Out of focus ~Baseballフォトブログ~

<   2012年 10月 ( 43 )   > この月の画像一覧

日本シリーズ第4戦 延長12回の死闘 日本ハムがサヨナラ勝ち

札幌ドームでの日本シリーズ第4戦は、昨日にもまして、4時間15分のながーーーーい試合となりました。
0-0で延長戦に入り、12回裏、飯山裕志選手のサヨナラヒット(2塁打)で、日本ハムファイターズが
1×―0で劇的サヨナラ勝ちを収めました。

先発は北海道日本ハムファイターズが中村勝投手、読売ジャイアンツは宮國椋丞投手で、
20歳と若い二人の投げ合いとなりました。(学年は中村投手が一つ上)

両投手が予想以上の好投で、中村勝投手は7回を投げ5安打無失点、
宮國投手も7回を投げ3安打無失点のナイスピッチングでした。

一方、打線は、お互いチャンスを作りながらもあと1本が出ず0行進。じりじりとした試合展開でした。

時間が遅いので試合経過はすっ飛ばします。
9回には両チームとも満塁のチャンスに得点出来ず、0-0のまま延長にもつれ込みます。

試合経過は ニッカンスコア

延長12回、巨人は西村健太朗投手が、ヒットと内野エラー(藤村選手の捕球ミス)でピンチを招くと、
ファイターズの飯山裕志選手にサヨナラヒット(2塁打)を打たれ、
日本ハムファイターズが1×―0で延長サヨナラ勝ちを収めました。

これで対戦成績は2勝2敗のタイ。
本拠地札幌ドームで、ファイターズが2連勝。昨日は先発全員安打で快勝、今日はサヨナラ勝ちと
さらにい勢いが加速してきました。お互い、内弁慶シリーズとなりましたね。

巨人は攻守の要、阿部慎之助捕手が、昨日の試合で右足を痛めてスタメンはおろかベンチにも入らない非常事態!?
2番手捕手の實松一成捕手がキャッチャーとしては投手陣をよくリードしましたが、
攻撃面で、阿部選手が抜けた穴は大きかったようです。

やはり、巨人は阿部慎之助選手のチームと言われるだけあって、
攻守以外でも精神的な支柱を欠いた巨人の戦いぶりは迫力に欠けました。

この勢いからすると、ファイターズの札幌ドーム3連勝もあり得ますね。
明日の試合がどうなるか目が離せません。

それにしても伏兵の飯山裕志選手選手がよく決めましたね~!ナイスバッティング
e0222575_23351954.jpg

地味な選手で、主にショートなど内野の守備要員ですが、この大舞台で大きな仕事をしました。
サヨナラヒット、おめでとうございます。
最近の写真がなかったので、これは昨年の名護キャンプより飯山裕志選手
by misty2011 | 2012-10-31 23:47 | パ・リーグ

戸田秋季練習7 森岡&藤本選手フォト

10月25日東京ヤクルトスワローズ秋季練習その7は、森岡良介選手と藤本敦士選手の写真です。

CS前に腰を痛めて戦線離脱。悔しい思いをした森岡選手 元気にノックを受けていました。
e0222575_1028126.jpg

11月の松山坊ちゃんスタジアムでの秋季キャンプ参加メンバーに名前があったので、もう大丈夫そうですね。
e0222575_10282180.jpg
e0222575_10283490.jpg


藤本敦士選手がバッティング練習にやってきました。
フェンスがモロ被って色がヘンになったのでモノクロにレタッチ
e0222575_10294146.jpg

ちょうど後ろに慎吾くんが背後霊のように写っていますが、気にしないでください(笑)。
e0222575_1030132.jpg
e0222575_10301545.jpg
e0222575_10303179.jpg

