Out of focus ~Baseballフォトブログ~

<   2013年 07月 ( 63 )   > この月の画像一覧

八木、下位打線に痛恨の適時打浴び8敗目、ヤクルト借金20

東京ドーム初戦に完敗し、借金がついに19に膨れ上がった東京ヤクルトスワローズは、これ以上負けるわけにはいきません。
先発は読売ジャイアンツが笠原将生投手、ヤクルトは八木亮祐投手で午後6時30分試合開始。

この6時半試合開始って、中途半端というか、試合終了が10時過ぎるので、
ブロガーにとっては、記事を書くの遅くなって困るんですが・・・。出かけた人も帰宅が遅くなるでしょうね。

初回、ヤクルトは山田選手ヒットとミレ&バレ連続四球で1死満塁としますが、
川端、畠山選手が倒れ先制の好機を逸します。

その裏、八木投手は2死後、坂本選手にヒットを打たれますが、けん制で挟まれアウトとなり三者凡退の上々の滑り出し。

2回、ヤクルトは2四球などでまたも2死満塁のチャンスでしたが、ミレッジ選手がショートゴロに倒れます。
初回、2回と押しながらも満塁のチャンスにあと1本出ません。
無援護属性の八木くんにとって、今日も厳しい展開となりつつありました。

2回裏、八木投手は2死後、ロぺス選手にフェンス直撃の2塁打を浴びますが、ランナーが飛び出し3アウト。
満塁で点が取れないヤクルト、ランナーが出ても走塁ミスでアウトになる巨人と、どちらも拙い攻め。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 今季最多借金20…森岡選手の1号で先制も、投打かみ合わず

3回、八木投手は先頭ボウカ―選手にヒットを打たれ、中井選手にも三遊間へのヒットで無死1、2塁のピンチ。
笠原投手の送りバントでそれぞれ進塁しますが、長野選手のセカンドゴロで3塁ランナーが三本間に挟まれ2アウト。
続く昨日のヒーロー橋本選手を高目のストレートで空振り三振に斬ってとり、この回無失点で切り抜けます。
ナイスピッチング、よくしのぎました。

すると直後の4回、先頭の森岡良介選手が今季初ホームランを放ち1点先制。
e0222575_2004283.jpg

2度の満塁の好機では点が入らなくても、意外な森岡選手の一発で先制とは。
森岡選手はこのあとレフト前ヒットも放ちマルチヒット

4回裏、八木投手は1死後、阿部選手に四球、村田選手、ロペス選手に連打され1死満塁のピンチを招くと、
ボウカ―選手は空振り三振に仕留めますが、中井選手に詰まりながらもライト前タイムリーヒットを打たれ
1-2と逆転されます。
さらに、笠原投手にセンターフェンス直撃の3塁打を浴び1-4となります。
笠原投手はこれがプロ初ヒット、あまりにも痛すぎるヒットでした。

追うヤクルトは5回、バレンティン選手が7月25日以来となる34号ソロホームランを放ち2-4と2点差に。
まだわかりません!

その裏、続投の八木投手は1死後、坂本、阿部選手に連打され1死1、3塁のピンチ。
村田選手にレフト前タイムリーヒット浴び2-5となったところで、2番手松岡健一投手に継投し後続を断ちます。

八木投手は5回途中104球5失点でした。100球超えて、このくらいからいつも八木くんはつかまりますね。
せっかく2点差まで追い上げた直後だったので、この回は何とか踏ん張ってほしかった・・・。

ヤクルトは6回、アコスタ投手から森岡、岩村選手がヒットで1死1、3塁から、山田選手の犠牲フライで3-5とします。

しかし、その裏、木谷投手が2四球から橋本選手にタイムリーヒット&プロ初打点を献上して3-6。
点を取ってもすぐ取り返されるの繰り返しで、追い上げムードに水を差しました。

