Out of focus ~Baseballフォトブログ~

カテゴリ:その他( 8 )

リオオリンピック、私が選んだ感動の名場面

東京は台風9号の上陸で悪天候の一日となりました。
避難されている方や、災害にあわれた方々にはお見舞い申し上げます。
幸い、私の住む周辺では、一時的に風雨が強まりましたが、特に被害はありませんでした。

今日、2016年リリオデジャネイロオリンピックが閉会となりました。
今大会では、日本は、金銀銅合わせて41個の史上最多のメダルを獲得し、
4年後の東京オリンピックに向け大きな弾みがつきました。
日本人選手たちの活躍に、連日、大きな感動をもらいました。
心よりありがとうございました。

今回のリオオリンピック大会で、私が特に印象に残った試合について、
たくさんある中から、3つ選んで書いてみたいと思います。

真っ先に挙がるのは、男子卓球で、史上初の個人で銅メダル、
男子団体では銀メダルを獲得した水谷隼選手の活躍です。
特に私が興奮して見たのは、銅メダルを決めたシングルス3位決定戦ではなく、
中国との団体決勝戦でもなく、馬龍選手(中国)と戦ったシングルス準決勝戦です。

水谷選手も話していましたが、これまで日本の卓球は女子選手ばかりに注目が集まっていましたが、
今回、この男子シングルス準決勝を見て、女子とは比べ物にならないくらいのスピードと反応、
そして格闘技かと思うほどの、激しいラリーの打ち合いに驚くと同時に感動しました。

テレビで見ていても、球を目で追うのさえ大変なのに、
それをものすごいスピードで、しかも正確に打ち返す反射神経には、鳥肌が立ちましたね。

【NHKリオ】水谷隼 卓球男子シングルス準決勝 世界最高レベルの超高速ラリー! YouTube動画

       

https://www.youtube.com/watch?v=Sz7KxT15rIU&feature=player_embedded     

11ポイント先取で、3ゲーム馬龍選手に先行された時には、さすが世界王者、
もはやこれまでかと思いましたが、そこからの追い上げが素晴らしかったですね。
水谷選手が底力を見せつけました。
第4ゲームを奪い、第5ゲームは大接戦の末とりますが、最後は力尽き
ゲームカウント 4-2で、惜しくも馬龍選手に敗れました。
        11 - 5
        11 - 5
        11 - 5
         7 - 11
         10 - 12
         11 - 5

結果は負けましたが、私はこの試合が一番凄いと思ったベストゲームでした。


続いて、まさかまさかと驚いたという意味で最高だったのが陸上の男子4×100mリレー決勝戦!
予選2組で、日本は1番で決勝進出を決めましたが、それでさえ信じられないような光景でした。

【NHKリオ】これがアジア最速の走りだ(完全版) 男子400mリレー 銀メダル  YouTube動画

       

https://www.youtube.com/watch?v=oKHIHOilh5M&feature=player_embedded


山縣亮太→飯塚翔太→桐生祥秀→ケンブリッジ飛鳥選手への
流れるようなアンダーハンドパスは見事でした。
9秒台が誰もいなく、100m決勝に出た選手が一人もいなくても、
次の走者につなぐ和の心で銀メダルを勝ち取りました。

繰り上げではなく、アメリカ(失格となりましたが)、カナダなどを破っての銀だけに
これ以上ない価値がありますね。心よりおめでとうございます。

日本陸上男子のトラック種目では、五輪史上初の銀メダルの偉業!
また、陸上トラックでは、1928年アムステルダム大会、女子800mの人見絹枝さん
以来となる銀メダルで、実に88年ぶり2回目の快挙です。

日本が不得意とするスプリント種目での銀というのは、私は想像もしてなかったサプライズでした。
陸上短距離を目指す選手にとっては、大きな励みになるでしょうね。
4年後の東京大会が楽しみです。もうその時は偉大なボルト選手はいませんからね・・・。


そして、3つ目に挙げるのは、バドミントン女子ダブルス高橋・松友ペアの決勝戦です。

【NHKリオ】高橋・松友の大逆転 ノーカットで最後の5ポイント YouTube動画

       

https://www.youtube.com/watch?v=714YJTg5kEE&feature=player_embedded

1セット目は落とします。出足が悪くてちょっと心配しました。
しかし、2セット目は簡単に奪い返してセットカウント1-1で迎えた第3セット。
ものすごい展開になりました。
手に汗握るどころではなく、1ポイントごとに見ているこちらも緊張の連続で、
胸が締め付けられる思いでした。
特に最後のポイント16-19からは、手を合わせて祈り続けました。
ここから5ポイント連取で大逆転とは、そのメンタルと勝負強さには驚くばかりでした。