藤本選手は秋季キャンプメンバーに名前がありませんでした。
e0222575_1051199.jpg

e0222575_1031483.jpg
e0222575_1031212.jpg

1枚追加
e0222575_9201327.jpg


まだ更新は続きます。
by misty2011 | 2012-10-31 11:02 | 東京ヤクルトスワローズ

稲葉選手の先制弾で逆襲開始、日本ハム本拠地で1勝

日本シリーズ第3戦、まずは最初の感想は試合開始が6時半過ぎだったのもあって、終わるのが遅い!
部外者なのでウトウトしながらテレビを見ていましたが、やっぱり6時に始まってほしいな・・・。

2005年ダルビッシュ投手初勝利の試合観戦から始まって、2006年に札幌ドームには、私は何度も遠征した球場ですが、
帰りの地下鉄がまあ~混むこと、あれには参りました。今日も大変な混雑だったでしょうね。

先発は北海道日本ハムファイターズがウルフ投手、読売ジャイアンツはホールトン投手で午後6時32分試合開始。

2回に稲葉篤紀選手のソロホームランで日本ハムが先制すると、
そのあと、四球とヒットでランナーが出ると、金子誠選手のショート内野安打で2点目。
ベテランのバットでこのシリーズ、ファイターズが初めて先制点を取り、主導権を握りました。

3回にも四球のランナー二人を置いて、稲葉選手がタイムリー2塁打で3点目。
小谷野選手もタイムリーで続き4点目。
巨人は2番手・高木康成投手に交代も、オフパワー選手にもタイムリーヒットで5-0とリードを広げます。


試合経過は ニッカンスコア

巨人は5回、無死1、3塁で、長野選手の併殺打の間に1点、坂本勇人選手のタイムリーで2点を返します。

ファイターズは6回には高木京介投手のワイルドピッチで6-2とします。

巨人は8回、満塁から代打・石井義人選手のショート内野安打で1点返し、6-3となりますが、
その裏、ファイターズはワイルドピッチで1点追加して7-3。

最後は、武田久投手が締め、日本ハムファイターズが地元札幌ドームでこの日本シリーズ初勝利を挙げ
対戦成績を巨人の2勝1敗としました。

先制のソロホームランと3点目となるタイムリー2塁打、2打点の活躍で、ファイターズの打線を引っ張った稲葉選手
画像は5月30日神宮、宮本慎也選手&ヤクルト出身・稲葉篤紀選手の2000本安打達成記念セレモニーで
恩師・野村克也さんから花束を贈呈されました。
e0222575_20223516.jpg


ファイターズはやっぱり地元・札幌ドームの大声援が大きな力になったようですね。
東京ドームでは2試合でわずか1得点だった打線が、今日は先発全員安打の12安打で7得点
強力打線の巨人を圧倒して快勝しました。ウルフ投手の好投も光りましたね。
デッドボールの左手甲が腫れたまま試合に出場した中田翔選手もヒットを打ちました。

一方、巨人は阿部慎之助捕手が、5回、セカンドゴロで1塁へ走った際に、右足を痛め負傷交代。
途中からは實松一成捕手がマスクを被りました。
ベンチに捕手は2名しか入れてないので、捕手の交代要員はいなくなりました。

その実松捕手が8回のチャンスに打席に立ち、増井投手からレフト前にクリーンヒットを放ち、後ろにつなぎました。
私は、両チームどちらが勝ってもいいので、勝敗関係なく、私のお気に入りのサネくんがヒットを打ったのが
今日の試合で実は一番うれしかったことでした。
ワイルドピッチは何とか止めてほしかったですけどね・・・。

思えば、まだ私が日本ハムを応援していた2006年開幕直前、突然の1対2の交換トレード(岡島投手⇔古城・實松)で、
サネくんが巨人に移った際にはどれだけショックだったことか。

巨人に移ってもしばらくはほとんど2軍暮らしで、もしかして戦力外になるのではないかと心配した時期もありました。
それが、こうして今シーズンは第2捕手として、巨人の貴重な戦力になっているのが、なんだかとても嬉しくてね・・・。
サネくんが古巣・日本ハムと日本シリーズを戦っている姿は、感慨深いものがありました。
どちらのファンでもないので、全く勝敗とは別の次元で、試合を見ていました。

