Out of focus ~Baseballフォトブログ~

<   2011年 10月 ( 49 )   > この月の画像一覧

CS2戦目観戦 勝てない石川、打たれるイム投手 でもやっぱり打線が…

クライマックスシリーズファーストステージ第2戦目も神宮球場に行ってきました。
あいにくパラパラ小雨が降りましたが、試合には特に支障はありませんでした。

東京ヤクルトスワローズが石川雅規投手、読売ジャイアンツは内海哲也投手の両左腕の先発となりました。

好投していた石川投手でしたが、4回に阿部慎之助捕手にソロホームランを浴び先制されます。
5回には、内海投手のセーフティースクイズが決まり2点目を献上。

その裏、ヤクルトは、2死3塁で代打・川本良平捕手のセンター前ヒットで1点かえし1-2とします。

1点ビハインドの9回には林昌勇(イム・チャンヨン)投手が代打・高橋由伸選手に
走者一掃のタイムリー2塁打を浴びるなどして4失点。
1-6と点差が広がります。

最後は代打・ホワイトセル選手のタイムリーで1点奪いますが、2-6で2戦目は敗れ、
ファイナルステージ進出は第3戦へ持ち越されました。

e0222575_1345437.jpg


試合経過は ニッカンスコア スワローズ公式スコア

先発したヤクルトの石川雅規投手
e0222575_1352162.jpg

巨人は最多勝のタイトルをとった内海哲也投手が先発
e0222575_1353027.jpg

石川投手は上々の立ち上がりで、4回2死までわずか1安打5奪三振と好投していました。
e0222575_1385040.jpg

しかし、4回2死から阿部慎之助捕手にソロホームランを打たれ1点先制されます。
e0222575_137302.jpg
e0222575_1374762.jpg

e0222575_140511.jpg

渋い表情で石川投手と並んでベンチに戻る相川亮二捕手
e0222575_138176.jpg


打線のほうは、3回に相川選手がショート内野安打で1塁へヘッドスライディングを見せ、チーム初ヒット
その後、石川投手の送りバントで2塁まで進みますが得点には至りません。
e0222575_156984.jpg

4回には四球で出た畠山選手を置いて、宮本慎也選手がセンターへ大飛球を運びますが、もうひと伸び足りませんでした。
e0222575_1403694.jpg

悔しそうな表情で引きあげてきます。
e0222575_1404968.jpg

5回、石川投手は谷選手に2塁打、古城選手に内野安打を打たれ1死1、3塁のピンチ
ここで内海投手がセーフティスクイズを決め、巨人が2点目を奪います。
絶妙の上手いスクイズだったので、決めた内海投手を褒めるべきですが、もう少しバッテリーが警戒すべきでしたね。
e0222575_1411864.jpg

坂本勇人選手を打席に迎え、ここでついに交代
e0222575_1413233.jpg

2番手押本健彦投手がライトフライに打ち取ります。
e0222575_1415315.jpg

イニング間にはつば九郎が盛り上げます。
e0222575_1434729.jpg

4回まで内海投手に0点に抑えられます。
e0222575_1442718.jpg

5回裏、先頭のバレンティン選手が四球で歩き、
森岡選手は犠打を決め2塁へ進むと、相川選手のショートゴロの間に3塁へ
代打・川本良平選手がセンター前にはじき返し、ようやく内海投手から1点とります。
e0222575_1445288.jpg

タイムリーヒットを打った川本良平選手
e0222575_1451641.jpg

6回7回はCSでは中継ぎに回った増渕竜義投手が好投して0点に抑えます。
e0222575_2333746.jpg

ラッキー7には今日も満開の傘の花
e0222575_144471.jpg

7回裏から巨人は東野峻投手に継投 四球でランナーを出し
e0222575_1454129.jpg

藤本敦士選手を代打に送りますが、巨人は左の山口鉄也投手に交代
e0222575_1493448.jpg

すると、ヤクルトは代打の代打 野口祥順選手を起用も三振に倒れます。
スタンドはがっかりのため息でした・・・。
左でも、当たっているノリノリの藤本選手をそのまま打席に立たせたほうが、まだヒットの可能性があったような?
e0222575_14911.jpg

8回からは松岡健一投手に継投 
先頭に四球を出しピンチを招き、野手がマウンドに集まります。
しかし最後は長野選手を空振り三振に斬ってとりました。
e0222575_150527.jpg

8回には、青木宣親選手にCSファーストステージ初ヒット。ただ、バッティングの状態は悪いまま
e0222575_1502313.jpg

畠山和洋選手にも初ヒットでチャンスを作りますが、
e0222575_1503938.jpg

久保裕也投手の前に、宮本選手がショートゴロに倒れ得点なりません。
e0222575_250925.jpg

1点ビハインドで9回は林昌勇(イム・チャンヨン)投手を投入も
e0222575_1512294.jpg

阿部捕手にヒット 鈴木選手にも打たれ、古城選手には四球で2死満塁のピンチ
e0222575_1514193.jpg

代打・高橋由伸選手に走者一掃のタイムリー2塁打を浴び1-5となります。
e0222575_1515383.jpg

痛すぎる追加点を与え、不調のイム投手は降板
e0222575_152131.jpg

松井光介投手に継投も1点追加され、この回4失点で1-6
e0222575_152263.jpg

9回裏、1死後、久保投手のアクシデントで西村健太朗投手に交代
e0222575_1533511.jpg

森岡良介選手が2塁打
e0222575_1535042.jpg

代打・ホワイトセル選手もタイムリー2塁打で1点かえしますが、2-6でゲームセット
e0222575_154161.jpg


ヤクルトは今日勝って一気にファイナルステージ進出を決めたかったですが、石川投手で勝てず、
また守護神が乱調の誤算で後味の悪い負け方となりました。

打線は一応7安打打ってはいるんですが、チャンスにあと1本が出ません。
だからこそ、チャンスに打てる期待が持てるフジモンにはそのまま打席にたたせてほしかったですね。