もともと実力的には世界ランキング1位のタカマツペアの方が上ですが、
相手があと2ポイントで優勝まで追いつめられた厳しい状態からの大逆転ですからね。
二人の集中力には身震いしました。
10年もの間、ペアを組んできたお互いの信頼感が、土壇場で最高の形で実を結びました。

タカマツペア 高橋礼華選手&松友美佐紀選手、金メダル本当におめでとうございます。
世界チャンピオンが当然のように金メダルを期待され、
五輪のプレッシャーの中、苦しみながらも期待通りに金メダルゲット!
これがどれだけ大変で偉大なことか!
決勝戦は、それが凝縮されたような試合でした。
優勝を決めた瞬間のタカマツペアの涙には、私も感極まりました。
本当に勝ってよかったです。

世界チャンピオンが、苦しみながらも期待通りに金メダルを獲得する偉業は、
ここでは取りあげませんでしたが、体操の内村航平選手もそうですね。
個人総合の最後の鉄棒で、ピタッと着地を決めるところが、内村選手の王者たる所以でしょう。
凄い精神力というほかありません。

バドミントンといえば、私は大学時代に、ほんのちょっとだけバドミントン部に入って
やっていたことがあります。

余談ですが、私が大学に入った1969年は、大学紛争真っ最中で、
あの東大と東京教育大(今の筑波大)の大学入試が中止となった年です。
入試が中止と決まった冬は、私は高校3年生の受験生で、
受験校を決める最終段階に入っていました。
当時はセンター試験なんてなくて、私立大は2月中旬頃、国立1期校は3月3日から
国立2期校はその2週間後くらいが受験日で、今よりかなり遅かったです。

高校は地方の県立高校でしたが、一応進学校で、成績優秀な生徒は、突然の入試中止で、
それはもう大変つらい思いをしていました。特に、その大学を目指していた浪人生は。
幸か不幸か私はその高校では劣等生だったので、ほとんど影響は受けませんでしたが、
中には志望校をワンランク落とす受験生もいました。

地方から出てきて東京の某大学に入学しましたが、各地で大学闘争はまだ続いていて、
私の大学も、入って間もなく大学紛争で学内封鎖となり、授業がしばらくありませんでした。

暇を持て余していたところ、友達に誘われて、軽い気持ちでバドミントン部に入部しました。
大学は封鎖されても、部活動はやっていました。
しかし、いざ練習してみると、とんでもなくハードなスポーツだとわかりました。
遊びでやる羽つきのような簡単なものではなく、女子選手がやる球技の中では、
最も運動量が多いきついスポーツです。
前後左右、フットワークがとにかく大変で、しんどかったですね。

それは、30歳過ぎて始めたテニスの比じゃありませんでした。
テニスを始めた時、バドミントンより断然らくだと思ったくらいですから。
テニスはボレーやスマッシュ以外は、ワンバウンドさせてから打つので、
移動距離は長くても、フットワークが間に合いますが、
バドミントンはダイレクトに打ち返すので、とにかく前後左右への動きが大変。
私にはついていけませんでした。

ダブルスはまだしも、シングルスなんて、全くシャトルに追いつきませんでした。
簡単そうに見えて、最もハードな種目だという認識をしておいた上で試合を見ると
バドミントンの難しさと面白さが、より一層わかると思います。


最後に、見ていて一番辛かったのは、吉田沙保里さんが4連覇ならず泣き崩れたシーンでした。
「ごめんなさい」と謝っていた姿が痛々しかったですね・・・。
銀をとって歓喜に湧く男子リレー、銀で申し訳ないと涙・涙の吉田沙保里選手
選手の置かれた立場、勝負の非情さに心が痛みました。
これもまたオリンピックなんですね。


東京オリンピック開催が決まったとき、最初は当然、私は喜びました。
しかし、エンブレム問題や、新国立競技場のデザイン(ちなみに私はB案の方がよかったです)
など、また膨大な五輪費用を思うと、もう東京でやらなくてもいいとすら思うようになっていました。

ただ、今回のオリンピックを見ると、やはり4年後の東京大会が楽しみなりました。
1964年の東京オリンピックの時は、私は中学2年生でした。
次回2020年は70歳を迎える年となります。
それまで、どうか元気でいられることを祈ります。
どの種目でもいいので、出来れば生で見たいですからね・・・。

by misty2011 | 2016-08-22 22:05 | その他

本田ジャパンはこれで最後にして!