古城選手もそうですが、あのまま日本ハムにいても、おそらく活躍の場はなかったでしょう。
そういう意味では、当時はサネくんが出されたのはショックでしたが、
トレードは2選手にとって、1軍で働く場所が出来てよかったと、今では思えます。

今日はファイターズが勝って、勢いをつけてきたので、明日からの試合が面白くなりそうです。
いい試合を期待しています。
by misty2011 | 2012-10-30 23:53 | パ・リーグ

戸田秋季練習6 由規投手(別メニュー)フォト

10月25日東京ヤクルトスワローズ戸田秋季練習見学フォトも6回目の更新です。
今回は由規投手編。

右肩痛(右肩腱(けん)板損傷)と左ひざのはく離骨折で1年間リハビリに費やしました。
来シーズンこそ復活が待たれます。
全員でのアップ中
e0222575_19595746.jpg

ランニング
e0222575_20114196.jpg

一休み
e0222575_2026014.jpg

e0222575_2004236.jpg

ここからは別メニューでトレーニング
e0222575_2020359.jpg

水色のはしご状の用具を使い、細かいステップを踏んでダッシュして戻ってくるのを繰り返していました。
e0222575_2134499.jpg

e0222575_2225668.jpg
e0222575_2223532.jpg

明るい表情の由くん
e0222575_20134854.jpg

投手陣が横でキャッチボールをしているのを時々ちらっと見ては、何も持たずに自分もシャドーピッチング
21日にブルペン入りをしたそうなので、これから徐々に復活に向けての肩作りが始まるんでしょうね。
e0222575_20142536.jpg
e0222575_20144553.jpg

戸田焼けでかなり黒くなっていました。
e0222575_20344681.jpg

このあと、サブグランドで投手陣のゴロ捕球の守備練習があり、由規投手も参加。
その様子は次回に回します。

午後から、トラックで再び別メニューでトレーニング
e0222575_2243474.jpg

辞任することになった栗田聡フィジカルディレクターの話を聞いています。
由くん、かわいい表情ですね~!
e0222575_2245283.jpg

右肘を痛めている増渕投手も一緒です。
e0222575_225833.jpg
e0222575_2252654.jpg
e0222575_2254913.jpg

細いゴムチューブのようなものを腰の下に巻いてトレーニング
これを見ようと思ったら、隣のサブグランドに慎吾くんと慶三くんが守備練習にやってきたので
そちらを見ることになり、結局、どういうトレーニングだったかよくわかりませんでした。
e0222575_2293053.jpg


由くんと慎吾くんが同時に練習に入ると、どちらを見るのを優先するか迷って、私は非常に困ります(笑)。

なお、由規投手は11月5日からの松山ぼっちゃんスタジアムでの秋季キャンプは不参加となりました。
サンスポ ヤクルト・由規、秋季キャンプ不参加
秋季キャンプ日程、参加メンバーは 球団公式サイト 秋季キャンプ概要について

由規投手はあと1回分更新します。
by misty2011 | 2012-10-29 23:13 | 東京ヤクルトスワローズ

戸田秋季練習5 畠山&浩康選手フォト

10月25日東京ヤクルトスワローズ戸田秋季練習より、今回は畠山和洋選手と田中浩康選手のフォトです。

今年の秋季練習は昨年より走る量が増えたように感じました。
遅れをとりながらも一生懸命走る畠山選手
e0222575_1134767.jpg

あら!?山井投手かと思ったら、田中浩康選手でした。ゴーグルをかけるとますますそっくり?
それにしても似合ってますね~!
e0222575_11351967.jpg

ダッシュの合間に、ひざに手をついて息を整える畠山選手
e0222575_11544451.jpg

こちらは余裕の浩康選手
e0222575_11341381.jpg


メイン球場でキャッチボール
e0222575_11363623.jpg
e0222575_11365360.jpg

畠山選手のおなかに注目!シーズン中よりちょっと引っ込んでいるような?
顔もしまって、体全体が絞れているように見えました。
オフの間にリバウンドしないよう気を付けてほしいですね。
e0222575_1137635.jpg
e0222575_11371754.jpg