青木選手とハタケに初ヒットが出たのがせめてもの明るい材料。
特に畠山選手の6回のライトへの飛球は、谷選手の好守に阻まれました。
ヒットになってもおかしくない打球でした。

泣いても笑っても3戦目で決まります。
赤川投手が先発だと思われますが、早めの援護でラクに投げられる展開になるといいですね。
クリーンナップに是非打点が欲しいところです。
1番上田選手も何とか塁に出てほしいです。

3戦目も神宮参戦です。3試合続くと、また帰宅がいつも遅くなるので、さすがに疲れていますが、頑張って応援に出かけます。

今シーズン最後の試合とならないよう、全力で勝ちにいってください。
打ってスカッと決めたいですね。


この日は3連戦の中でも一番いい席でした。おそらく普段は年間シートになっている席だと思います。
抽選でこんな良席が当たるとはラッキーと思ってたんですが、前にデカイ男の人が2人座っていて
あいにく視界不良でした。
写真はその男の人たちの隙間から、けっこう苦労して撮りました。明日はどうでしょう?
by misty2011 | 2011-10-31 03:14 | 東京ヤクルトスワローズ

神宮CS一戦目観戦フォトその2 初戦をとってファイナルへ王手

引き続き10月29日神宮 クライマックスファーストステージ一戦目のフォトレポその2です。
5回に代打・藤本敦士選手の起用がズバリ当たり同点に追いつき、スタンドの燕ファンは俄然盛り上がります。
押せ押せムードで試合は中盤から後半へ その1は こちら をご覧下さい。

試合経過は ニッカンスコア スワローズ公式スコア

館山投手に代打を出したので、6回からは本来は先発の村中恭兵投手が2番手でリリーフ登板。
巨人に強いだけに、スタンドからは大歓声が沸きました。

今日はよく腕が振れていました。
e0222575_920093.jpg

ストレートが走り、フォークとのコンビネーションで、原点に戻ったいい時の村中投手のピッチングが出来ました。
e0222575_9192711.jpg

6回、先頭の小笠原選手にはセンター前ヒットを打たれますが
e0222575_9203926.jpg

落ち着いて後続の高橋由伸選手を空振り三振、古城選手も抑え、澤村投手の代打・矢野選手もセカンドフライに仕留めます。
澤村投手を引っ込めたので、私は内心ニヤリとしました。
e0222575_921063.jpg

6回裏からは巨人も継投に入り、高木投手が2番手で投げます。
e0222575_9211733.jpg

1死後、田中浩康選手がヘッドスライディングを見せ内野安打で出塁
e0222575_9213218.jpg

3番・青木宣親選手は1塁・小笠原選手のエラーで1塁セーフとなり1死1、2塁とチャンスが広がります。
e0222575_9214370.jpg

ここで、巨人は3番手で西村健太朗投手を投入も、畠山選手は四球で1死満塁となります。
e0222575_9254792.jpg

5番宮本慎也選手が低めの難しい球を上手く救い上げて、きっちりセンターへ犠牲フライを運び
2-1と勝ち越しに成功!技ありの犠牲フライでした。
もうこの辺からは、内野席も大興奮で、前の人の頭や応援メガホン・スチックなど写真にはその影が入っています。
e0222575_9252352.jpg

続いて、バレンティン選手がセカンド後方へ落ちるタイムリーヒットを放ち3-1とリードを広げます。
e0222575_9261222.jpg

嬉しそうなバレンティン選手
e0222575_92631100.jpg

守備につき、勝ち越し犠飛の宮本コールに帽子をとって応えます。
e0222575_9265287.jpg

7回のラッキー7の東京音頭 これだけの数の傘振り振りは壮観で感動もんでした。
寒さも吹き飛ぶツバメファンのエネルギーは素晴らしい!
e0222575_9275293.jpg

8回、巨人は東野峻投手が登板
e0222575_9281464.jpg

2点リードで、いよいよ最終回も村中投手が続投
e0222575_9271849.jpg
e0222575_9273513.jpg

2死後、代打・大村サブロー選手に一発を浴び3-2となります。
e0222575_9282892.jpg

ここで守護神・林昌勇(イム・チャンヨン)投手に交代
ベンチに戻る村中投手には「ムラチュー、えらい!凄い、ありがとう」など、
ひときわ大きな声援と拍手が送られました。
e0222575_9284513.jpg