今日はザックジャパン最後の試合なので、早起きしてと言っても寝過ごして前半途中からW杯を見ました。

日本はコロンビアに4-1で大敗しましたが、グループCのこれまでの試合よりは、
今日は攻める気持ちは伝わってきました。
惜しむらくは、初戦のコートジボワール戦から、今日のような戦う気持ちで挑んでほしかったですね。

前半の岡崎慎司選手の同点ゴールは見事でした。
本田選手のパスが自分の身体の後ろに来たにもかかわらず、体を反転させてよく頭でゴールにねじ込んだものです。
点取り屋の岡崎選手の真骨頂を見たような気がしました。
あれ、また入れろって言っても難しいようなゴールだったと思います。

今回のザックジャパン代表メンバーの中では、岡崎選手は私が最も応援している選手です。
かつては中山ゴン選手が好きだったので、同じように泥臭くゴールを狙いに行くプレースタイルが私は好きですね。
前2戦は、シュートの機会すらほとんどなくて残念に思っていたので、今日のゴールは嬉しかったです。
これで乗って行けるかと思いましたが、コロンビアとの実力差は歴然でした。

後半はカウンターから何なくゴールを決められ一方的な展開となりました。
日本もチャンスは何度かありましたが、決定力不足は如何ともしがたいものでしたね。
これが世界との差、日本の実力なんでしょう・・・。

試合後、本田圭祐選手は「優勝とまで言って、散々な結果ですから…自分たちが未熟すぎた。
口だけで終わってしまった。申し訳ないと思います」と、言葉に詰まりながらインタビューに答えていました。

前のW杯の記事で、私は以前から大口をたたくから好きになれないと書きましたが、さすがに今日は打ちひしがれていました。
それだけ敗戦のショックは大きかったと思います。

チームの目標を高く持つこと自体は決して悪いことではありませんが、
いまの自身の実力をきちんと自己評価できない選手がチームの中心にいては、ゲームメイクは難しかったと思います。

この4年間、ザックジャパンは本田選手を中心にチームを作り上げてきました。
その結果がこれです。4年前より明らかにチームのまとまりがなく、弱くなっています。

ザッケローニ監督の解任は避けられないでしょう。
今回は采配に関しても、ぶれまくって何がしたいのかわからないような状況でした。
選手もこれでは戸惑ったと思います。

素人なのでフォーメンションや技術的な事はわかりませんが、勝手なことを言わせてもらうなら、
選手の起用に関しても、出したらいいのにと思っている選手は使わなくて、引っ込めろよと思う選手は使い続けました。
守備に関しても、点をとられだしたら歯止めがきかない感じで、まるでヤクルトを見ているようでした。
攻撃も中途半端なら、守備ももろかったですね。


今後に関しては、中心メンバーの本田選手は、代表引退について聞かれると即座に「いえ」とひと言。
代表引退を否定し「はじめから次にも行くつもりでしたので。また目指したいと思います」と、
4年後のロシア大会に思いを寄せました。

今大会は、体調のこともあったでしょう、結果を出せなかったのは悔しいと思います。
ただ、スピードがなく状況判断が遅いプレーを見ていると、
失礼ながら、これからの4年間で、本田選手がさらなるレベルアップができるものだろうかって疑問です。
パスをちんたら回すだけでは点が取れないことは、今大会ではっきり結果が出ました。

一方、今大会は私から見たら、まあまあ頑張った方だと思っていた内田田篤人選手は、
代表引退を示唆するような発言がありました。
おいおい逆じゃないのと私は思います。

次期監督が決まってからの話ですが、メディアやスポンサー受けを狙った代表メンバーではなく
一から出直すサッカー日本代表として、少しでも納得できる選手選考をしてほしいと思います。

サッカーは口でやるスポーツではありません。脚で蹴ってなんぼのスポーツです!