畠山選手の打撃練習は他を見ていて撮れませんでした。

田中浩康選手のバッティング練習
e0222575_11373677.jpg
e0222575_11375172.jpg
e0222575_1138680.jpg

同じ設定で撮っているのに、一瞬日が差した時と↑そうでないとき↓とで、写真はこんなに差が!
e0222575_11381851.jpg

e0222575_11384035.jpg

e0222575_11385169.jpg

戸田のフェンスはごつくてぼかし切れませんでした。
フェンスは白っぽい色より黒っぽい方が、カメラ的にはぼかせます。白っぽいともや~とするんです。
薄いグリーンのフェンスが多いですが、黒にしてくれたほうが写真を撮るには助かります。
単に私が下手なんですけど。球場関係の皆様宜しく!
e0222575_11391174.jpg

e0222575_11392471.jpg

まだ写真のアップは続きます。
by misty2011 | 2012-10-29 12:26 | 東京ヤクルトスワローズ

日本シリーズ 巨人連勝 長野先頭打者HRスミ1

東京ドームで行われた日本シリーズ第2戦目は、今日も読売ジャイアンツが北海度日本ハムファイターズを
1-0で下し、連勝しました。

先発は巨人が澤村拓一投手、日本ハムは武田勝投手でした。

初回、澤村投手は陽、中田翔選手を死球で出す波乱含みの立ち上がり。
阿部慎之助捕手がマウンドへ行って、澤村投手の頭をたたいて気合を入れます!?
ちょっとこれは珍しいシーン。
このあと、澤村投手は稲葉選手をファーストゴロに打ち取り、無失点で切り抜けます。

するとその裏、巨人・トップバッターの長野久義投手が、武田勝投手からライトスタンドへソロホームランを放り込み1点先制!

試合経過は ニッカンスコア

2回以降、両投手が好投で0が並びます。
特に、昨夜は吉川投手を打ち崩した巨人打線が、今日は武田勝投手の制球力と投球術の前に沈黙。

特に6回は先頭で澤村投手が2塁打で出塁も(訂正)、長野、寺内、坂本選手が
三者連続三振に斬ってとられる圧巻のピッチングでした。

澤村投手も8回まで投げ無失点。最後の8回はこちらも三者連続三振で締めました。
巨人は今日は村田選手のファインプレーなど守備でも守り立てました。

9回は山口鉄也投手が2安打されピンチを招くと、マシソン投手に交代し、二岡選手をライトフライに打ち取りゲームセット。

e0222575_22165578.jpg

巨人が初回、長野久義選手の先頭打者ホームランの1点を守りきり、1-0のスミ1でファイターズに連勝しました。

武田勝投手は6回4安打と好投も、わずか1球に泣きました。相変わらずの援護の無さは可哀想でした。

巨人は連勝したものの、今日は坂本、阿部選手がノーヒットに抑えられるなど、わずか5安打でした。
やっぱりピッチャーがいいと、そうは打てないものなんですね。

一日おいて、火曜日からは札幌ドームに移動します。
狭い東京ドームから広い本拠地に帰り、地元ファンの声援を受けて、ファイターズがこれから盛り返すことと思います。
しかし、まだ打線は湿ったままですね。2試合で1点ですからね・・・。

さらに、今日は中田翔選手が左手甲にデッドボールを受け途中負傷交代。
病院の診断は打撲だそうで、大事には至らなくてよかったですが、でもこのあと心配ですね。

投手が好投しても打線が点を取らないと勝てません。
私はどちらが勝ってもいいので、3戦目以降は、もっと打線が活発になって、面白い試合展開になってほしいと思います。
by misty2011 | 2012-10-28 22:29 | セ・リーグ

