Out of focus ~Baseballフォトブログ~

<   2011年 11月 ( 35 )   > この月の画像一覧

戸田秋季練習より上田剛史・雄平選手フォト

26日に出かけた戸田球場の東京ヤクルトスワローズ秋季練習より、
来シーズンは外野のポジション争いをすることになりそうな上田剛史選手と(高井)雄平選手の写真です。

上田選手は今シーズン終盤に1軍でスタメン出場ほか、代走、守備要員として起用されました。
青木宣親選手が抜けたあとのセンター候補としては1番手かもしれません。
打撃と守備はまだ課題が多いですが、塁に出れば盗塁ができるのが強みですね。
ちなみに上田選手は2011年イースタンリーグの盗塁王
今シーズンはほとんど機能しなかった機動力を来季は期待したいと思います。
e0222575_2148843.jpg

e0222575_21425335.jpg

手前にいた飯原選手が話しかけて笑っています。
e0222575_2143724.jpg

今シーズン、一度は昇格したものの試合出場はなく、再び2軍に下がった雄平選手
代打でもいいので1軍で見たかったですね。
モロ逆光で暗かったので明るくレタッチしたら空が白飛びしました。
う・・ん、写り自体もよくないですが・・・。
e0222575_21433635.jpg
e0222575_21435081.jpg
e0222575_2144778.jpg

投手から野手転向だけに、課題は外野の守備。猛練習しかないでしょう。
守備をカバーするだけのバッティングを期待しています。
e0222575_21442250.jpg
e0222575_21443812.jpg

いい顔つきになってきました。
e0222575_21445053.jpg

by misty2011 | 2011-11-30 19:10 | 東京ヤクルトスワローズ

戸田秋季練習より期待の星・山田哲人選手フォト

11月26日戸田球場での東京ヤクルトスワローズ秋季練習見学より、今回は来季への期待が高まる
ルーキー山田哲人選手の写真です。

クライマックスファイナルステージでいきなり1軍デビューにはびっくりしましたが、
予想以上に上での適応力があり、ますます楽しみな選手になってきました。

このあと自主トレでは宮本慎也選手に弟子入りするとのこと、しっかり学んでほしいですね。
来シーズンは春のキャンプを経て、オープン戦でどのくらい結果を出すか注目度NO1のホープです!
開幕1軍も夢ではありませんね。
将来的には、燕のスター選手になってくれそうな雰囲気を感じます。

私は慎吾くんや由くんが陸上のトラックのほうで練習していたので、メイングランドのほうはあまり見られませんでした。
ショートで守備練習をする山田哲人遊撃手 まだ19歳、体が細いですね。
e0222575_18232559.jpg
e0222575_18233935.jpg

秋季キャンプでは選手としてよりコーチ役で指導に当たっていた宮本慎也選手は、
特に熱心に山田選手にアドバイスを送っていました。指導しているショットを撮り逃しました。
手前には三輪選手
e0222575_18234837.jpg

こちらは森岡良介選手との2ショット
来シーズンは川端選手を筆頭に、ショートのポジション争いがどうなるでしょう?
e0222575_1824221.jpg

バッティング練習中の山田選手。気がついたときにはもう終わる直前でした。
e0222575_18242785.jpg

見るたびに垢抜けしていく哲人くん これ、すごく可愛いですね。
e0222575_18244539.jpg

下の2枚はモロ逆光で真っ黒になったので、モノクロにレタッチしました。
e0222575_18524868.jpg

戸田球場のグランド方向の撮影は、昼間はネット裏からは完全に逆光になるので、カメラ的には難しいですね。
また、ネットの金網がごつくてネット越しの撮影もやっかいでした。
以上、山田選手は少なめなので私としても残念です。
e0222575_18395736.jpg

by misty2011 | 2011-11-29 19:54 | 東京ヤクルトスワローズ

宮本慎也選手セ最年長のベストナイン初受賞 戸田秋季練習フォト

2011年度のベストナインが発表されました。

こちら 日本野球機構オフィシャルサイト 2011年度 表彰選手 投票結果(ベストナイン)

記者投票の結果、ヤクルトスワローズからは3塁手で宮本慎也選手と外野手で青木宣親選手が選出されました。
先のゴールデングラブ賞と同じ2人ですね。おめでとうございます。

