Out of focus ~Baseballフォトブログ~

2017年 05月 18日 ( 1 )

ヤクルト、巨人に2試合連続完封勝ち☆1-0 石川粘投4勝目、継投も決まり完封リレー

東京ドームでの読売ジャイアンツとの2戦目は、
由規投手の好投と打線の奮起で、投打がかみ合い快勝でした。

1勝1敗で迎えた3戦目、先発は巨人が宮國椋丞投手、ヤクルトは石川雅規投手
選手公示では、由規投手が下がり、今浪隆博選手が上がってきました。
今浪選手、体調は大丈夫でしょうか。
心配な一方、待ちに待った1軍復帰で、とても嬉しく思います。

スタメンは、その今浪選手が6番ファースト、8番ショートに大引選手
巨人のスタメンからは阿部選手と小林捕手が外れました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 5投手の完封リレーで2試合連続零封勝利!先発・石川投手は今季4勝目

ヤクルトは初回は三者凡退
2回は、先頭の雄平選手がレフト前ヒットも、
バレンティン選手がセカンドゴロ併殺打でチャンスを潰します。

一方、石川投手は初回2死後、坂本選手を四球で出しますが、今日4番の村田選手を打ち取ります。
2回は先頭のマギー選手にヒットを打たれますが、
後続を併殺打に仕留めるなど、得点を許しません。

3回、ヤクルトは先頭の中村捕手がレフトへの2塁打で出ると、
大引選手のライトファールフライでタッチアップして3塁へ進み1死3塁
つづく石川投手のサードゴロで、3塁から中村捕手がホームインして1点先制!

その裏2死後、石川投手は立岡選手にセンター前ヒットを打たれますが、
坂本選手をショートフライに打ち取ります。

4回、ヤクルトは三者凡退
山田選手はここまで2打席凡退。サードゴロと外の球に空振り三振。
昨日は2安打も、今日はここまでさっぱり。
ちょっといいかと思っても、とにかく続きません。この繰り返し。
2割5分が遠い選手に、解説でトリプルスリーの話をするのは、もうやめて!
今年は見ての通りで、それどころじゃないんですから。

その裏1死後、石川投手はマギー選手にセンター前ヒットを打たれ、
2死後、長野選手に左中間への2塁打を打たれ2死2、3塁のピンチを招きます。
實松捕手は敬遠で、2死満塁で宮國投手と勝負となり、セカンドゴロに打ち取り、無失点に抑えます。

5回、先頭のバレンティン選手は四球で歩きます。
今浪選手はサードゴロで2塁フォースアウトとなり、1死1塁。
中村捕手はショートゴロ併殺打で3アウト。

その裏1死後、石川投手は立岡選手をショートへの内野安打で出します。
坂本選手はサードゴロで2死2塁
村田選手は空振り三振に仕留め、この回も無失点で切り抜けます。

6回、ヤクルトは2死後、坂口選手がセンター前ヒットも、藤井選手はファーストゴロで3アウト。

その裏、石川投手は、先頭のマギー選手に3安打目となる三遊間へのヒットを打たれます。
中井選手は送りバントで1死2塁
つづく長野選手のところで、、石川投手から近藤一樹投手に継投。

近藤投手は長野選手を空振り三振に仕留め2死2塁。
實松捕手も空振り三振で3アウトチェンジ。ナイスリリーフ!

7回、先頭の山田選手はショートゴロも、1塁村田選手の落球エラーで無死1塁
雄平選手は初球を打ってファーストゴロ併殺打で2死ランナーなし。
これでヤクルトは既に3併殺。
出来れば、山田くんを走らせてから打ってほしかったですね。
1点が重い試合なのに、選手に丸投げで無策すぎます。
バレンティン選手は四球も、今浪選手はファーストゴロで3アウト。

その裏、ヤクルトはルーキ投手。1塁には武内選手
2死後、立岡選手にライト前ヒットを打たれます。
坂本選手は空振り三振で3アウト。今季はヤクルト戦には優しい坂本くん?