最後はイム投手が坂本選手を1球でセカンドフライに打ち取りゲームセット
e0222575_929781.jpg

ヤクルトらしいコツコツつないだ逆転勝利で、ファーストステージ初戦を見事勝利で飾りました。
ハイタッチの選手に笑みがこぼれます
e0222575_9292078.jpg

チームの窮地を救うラッキーボーイ的な存在となった藤本敦士選手 先発の館山投手が笑顔です。
e0222575_9293311.jpg

ヒーローインタビューが始まります。
e0222575_9295779.jpg

下馬評不利からチーム一丸の勝利で初戦をもぎ取ったヤクルトスワローズ
中でもプロ初となる救援で6回から投げ、巨人キラー振りを発揮して好投した村中恭兵投手
そして頼れるチームリーダー宮本慎也選手
e0222575_9301238.jpg

気合を込めたピッチングで勝利に導いた村中投 勝ったことで自信がまた取り戻せましたね。
e0222575_9364628.jpg

e0222575_937879.jpg

いつもマウンドでは投手を励まし、自らは打撃でも守備でもチームを牽引するプロ中のプロ宮本慎也選手
集中力が凄いです!
e0222575_9372599.jpg

e0222575_9374739.jpg
e0222575_938571.jpg

取材カメラのフラッシュを浴びてポーズをとる村中恭兵投手&宮本慎也選手
e0222575_9382051.jpg

ライトスタンドへ勝利の挨拶 両手をあげてファンの声援に応えます。
e0222575_9383271.jpg

逆転勝ちのスコア CSファイナルステージにあと1勝! 連勝して今日決めましょう!!
e0222575_938439.jpg


各選手がそれぞれ自分の力を出していい働きをしてくれました。
小川監督のクライマックス短期決戦における采配は、勝負どころをきっちりおさえた見事な選手起用でした。
ヤクルトが代打&継投がズバリ当たったのに対し、巨人は好投の澤村投手に代打を出して得点できず、
明暗くっきり分かれました。
6回の相手ミスに乗じた得点も鮮やかでした。

先手必勝で初戦の勝ちは大きいです。この勢いで今日も勝ってくれることを願っています。
3戦目のチケットは持っているですが、是非是非2戦目で決めてください!今日も参戦します。
帰りの歩道も地下鉄外苑前の混雑も凄かったです。帰宅したのは日付が変わるちょっと前でした。

記事を書きあげる前に、間違って送信してひとつ前の記事は削除しました。ご迷惑をかけすみません。
by misty2011 | 2011-10-30 13:15 | 東京ヤクルトスワローズ

神宮CS一戦目観戦フォト1 救援村中投手好投 ヤクルト逆転勝ち

観衆32339人と超満員になった神宮クライマックスシリーズ・ファーストステージの一戦目に行ってきました。
こんな満員になったのを見るのは、私は古田敦也捕手の引退試合以来です。
肌寒いナイターでしたが、神宮初開催のCSファーストステージは熱気で溢れていました。

東京ヤクルトスワローズは館山昌平投手、読売ジャイアンツは澤村拓一投手の先発で試合開始。
館山投手は4回に高橋由伸選手にタイムリーヒットを打たれ1点先制されますが、
ピンチの連続も粘りのピッチングで1失点にとどめます。

2番手で6回からロングリリーフをした村中恭兵投手が、今日はGキラーぶりを大舞台で発揮!
打っては藤本敦士選手が今日も殊勲の一打!
5回に代打で登場すると、好投の澤村拓一投手からセンター前タイムリーヒットを放ち1-1の同点に追いつきます。
6回には1死満塁から、宮本慎也選手がセンターへ犠牲フライを運び勝ち越しに成功すると、
バレンティン選手のセカンド後方へのヒットで3-1とします。

9回まで投げた村中投手は、代打・大村三郎選手にソロホームランを浴びますが、
最後は林昌勇(イムチャンヨン)投手が締め、3-2で大事なCSファーストステージの初戦をとりました。

お立ち台は、プロ初救援で好投し、勝ち投手になった村中恭兵投手と、決勝点となる犠牲フライを打った宮本慎也選手でした。
e0222575_239671.jpg


試合経過は ニッカンスコア スワローズ公式スコア

CSファーストステージ初戦の先発は石川雅規投手ではなく館山昌平投手でした。スタメンオーダー
e0222575_334579.jpg

初回、館山投手は2死から
e0222575_335935.jpg

セ・リーグ首位打者の長野久義選手にセンター前ヒットを打たれ、
e0222575_341216.jpg

阿部慎之助捕手には四球でピンチを招くと、早速サード・宮本選手がマウンドに行き声をかけます。
ラミレス選手を打ち取り得点を許しません。
e0222575_342589.jpg

巨人の先発はルーキーの澤村拓一投手でした。
ヤクルト打線は3回まで1安打4三振に抑えられ得点できません。
e0222575_344874.jpg

一発のある巨人打線に対し、細心の注意を払って投げる館山投手
e0222575_351177.jpg
e0222575_353834.jpg

4回1死後、ラミレス選手に内野安打、小笠原選手のライト前ヒットでラミちゃんが好走塁で3塁まで進みます。
e0222575_355246.jpg

ライト前ヒットの小笠原道大選手 
e0222575_361821.jpg

続く高橋由伸選手に初球を狙い打たれ、ライトへのタイムリーヒットとなります。
しまった・・・と、打球の行方を見る館山投手
e0222575_364023.jpg

先制点をたたき出した高橋由伸選手
e0222575_365863.jpg

荒木コーチがマウンドに来て内野手も集まります。
e0222575_372226.jpg

なおもピンチに、粘られた古城選手を見逃し三振に斬ってとり、雄叫びをあげる館山投手
続く澤村投手も打ち取り、1点でピンチを切り抜けます。
e0222575_37425.jpg

