Out of focus ~Baseballフォトブログ~

<   2011年 09月 ( 35 )   > この月の画像一覧

ハマの番長・三浦投手に完敗 ヤクルト連勝止まる

阪神タイガースにすべて逆転勝ちで3タテして4連勝と勢いに乗る東京ヤクルトスワローズでしたが、
今夜はハマの番長の前に打線が沈黙。0-5と完敗でした。

先発の増渕竜義投手は、4回、松本選手の犠牲フライで1失点しましたが、6回4安打1失点。
まずまずのピッチングで試合を作りました。
こういうときに限って援護がありませんでした。

とにかく打線が、キレ、コントロールとも蘇った三浦大輔投手を打てませんでした。

ニッカンスコア スワローズ公式スコア

3回までは三浦投手にパーフェクトに抑えられますが、4回からは毎回のようにランナーは出ます。
しかし、三浦投手いわく「渾身のピッチング」で、特に4番畠山和洋選手が3度のチャンスに
サードゴロ、キャッチャーファールフライ×2と凡退し、全く仕事が出来ませんでした。

増渕投手のあとをつないだ先日プロ初勝利した日高投手は7回に1失点。
8回から3番手の一場靖弘投手は制球難の悪癖から失点。4番手・松井光介投手も打たれ、
この回決定的な3点を取られ勝負が決まりました。

9回最後は江尻投手に2者連続三振で締められ、三浦ー江尻投手に0-5で完封リレーを喫しました。

完敗なので、ある意味すっきりした負け方ですが、明日のたのにもう少し抵抗してほしかったですね。

幸い、今日は2位の中日ドラゴンズが阪神タイガースに敗れました。
昨日の敵は今日の友!?虎さん、ありがとうございます。明日もこの調子で宜しくです。
この際、他力本願で中日が負けることを祈りたいです。

ヤクルトはもちろん、ジャイアン赤川くんに明日の勝利を託します。
今日、打てなかったハタケ、明日は今日の分までしっかり挽回してください。
広島カープの栗原健太選手が今日も打点を挙げ、畠山選手の82打点に並びました。絶対負けるな!!

寂しいニュースとしては、ガイエル選手の引退に続き、石井弘寿投手、濱中治選手も引退することが決まりました。
残念ですね。
五十嵐亮太投手とともにロケットボーイズとして豪速球を投げていた石井投手の姿を思い出します。
濱中選手は、今シーズン開幕戦は3番レフトでスタメンだったんですよね・・・。
お疲れさまでした。ありがとうございます。
by misty2011 | 2011-09-30 22:16 | 東京ヤクルトスワローズ

川端慎吾選手&日高亮投手のお立ち台フォト@9/27神宮

遅くなりましたが、9月27日神宮球場、東京ヤクルトスワローズが8-4で勝った試合のヒーローインタビュー時の
写真をアップします。

試合編フォトは既にアップしている以下をご覧下さい。
試合編 その1  川端慎吾選手満塁弾編 試合編 その2

投打のヒーロー 生涯初の満塁ホームランなど5打点と活躍した川端慎吾選手23歳と
プロ初勝利を挙げた3年目日高亮投手21歳の若い2人のお立ち台
e0222575_21424173.jpg

ヒーローインタビューの内容は スワローズ公式サイトのこちらを参照してください。
e0222575_11273456.jpg

e0222575_12261998.jpg

2日後の29日も、逆転打を放ち、バレンティン選手と一緒にお立ち台に上がった川端選手
e0222575_1128417.jpg

嬉しそうな慎吾くん
e0222575_11282377.jpg

報道カメラマンがストロボを焚いた瞬間にパチリ さすがに明るく撮れました。
e0222575_1440173.jpg

e0222575_1442189.jpg

e0222575_11375937.jpg

プロ初勝利の日高亮くんは、赤川克紀投手と同期同学年で同じ左腕投手
ジャイアン赤川くんの活躍がいい刺激になっているでしょうね。
e0222575_11403522.jpg