青木選手は7年連続7回目の受賞で、もう常連なので選ばれて当たり前って感じですが、
宮本選手のほうは、入団17年目での初受賞、心よりおめでとうございます。
と言うか、今まで選ばれていなかったのが不思議なくらいですね。

40歳11カ月での初受賞は、阪神の金本知憲選手が2008年に受賞した40歳8カ月を更新するリーグ最年長記録だそうです。
四十路を越えた今シーズンは、打撃も守備も素晴しい成績で、キャリアハイと言ってもいいくらい大活躍。
来シーズンはいよいよ2000本安打達成ですね。今から楽しみです。

同じ記者投票でも、ゴールデングラブ賞よりはこちらベスト9のほうがまだ妥当な結果のように私は思います。

畠山選手は終盤の不調がなければ・・・と悔やまれます。来シーズンこそ1塁手でベストナインを目指してください!

では26日に出かけた戸田球場でのヤクルトスワローズ秋季練習より、宮本慎也選手の写真です。

松山での秋季キャンプでもコーチとして指導に当たっていた宮本選手ですが、戸田でも自分の練習よりは、
若手の指導に精力的に力を注いでいました。
まずは、トラックの芝生でランニングなど準備運動。
e0222575_2133490.jpg
e0222575_2134590.jpg

肘の手術を受け、リハビリ中の川島慶三選手に声をかけて励ましていました。慶三くんの写真は後日アップします。
e0222575_2135631.jpg
e0222575_2141024.jpg

次期選手会長・武内晋一選手に球出しする宮本コーチ 1枚追加
e0222575_739133.jpg

コーチと言えば、引退した石井弘寿投手が2軍の育成コーチ(ストレングス担当)に就任して参加していました。
e0222575_214244.jpg


なお、秋季練習の日程が変更となりました。30日までの予定が29日に打ち上げとなりました。
戸田に行かれる方は29日が最後です。間違えないようにしてくださいね。
by misty2011 | 2011-11-28 22:33 | 東京ヤクルトスワローズ

戸田秋季練習 相川亮二捕手フォト

11月26日戸田球場でのヤクルトスワローズ秋季練習より、今回は相川亮二捕手です。

全体のアップのときはいなかったと思いますが?、相川さんでがトラックにやって来て準備体操中。
サングラスがよく似合っています。
e0222575_22143037.jpg
e0222575_22144099.jpg

トラック内の芝生でウォーキング開始
e0222575_22145335.jpg

右肩をちょっと気にしている様子でした。
e0222575_2215545.jpg

軽めのランニング 
e0222575_22151730.jpg
e0222575_22153339.jpg

一休み
e0222575_22154572.jpg

試合中はクールな感じですが、こんなに大笑いしている相川さん。
e0222575_22155917.jpg

こちらは素敵なスマイルですね。
e0222575_22161036.jpg

キャッチボール
e0222575_2216257.jpg
e0222575_22163749.jpg

e0222575_2216506.jpg

相川亮二捕手、渡辺恒樹投手、川端慎吾くんと談笑 
右端は2軍育成コーチ(ストレングス担当)に新任した石井弘寿コーチ(あとで写真をアップ)
e0222575_2217544.jpg

このあと、河川敷の土手をこの3選手が何周も走ってへとへとになっていました。
すぐ近くを走り抜けたときには、汗が飛び散っていました。
なお、階段トレーニングの写真は、慎吾くん編 こちら をご覧下さい。

何故、相川、渡辺、川端選手が一緒の班で走ることになったのかは謎?
3選手とも秋季練習のメンバーには載っていませんでした。
今季は怪我したってことで、自主参加リハビリ3三人衆ってことかな??
渡辺恒樹投手のフォトも後日アップします。
by misty2011 | 2011-11-28 12:32 | 東京ヤクルトスワローズ

戸田秋季練習見学フォト 由規投手1

11月26日ヤクルトスワローズ戸田球場での秋季練習より、復帰に向け順調そうだった由規投手の写真です。

私は初めて2軍の戸田球場に出かけましたが、勝手がわからないのと、下調べが不順分だったこともあって、
肝心の由くんのブルペンは見逃してしまいました。何をやってんだか、ドジなことで・・・。