5回には先頭・坂本勇人選手に2塁打を浴びますが、寺内選手は送りバント失敗、
長野選手は空振り三振で、阿部捕手は四球もラミレス選手を打ち取り得点を許しません。
e0222575_3393476.jpg

するとその裏、2死から森岡良介選手が澤村投手から2打席連続のヒットで出塁!
川端選手の代役ながら、好調な打撃が光ります。
e0222575_3342963.jpg

続く相川亮二捕手もセンター前ヒットで2死1、2塁とチャンスが広がります。
e0222575_3344670.jpg

次の館山投手の打席で藤本敦士選手が代打で登場!
レギュラーシーズン最終戦でノーヒットに抑えられていたマエケンからチーム初ヒットを打った場面がよぎりました。
今日も何か打ってくれそうな予感が・・・。
やってくれました~フジモン!センター前に殊勲のタイムリーヒットを放ち、1-1の同点に追いつきます。
下位打線が2死からの3連打で澤村投手から1点を奪いました。
e0222575_335436.jpg

1枚追加
e0222575_9381496.jpg

藤本選手の同点打に、神宮を埋め尽くした燕ファンの傘が揺れます。
e0222575_3354145.jpg

5回終了時、「POWER OF UNITY 心をひとつに」のボードが掲げられました。
e0222575_33613.jpg

6回からはその2に続きます。こちら
by misty2011 | 2011-10-30 04:11 | 東京ヤクルトスワローズ

CS突破は打線の奮起あるのみ!青木はポスティング??

今日から神宮球場ではセ・リーグのクライマックスシリーズ・ファーストステージが始まります。
神宮開催は初のことです。

先発投手の順番はちょっと微妙ですが、東京ヤクルトスワローズは石川雅規投手が1戦目、
館山昌平投手が2戦目に先発すると思われます。
一方、読売ジャイアンツは、内海哲也、澤村拓一投手が、こちらも順番はわかりませんが、先発するでしょう。

ヤクルトは終盤戦、打線が低調のままCSファーストステージを迎えます。
投手陣はそこそこ投げてくれると思うので、あとは打線がどう打つかにかかっています。

最終戦は奇跡的な逆転サヨナラでしたが、打線はわずか3安打1得点・・・。
点をとられなくても、点をとらないと勝てません!打線の奮起を願うのみです。
打線のキーマンを最終戦試合前の写真より

青木宣親選手 レギュラーシーズンはついに打率3割を割りました。
今季は好調な期間がわずかで、体調が良くなかった面もありますが、バッティングが崩れたまま修正できませんでした。
不振に終わったシーズン中の悔しさを、是非CSでは爆発させてもらいたいものです。
28日、女の子が誕生し、お父さんになりました。おめでとうございます。
ご家族のためにも、パパになった最初の試合で活躍を見せたいでしょうね。

今朝の日刊スポーツには、今オフにポスティングシステム(入札制度)を利用して大リーグに移籍する可能性が高いとの記事が
日刊スポーツ ヤクルト青木、今オフ入札でメジャーへ
他紙には載ってないので、どうなんでししょう??

今年の打撃成績で、また守備も・・・って感じなので、メジャーから入札があるかどうかわかりませんが、
球団も交渉の席につくようなので実現するかもしれませんね!?
出ていかれるのはチームにとって痛いですが、まあこれも本人の野球人生ですから・・・。
もちろん残って欲しいですが、私は青木選手に特別な思い入れはないので、いたって冷静です。

25日神宮 ウォームアップ前集合時の青木宣親選手
e0222575_95209.jpg

最近は4番としての働きが出来ていません。ハタケが打たないことには得点できません。
e0222575_942658.jpg

仲良しつば九郎とじゃれ合う畠山和洋選手 活躍してこんな笑顔を見たいものです。
e0222575_944220.jpg

ヤクルトのユニフォーム姿は最後になるかも!?ホワイトセル選手
期待出来るのかできないのかほんと難しいバッターですね。甘い球をどうかしとめて下さい。
e0222575_954947.jpg

もう何も言うことはありません。
11月5日に41歳となる宮本慎也選手 打率.302とセ・リーグ堂々の3位。今季大活躍でチームを引っ張りました。
41歳シーズンで打率3割を超えは史上4人目の快挙。もちろん今季チーム最高打率です。
また、守備率.997(失策1)も三塁手のプロ野球記録となりました。おめでとうございます。
40過ぎのおっさんに頼ってばかりはいられませんが、メンタル面、攻守ともやっぱり頼りになるチームリーダーです!
場合によっては、CSではショートを守るかもしれません!?
e0222575_962237.jpg

CS突破して小川監督の明るい笑顔を見たいと願っています。
後ろにいるバレンティン選手、多くは望みませんが、出会いがしらでも何でもいいので一発お願いします。
e0222575_963344.jpg