つば九郎がマイク仕立てのお玉を差し出しています。
e0222575_2146182.jpg

それを今度は川端選手が持って 初お立ち台の日高投手の緊張感を和らげます。
e0222575_11414186.jpg

日高くんからプロ初白星をアシストした打のヒーロー・川端選手へ
「本当に感謝のひと言です、ありがとうございます」
e0222575_15204892.jpg

慎吾くんからプロ初勝利を挙げた日高投手へ
「これからもまだまだ頑張ってもらわないといけないので、よろしくお願いします」
e0222575_11432457.jpg
e0222575_11435081.jpg

e0222575_11481491.jpg

e0222575_21483331.jpg

帽子を取ると一段と男前の慎吾くん
e0222575_14512036.jpg

これも取材カメラマンのフラッシュで明るく撮れました。
可愛らしい日高亮くんとイケメン川端慎吾くんの絵になる2ショット お気に入りの1枚となりました。
試合前に、1塁内野の開いたネット越しに川端選手にサインをしてもらったんですが、
近くで見ると、ほんとにお肌ツルツルでキメが細かくて、バアサンは年甲斐もなく見とれていました(笑)。
e0222575_15295343.jpg

e0222575_12203693.jpg

ライトスタンドに出向いて勝利の挨拶 ファンと一緒に喜び合います。 
e0222575_21353632.jpg

「川端慎吾」応援タオルが急増中!
e0222575_21313072.jpg

by misty2011 | 2011-09-30 14:56 | 東京ヤクルトスワローズ

燕、3夜連続逆転勝ちで虎3タテ バレンティン先制3ラン、川端慎吾逆転打

神宮球場での阪神タイガースとの3連戦は2試合ともヤクルトが逆転勝ち。今日も勢いは止まりませんでした。

先発は東京ヤクルトスワローズが館山昌平投手、阪神タイガースは能見篤史投手。
投手戦が予想されましたが、初回からゲームが動きます。

ニッカンスコア スワローズ公式スコア

ヤクルトは能見投手の立ち上がりを攻め、青木宣親選手がヒットで出ると、田中浩康選手が送って、
2死後、畠山選手は四球で2死1、3塁。
ここで昨日のヒーロー・バレンティン選手が今日もレフトスタンドへ30号3ランホームランを放り込み幸先よく3点先制!


先発の館山投手は、血行障害をかかえながらも好投で、4回まで無失点に抑えます。
しかし5回、マートン選手にヒットを打たれると、金本選手に2ランホームランを浴び3-2と1点差になります。
6回には、平野、鳥谷、ブラゼル選手の3本のヒットで2点追加され3-4と逆転を許します。
(ブラゼル選手の打球はレフト前のアンラッキーヒット)

この間、攻撃のほうは2回以降、立ち直った能見投手の前にノーヒットに抑えられます。

8回も続投の館山投手は、2死から鳥谷選手に四球、新井選手にヒットを打たれたところで交代。
2番手・押本投手がブレゼル選手を打ち取り得点を許しません。

1点ビハインドの8回、先頭の代打・川島慶三選手が能見投手から四球を選んで出塁。際どいコースをよく見ました。
青木選手がヒットで続き、浩康選手が当たり前のように犠打を決め1死2、3塁。
逆転への流れが整いました。

ここで、今日は3打席ヒットナシ2三振だった川端慎吾選手が、能見投手から1塁線を破るタイムリー2塁打を放ち5-4と逆転!!
今日も頼れる3番慎吾くんが勝負どころで打ちました。

さらに畠山選手が2番手渡辺投手からライト前ヒットを放つと、このあとバレンンティン選手がきっちり犠牲フライを打ち6-4。
バレン様、いい仕事っぷりで4打点!
宮本慎也選手もタイムリー2塁打で続き7-4と3点差に広げます。
打線がよくつながり、一気に4点とって逆転に成功!