最後に、力は出し切れませんでしたが、戦った選手の皆さん、
ブラジルまで応援に出かけた多くのサポーターの方々、本当にお疲れさまでした。

野球関連のブログなので、野球ではなかなかこうまで本音を書けませんが、
サッカーなので私の正直な気持ちを書きました。
by misty2011 | 2014-06-25 11:08 | その他

本田選手を外さないザックジャパンって…

今日は午前中にワールドカップC組の試合があって、ザックジャパンはギリシャ代表に痛恨のドローとあいなりました。

試合を全部つぶさに見ているわけではないので見当違いかもしれませんが、私なりの率直な感想を。

私は野球に限らずスポーツ観戦は子供のころから大好きです。
私自身はテニスを長年やっていて、ママさんテニスの試合に出まくっていて、全国大会に出場したこともあります。
亭主と息子はサッカーをやっていて、息子は地方ですが、トレセン県代表メンバーでした。
さらっと自慢話など(笑)!?
自分の息子には、野球ではなくサッカーをやってほしいと思っていたので、よかったと思っています。

サッカーも昔は元旦サッカー他、国立競技場でちょくちょく観戦したことがあります。
一番の思い出は、1972年、「サッカーの王様」ペレ選手が来日して、日本と親善試合をした試合を生観戦したことです。
今から42年も前のことです。

その時に頂いたペレ選手の直筆サインは我が家の家宝です。 こちらの記事


今回のザックジャパン日本代表を見て思うことは、
素人が見ても調子がいいとは思えない本田圭佑選手に何故こだわるのか?という点です。

私は正直言うと、4年前に活躍したW杯の頃から、本田選手は好きなタイプの選手ではありません。
メディアが騒いで持ち上げたせいもあるんですが、実力以上に自己評価が高く、大口をたたくところが
どうしても好きになれませんでした。

技術的なことはよくわかりませんが、あまりスピードを感じられないので、この点でも私はマイナスとなっていました。

今回のザックジャンパンでも、まず本田ありきの代表選考で、
ザッケローニ監督は本田選手と心中するつもりなのかと思うほどです。

ここ1、2年は、本田選手の顔が以前とは変わってしまって、特に目がへん?って思っているサッカーファンは多いと思います。
本人の口から何も言ってないので、憶測でしかありませんが、のどに手術痕があるし、目がおかしいし、
単純にバセドウ病じゃないかと心配します。
今シーズンのプレーを見ると、その病気ではなかったとしても、体調的に完全なものではないというのはわかります。

それでも日本代表の中心メンバーとして君臨しています。
そこが私は理解できません。スポンサーやら何かあるのかもしれませんが?

ACミランでも、評価はがた落ちで、そのスピードの無さに
「お散歩している」と痛烈に批判されたことさえありました。

今回のW杯でも、もたついたプレーが目につきます。

元サッカー選手の釜本邦茂氏が、今日の試合を前にして、こんな大胆発言をしていました。
釜本さんは、「ギリシャ戦超攻撃的にやるなら本田外すしかない」と、提言。こちら

私も事前にこの記事を読んでいて、ほぼ同じことを感じていました。
でも、実際には他の選手の交代はあっても、本田選手はフル出場で機能しませんでした。
ひとり人数の少ないギリシャから得点できずドローは痛すぎます。

今日の結果を踏まえて、次の絶対に負けられないコロンビア戦がどういう布陣になるのか興味深いです。
ザッケローニ監督もけっこう頑固なようなので、自分の信念は変えないんでしょうね?
私はあくまで現時点での選手の力で、勝ちにつながる選手起用をしてほしいのですが・・・。

このへんは、スワローズの選手起用にも共通するものがあるようで、なんだかねぇ・・・。


日本がコロンビア戦に勝てるとしたら、相手はもうリーグ突破が決定したので、
決勝トーナメントに備えてメンバーを落とすか、日本戦はそれほど必死で勝ちに来ないか、
そのあたりしかないように思います。

結果はどうあれ、次につながるメンバーで戦ってほしいと私は希望します!
ま、次の試合で活躍したら手のひらかえしを致します。
以上、素人の言いたい放題でした。
by misty2011 | 2014-06-20 13:02 | その他