7回は江村投手がランナーを出しながらも無失点に抑え、
8回は阿部健太投手が、こちらもランナーを出しながらも踏ん張ります。

反撃したいヤクルトは、7回からマシソン、山口、西村投手の前に得点出来ず、そのまま3-6でゲームセット。

八木投手は、出足はよかったんですが、4回の特に、中井選手、笠原投手にタイムリーヒットを打たれたのが悔やまれますね。
ライアン小川投手が言うところの意思のあるボールとは言えませんでした。
せっかくいいストレートを持っているのに、これだけ勝てないのは不憫ですが、
やっぱり勝てない投手にはそれだけの理由はあるんでしょうね。
あとは、もう少しスタミナを鍛えてほしいですね。中盤以降、急に打たれだすことがよく見られます。
フィジカル面だけではなく、精神的にももっとタフさが必要なのかもしれません。
でも、いいものは持っているので、今のヤクルト先発左腕投手陣の中では、私はもっとも期待している投手です。

打つほうは、初回、2回の満塁の好機をつぶしたのが、何ともヤクルトらしくて、
あそこで得点が入っていれば、笠原投手と八木くんの立場が変わっていたかもしれません。
勿体ない攻撃でした。
まあ、いつものことなので、今さらなんですが、これがヤクルトの弱さなんだなあと思いました。

ヤクルトは借金が20の大台に乗り、一昨々年、高田監督が辞任に追い込まれた19を上回りました。
CS進出はこれでほぼ絶望でしょうね。

これからどうやって挽回していくのか希望が見えませんが、目の前の一戦に全力を注いでほしいと思います。
このまま最下位に終わるようであれば、シーズン最後には、けじめとして責任は取ってしかるべきでしょうね。
by misty2011 | 2013-07-31 22:32 | 東京ヤクルトスワローズ

古谷8回無失点の好投、3・4番が6打点、ロッテ快勝で連敗脱出

5連敗の千葉ロッテマリーンズ、これ以上ズルズル負けるわけにはいきません。
きょうの先発はロッテが古谷拓哉投手、日本ハムファイターズはトーマス投手で午後6時15分試合開始。

先制したのはロッテ。
3回、伊志嶺選手が四球で出て犠打で2塁へ進むと、角中選手がヒットで1死1、3塁後、
井口選手のライトへのタイムリー2塁打で2点先制。毎度ながら上手いバッティングですね。
今江選手の打席で、井口選手が3塁へ盗塁し、今江選手もタイムリーヒットで3-0とします。


試合経過は ニッカンスコア


5回には早坂選手が2塁打、そしてまたも井口選手が今度はレフト線へのタイムリー2塁打で4-0と突き放します。
e0222575_20312047.jpg

先制のタイムリー2塁打、中押しのタイムリー2塁打で3打点の井口資仁選手 (写真は5月17日神宮)

古谷投手は安定した危なげないピッチングで、7回までわずか2安打無失点に抑えます。

7回裏にはヒットと四球のランナーを置いて、今江選手がセンターオ―バーのタイムリー2塁打を放ち6-0

古谷投手は8回、先頭の赤田選手に2塁打、中島選手に四球で1死1、2塁とピンチでしたが、
陽選手をサードゴロ併殺打に仕留め得点を許しません。

完封目指して9回も古谷投手が続投かと思いましたが、9回は連投で内竜也投手がマウンドへ。

1死後、アブレイユ、中田翔選手に連打され1死1、3塁になり、
稲葉選手のレフトファールフライを荻野貴選手がナイスキャッチも、ランナーがタッチアップからホームインして6-1
最後は小谷野選手をファーストゴロに打ち取りゲームセット。
6-1で快勝し、ロッテは連敗を5で止めました。

古谷拓哉投手は8回を投げ、114球3安打無失点の好投で4勝目をあげ、連敗を止めました。
打つほうは、3番、4番の主軸が各3打点で計6打点と、久しぶりに投打がかみ合った快勝でした。
欲を言えば、最後も0点でびしっと締めてほしかったですが、まあいいでしょう。