最後は林昌勇(イム・チャンヨン)投手が3人で締め、7-4で阪神に同一カード3連勝、
ヤクルトは中日戦最後から4連勝です。

この阪神3連戦は
1試合目が3-4から同点に追いつき、川端慎吾選手の劇的満塁弾で8-4と逆転勝ち
2試合目は2-3から6回にバレンティン選手の29号ホームラン他一挙6得点で8-5と逆転
3試合目も3-4から8回に川端選手の2点タイムリーなど4得点で7-4で逆転
効果的なホームランあり、逆転打が出るなど、すべて逆転勝ちで虎に3タテ喰らわせました。

投手陣は決して万全ではありません。
先発の村中、七條投手に続き、今日は久古健太郎投手が体調不良で抹消されました。
今日先発した館山投手も血行障害をかかえたまま、今出来る最善のピッチングで頑張ってくれています。
かなり無理をしてるんじゃないかと思われますが・・・。
中継ぎ投手陣も、連日の登板過多で疲労はピークのはず。

それでも勝っていけるのは嬉しいですね。
阪神に助けられた部分はありますが、負けていても野手陣がとにかく打って何とかしてくれます。
投手陣がへばってきた今、野手陣のつながる打線は本当に頼もしい!
ホームランもやっぱり効きますね。
これからもガンガン打って投手を援護してほしいと思います。

中日ドラゴンズは広島カープにこちらも3連勝。カープにひとつでも勝ってほしかったのに、
アテになりませんでした。残念。
あちらが負けない以上、ヤクルトだって負けられません。
とにかくこれからは一戦必勝で乗り切ってください。
by misty2011 | 2011-09-29 23:32 | 東京ヤクルトスワローズ

9/27神宮 試合編フォトレポその2

9月27日神宮球場 東京ヤクルトスワローズ対阪神タイガースの試合編フォトレポその2です。
試合編その1は こちら 川端慎吾選手満塁弾編は こちら

ニッカンスコア スワローズ公式スコア

6回、川端慎吾選手の満塁ホームランで8-4と勝ち越し、7回からは3番手で押本健彦投手が登板
2安打されてピンチを招きますが無失点で切り抜けます。
e0222575_8321382.jpg

マートン選手の左中間大飛球を好捕した飯原誉士選手 押本投手を救いました。
e0222575_8323114.jpg

ラッキー7の応援
e0222575_911147.jpg

8回は松岡健一投手が三者凡退(うち2奪三振)とナイスピッチング
e0222575_8325214.jpg

9回は林昌勇(イム・チャンヨン)投手が四球とヒットでランナーを背負いますが、得点は許しません。
e0222575_8464575.jpg

8-4でゲームセット
e0222575_9124223.jpg

川端選手のグランドスラムでちょっと影が薄くなりましたが、初回の畠山選手の2ランも価値ある一発でした。
e0222575_8474245.jpg

e0222575_848763.jpg

2番手で好リリーフ、プロ初勝利を飾った日高亮投手と先発した村中恭兵投手が対照的な表情でした。
翌日、村中投手は左肩の張りのため登録抹消されました。う・・・ん、ますます先発が足りませんね。
e0222575_8482327.jpg

整列してファンに勝利の挨拶 昇格した一場靖弘投手の姿が見えます。
e0222575_8484199.jpg

本日のスコアボード 4時間近い熱戦、慎吾くんの劇的満塁弾で大きな1勝を勝ち取りました。
球場を出たのは午後10時を過ぎていました。私が出かけた試合はけっこう長い試合が多いです。
e0222575_8573318.jpg

日高投手と川端選手のヒーローインタビューの写真は次回に
by misty2011 | 2011-09-29 09:50 | 東京ヤクルトスワローズ

9/27神宮 対阪神戦試合編フォトレポその1

川端慎吾選手の満塁弾を先にアップしましたが、続いて
9月27日神宮球場 東京ヤクルトスワローズ対阪神タイガースの試合編フォトレポその1です。
写真が多いので2回に分けます。