10/25戸田秋季練習4 アクシデント発生の慎吾&慶三くん守備練習

10月25日東京ヤクルトスワローズ戸田秋季練習見学フォトその4です。
今回はサブグランドでの川端慎吾選手と川島慶三選手の守備練習編。
途中で慎吾くんにアクシデントがあり心配しました。

この前に打撃練習があって、慶三くんは先にアップしましたが、慎吾くんはあとに回します。

お昼過ぎ、二人がサブグランドにやってきました。ノックするのは城石憲之コーチ

e0222575_11543381.jpg
e0222575_11551934.jpg
e0222575_1155645.jpg
e0222575_11561370.jpg
e0222575_11555117.jpg

ノックといっても基本動作(ゴロ捕球とスローイング)の繰り返しで、左右に大きく振るわけではありません。
e0222575_11564165.jpg
e0222575_11571452.jpg
e0222575_11572087.jpg
e0222575_11573274.jpg
e0222575_1157513.jpg
e0222575_1158712.jpg
e0222575_11582333.jpg
e0222575_11583131.jpg

途中では笑顔がこぼれる慎吾くんでしたが・・・
e0222575_11584890.jpg
e0222575_11585845.jpg

動画を撮ろうとしましたが、使っているマイクロ一眼の設定がわからなくて失敗しました。
e0222575_11591165.jpg
e0222575_11595581.jpg
e0222575_120568.jpg

このあとです。予期せぬことが起きました。
e0222575_120207.jpg

打球を捕ったあと、川端慎吾選手がその場に倒れました。なに、なに、何があったの!?
ノック開始からわずか10分後のことでした。
e0222575_1203214.jpg

最初は足がつったのかと思いましたが、どうも違う感じ。右太ももの付け根あたりを押さえています。
e0222575_1204533.jpg

スタッフが来て右脚を伸ばしています。
e0222575_1205645.jpg

倒れた慎吾くんの足をストレッチしている間に、慶三くんと城石コーチがトンボかけを始めました。
e0222575_1212246.jpg

起き上がりましたが、顔をしかめてしゃがみこんだまま
e0222575_1214359.jpg

城石コーチは笑っているので、大したことはない様子!??
e0222575_1215249.jpg

トンボにつけた「YS」のマークが可愛らしい
e0222575_122090.jpg

右脚をストレッチしています。
e0222575_1222884.jpg
e0222575_1223610.jpg
e0222575_1225787.jpg
e0222575_123915.jpg

ようやく立ち上がりましたが、心配そうに眺める慶三くんと城石コーチ
e0222575_1232969.jpg

e0222575_1234428.jpg

またしゃがみこんだあと
e0222575_1235389.jpg

やっと立ち上がって、みんなのところに来ました。
おそらく、ノックはもっと時間をかけてやるはずだったと思いますが、これにて打ち切り
e0222575_124152.jpg
e0222575_1241457.jpg
e0222575_124258.jpg
e0222575_1243991.jpg

少し足をひきずりながらメイン球場のベンチに戻っていきました。
e0222575_1244832.jpg

練習終了時には片づけに出てきていました。
e0222575_125492.jpg

どういう状態かはわかりませんが、それほど大したことではないと思われます。
金曜日は練習がお休みの日で、その後、土曜日の秋季練習では、慎吾くんが普段通りにやれたかどうかは
情報がないのでわかりませんが・・・。

【追記】その後の練習は普通にやっていたようです。

いや~、それにしてもちょっとやっただけでこれでは、11月の松山での秋季キャンプが思いやられます。
ショートの後継者として、宮本慎也選手兼任コーチに守備の特訓を受けることになっていますが、大丈夫?