今日明日明後日と3連戦神宮に行ってきます。
by misty2011 | 2011-10-29 11:02 | 東京ヤクルトスワローズ

藤本敦士選手フォト@10/25神宮

今回はヤクルトスワローズ最終戦で、前田健太投手のノーヒットノーランを阻止する
チーム初ヒット(しかも2塁打)を放った藤本敦士選手の写真です。

9回1死まで出したランナーはフォアボールの2人のみ。
マエケンから1本のヒットも打てず、あと2人でノーノーされてしまう寸前での一打でした。
あっぱれフジモンというしかありません。
勝敗以前に、もうヒットを打ってくれたこと自体が嬉しくて、飛び上って喜んだものです。

10月25日神宮 東京ヤクルトスワローズ最終戦 試合前の藤本あっちゃんです。
e0222575_21531838.jpg

ウォームアップ待機中 いつもはもっと陽気な感じでですが、この日はもの静かでした。
e0222575_21534051.jpg
e0222575_215439.jpg
e0222575_21541841.jpg

藤本選手にベテランという言葉はあまり似合わないんですが、もう34歳になりました。
うちの息子と同い年です。
いつまでも若いってイメージでしたが、髪の毛には白いものが見えます。苦労してるんですね。
e0222575_21543988.jpg

燕の遊撃手は川島慶三くん、川端慎吾くんが戦線離脱。
クライマックスでは、藤本選手の出番が必ずあると思います。
最終戦で見せた勝負強いバッティングを再びお願いします!
by misty2011 | 2011-10-29 08:57 | 東京ヤクルトスワローズ

川本良平捕手フォト@10/25神宮

お帰りなさ~い、コアラちゃん!

9月2日神宮での対巨人戦、7回、2塁へのスライディングで足を負傷し、右足首のじん帯を断裂した川本良平捕手が
144試合目の最終戦にスタメンマスクで戻ってきました。

一時は今シーズンは絶望かと思いましたが、思ったより早く復帰できて何よりです。
いや~嬉しいですね。クライマックスに間に合ってよかったです。

何度も書いていますが、やはり相川亮二捕手とリード面でタイプの違う川本捕手の存在は大きいと思います。
私はもう少し第2捕手・川本良平捕手の出番を増やしてほしいと思っている一人です。
復帰して一番喜んでいるのは村中恭兵投手だったりして!?

10月25日石井弘寿投手の引退試合では先発マスクを被り、5回まで好リードで広島カープを0点に抑えました。

ウォームアップ前のベンチの中で 元々、色黒ですが、戸田でさらにこんがり焼けていました。
e0222575_1811319.jpg
e0222575_1812482.jpg

試合直前のキャッチボール 
e0222575_1813943.jpg

設定を間違えてブレブレですが
e0222575_181536.jpg

神宮のナイターは、引き続き照明を落として節電しています。
暗めなので指にはテープを巻いて、投手がサインを見やすくしています。
e0222575_182714.jpg

ダッグアウト前で
e0222575_18220100.jpg

笑顔がかわいいコアラちゃん CSで出番があれば、強気のリードでG打線・竜打線を黙らしてください!
e0222575_1823258.jpg

by misty2011 | 2011-10-28 18:47 | 東京ヤクルトスワローズ

最終戦フォトレポ、9回1死ノーヒットから逆襲サヨナラ勝ち!

10月25日引退試合となった石井弘寿投手の最後のマウンドそして引退セレモニーなどを先にアップしましたが、
遅ればせながら、今回は試合編のフォトレポです。
e0222575_20192173.jpg

始球式は石井弘寿投手のご長男・悠太くん(4年生)が投げました。
e0222575_20203050.jpg


試合経過は ニッカンスコア スワローズ公式スコア

先発は東京ヤクルトスワローズが赤川克紀投手、広島カープは前田健太投手の先発で、
両チームにとって144試合目となるセ・リーグペナント最終戦が始まりました。

先発した赤川克紀投手 捕手は捻挫から復帰した川本良平捕手でした。CSに間に合ってよかったです。
e0222575_2023294.jpg

カープ先発の前田健太投手が、燕打線の前に仁王立ち!?
e0222575_20312631.jpg

赤川投手は初回、先頭の東出選手にいきなりヒットを打たれますが後続を抑えます。
e0222575_20242367.jpg

2回も2四球で走者を出しますが得点は許しませんでした。
e0222575_20243663.jpg

既に奪三振王のタイトルを確定しているマエケンは、初回に先頭青木選手に四球を与えますが、
その後は5回まで一人のランナーも出さず、ヤクルト打線は完璧に抑え込まれます。
e0222575_20253019.jpg


レフトスタンドのカープ応援席では、こんなボードが掲げられていました。
野村謙二郎監督への抗議でしょうか!?ちょっと不穏な空気も!?
昨年も最終戦がカープ戦で、その時も反ノムケンの抗議行動の動きはあったんですが、阻止されていました。
迎選手が2回に代打で打席にた立ったときには、大ブーイングが起きていました。
e0222575_2038494.jpg