ニッカンスコア スワローズ公式スコア

先発はドラ1四兄弟の長男・村中恭兵投手 阪神戦は苦手で今季勝てません。
e0222575_11135952.jpg

初回にヒットと死球でランナーを出し、ブラゼル選手にタイムリーヒットを打たれ早くも先制を許します。
e0222575_11143294.jpg

阪神タイガースの先発はスタンリッジ投手
e0222575_11161856.jpg

追いかけるヤクルトは1回裏、青木宣親選手が四球で出ると、田中浩康選手がきっちり犠打を決め
e0222575_11145420.jpg

3番・川端慎吾選手がセンターオーバーのタイムリー2塁打でたちまち同点に!
e0222575_11151052.jpg

2塁上の慎吾くん
e0222575_11152796.jpg

e0222575_11154739.jpg

続く4番・畠山和洋選手がレフトへ22号2ランホームランを運び3-1と逆転
12球団一の格安コストパフォーマンス3番4番(年俸1800万と4100万)で今日も得点
e0222575_11174325.jpg

逆転してもらった村中投手でしたが、今日もピリッとしません。
e0222575_1118172.jpg

e0222575_16173725.jpg

3回にも四球、ヒットのあと、マートン選手に3ランホームランを浴び3-4と逆転されます。
e0222575_1118436.jpg

しかし、阪神ベンチが盛り上がったのはここまで
e0222575_11185723.jpg

ヤクルトは村中投手を4回であきらめ、5回からは日高亮投手に継投
5回のピンチを切り抜けると、6回は三者凡退に抑え得点を許しません。
e0222575_11194643.jpg

5回終了時「POWER OF UNITY 心をひとつに」の応援ボードが掲げられます。
e0222575_11241759.jpg

6回裏、ヤクルトは福原投手を攻め、先頭の宮本慎也選手がセンター前ヒットで出塁
e0222575_11243737.jpg

飯原選手がバントで送って、相川亮二捕手がレフト前ヒットで1死1、3塁とチャンス拡大
e0222575_11245964.jpg

ここで、代打・川島慶三選手がピッチャー強襲の内野安打を放ち4-4の同点に追いつきます。
e0222575_11253638.jpg

1塁ベンチに目をやり嬉しそうな慶三くん 今日は土橋コーチが1塁コーチに立っていました。
飯田コーチが3塁に回り、城石コーチは、腰痛の治療のため休養するそうです。
e0222575_11255934.jpg

阪神はルーキー榎田投手に交代
e0222575_11262381.jpg

青木宣親選手は右ひざにデッドボールを受け
e0222575_1126418.jpg

倒れこみ、しばらくうずくまっていましたが、そのまま1塁へ出ます。
e0222575_1127060.jpg

1死満塁から田中浩康選手はショートゴロで、鳥谷選手がバックホームしてホームはアウト
2死満塁となり、川端慎吾選手が4号満塁弾を放ち8-4と大きく勝ち越します!
満塁弾の様子は、先にアップした こちらの記事 をご覧下さい。
e0222575_11272313.jpg

慎吾コールに帽子をとって応えます。
e0222575_112979.jpg

続きは その2で 
by misty2011 | 2011-09-28 14:26 | 東京ヤクルトスワローズ

9/27歓喜の神宮から帰ってきました。川端慎吾、満塁弾!!日高プロ初勝利♪

帰宅して、写真をアップしている今も興奮冷めやらず!
今日9月27日から東京ヤクルトスワローズは神宮球場で苦手・阪神タイガースとの3連戦
その初戦、川端慎吾選手に満塁ホームランが飛び出し、もう神宮の1塁側、ライトスタンドは
これ以上ないほど狂喜乱舞の大盛り上がりでした。

慎吾くん、でかした~!!23歳の若者に神が降臨したかのように神々しく見えました。
グランドスラム、本当にありがとう。こんな試合、滅多に見られるものではありません。
生で観られて、最高に幸せです。

試合は初回から点の取り合いとなり、6回、3-4と1点ビハインドで代打・川島慶三選手がピッチャー強襲ヒットでまず同点。
そのあと2死満塁から3番・川端慎吾選手が燕ファンが待ち受けるライトスタンドへ第4号満塁ホームランを放り込み
8-4と勝ち越しました。