素人が差し出がましいようですが、守備練習より、まずはケガをしない体つくりをすることのほうが先だと思います。
以前から、慎吾くんのアップ中のストレッチなどを見ていて、随分体が硬そうだというのは感じているんですが、
今からでも遅くないので、股関節の股割トレだけでなく、体全体を柔軟にするトレーニングに時間をかけて、
肉体改造をやってほしいと思いますね。
ケガが多くては守備練習、打撃練習どころではありませんから。
試合中でも、慎吾くんにちょっと何かあると、怪我しないかとハラハラして見ています。

来シーズンこそ、1年間ケガなく全試合に出場できるくらいの体力になっていることを強く望みます。
いろいろ厳しいことを書きましたが、ファンとしての切なる願いです。
by misty2011 | 2012-10-28 13:35 | 東京ヤクルトスワローズ

日本シリーズ開幕 初戦は巨人が大勝、ボウカー5打点

今日から東京ドームで2012年日本シリーズが始まりました。
先発は予想通り、読売ジャイアンツが内海哲也投手
e0222575_22294094.jpg
e0222575_22292471.jpg

北海道日本ハムファイターズは吉川光夫投手で、午後6時11分試合開始。

白熱した試合を期待したんですが、初戦は期待外れの展開で拍子抜けしました。

試合経過は ニッカンスコア

ファイターズの新エース・吉川光夫投手が4回、坂本勇人選手に2塁打、
阿部慎之助捕手にセンター前にタイムリーヒットを打たれ先制されると、
2死後、矢野謙次選手にもヒットを打たれ、つづくボウカー選手にライトスタンドへ3ランホームランを放り込まれ、
この回一挙4失点。次が内海投手の打席だったので、勿体ない一発を浴びました。

5回からはファイターズは2番手のモルケン投手が、阿部、高橋由伸選手にタイムリーヒットを打たれ
6-0と一方的な展開に。

7回には宮西尚生投手が、ボウカ―選手に2点タイムリー2塁打を打たれ8-0と大差がつきます。

一方、内海投手はCSから中3日の先発が続いていますが、今日がいちばん出来が良かったですね。
7回を投げ、わずか2安打8奪三振無失点の好投。

8回は福田投手が0点に抑え、9回はゴンザレス投手が、陽岱鋼選手にソロホームランを浴びますが、
8-1で巨人が日本ハムに大勝、まずは初戦を取りました。

ファイターズにとっては、パ・リーグ防御率1位の吉川投手が4回4失点とは誤算でした。
マウンドの仕草からは、なんとなく落ち着きがなく緊張していたように見えました。
やっぱり日本シリーズ第1戦先発という大役がプレッシャーになっていたのかもしれません。
この辺は内海投手との経験値の差かもしれません?

ストレートも巨人打線に簡単に弾き返され、ボウカ―選手には初球・高めの甘いスライダーをスタンドまで運ばれました。
あまりに痛すぎる3ラン被弾でしたね・・・。

日本ハムは試合間隔があいたのもあったのか、打線が奮いませんでした。
糸井、中田翔、稲葉選手のクリーンナップがノーヒット。
巨人の主軸、坂本、阿部、高橋由選手が、それぞれ2安打しているのとは対照的でした。

まあ、それにしてもボウカ―選手ですね。3ランと2点タイムリー2塁打で一人で5打点!
今シーズンはオープン戦で大当たりしていましたが、公式戦が始まるとさっぱり。
2軍調整で、ほとんど試合に出ることはありませんでした。
それがポストシーズンになって再び大当たり。CSから今日まで打率5割をキープ。
外国人選手は、ほんとわかりません。

巨人はCSファイナルステージで3連敗から3連勝して勝ち上がった勢いのまま日本シリーズに入った感じです。
これだけ投打がかみ合えば、そりゃ~強いです。

日ハムの投手陣が次々に打たれるのを見ると、中日の投手陣はやっぱり凄いんだなあと改めて思いました。

今日はファイターズが大敗しましたが、明日は明日でどうなるかわかりません。
ただ、勢い的には断然巨人有利でしょうね。

私は以前は日本ハムを応援していた時期もありましたが、申し訳ないですが、
どうも栗山監督が生理的に受け付けなくて今シーズンは応援する気が起きませんでした。

コーチの経験もなくいきなり監督になってチームを優勝に導いた手腕には、もちろん感服しています。
選手にとっては親しみやすくて、いい監督さんのようですね・・・。

選手時代や解説者時代はそうでもなかったんですが、監督になってからのパフォーマンスや、
よく人前で泣く姿は、私はちょっとね・・・。ああいう男は好きじゃないもので。すみません。
だからと言って巨人に勝ってほしいとも思いませんが、どちらにしても、もっといい試合を見たいと思います。