ブルペンがバックスクリーンの後ろにもあることを知らなくて、グランド内のブルペンでは誰も投げていなかったので、
今日はブルペンはないものと思い込んでいました。
それ以前にアップで全員が集合したときに、由規投手がいたことも気づきませんでした。
秋季練習のメンバーに名前が載ってなかったので、別メニューでやるのかなあと勘違いしていました。

サンスポ他に、由規投手がブルペンで投げた様子の記事が載っています。
サンスポ 燕・由規、開幕OK!首脳陣の前で復活投
スポニチ 由規 右肩痛から完全復活へ“猫背フォーム”に着手

ブルペンでは立ち投げをしたあと、捕手を座らせて45球を気持ち良さそうに投げたとのこと、
首脳陣もホッとしたようです。
無理は出来ませんが、順調に行けば来季の開幕に間に合うかもしれないと希望が出てきました。
楽しみですね!

では由規投手の写真です。久しぶりに由くんを見られてすごく嬉しかったです。
私が由くんを発見したのは、陸上のトラックにキャッチボールにやってきた11時頃でした。
あれ!?、由くん、居たんだ!

キャッチボールを開始
e0222575_13145790.jpg

徐々に距離をのばしていきます。キャッチボールの相手は伊藤智仁コーチでした。
e0222575_13151573.jpg

e0222575_13154655.jpg

だんだん由くんの表情がほぐれてきます。
e0222575_13153149.jpg

e0222575_1316362.jpg
e0222575_13163257.jpg
e0222575_13164694.jpg

e0222575_13182448.jpg
e0222575_13183865.jpg
e0222575_13185592.jpg
e0222575_1319857.jpg

このあと、強化トレーニングのメニューをこなし、12時半前に引きあげていきました。
ブルペンはこの前なのか後なのかもわかりませんが、たぶんあとでしょうね???
私はてっきり練習が終了したものと思っていました。

残りの由規投手の写真は次回に。
by misty2011 | 2011-11-27 13:43 | 東京ヤクルトスワローズ

戸田秋季練習見学1 川端慎吾選手フォト

11月24日~11月30日までの期間、戸田グラウンドにて10時より東京ヤクルトスワローズの
秋季練習が行われています。(27日は休日)日程変更 29日練習打ち上げ
快晴の今日、私は初めて戸田球場に行ってきました。

自宅からだと私鉄-JR埼京線-武蔵浦和駅からバスに乗って約1時間半ちょっとかかりました。
バスの本数は少ないですが、連絡がわりあいうまくいきました。

まずは、左手首を痛めていた川端慎吾くんの元気そうな様子からです。
もうケガした左手首のギブスはとれていました。
まだ、キャッチボールや守備練習などは出来ませんが、トラックや河川敷の土手を
汗びっしょりかきながら走っていました。

最初は全員集合してストレッチなど準備運動 誰がどこにいるのかよくわかりませんでした。 
写真をPCに取り込むまで由規投手がいたのは気づきませんでした。
こちらはクリックで拡大します。
e0222575_17251094.jpg

川端慎吾選手はトレーナーさんと一緒にウォーキングから開始して軽めのランニング
【追記】一緒に併走している方は、「栗田道場」で有名な栗田聡フィジカルディレクター 確認済み
e0222575_17284996.jpg

これは後ろ向きに走っています。痛めた左手首はギブスが取れ、何も巻いていませんでした。
e0222575_1729228.jpg
e0222575_17291546.jpg

e0222575_20471051.jpg

e0222575_17292924.jpg

e0222575_2162528.jpg
e0222575_2164015.jpg

ちょっと姿が見えなくなったと思ったら、土手の周りを走って、階段では昇り降りのトレーニング
e0222575_17294291.jpg

きつそうな練習でした。相川亮二捕手、渡辺恒樹投手、川端信吾くん
e0222575_1729561.jpg

走り終えて、さすがにぐったり。
私は寒さ対策で着込んで行ったんですが、陽が照って随分温かく感じました。
慎吾くんはいつものように頬がピンク色に染まっています。
汗が目に入ってしみるのか痛そうにしていました。
e0222575_17301012.jpg
e0222575_17302198.jpg