3回には館山昌平投手が投げ、バレンティン選手の好守もあって三者凡退に抑えます。
e0222575_20443839.jpg

4回には早くも林昌勇(イム・チャンヨン)投手が登場 こちらも危なげなく3人をピシャリ
e0222575_2045658.jpg

5回は松岡健一投手が三者凡退に抑えます。
CSを控えて調整登板で各投手が投げましたが、まるでどこかのチームのマシンガン継投のようでした。
e0222575_20452972.jpg

5回終了時、今シーズン限りで引退するガイエル選手からのビデオメッセージが流れました。
「ファンの皆さまには、心の底から“ありがとう”という気持ちでいっぱいです」
e0222575_20461072.jpg

6回からは骨折から復帰したバーネット投手が登板 キャッチャーは相川亮二捕手に交代
e0222575_20513335.jpg

東出選手にヒットを打たれ
e0222575_20521047.jpg

栗原選手は空振り三振に仕留めますが、5番松山竜平選手にタイムリーヒットを打たれ1点先制されます。
e0222575_20522628.jpg

7回表、小川監督に迎えられ石井弘寿投手が最後のマウンドに登場 場内からは拍手と大歓声
なお、ラスト投の様子は先にアップした こちら をご覧下さい。
e0222575_2175716.jpg

石井投手は松本高明選手を3球三振に打ち取り、増渕竜義投手に交代。増渕投手は8回まで投げます。
e0222575_2181696.jpg

ラッキー7のライトスタンド 応援団からのメッセージが書かれた横断幕が移動していました。
クリックで拡大します。
e0222575_2185198.jpg

8回まで2四球で出したランナーのみ、依然ノーヒットピッチングがつづく前田健太投手 これはもしかして・・・
私は3塁側内野席だったんですが、カープファンは1球ごとにノーヒットノーランへの期待が高まり盛り上がっていました。
e0222575_21154780.jpg

9回は押本健彦投手が3人で片付け、あとは何とかマエケンからヒットをそして得点をと、私はお祈りモードでした。
e0222575_21181593.jpg

9回に入り、先頭のホワイトセル選手が三振に倒れます・・・、うわ~ヤバイ
しかーーーし、途中出場の藤本敦士選手が前田健太投手のノーヒットノーランの夢を砕くレフト線2塁打を放ちます。
3塁側に座っているのも忘れて、私は飛び上って喜びました。やった~フジモン!!
e0222575_21212015.jpg

セカンド上の藤本選手 ショートの故障者続出で巡ってきたチャンスに大きな仕事をしました。
e0222575_21213652.jpg

がっくりしたマエケン 大野コーチがマウンドにやって来ました。
e0222575_21215290.jpg

続いて2番上田剛史選手がショート内野安打で出塁
e0222575_21272623.jpg

藤本選手は3塁へ 城石コーチが復帰していました。
e0222575_21274898.jpg

俊足上田選手はすかさず盗塁 3番田中浩康選手は四球を選び1死満塁のチャンス!
e0222575_2128213.jpg

4番畠山和洋選手に一打逆転を願います。
結果はセカンドゴロでしたが、東出選手のトスが山なりとなり、セカンドはアウトも1塁はセーフで
併殺崩れの間に1-1の同点に追いつきます。
e0222575_21282284.jpg

ハタケ、よく走りました!!打席には代打の福地寿樹選手が
e0222575_21283813.jpg

2死1、3塁から福地選手はレフトへタイムリーヒットを放ち、軌跡の大逆転サヨナラ勝ち!!
画像はたしかヒットを打つ前のスイングだと思います? 最初は打てそうもない雰囲気でしたが
執念で決めたサヨナラ打でした。
福地選手は今シーズン2度目のサヨナラ男!!
e0222575_2137488.jpg

ナインが一斉にベンチを飛び出し、福地選手の周りに集まります。
福地選手がどこにいるのかわからないままシャッターを押しました。
e0222575_2137211.jpg
e0222575_2138414.jpg

やっと福地選手の顔が見えました。
e0222575_21382268.jpg

宮本慎也選手が石井弘寿投手を後ろからハグ ゴリさんが笑顔でピースサインをしています。
e0222575_2138407.jpg

最終戦、整列して勝利の挨拶 小川監督がつば九郎と握手 畠山選手が嬉しそうな笑顔です。
e0222575_21385056.jpg


このあと、引退セレモニーとなります。フォトレポは こちら

3塁側のカープファンはノーノーが一転サヨナラ負けのショックにもかかわらず、整列したヤクルトナインに向け、
「CSでは勝ってくれ~!中日や巨人には負けるな!ヤクルトを応援しているぞ~」と
温かいエールの数々がかけられていました。
ありがたいことですね。特に名指しで畠山選手へ「打てよ~!」の激励が熱かったです。

以上で25日の試合編フォトを終わります。
CSは厳しい戦いになると思いますが、最終戦で見せたようなミラクルを次も期待しましょう。
投手陣は好投しているので、やっぱり打線ですね。打つべき人がしっかり打ってほしいです。

それにしても、今季2軍生活が長かった藤本選手が殊勲の初ヒット、続いて2軍から上がって間もない上田選手が内野安打でつなぎ、
仕上げはこれまたほとんど2軍暮らしだった福地選手のサヨナラ打と、脇役選手の意地と頑張りには感動しました。
CSでも一仕事期待しています。最後をいい形で締めくくれて本当によかったです。ありがとうございました。
石井選手の引退試合を最高に盛り上げるサヨナラ勝利でした。
by misty2011 | 2011-10-27 22:19 | 東京ヤクルトスワローズ