私のお宝「サッカーの王様」ペレ1972年来日時の直筆サイン

野球の試合が4日間もないので(今日は大谷投手先発で1試合行われますが)、今日は野球以外のネタをひとつ。

今、ブラジルではコンフェデレーションズ杯が開催されていて、ザック・ジャパン日本代表は
先日、1次リーグのブラジル戦で0-3で完敗を喫しました。
試合後、長友選手は「日本とブラジルとは、中学生とプロくらいの差がある」と、
来年に控えたワールドカップを前に、世界との力の差を痛切に感じたようです。

ブラジル、サッカーと言えば、私の年代では真っ先に名前が浮かぶのは「サッカーの王様」と称えられたペレ選手です。

そのペレ選手の現役時代の直筆サインを私は持っていることを思い出して、戸棚の中から引っ張り出してきました。

1972年5月26日、ブラジルからペレ選手とFCサントスが来日して、国立競技場で日本代表と親善試合を行いました。
その試合を、私は国立競技場に見に行きました。
当時、ペレ選手は既にブラジル代表からは引退していましたが、FCサントスで現役でプレーしていました。

私は地方から上京して、東京の大学に通う4年生、高校時代からの知り合いで、某大学のサッカー部の友人が
チケットを手配してくれて、一緒に観戦しました。
正面スタンドの中段右の方の席だったと記憶しています。

私は野球も好きですが、サッカーも大好きで、よくテレビで見ていました。
当時、印象に残っている選手は、やっぱり釜本選手、杉山、小城選手あたりです。
当日、釜本、小城選手は出場していたのを覚えていますが、杉山選手はどうだったかど忘れしました。
何しろ今から41年も前のことですから。

その親善試合に関しては、賀川サッカーライブラリー こちら を参照ください。

試合は後半ペレ選手が2得点するなど、FCサントスが3-0で日本代表を下しました。
ペレ選手のゴールが見られて、私は大興奮したことを覚えています。

試合が終わって数日後、一緒に観戦した友人からプレゼントされたのが、このペレ選手の直筆サインの色紙です。
e0222575_10223758.jpg

面白いのは、ペレ選手は何を勘違いしたのか?色紙の裏にサインを書いています。
年数が経ったので、色が黄ばんでいますが、表は普通の白い色紙で、
裏が金銀のきらっとした模様が入っていて、たぶんこちらが綺麗だと思って書いたんでしょうね?

もちろん、国立競技場で当日サインしてもらったものではなくて(混乱するのでサインはしてなかったと思います)、
どういう経路で、こんな貴重なサインが入手できたかは、うろ覚えなんですが、
その友人は日本サッカー協会の役員とのつながりがあったようで、そのルートでもらったようです。
今となっては、私のお宝の中でも、最高に価値あるものとなりました。


ペレ直筆のサインの画像を検索をしましたが、ほとんどが引退後のサインのようで、
当時のサインとは随分違っています。こちら
でも、私が持っているのは間違いなく、本物のペレ選手直筆サインです。

サントス当時の同じようなサインを、小堀俊一「手のひらの上のサッカー史」のコラムの中で見つけました。
こちら
コラムの中のグリーンで囲っている記事の「ペレと野村選手」の写真をクリックするとわかると思います。

私はサッカーの選手のサインを持っているのは、これ1枚だけですが、大いに自慢できるお宝です。 
by misty2011 | 2013-06-18 11:53 | その他

ブログ休止

ひとつ前の記事でお知らせしましたが、ブログを休止します。
短い期間でしたが、お付き合い下さってありがとうございました。

今シーズンのヤクルトスワローズの優勝を心より願っています。
by misty2011 | 2011-06-23 00:48 | その他

またブログ障害・・・

当ブログがお世話になっているエキサイトブログで昨日から不具合が起きています。

エキサイトブログからのお知らせでは

本日3/25(金)12:00より、
エキサイトブログの画像サーバの負荷が高くなり、処理に時間がかかっている影響で、一部、ブログの画像の閲覧と、ページの読み込みが難しくなっております。

現在、復旧に向けて原因究明中でございます。

となっています。

文字だけの記事はたぶん閲覧できると思うんですが、画像が多いページは取り込みが難しいと思います。
復旧するまでご了承ください。

今日はキャンプの画像をアップする予定でしたが、アップできないのでしばらく様子をみます。

しかし、ついてないな・・・。
今年に入ってエキサイトブログを開始して、当方どこもアナウンスする場がないので、とりあえずブログ村に登録しました。
ところが登録したちょうど1月末あたりから、そのブログ村に連日障害が発生して、PINGが飛ばなかったり、新着記事に載らなかったり、画像が表示されなかったり、いろいろ不具合が生じて、へこんでいました。

