Out of focus ~Baseballフォトブログ~

2017年 05月 20日 ( 1 )

阪神はノーコン危険投球の藤浪を矯正してから試合に出せ!雄平&今浪適時打&山田5号3ラン

東京ヤクルトスワローズは、由規投手の好投から始まり、石川投手の粘投で2試合連続完封勝利。
そして、昨夜は原樹理投手が好投して3連勝と、思いがけないほどいい流れが来ています。

阪神タイガースとの2戦目は、小川泰弘投手と藤浪晋太郎投手の先発
スタメンは2番に藤井選手、6番は今浪選手で8番に大引選手
当然ながら、藤浪投手に対して、ヤクルトは左バッターを4人揃えました。

今日も、勝敗以前に願うことはただ一つ、藤浪投手に誰もぶつけられませんように!
ぶつけて怖がらす藤浪投手に対しては、
こちらは正攻法で、バットでピッチャー返しをして、ぶつけ返すくらいの気概を示してほしいものです。
と、ここまで試合前に書きました。

試合は、またまた藤浪投手の危険極まりない球、そしてノーコン自滅で荒れた試合となりました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先制許すも逆転!投打が噛み合い、今季初の4連勝!

初回、小川投手は1死後、四球でランナーを出しますが、糸井、福留選手を抑えます。
立ち上がり、今日の小川投手は、気のせいか体が重そうに見えました。

その裏、ヤクルトは三者凡退。山田選手はいい当たりもセンター正面のフライ。

2回、小川投手は先頭の原口選手にセンター前ヒットを打たれます。
レフト、センター、ショートの真ん中にポトリと落ちました。
外野の守備位置が深いのもあって、坂口選手が突っ込んできましたが捕れませんでした。
続く、鳥谷選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ、1点先制されます。
この打球で、悠々ホームインを許してはイカンでしょ。

その裏、1死後、バレンティン選手がセンター前ヒット
2死後、中村悠平捕手が、左脇腹付近に死球をぶつけられます。
またかいな。ストレートがすっぽ抜けてモロぶつけられました。
ムーチョ、そうとう痛そうにしていましたが、一旦ベンチに下がりプレー続行。
大引選手はショートゴロで3アウト。
しかし、藤浪投手、球がどこに来るかわからないだけに怖すぎます。

3回、小川投手は三者凡退に抑えます。

その裏、先頭の小川投手がストレートの四球で出ます。
2死後、山田選手に対しても、顔近くや手首付近に超危ない球が2球ほど向かって来て、ヒヤッとしました。
とにかく当たらなくてよかったです。
しかし危険すぎて、これでは野球になりませんよ。即刻、投球禁止にしてほしいくらい。

山田選手は四球で歩き2死1、2塁。
このあと、藤浪投手の暴投で2死2、3塁
ここで、雄平選手がライトへタイムリーヒットを放ち、二者生還して2-1と逆転!いいぞ雄平!
雄平選手はすかさず2盗に成功。
バレンティン選手は四球で歩き2死1、2塁から、
今浪選手がライト線へタイムリー3塁打を放ち、二者生還して4-1
雄平、今浪選手の両左バッターが藤浪投手をきっちり攻略しました。ナイスバッティング!

4回、小川投手は3人で片付けます。

その裏、先頭の大引選手がストレートの四球で出ます。
ここで、藤浪投手は降板となり、岩崎優投手に継投。
やれやれ、引っ込めてくれてほっとしました。

小川投手は3バント失敗しますが、坂口選手がライトへヒットを放ち1死1、2塁
藤井選手は三振で2死となり、山田選手はセンターフライで追加点ならず。
山田選手は、藤浪投手の危ない球の影響がなければいいのですが、中途半端なスイングでした。

5回、小川投手は、先頭の糸原選手にセンター前ヒット、送りバントで1死2塁
中谷は大ファールのあと、見逃し三振。
髙山選手も二者連続見逃し三振に斬ってとり3アウト。ナイスピッチング!