石井弘寿投手フォト、フェンスに登ってファンと最後のお別れ

引き続き石井弘寿投手の引退セレモニーより、胴上げが終り、スタンドのスワローズファン
そして残ってくれた広島カープファンに挨拶に回るゴリさんのフォトです。

胴上げ後、一旦ベンチに戻り、そのあとご家族との記念撮影 つば九郎も一緒です。 
左の方はお母様でしょうか、遺影を持っています。
顔にぼかしを入れるべきところですが、あまりにご家族の雰囲気がいいのでそのまま載せます。
問題があれば取り下げます。
奥様は綺麗な方ですね!上のお嬢さんは目を泣き腫らしていました。
お子さんがみんなとても可愛くて素敵なファミリーですね。
e0222575_17561914.jpg

撮影後、深々と一礼してから、帽子をとってスタンドのファンの声援に応える石井投手
e0222575_1833531.jpg

1塁側内野席から場内一周が始まりました。これも雰囲気がわからなくなるので、ファンにぼかしを入れていません。
e0222575_17594317.jpg

e0222575_1851064.jpg
e0222575_1852556.jpg
e0222575_1854378.jpg
e0222575_1855662.jpg

クリックで拡大します。すべて3塁内野席から撮影
e0222575_1864556.jpg

e0222575_1892648.jpg

白いベンチを踏み台にしてゴリさんがフェンスに上がろうとしています。
e0222575_1894885.jpg

フェンスに登って、ファンとの最後の交流 
わずかな時間でしたが、ライトスタンドのファンは大喜びでした。
古田敦也さんの引退セレモニーでもフェンスに登っていましたね・・・。
当日、古田さんもスタンドに姿が見えました。高津臣吾さんも来ていました。
クリックで拡大します。
e0222575_18102085.jpg

センターバックスクリーンを通過して
e0222575_19271697.jpg

広島カープファンが陣取るレフトスタンドへ挨拶に
e0222575_19274460.jpg

大勢のカープファンが最後まで残って石井投手に温かい拍手や声援を送ってくれました。
石井投手は、スピーチの際にも、カープファンへの感謝の言葉を述べていました。
e0222575_1928481.jpg
e0222575_19281682.jpg
e0222575_19283436.jpg

再びライトスタンドへ引きかえしてきました。
e0222575_19285319.jpg
e0222575_1929613.jpg

ほとんどのスワローズファンは、ゴリさんがグランドから去るまでお見送りしていました。
e0222575_19292165.jpg

誰からも慕われ愛されたゴリさんならではの心に残る感動的な引退セレモニーでした。
残ってくれたカープファンの皆様にもお礼申し上げます。
石井弘寿投手、16年間本当にお疲れさまでした。ありがとうございます。

今後は、2軍リハビリ育成コーチまたは同担当としてチームに残留する方向だそうで、
怪我で苦労をした分、選手を大事に思い、選手の身になって相談に乗ってくれること間違いないでしょう。
よき指導者として活躍されることを期待しています。

あとは当日の試合編のフォトレポにかかります。
by misty2011 | 2011-10-26 22:38 | 東京ヤクルトスワローズ

石井弘寿投手引退セレモニーの写真

ヤクルトスワローズの劇的サヨナラ勝ちの余韻が残る中、最終戦のセレモニーが行われました。
e0222575_2311566.jpg

挨拶する小川淳司監督
e0222575_2313496.jpg
e0222575_232856.jpg

「今シーズンは最後の最後まで熱いご声援を頂きありがとうございました。
 クライマックス・シリーズでもペナントレース同様、熱いご声援をよろしくお願いします」
e0222575_2323111.jpg

「日本一の可能性は残っています。日本シリーズを神宮で戦えるよう頑張ります」
e0222575_233144.jpg

挨拶のあと、石井弘寿投手の引退セレモニーが始まりました。マウンドに立ちます。
オーロラビジョンには、石井投手の入団からの数々の活躍の映像が流れます。
石井投手も後ろに向きをかえスクリーンをじっと見つめます。
e0222575_2344735.jpg

入団会見の18歳の石井投手 野村克也監督を囲んで
e0222575_235525.jpg

若いですね・・・。
e0222575_2352046.jpg
e0222575_2353814.jpg
e0222575_2355161.jpg
e0222575_236460.jpg
e0222575_2362472.jpg

e0222575_2375511.jpg

打っても凄いんです!
e0222575_23875.jpg
e0222575_2382261.jpg

若松監督最後の試合を石井投手が締めました。
e0222575_2383930.jpg

e0222575_342998.jpg

e0222575_2385692.jpg

その後は左肩の故障で苦しいリハビリの日々・・・
e0222575_2391371.jpg
e0222575_2392865.jpg

石井投手のプロ野球人生を振り返る映像が終わると、花束贈呈 選手会長の石川雅規投手から
e0222575_2482654.jpg

3人のお子さんが花束贈呈にやってきました。
お父さんの顔になっています。和む表情ですね。上のお姉ちゃんは花束に隠れ見えなくてごめんなさい。
e0222575_2432387.jpg