お立ち台は、もちろん殊勲の第4号満塁弾を放った川端慎吾選手 生涯初のグランドスラムだそうです。
そして、村中恭兵投手のあと2番手で5回から2イニングを無失点に抑え、
プロ初勝利を飾った日高亮投手(プロ3年目21歳) おめでとうございます♪

慎吾くん、メチャかっこよかったです。いい顔してるでしょう!
日高亮くんは、初のお立ち台で初々しいですね。若い力で虎退治!!
e0222575_1233631.jpg
e0222575_123498.jpg


ニッカンスコア スワローズ公式スコア

時間がかかるので、試合編フォトレポは後回しにして、とりあえず、川端慎吾選手が満塁ホームランを打ってからホームインするまでを
激写!?しましたので、それを順に並べてみます。
興奮しながら撮ったので、ピントを外したり、構図的にはメチャクチャですが、この際ご容赦ください。

打ちました~!打球はライトスタンドへ向かいます。
e0222575_8385446.jpg

大きい、大きいぞ~、イケ~!!入れ~、入った~~~!!!
e0222575_115111.jpg

1塁を回ってのガッツポーズはカメラが間に合わず撮れませんでした。
2塁から3塁へ笑顔で走る慎吾くん 手前は打たれた榎田投手
e0222575_1151738.jpg

今日は3塁コーチが飯田コーチでした。川端選手が飛び上ってハイタッチ
e0222575_115319.jpg

飯田コーチが満面の笑顔で祝福
e0222575_1154435.jpg

走者だった川島慶三、青木宣親、田中浩康選手に迎えられホームイン
e0222575_116737.jpg

慎吾くんがほんとに嬉しそう。
e0222575_1162838.jpg

次々にハイタッチ
e0222575_1164530.jpg

笑顔がはじけます。
e0222575_117415.jpg
e0222575_118032.jpg

慶三くんが慎吾くんをハグしています。
e0222575_1201136.jpg

1塁コーチの土橋コーチとハイタッチ
e0222575_1203219.jpg
e0222575_1205025.jpg
e0222575_121658.jpg
e0222575_121358.jpg
e0222575_1215843.jpg
e0222575_1221445.jpg

つばみちゃんからつば九郎人形を受け取り、ベンチに向かいます。
e0222575_1222959.jpg
e0222575_1224760.jpg

バレンティン選手とハイタッチ 写真が撮れたのはここまで 
あとは、私の席からはベンチの屋根に隠れてヘルメットしか見えませんでした。
e0222575_122589.jpg

取り急ぎアップしました。試合編は明日にでも

大好きな慎吾くんが、こんな大仕事をして、なんていい試合を観たんでしょう。
凄いですね、あっという間に頼れる3番になりましたね、凄すぎ!
イケメンで実力もドンドンつけてきて、これはますます人気に拍車がかかりそうですね。

今日は、試合前に1塁内野席のネット越しに、川端選手に初めてサインをしてもらったんです。
それだけで嬉しくて仕方なかったバアサンでしたが、もっと嬉しいことが起きて本当に幸せな一日でした。
by misty2011 | 2011-09-28 02:14 | 東京ヤクルトスワローズ

川端慎吾選手フォト@9/17神宮その2

前回の続きで、9月17日神宮球場 川端慎吾選手の試合前の写真です。

ウォームアップ集合前、ベンチで談笑する慎吾くん
e0222575_98476.jpg

カメラ目線?じゃなくて、たまたまこちらを向いただけ
e0222575_9974.jpg

川島慶三選手が、後ろから慎吾くんの首をくすぐっています。
e0222575_993695.jpg
e0222575_910876.jpg

アップ後、キャッチボール 
e0222575_9114931.jpg

照明点灯前で暗いです。
e0222575_912517.jpg
e0222575_9123129.jpg
e0222575_912513.jpg
e0222575_913898.jpg