8回、巨人はマシソン投手
1死後、大引選手が四球で歩きます。
武内選手はレフト前ヒットで1死1、2塁とチャンスが広がります。
坂口選手はライトフライで2死となり、ここで代打・大松選手を送ります。
大松選手は粘って四球を選び2死満塁。
うわ~、続いて山田くん、こういう緊迫した満塁の場面では打てそうもないのに・・・。
どうか打って~と手を合わせて祈りましたが。

結果は初球を打ち上げセンターフライ。
四球後の初球を打つのはいいとしても、狙って打ってストレートに力負け。
今日は4タコ、また打率が下がります。もう見てられん。
そのうちそのうちと言いながら、もう5月も半ばを過ぎました。いつまで待てばいいのやら・・・。
あってほしくないですが、今シーズンは、最後までそのうちで終わりそうな気配さえ・・・

本人も、どうすれば復調できるか、まだ手探り状態なんでしょうね。苦しいと思います。
今のところ、ネガティブな私のはるか上を行く山田くんの不振に、もう私は心身ともボロボロです。

その裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
1死後、マギー選手が4安打目となるヒットで出ます。代走は重信選手
その重信選手の2盗を中村捕手が刺して2死ランナーなし。これは大きい!
中井選手はライトフライで3アウト。やれやれ、よくしのぎました。

9回、巨人はカミネロ投手
先頭の雄平選手はライトフライ。バレンティン選手はセンターフライ。
代打の上田選手は三振であっさり三者凡退。

その裏、わずか1点リードで秋吉投手。怖いですね・・・。
センターは上田選手でレフトは坂口選手
先頭の亀井選手はショートゴロ
代打の橋本選手はレフトフライ
2死となり、代打の阿部慎之助選手を迎えます。
初球をセンターフライに打ち取りゲームセット。

ヤクルトが1-0で、2試合連続完封で巨人を下し、このカードの勝ち越しを決めました。

いやいや、重苦しい試合でしたね。
石川-近藤ールーキー石山ー秋吉の5投手で1-0完封のしびれる試合でした。
わずか1点でよく逃げ切れたと思います。

石川投手は6回途中まで投げ、7安打も無失点に抑え、4勝目を挙げました。おめでとうございます。
6回途中の近藤投手への継投がズバリ決まり、あとは必勝リレーで1点を守り切りました。

写真はキャンプ投内連係より 石川雅規投手と近藤一樹投手
ピンチで颯爽と登場し、きっちり抑える近藤投手の存在感がますます大きくなりました。
e0222575_1052564.jpg


得点は3回に、1死3塁から石川投手のサードゴロで挙げた1点のみ。
中村悠平捕手の2塁打が効きました。
ヤクルトは、自由に打たせると併殺が多いので、2塁打をどう得点に結びつけるかが大事です。
ヒットは巨人が9安打に対し、ヤクルトはわずか4安打で勝ちました。
宮國投手は、内外に投げ分け、丁寧に低めによくコントロールできていましたが、
それにしても、もう少し打ってほしかったですね。

最少スコアの勝利ですが、投手戦というよりは、どちらかというと貧打戦という感じで、
巨人の拙攻に助けられました。
巨人打線は、阿部選手がベンチで、村田選手が4番に入り、坂本選手がノーヒットでは、
迫力不足の感は否めませんでした。
巨人もこれでは優勝争いは苦しいでしょうね。

東京ドームで2試合連続完封勝利とは、ヤクルトとしては予想以上の結果に終わりました。
昨日の由規選手の好投が、いい流れで今日につながりましたね。よかったです。

それにしても山田くん・・・
明日からの阪神戦では、また岩貞、藤浪投手と当たりますが、
これ以上調子を落とさないことを願うだけです。しかし、気が重いですね・・・。

by misty2011 | 2017-05-18 21:45 | 東京ヤクルトスワローズ