引退の挨拶が始まりました。
e0222575_244294.jpg
e0222575_2441329.jpg

スタンドにはたくさんの「ありがとう」や「お疲れさま」の横断幕やボードが掲げられていました。
e0222575_2444256.jpg

最後、ご家族に感謝の気持ちを語るあたりから、石井投手の目が潤んできました。
e0222575_245477.jpg
e0222575_2452564.jpg
e0222575_245361.jpg
e0222575_2454951.jpg

チームメイトはベンチ前に整列してスピーチを聞いていました。
【追記】朝やっていたフジテレビONEの再放送を見たら、
スタンドには私服姿の七條 由規投手 川端慎吾 川島慶三 吉本亮選手 新田玄気捕手の姿がありました。
グランドで胴上げしたかったでしょうね。慎吾くんは左腕を包帯で巻いて固定していました。
e0222575_2503540.jpg

ナインがマウンドに集まり、石井投手を胴上げ
e0222575_2505035.jpg

胴上げ後、みんなと握手したり抱き合ったり 石井投手はウルウルしている感じでした。
マエケンから殊勲のチーム初ヒットを打った藤本敦士選手と握手しています。
e0222575_324134.jpg

石川投手とハグしています。
e0222575_2511196.jpg

一旦、ベンチに引きあげます。
e0222575_2513646.jpg

ベンチ前では小川監督やコーチ陣が出迎え、握手や抱き合ったりしていました。
小川監督は入団当時のスカウトで、石井投手を見出したという深い絆があります。
e0222575_2515111.jpg
e0222575_252116.jpg

以上、引退セレモニーの胴上げまでをアップしました。1塁側のベンチが見えるので、あえて3塁側内野席で観戦しました。
写真の量が多いので、場内一周編ほかは、このあとアップします。
時間がかかるので、試合編は後回しにします。

なお、石井弘寿投手の引退試合、最後のマウンドのフォトレポはこちらの記事をご覧下さい。 
by misty2011 | 2011-10-26 03:37 | 東京ヤクルトスワローズ

10/25神宮引退試合観戦 石井弘寿投手最後のマウンド

10月25日東京ヤクルトスワローズ最終戦、神宮球場へ行ってきました。
今日は石井弘寿投手の引退試合でした。

試合は、1点ビハインドのまま広島カープ先発の前田健太投手の前に9回1死までノーヒットノーランに抑えられていましたが、
9回1死から途中出場の藤本敦士選手がチーム初ヒットとなる2塁打を放ち、続く上田剛史選手も内野安打と2盗成功、
田中浩康選手が四球で出て1死満塁の大チャンス。

ここで、畠山和洋選手のセカンドゴロ併殺崩れの間に3塁ランナー藤本選手が生還して1-1の同点に追いつきます。
さらに代打・福地寿樹選手がレフト前にヒットを運び、2×-1でヤクルトは今季8度目のサヨナラ勝ちを飾り、
石井弘寿投手の引退試合に花を添えました。

試合経過は ニッカンスコア スワローズ公式スコア

試合編、また引退セレモニーのフォトレポは後回しにして、先に引退登板となった石井弘寿投手の
最後のマウンドの勇姿をご覧下さい。

1点ビハインドの7回表、石井弘寿投手が小川監督直々の出迎えを受け最後のマウンドに登場
スタンドは大歓声に湧きます。
実に5年ぶりの神宮のマウンドです。
e0222575_23391093.jpg

小川監督に見守られて投球練習を開始 いよいよラスト登板です。
e0222575_23392288.jpg

打席にはカープの松本高明選手
e0222575_23393323.jpg

渾身のストレートを投げ込みます。
e0222575_23394331.jpg

ダイナミックなフォームは全盛期そのまま
e0222575_23395447.jpg

e0222575_23412186.jpg

見逃し、空振りで2ストライクと追い込みます。
e0222575_23413440.jpg

振りかぶって~
e0222575_234152100.jpg

最後はMax137キロのストレートで空振り3球三振締めでラスト投を終えました。
e0222575_234255.jpg

感無量の面持ちの石井投手
e0222575_23422061.jpg

東京学館高校の1年先輩でもある相川亮二捕手が石井投手に労いの言葉をかけます。ピンボケですみません。
e0222575_23423149.jpg

内野手がマウンドに集まり、それぞれ言葉をかけます。
e0222575_23424396.jpg
e0222575_23425827.jpg

小川監督が肩に手をやりお疲れさまと 
e0222575_23431565.jpg

投げたマウンドを足でならしています。
e0222575_028086.jpg

涙をぬぐっているんでしょうか?
e0222575_0282141.jpg

次に投げる増渕竜義投手が笑顔で石井投手のあとを引き継ぎます。
e0222575_0284732.jpg

スタンドからの拍手に帽子をとって一礼
e0222575_23433476.jpg

ヒロトシコールの中、引きあげます。
e0222575_23434482.jpg

ベンチでナインが出迎えます。
e0222575_2344123.jpg


以上、写真はあまり綺麗に撮れませんでしたが、石井弘寿投手の引退登板フォトレポでした。

このあとは、引退セレモニー、試合編をアップする予定です。
引退セレモニーは こちらにアップしました。
by misty2011 | 2011-10-26 00:41 | 東京ヤクルトスワローズ