練習終了後、汗をぬぐう暇なくサインに応じる慎吾くん。
あごから汗が滴り落ちています。
e0222575_17303483.jpg

ひとりひとり丁寧にサインをしていました。他の選手はしていなかったような?訂正 押本投手がしていました。
e0222575_17304812.jpg

ファンのながーい行列ができていました。
e0222575_17305913.jpg

快晴の戸田の青空
e0222575_17275919.jpg

取り急ぎ、慎吾くんを先にアップしました。

キャッチボールをしていた由規投手など他の選手は次回に。
by misty2011 | 2011-11-26 18:03 | 東京ヤクルトスワローズ

ゴールデングラブ初受賞・長野久義選手フォト

昨日のゴールデングラブ賞つながりで、
今日は、2011年三井ゴールデングラブ賞を入団2年目で初受賞した読売ジャイアンツ・長野久義選手の写真です。
記者投票では、ヤクルトスワローズの青木宣親選手の得票数を上回り、外野手1位で選出されました。

昨年は、打球処理にもたつくことが多く、守備はイマイチって感じがしましたが、
今シーズンはかなり上手くなっていたように思います。守備上達度で大きくアピールできたのではないでしょうか。
肩はそこそこいいようですね。
首位打者と合わせ、初受賞、おめでとうございます。

4月28日草薙球場 バッティング練習中の長野選手
e0222575_13491338.jpg
e0222575_13492667.jpg
e0222575_13493848.jpg

10月31日神宮球場クライマックス・ファーストステージ ヤクルト対巨人3戦目
守備練習を終え引きあげてきた長野選手
e0222575_135439.jpg
e0222575_13541493.jpg

同日 バッティング練習中
今シーズンは統一球で各打者が打撃成績を下げるなか、.316をマークして首位打者!
特に、顔面亀裂骨折にもめげず、自分のバッティングを崩さなかったのは立派ですね。ちょっと見直しました。
e0222575_13521964.jpg
e0222575_13524285.jpg
e0222575_1353231.jpg

来シーズンもどうかお手柔らかに!
by misty2011 | 2011-11-25 17:07 | セ・リーグ

三井ゴールデングラブ賞 ヤクルトからは宮本・青木選手が受賞

本日、2011年第40回三井ゴールデングラブ賞の受賞選手が発表されました。

詳細はこちら 第40回三井ゴールデン・グラブ賞 受賞選手

東京ヤクルトスワローズからは、3塁手で宮本慎也選手(3年連続3回目、遊撃手での受賞と合わせると9回目)が
外野手で青木宣親選手(6年連続6回目)が選ばれました。
おめでとうございます。

守備に小うるさいばあさんからひと言。ゴールデングラブ賞は守備の名手に贈られる賞です!
e0222575_1451060.jpg

サード・宮本慎也選手は文句なしの受賞でしょう!
守備率.997(失策1)は三塁手のプロ野球記録を樹立。素晴しいというしかありません。
何度、宮本選手の好守で投手陣が救われたことでしょう。
さらに、40歳11カ月でのゴールデングラブは最年長受賞だそうです。

また、打率.302もセ・リーグ堂々の3位でチームトップの成績。40歳過ぎてなお進化しています。
攻守にチームを引っ張ってくれました。本当にありがとうございました。

青木宣親選手のゴールデングラブ賞に関しては、以前にも辛口なことを書きましたが、
今も感想はそのときと同じです。

まあ、現役当時の飯田選手や北村選手、強肩の新庄剛志選手を見てきたばあさんからすると
青木選手の守備は、決して6年連続で選ばれるほど守備の名手とは思えませんが、他に適当な外野手がいないこと、
あと、俊足ということで、選ぶ記者が守備は上手いはずという印象を持っているんでしょうね。
また、打撃成績も加味(今年はよくなかったですが)されることが多く、
名前やイメージ先行で選ばれる選手が毎年多々でています。

私はあくまで守備オンリーで選んでほしいのですが、なかなか現実はそうなっていないのが残念です。
受賞にふさわしい選手がいなければ、該当者なしでもいいと思います。むしろそうすべきです。

広い外野のメジャーに行けば、肩の弱い青木選手は今よりさらに守備では苦労すると思いますが、
どうか6年連続GG受賞の名に恥じない守備を見せてほしいと願っています。

それにしても「守備の名手」という選手が減りましたね・・・。寂しいことです。

ブログ村にPINGが飛ばないので、先に書いた記事を削除して再度記事を書き直しました。
by misty2011 | 2011-11-24 19:04 | 東京ヤクルトスワローズ