試合直前、カメラ席の前で素振り
e0222575_9313754.jpg

この日は3塁側で観戦 席から撮ったので遠くて不鮮明ですが、きりっとした表情がいいですね。
e0222575_9315294.jpg

17日の試合編レポは こちら
by misty2011 | 2011-09-27 11:05 | 東京ヤクルトスワローズ

横浜・下園辰哉選手フォト@9/17神宮

今日は試合がないので、先日来更新している横浜ベイスターズの選手の写真をアップします。
昨日の中日戦で、プロ初完投勝利を挙げ、ヤクルトの窮地を救った赤川克紀投手、また、ダメ押しのタイムリーヒットを打った
青木宣親選手と同じ宮崎県出身のベイスターズ・下園辰哉選手のフォトです。

横浜は低迷していますが、私はセ・リーグではヤクルトの次に応援しているチームです。
その中で、下園選手はお気に入りの選手です。

あの3月11日、東日本大震災の起きた日、私はハマスタでヤクルトとのオープン戦を観戦していました。
当日の試合の様子は こちらと こちら

この試合で、下園選手はフェンスに激突して左脚すねを骨折。
開幕を直前に、下園選手にとっては地震と同時に忘れられない一日となりました。
担架で運び出される下園選手を見て、私は一日も早い復帰を祈っていました。
ようやく6月29日に1軍復帰して、中日戦で代打でホームランを放って今シーズンの下園選手の開幕となりました。
現在はレギュラーをがっちりつかんで、いい働きをしています。

9月17日神宮球場、試合前のバッティング練習中
e0222575_1461783.jpg

夕方の薄暗さで、せっかくのハマのイケメンがあまり綺麗に撮れませんでした。
e0222575_1474113.jpg
e0222575_1475580.jpg

野球選手の中には、雰囲気イケメンの選手は多いですが、下園選手は数少ない正統派イケメンだと私は思います。
e0222575_1482261.jpg

e0222575_14112954.jpg

e0222575_14184258.jpg

これからも活躍を期待しています。ヤクルトと次回対戦のときはお手柔らかに!
e0222575_1492022.jpg

by misty2011 | 2011-09-26 16:56 | セ・リーグ

竜を止めた!ジャイアン赤川、プロ初完投勝利でヤクルト連敗脱出

首位攻防となった尾張名古屋での4連戦。
2位中日に3連敗して1.5ゲーム差となった東京ヤクルトスワローズは、もう負けられません。
今日は今後を占う上でも非常に重要な一戦です。

先発は中日ドラゴンズがチェン投手、ヤクルトスワローズは3年目の赤川克紀(かつき)投手で試合開始。

ヤクルトは立ち上がりのチェン投手を攻め、先頭の青木宣親選手がヒットで出塁、犠打で2塁へ進むと、
3番・川端選手はピッチャーゴロでしたが、青木選手が、相手挟殺プレーのミスの間に3塁まで進みます。
畠山選手は歩き、2死後、宮本慎也選手がチェン投手の初球を狙い撃ち、ライト線へのタイムリー2塁打で2点先制!
なおも、7番・飯原誉士選手が3塁線を破るタイムリー2塁打で2点追加して4-0とします。
鮮やかな先制攻撃でした。
いつもなら2点で終わるところを4点取れたのがデカかったですね。

飯原選手は昨日のサヨナラ送球にもかかわらず、今日もスタメン起用してくれた小川監督の期待に
タイムリーヒットで応えました。ヤスシ~、よく打った!