それがようやく落ち着いたと思ったら、今度はエキサイトブログに障害が頻発し始めました。
みずほ銀行でも大トラブルがあってなかなか復旧しなかったくらいなので、ブログサーバーの障害なんて、どうってことないと言われればそれまでなんですけど・・・。

みずほ銀行の場合は、東日本大震災への義援金の振込みが多額になって発生したようですが、そういえば、気のせいか、エキサイトも義援金関連のメッセージが出てからのような気がしないでもないですね??
ただ、本家のエキサイト自体は障害がなくて、ブログ部門だけ障害発生なので、関係ないでしょうね?

以前、FC2ブログをやっていたことがあるんですが、障害はありましたが、あそこは各ブログがサーバー別に細かく分かれていたので、障害発生率はそれほど高くありませんでした。
また、割合短時間で復旧していたように思います。

気分一新と、無駄なものを省いてシンプルなので、こちらエキサイトブログに移ったんですが、ちょっと後悔し始めました。
まあ、早めの回復を願うしかないですね。不具合の原因がはっきりしないのが不安なところでもあるんですが。
by misty2011 | 2011-03-26 10:17 | その他

節電と計画停電の対処

プロ野球の開幕が一転二転して、今日17日にもセ・パの分離開幕が決定されそうな情勢です。
パ・リーグは被災地楽天の状況を鑑みて、4月12日まで開幕を延期することが決まりましたが、
セ・リーグは、予定通り25日に開幕を強行する方向で、今日このあと発表されるようです。

被災地への配慮や電力事情、選手会の反発などもあり、一時は考え直すところまで来ていたと思ったのに、
まさか某球団の元気なジイサンの「ツルのひと声」にでも押し切られたんでしょうか!?

私は、何でもかんでも自粛する必要があるとは思いませんが、プレーする選手自体が反対している中で強行に開幕しても、興行としてのプロ野球が、果たしてそれで被災者を勇気づけられるでしょうか?
テレビも見られない、最低限の生活もままならない状況では、野球どころじゃないでしょう・・・。

電力不足の中、関東の東京ドーム、神宮のオープニングゲームはナイターです。
一般市民が計画停電に文句も言わず協力しているというのに、コウコウと照明を照らしてやるナイターには特に抵抗を感じます。
もしやるのなら、せめてデーゲームか球場を変更するくらいの配慮はあってしかるべきだと思いますが・・・。

計画停電は4日目を迎え、特に今日は真冬並みの冷え込みで電力需要が高まり、供給が逼迫しているそうです。地域によっては一日に2回も停電を強いられます。

節電や停電の対処は毎度のリンク先ですが、下のほうに載っています。
東京電力、東北電力管轄の地域の方へ 効果的な節電と計画停電の対処方法をご案内します

家庭の台所を預かる主婦にとって、停電で一番不安なのが冷凍食品の扱いではないでしょうか?
ご存知の方も多いと思いますが、ネットで見つけた冷凍食品の停電対策のリンクを貼っておきます。

計画停電 冷凍食品、工夫で劣化防止
こちらは主に冷蔵室について
停電中に冷蔵庫の中身を持たせるには保冷剤とタオルが重要

冷凍食品に関しては「冷凍庫の開閉を一切しなければ停電が3時間程度なら品質に問題はない」そうですが、リンク先の注意事項を参考に、ご家庭でも対策を講じるといいですね。

我が家は、私の勘違いで、どうも今回の計画停電のグループには町名のあとの○丁目が載ってないので、停電地域外のようです。
だからこそ節電には出来るだけ協力したいと思っています。

私は極度の寒がりなんですが、なるべく暖房はつけない。家の中でもコートを着たり、毛布にくるまっています。
ご飯は炊飯器で2回分を一度に炊き、1回分は冷凍して翌日電子レンジで温めています。
うちはオール電化じゃなくて都市ガスを使っていますが、野菜なども一度にたくさん茹でて、残りは冷凍保存しています。
温めなおしでもちろん電力は消費しますが、毎日炊いたり茹でたりするよりは省エネになるかと。

その他、入浴回数を減らしたり、門灯はつけない、部屋の明かりを抑えたり、ささやかですが、やらないよりはいいかと思っています。

被災地や避難所は、寒さに加えて、食糧難、ガソリン、灯油不足と追い討ちをかけて大変な日々を過ごされています。
地震以後、お風呂はおろか下着をまだ一度もとり替えてない方々も大勢いるようです。
生活物資の到着が待たれますね。首都圏で起きている買占め、買いだめは是非やめましょう!

