乗れませんね。
今日はサードライン際へのヒット性の打球はありましたが、高橋周平選手に好捕され抜けませんでした。

9回は、前の試合で逆転3ラン被弾を浴びた秋吉投手が登板
先頭の京田選手にセンター前ヒットを打たれ、送りバント、四球で1死1、2塁となり、
前日3ランを打たれたビシエド選手を迎えます。
秋吉投手はサードゴロに打ち取り、平田選手も三邪飛に抑え、無失点で切り抜けます。

その裏、中日はリリーフに回った大野雄大投手が登板
1死後、バレンティン選手は四球を選びます。
つづく代打の榎本選手は送りバント失敗で2死1塁。中村捕手は歩いて2死1、2塁。
今日スタメンの西浦選手も四球を選んで2死満塁のチャンスorヤクルト的にはピンチ?
このサヨナラのチャンスに、途中出場の荒木貴裕選手が、
なんとなんと今季2号満塁ホームランをレフトスタンドに叩き込み、
ヤクルトが5×-1で、見事サヨナラ勝ちを決めました。


写真は4月16日ハマスタ 
キャンプでも人一倍練習熱心だった荒木選手、大仕事をして、ようやく結果を出しました。
e0222575_1657139.jpg


いやいや、荒木選手がサヨナラ、それもグランドスラムで決めてくれました。
ずっと控えで少ない出番に耐えていましたが、最高の仕事をやってくれました。
おめでとうございます!

ヤクルトのサヨナラ満塁弾は、4月2日の代打・鵜久森選手の逆転満塁弾に続いて今季2回目です。
膠着状態が続いていましたが、最後は地味な男がど派手に決めました。
本当に良かったですね、荒木選手。
これでまたスタメンでの出番があるかもしれませんね。頑張って下さい。

今日の劇的サヨナラ満塁弾は、勝った上に、昨日のお返しがきっちりできました。
チームも、そして9回を投げ今日の勝ち投手となった秋吉投手も救われたことでしょう。
秋吉投手はこれで4勝目となりました。

先発の星投手は、6回7安打1失点と、毎回打たれながらも最少失点に抑えました。
よく粘りました。

打線は、中日より少ない8安打ながら、最後の満塁弾があまりに劇的でした。
雄平選手がマルチヒット。
しかし、山田選手がノーヒットで終わったのが残念です。
次のカード東京ドーム3連戦は、本当に復調なるかどうかの大事な試合となるでしょうね。
上向くことを信じてやみません!やはり山田選手が打たないと、勝ってもすっきりしません。

by misty2011 | 2017-05-14 16:59 | 東京ヤクルトスワローズ