ニッカンスコア スワローズ公式スコア

連敗ストップを託された赤川投手は、初回から落ち着いたピッチングで、制球もよくテンポのいい投球で
中日打線を何と4回までひとりのランナーも出さないパーフェクトピッチング!
負けられないプレッシャーを全く感じさせない堂々としたマウンドさばきで、中日打線の前に立ちはだかりました。

5回に四球、6回には初ヒットを許しますが、動じることなく得点は与えません。

追加点がほしいヤクルトは6回、先頭の宮本選手が2塁打、相川選手もヒットで続き、1死1、3塁から
赤川投手が送りバントを決め、2死2、3塁。
ここで青木選手がチェン投手の初球をセンター前に運び、ダメ押しともなる6点目が入ります。

赤川投手は8回にもヒットを打たれますが、併殺打で切り抜けるなど、ここも無失点に抑え、
いよいよ初完投、初完封に向け最終回のマウンドへ。

しかし、2死2塁から絶好調・谷繁選手にセンター前にタイムリーヒットを打たれ、惜しくも完封は逸しましたが、
自己最多の131球を投げ、5安打3奪三振3四球1失点と好投し、プロ初完投で5勝目を挙げました。
あっぱれ~ジャイアン!
高卒「ドラ1」四兄弟の末っ子が、大一番でナイスピッチング!
孝行息子の出現で、チームは連敗脱出!ドラゴンズとのゲーム差も2.5に戻しました。

今日勝つのと負けるのではヤクルトにとって天と地ほどの差がありました。
よくぞジャイアン、仁王立ちで昇り竜を抑えてくれました。ほんとにありがとう♪

これで赤川投手は9月は負け無しの4連勝。通算防御率も1.83と抜群の安定感!
ばあさんは、何も言うことがありません。

よく優勝するチームにはラッキーボーイが出てくると言いますが、まさに赤川君がそうかもしれませんね。
チームの危機を振り払う救世主の出現で、これからの戦いにもうんと明るい兆しが見えてきます。
週明けを気分よく迎えられるのは、本当に気持ちがいいものですね。

今日のピッチングを見ていると、「ドラ1」長男の村中恭兵投手より、案外早く四男・赤川くんが
将来の左のエースになるのではないかと、そう思わせるほどの堂々たる投げっぷりでした。

コントロールが思いのほか良いのと、メンタル面でもビビりや逃げる感じがなくて、強いものを感じました。
いい意味でKYなところが頼もしい(笑)!
いや~、ジャイアン赤川くん、これは名前どおり大物ですよ!
ちょっと褒めすぎかもしれませんが、今日はそのくらい褒めてもいいでしょう。

まだ怖いもの知らずのところはあると思いますが、これからますます大きく羽ばたいていってほしいですね。
またひとり、楽しみな若手ピッチャーが育ってきました。燕の未来は明るいこと間違いないです。
由規投手も早く復帰して、ポストシーズンに向け4兄弟が揃うといいですね。
by misty2011 | 2011-09-25 20:46 | 東京ヤクルトスワローズ

畠山2ランも谷繁にサヨナラ打・・・燕4連敗で竜と1.5差

ナゴヤドームの首位決戦、中日ドラゴンズとの4連戦は、初戦を館山昌平投手で落とし、
2戦目は石川雅規投手で敗れ、東京ヤクルトスワローズは痛い2連敗。
負けるわけにはいかない3戦目は、増渕竜義投手に託します。

初回に中日先発のソト投手から、2死ランナー無しで3番・川端慎吾選手がヒットで1塁に出塁
そのあと4番・畠山和洋選手がレフトスタンドに21号2ランホームランを放り込み幸先よく先制!
連勝中の定番の得点パターンが今日は再現されました。ヨシ、行ける!

畠山選手のホームランはセ・リーグ通算4万5000本塁打となるメモリアルアーチでした。
今日こそ燕がいい流れに乗ると期待しましたが・・・。

試合経過は ニッカンスコア スワローズ公式スコア

しかし2回裏、増渕投手は2四球後、大島選手にライト前に落ちるアンラッキーなタイムリーヒットを打たれ2-1となります。
その後の増渕投手は制球が安定し、3回から5回を無失点に抑える好投。
6回に入り、再び2四球でランナーを出し、2番手久古投手に交代。このピンチは2塁ランナーを牽制アウトにとり切り抜けます。

7回、ヤクルトはチャンスの場面で、左ピッチャーソト投手に対し、代打ホワイトセル選手が登場。あれれ??
と、この辺から今日は采配に微妙なズレというか勝負勘の狂いが生じたように思います。