ファイターズもこんなものではないでしょう。明日からの試合に期待したいと思います。
by misty2011 | 2012-10-27 22:45 | セ・リーグ

戸田秋季練習3 川島慶三選手フォト

10月25日東京ヤクルトスワローズ戸田秋季練習その3、今回は川島慶三選手のフォトです。
1年前に右ひじの靭帯再建手術を受け(肘の手術は2回目)、今シーズンもリハビリに費やしました。
私は2軍西都キャンプでリハビリ中の慶三くんを見て以来ですが、とても明るい表情でした。

全体練習でランニングをする川島慶三選手 ユニフォーム姿だったので目立ってどこにいるかわかりやすかったです。
e0222575_1128515.jpg

走り終えて正田樹投手とホッと笑顔の慶三くん
e0222575_1129209.jpg


ここからはメイン球場でのキャッチボール
e0222575_11315671.jpg
e0222575_11314350.jpg

e0222575_11311935.jpg

肘はもう大丈夫そうですね。来シーズンはまた軽快な守備を見たいものです。
e0222575_11322122.jpg

バッティング練習 この角度はモロ逆光だったのでモノクロにレタッチ
e0222575_11503773.jpg

e0222575_11355984.jpg

反対側の角度から
e0222575_11421296.jpg

e0222575_11361141.jpg

アンダーシャツは「#56」なので、楠城選手のを借りているようですね?
e0222575_11365197.jpg

最後に撮った1枚がようやくまともに撮れました。
e0222575_1151544.jpg


ここからはサブグランドで川端慎吾選手と二人で城石コーチのノックを受けます。その様子は後日別に こちら
途中で慎吾くんが右太ももの付け根を痛めたようで倒れこみました。
心配そうに見ている川島選手と城石コーチ ノックはこの時点で終了 
e0222575_053503.jpg


練習が終わって引きあげる際に、ファンにサインをしています。午後1時半ごろです。
写真は撮っていませんが、浩康選手もサインをしていました。私はこれを最後に帰ったのであとはわかりません。
e0222575_1137327.jpg

写真撮影のファンサービスも
e0222575_11373711.jpg

最後のほうは、ちょっとお疲れ気味の慶三くんでした。
私は日本ハムファイターズ、2006年ルーキー時に名護キャンプでサインをしてもらいました。
今回は遠慮しました。
選手もいろいろ事情があるので、すすんでファンサービスをしている時以外は
あまりサインを強要しないようファンも気遣いをしてあげましょう。
e0222575_11372280.jpg

慶三くんが復帰すれば、内野の守備が心強くなりますね。パンチ力のある打撃も楽しみです。
by misty2011 | 2012-10-27 13:20 | 東京ヤクルトスワローズ

10/25戸田秋季練習フォト2 ドラ1四兄弟他

10月25日戸田球場での東京ヤクルトスワローズ秋季練習見学より、(日付訂正)
今回は「ドラ1四兄弟」のキャッチボールなどをアップします。

まずは最初のランニングの追加ぶん 
藤本敦士選手 何周も走ったので、最後のほうはみんな苦しそうな表情です。
e0222575_1115326.jpg

川島慶三選手と楠城祐介選手
e0222575_11182799.jpg

川端慎吾選手   他の選手も撮っていますが、キリがないので。 
e0222575_1143184.jpg


ここからはトラック内の芝生で、投手陣がキャッチボール
「ドラ1四兄弟」の長男・村中恭兵投手 来シーズンも投手キャプテンだそうです。ちょっと頼りない(笑)?
e0222575_1120444.jpg