被災者やそこで救助に当たる方々の心労がどのくらいのものか想像もつきませんが、どうか体に気をつけて頑張ってくださいと祈るような気持ちです。
春の訪れが一日も早いことを願っています。
by misty2011 | 2011-03-17 17:35 | その他

やっと記事画像があがってた・・・

いつもお世話になっている「にほんブログ村」(ブログランキングとブログ検索サイト)ですが、
それにしても「ブログ村」のサーバーって一体どうなってるの!?
私はこれまでのところ、ほぼ毎日記事を更新していますが、この2、3日、私が書いたブログの画像が新着記事の画像に全く更新されなくなりました。

記事画像取得のページでは、「取得中」の表示が出たままいつまでたっても画像があがってきません。
私だけじゃなくて大多数のブロガーさんも同じような状況になっていたようです。

私が「にほんブログ村」に登録したのは、今年1月31日で、ちょうど言うか何というか、最悪のタイミングだったようです。
毎日、「ブログ村」からは不具合のお詫びが出っ放しで、それとは知らずに登録した私は、最初は画像があがらなかったり、PINGが飛んでなかったことに全く気がつきませんでした。

だんだん様子がわかってきて、これはえらい時期に登録したもんだわと後悔しようにも、あとの祭り。
そのうち、徐々に改善されてきて、記事も画像もわりと短時間で更新されるようになったので、安心していました。

ところが数日前から新着画像があがらなくなりました。
「ブログ村」からの告知では、最終調整に入っているとのことでしたが、ちっとも良くなる気配がありません。
他のブロガーさんの新着画像状況を見ると、やたら同じブロガーさんの画像ばかりがあがっているような気がしました。ブログサイトとの相性のようなものでもあるのかな?と・・・。
ちなみにうちはエキサイトブログです。

画像取得中は「再取得」は押さないようにと注意書きがあるので、じっと我慢していましたが、数時間経っても、次の日もその翌日も更新されないまま。
ついにぽちっと「再取得」を押しましたが、なんの反応もなし。あきらめかけていたところ、今日外出から帰宅して見たらやっと更新されていました。

それでもまだ1月31日登録直後の記事やそれ以降も5回分ほどの記事の画像は取得中のまま。それらの画像には「再取得」の文字さえありません。やれやれ、いつまで待たすことやら・・・。
もう今更あがってもどうってことないですけどね。

ただ、この状況がいつまで続くのか不安です。うちのような画像メインのサイトはほんと困ります。
原因がはっきりわかってないようで、それも心もとない限りです。何とかしてほしいですね。

話しが変わって、今日は都心までオリンスのデジイチカメラ教室に出かけていました。実技ではなく「RAW現像」のお勉強。
私は今までデジイチでもRAW撮りはやった事がなくて、いつもJPEG撮って出しオンリー。
しちめんどうくさいことはやる気ナシのばあさんなので、これでいいと思っていましたが、講習を受けると、やはりRAWで撮って現像したほうがいいのかな?と思い始めました。

しかし、これをやると画像は重くなるし、枚数は撮れないし、PCに負荷がかかるし、画像のアップには時間がかかるしと・・・。
別にコンテストに出すわけでもないし、プリントするにしても最大でA4までだしね・・・。
私の撮る下手な写真程度では、そこまで手間暇かけてやるほどのものかとも思ったりしますが・・・。
まあ気が向いたとき、気合を入れて撮るときには、これからは「RAW」で撮ってみようかな?という程度ですかね。こんなのだからちっともカメラが上達しないんでしょうけど。

【追記】今日の記事は画像なしなのに、何故か「にほんブログ村」の新着画像に、下にある「ネームカード」の画像があがっていました(笑)!?
これはアップしてもらう必要がなかったんですが・・・。
by misty2011 | 2011-02-28 20:55 | その他