その裏、2死後、今浪選手がライト線への2塁打で出塁。素晴らしい!
中村捕手はセンターフライで3アウト。
バットを振るのが痛そうなので、あまり無理させないでほしいですね。
昨年の山田くんのこともあるので、試合後はすぐにMRI検査を受けてほしいです。

6回、小川投手は先頭の上本選手にレフト前にヒットを打たれます。
つづく糸井選手をピッチャーゴロ併殺打に仕留め2死ランナーなし。
糸井選手の調子が落ちているのは助かります。
福留選手はレフトフライで、結局三人で片付けます。

その裏、阪神は松田遼馬投手
先頭の大引選手がセンターオーバーの2塁打で出塁。
小川投手は四球を選んで無死1、2塁
坂口選手はバント失敗後、空振り三振
1死後、代打・大松選手はサードゴロで2死1、3塁。1塁代走は谷内選手
続いて、今日まだヒットのない山田選手は、
ここで、ライトへ5号3ランホームランを放り込み7-1と突き放します。
久々の一発、ナイスホームラン!押し込めたので、右へも打球がよく伸びました。
あとはレフトスタンドへの一発を待ちましょう。

7回、小川投手は先頭の代打キャンベル選手にレフトへヒットを打たれます。
鳥谷選手にはセンター前ヒットを打たれ、無死1、2塁
糸原選手は空振り三振で1死となり、代打・伊藤隼太選手はライト前ヒットで1死満塁のピンチ

ヤクルトは、ここで頼れる火消しマン近藤一樹投手に交代。
代わりっぱな、中谷選手に押し出しの死球をぶつけ7-2
髙山選手には犠牲フライを運ばれ7-3
上本選手はショートゴロで3アウト。この2点は仕方なありません。
近藤投手、よく踏ん張りました。

その裏、阪神は藤川投手
先頭のバレンティン選手は四球で歩き、代走は上田選手
今浪選手は送りバントで1死2塁から、
中村悠平捕手がライトオーバーのタイムリー2塁打を放ち、8-3と再び突き放します。

8回、ヤクルトはギルメット投手
センターに上田選手、レフトに坂口選手、ファーストは武内選手
1死後、福留選手にヒット、江越選手に死球をぶつけ1死1、2塁となりますが、
鳥谷選手をセカンドゴロ併殺打に打ちとり3アウト。

その裏、阪神は高橋聡文投手が登板
先頭の坂口選手がセンター前ヒット、谷内選手は送りバントで1死2塁
山田くん、もう1本打ってほしかったですがショートゴロで2死3塁。
ゴロのスイングは、やはりまだバットが遠回りしているようです。
う~ん、ホームランは出ましたが、4打数1安打で、打率2割5分には届かず。
雄平選手はショートフライで3アウト。

9回、ギルメット投手続投で、先頭の糸原選手にライトへヒットを打たれ、
2死後、岡崎選手にもライトへヒットを打たれ2死1、2塁も、
上本選手をセカンドゴロに打ち取りゲームセット。
ヤクルトが8-3で阪神を下しました。

ヤクルトはこれで4連勝、阪神は3連敗
何と言っても、藤浪投手をノックアウトして黒星をつけたのがよかったです。

小川泰弘投手が7回途中まで投げ、7安打7奪三振3失点で4勝目をあげました。
それほど調子がよくはありませんでしたが、要所では三振や併殺がとれたのはさすがです。
7回満塁のピンチでは、近藤投手が何とか2点でしのぎ、あとはギルメット投手が抑えました。

打つ方では、左の雄平選手が2点タイムリーヒットで逆転し、今浪選手が2点タイムリー3塁打で、
藤浪投手を攻略したのが大きいですね。

6回には、山田哲人選手が5号3ランホームランを打って、突き放しました。
そのあと、7回には2点奪われ7-3となりますが、
その裏、死球を受けた中村捕手がタイムリー2塁打を放ち8ー3として、勝負を決めました。
野手が攻撃の手を緩めず、追加点を奪ういい形の得点でした。

明日は星投手に5連勝を託します。
打線は早めの援護をお願いします。

お立ち台は、小川投手と雄平選手で、今浪選手が呼ばれなかったのは残念です。
チャンスに強い今浪選手の1軍復帰は、本当に頼もしい限り。
体調に気をつけて、これからもいいところで打ってください。
e0222575_8135896.jpg



最後に、藤浪投手に対しては、もう怒り心頭です。
ただのノーコンならまだ許せますが、とにかく危なくて、打者は命がけで打席に立たなくてはなりません。
いくら才能があっても、プロがこんなメチャクチャなコントロールでは話になりません。
ただただ、あきれています。今日のブログタイトルの通りです。
こんな危険な球ばかり投げられては、試合になりません。
打者は、打つよりまずは身を守ることの方が大事ですからね。
球が速いだけに、そのうち、もっと重大な事態が起こるかもしれません。

ノーコンが矯正できないのなら、もう試合に出さないでください。
投げるのなら、お互いのために、もうヤクルト戦は避けて、他球団に先発させてほしいです。
金本監督、どうかお願いします。
阪神の投手コーチ、藤浪投手を放置しないで何とかせい!

by misty2011 | 2017-05-20 22:09 | 東京ヤクルトスワローズ