そろそろエースとして独り立ちしてもらわないと!
e0222575_11204320.jpg

伊藤智仁投手コーチが見守る中、キャッチボール 当日はブルペン入りする投手はいませんでした。
e0222575_11232264.jpg

次男・増渕竜義投手 右肘を痛めているので別メニューで軽くキャッチボール
e0222575_11191765.jpg

投手陣のキャッチボールをちらっと見て引きあげていきました。
e0222575_11371198.jpg


三男・由規投手 今シーズンは結局一度も上で投げることはありませんでした。
右肩痛が長引いているのと、左ひざ「左脛骨粗面剥離骨折」
投げられない、走れないで太っているんじゃないかと心配でしたが、
今年春のキャンプで見た時より、むしろ体が絞れているように見えました。いいことです。
来季こそ由くんの復活を願っています。やっぱり四兄弟そろって投げてほしいですからね・・・。

投手陣のキャッチボールを羨ましそうに眺めています。
e0222575_11273111.jpg

別メニューでしたが、時折シャドーピッチングをして投げたそうにしていました。
既に10月21日にはブルペン入りをしたとのこと。復活に向け、さらに明るいニュースが聞けるといいですね。
由くんの様子は別途アップします。

なお、由規投手は11月5日からの松山ぼっちゃんスタジアムでの秋季キャンプは不参加となりました。
サンスポ ヤクルト・由規、秋季キャンプ不参加
秋季キャンプ日程、参加メンバーは 球団公式サイト 秋季キャンプ概要について

e0222575_11273251.jpg

「ドラ1四兄弟」の四男・赤川克紀投手
四兄弟の中では、今シーズンは末っ子ひとりだけが1年間先発ローテーションを守りました。
e0222575_11281343.jpg

e0222575_11284731.jpg

大らかな笑顔 癒し系ですね。
ところで、運転免許はもう取った?これから?このへんものんびりしてますね。
e0222575_11283841.jpg

e0222575_1133256.jpg

「ドラ1四兄弟」が死語にならないよう、4投手全員の1軍での活躍を期待しています。

穏やかな表情でキャッチボールする松井光介投手
e0222575_1121394.jpg

1枚追加 七條祐樹投手 この時は元気に練習していましたが、その後、手術した左ひざ痛で
松山での秋季キャンプは不参加となりました。
e0222575_119728.jpg

ウーゴ投手
e0222575_11241831.jpg


e0222575_11245669.jpg

松岡健一投手と山本哲哉投手がボールの握りを確かめています。
今シーズンは長期離脱した松岡投手の穴を埋める大健闘の山本哲哉投手 お疲れさまでした。
e0222575_11244961.jpg

今シーズン限りでチームを去る栗田聡フィジカルディレクター
故障者続出の責任をとって辞めるようですが、残念ですね。
随分たくさんの選手がお世話になりました。ありがとうございました。
e0222575_11291328.jpg


e0222575_12182379.jpg

メイングランドでは戦力外となった木下達生投手と一場靖弘投手の姿が見えました。
今後の進路は決まったんでしょうか?
e0222575_12184311.jpg


戸田秋季キャンプの写真は、あと3回くらい更新する予定です。
打撃編、投手陣の守備練習、由規投手、川端慎吾選手、慶三くんなど。

それから秋季練習参加メンバーは球団公式サイトに名前が載ってないのでわかりませんが、
21日に見学した限りでは、相川捕手の姿は見えませんでした。
フェニックスリーグに参加している、中村、雄平、上田、松井淳、飯原、武内、山田選手も見なかったですね。
確認したわけではありませんので、間違っていたらごめんなさい。

練習時間は10時~ 前の記事で終了が2時頃と書きましたが、
21日は最後に撮った写真の時刻を見たら1時半くらいでした。
by misty2011 | 2012-10-26 14:37 | 東京ヤクルトスワローズ