正直、ホワイトセル選手が変則的なサウスポーのソト投手を打てるようなイメージは私は湧きませんでした。
おそらく空振り三振では?と思ったら、案の上、結果はそうでした。
確かに、他にいい代打の切り札はいませんが、でもホワイトセル選手が打てるとは思えませんでした。

その裏、2-1の1点リードで3番手は松井光介投手に継投。う・・・ん、これもちょっと意外でした。
荷が重過ぎましたね・・・。
前の回、代打で登場し、走者が牽制アウトでチェンジになったため、平田良介選手が先頭バッターで打席に。
1ボールからの2球目を何とレフトスタンドに放り込み2-2の同点に追いつかれます。メチャクチャ痛い一発でした。

このあとも日高亮投手につなぎますが、左バッターに四球を出し役目を果たせず、ここで松岡健一投手を投入。
結果論ではありますが、こうなるのなら、最初からマツケンでよかったのに・・・・。

そもそも、私は中日打線が打ちあぐねていた増渕投手は、確かにピンチを招きましたが、
6回最後まで投げさせすべきだと思っていました。
継投が早くなった分、少しずつ狂いが生じたように感じます。

8回、ヤクルトは三瀬投手の前に三者凡退。流れがドンドン悪くなります。

8回裏も松岡投手が続投で、ランナーを出しピンチを招きますが、
最後は英智選手に粘られながらも1塁ファールフライに打ち取りました。
なんだかテレビを見ているだけも肩が懲りました。マツケンお疲れさま。

9回表は、前日は不調だった浅尾拓也投手が登板。今日は4番からの三人があっさり10球で凡退しました。
さらに流れが中日に傾きます。

そして9回裏、林昌勇(イム・チャンヨン)投手が登板。
この際、引き分けで終わればヨシとしたかったんですが、いきなり先頭の荒木選手にヒットを打たれ
犠打で2塁へ進まれます。
最後は当たっている谷繁捕手にしぶとく前進守備のレフト前に運ばれ、バックホームも届かず
サヨナラ~~となってしまいました。

飯原選手、あんな前進守備で、しかも判断が悪く捕れなくて、ホームへ生還を許してしまうのは、
キツイ言い方ですが、情けない・・・。
勝負をかけて突っ込んでダイレクトキャッチを試みるか、捕れなくても、
もっと落ち着いて返球するとかしてほしかったなあ・・・ヤスシ~!

毎試合のように露呈されるヤクルト外野手の弱肩、それる送球・・・。中日サードコーチは迷うことなく手を回します。
前の試合の青木選手、武内選手もそうでした。

この際、一言多いですが、青木選手はよくあれで毎年ゴールデングラブ賞に選ばれるもんだと、
守備には小うるさい私には疑問です。宣親くんのファンの方、すみません。
選ぶ記者がろくに試合を見てないんでしょうね。じゃあ誰か他には?と言ってもいないんですよね。
一昔前とは違って肩のいい外野手が減ってしまったというものありますが・・・。

この際、飯田コーチに守備がために入ってもらいたいような心境です。
引退していても今の外野手よりは状況判断が出来るでしょう。

さすがに今日は1度だけバレンティン選手の前に行った打球は3塁コーチがランナーを止めていました。

これで中日には3連敗、ついにゲーム差は1.5まで肉薄されました。
負けたものは仕方ありません。明日は同一カード4連敗だけは絶対に阻止してほしいと祈るような気持ちです。
ジャイアン赤川くん、お願いします!
野手は、打つべき人がもっと打たないと!
明日勝てば何とかなるでしょう。このままズルズル行かないようにね。
阪神も息を吹き返してきています。

開き直って強い気持ちで戦ってください!
あくまでも挑戦者という気持ちでぶつかっていってほしいです。

あ・・・、結局ばあさんの愚痴オンパレードになって申しわけありません。
by misty2011 | 2011-09-24 21:04 | 東京ヤクルトスワローズ