阪神・桧山選手がイベントで負傷→左鎖骨骨折(追記)

スワローズ以外のことでまたまた申しわけありません。
昨夜、私にとってはショックなニュースが飛び込んできました。

阪神タイガースの桧山進次郎選手が、イベントで転倒して負傷し、
救急車で病院に搬送されたという記事をウェブで見ました。
その後、ケガの状態がどうなのか心配していましたが、今朝のサンスポに怪我をした経緯など載っていました。

サンスポ 虎・桧山が入院!抱えていた子供かばい胸強打

阪神のことは、星野仙一氏が監督になってから私は一気に嫌いになってしまったんですが、
それ以前の弱い頃のタイガースは応援していました。
私は天邪鬼のところがあって、ダメ虎がたまに強い巨人に勝ったりするのが嬉しかったですね。

バース、掛布、岡田選手のバックスクリーン3連発や、新庄剛志選手の守備、サヨナラ敬遠打ちなど痛快でした。

どちらかと言うと、阪神=弱いという図式が私には染み付いていて、暗黒時代と言われたときのほうが好きでした。

今の阪神タイガースのメンバーで好きな選手はいませんが、唯一、桧山進次郎選手は以前から好きな選手です。
怪我する前日には、FA宣言せずに阪神に残留することが決まったばかり。
ここ数年は代打の切り札で活躍していて、阪神の勝敗とは別に、桧山選手の活躍は嬉しく思っていました。

女の子をかばって転倒した際に胸を強打したようですが、なんだか桧山選手の人柄が出ているようで、
こどもが無事だったのは何よりですが、本人のケガの状態が心配です。
検査の結果、軽症である事を祈るばかりです。

【追記】
デイリー 阪神・桧山、左鎖骨骨折で近日中に手術 全治は術後に判断

10月14日神宮球場 打撃練習中の桧山進次郎選手
e0222575_8274648.jpg

e0222575_8273547.jpg

どうかお大事に!来季も元気な姿を楽しみにしています。

ヤクルトスワローズもこれからファン感や、その他イベントがあると思いますが、
選手の皆さんはくれぐれもケガなどしないよう気をつけてほしいと思います。

【私信】先日、応援歌に関してメールフォームからメールしていただいた方へ
返信しましたが、メールアドレスが間違っているようで、何度送信しても返送されました。
お手数ですが、正式なアドレスをご連絡ください。
by misty2011 | 2011-11-24 09:24 | セ・リーグ

2006年ルーキーイヤーの川島慶三選手フォト

昔の写真を整理していたら、川島慶三選手のルーキー時代(日本ハム)の写真を見つけ、
すごくカワイかったのでアップしました。

2006年沖縄名護キャンプ 球場入りする慶三くん 左は武田勝投手 右は八木智哉投手
3選手ともルーキーで慶三くんとは同期です。(すべてコンデジ Panasonic FZ-30で撮影)
e0222575_21154327.jpg

3塁側ファールゾーンでノックを受ける慶三くん ノッカーは当時日ハムの白井一幸コーチでした。
e0222575_2115563.jpg

ルーキーの陽岱鋼選手(ヨウ ダイカン)選手と同じ班で練習 
e0222575_21161812.jpg

当時、随分色白で可愛らしい子が入ってきたなあと思いながら見ていました。
e0222575_2116428.jpg
e0222575_21165591.jpg
e0222575_21171241.jpg

白井コーチの説明を聞く左から小田智之選手(引退) 川島慶三くん 陽岱鋼選手 
e0222575_21173549.jpg
e0222575_21175139.jpg
e0222575_2118912.jpg

2006年は北海道日本ハムファイターズがリーグ優勝、CSも勝ちあがって日本一になった年。
川島慶三くんはルーキーイヤーに日本一になっていたんですね・・・。
レギュラーではありませんが、試合では内野手としてより、慣れないレフトを守ることが多かったように記憶しています。
器用にこなしていて、新庄選手からセンスがあると褒められていました。

2年後にヤクルトに移籍するとは思いませんでした。
ヤクルトに来てからはケガに泣かされて本当にかわいそう。
来シーズンもリハビリの日々を過ごすことになりそうですが、早く完治してまた元気にプレーしてほしいですね。
e0222575_2118221.jpg

by misty2011 | 2011-11-23 10:08 | 東京ヤクルトスワローズ