現時点の左のエースが好投し、主軸がきっちり打って、ロッテはいい形で連敗を止めました。
やれやれですね。
明日からは連敗した分をとりもどすべく連勝してほしいですね。

今後も、右の西野投手、左は古谷投手が柱となって、チームを引っ張っていてくれるよう期待しています。
by misty2011 | 2013-07-31 21:44 | パ・リーグ

両先発大谷4回降板は同じも、2番手藤岡踏ん張れずロッテ5連敗

千葉ロッテマリーンズは今日から本拠地QVCマリンで日本ハムファーターズとの3連戦。
先発はロッテが大谷智久投手、日本ハムは大谷翔平投手の大谷対決。

今日は里崎捕手が1軍復帰しましたが、先発マスクは江村直也捕手でした。

初回、大谷智投手は先頭の陽岱鋼選手にフェンス直撃の2塁打、
アブレイユ選手にレフトへのタイムリーヒットを浴び1点先制されます。

その裏、ロッテは大谷翔平投手の前にあっさり三者凡退。

2回、大谷智投手は赤田選手にヒットを打たれ、井口選手のエラーで2死1、3塁のピンチを招きますが、
陽選手を三振に仕留めこの回は無失点で切り抜けます。

試合経過は ニッカンスコア

追うロッテは2回裏、今江選手が四球、大松選手がセンター前ヒットで1死1、2塁のチャンスも、後続が倒れます。

3回表、大谷智投手は先頭から2塁打、ヒット、四球で1死満塁のピンチに、
小谷野選手に犠牲フライを打たれ0-2となります。

ロッテは3回荻野貴選手がサードエラーで出塁後、2盗しますが、
角中、井口選手が大谷翔平投手のストレートに詰まらされ得点できません。

4回裏、ブレゼル選手2塁打、鈴木大地選手は四球で2死1、2塁で、ロッテは代打・里崎選手を送ります。
大谷翔平投手の初球ストレートを狙い打ち、あわやホームランという惜し~~~いレフト大ファールで場内は大歓声。
結局、死球で歩き2死満塁。
つづく塀内選手はストレートのフォアボールで1-2となります。
トップに戻って、荻野貴司選手が初球をたたき、レフトへの2点タイムリーヒットで3-2と逆転に成功!
角中選手もライト線2点タイムリー2塁打で5-2とリードを広げます。

逆転直後の5回表、大谷智投手は大引、アブレイユ、中田翔選手に3連打を浴び無死満塁で、藤岡投手に交代。
しかし、稲葉選手にライトへの2点タイムリーヒットで5-4 角中選手のファンブルでランナーは2、3塁へ。
小谷野選手の犠牲フライで5-5の同点とされると、赤田選手のレフトオーバーのタイムリー2塁打で
あっという間に5-6と勝ち越されます。

大野捕手にもヒットを打たれ、この回、犠牲フライを挟んで6連打で4失点。
この後、代打・二岡選手は三振、陽選手も打ち取りようやく3アウト。

ファイターズは5回裏から河野投手に継投。先頭の井口選手がヒットで出塁も今江選手が併殺打。
3番手・石井投手の前にブラゼル選手はサードフライで3アウト。

6回も続投の藤岡投手は、先頭にストレートの四球、1死後、中田選手にはヒットを打たれ1死1、2塁から
稲葉選手のセカンドゴロを鈴木大地選手が捕球ミスで1死満塁。
いや、あれは捕球していたと思いますけどね。

ここで内竜也投手に継投。内投手は小谷野選手を空振り三振、
赤田選手をキャッチャーファールフライに打ち取り追加点を許しません。
1死満塁の厳しい場面を、内投手の見事なピッチングで火を消し、流れを止めました。

回またぎで7回も内投手が続投。
先頭の大野捕手に2塁打を打たれ、1死後、陽選手は四球で出しますが、大引選手を併殺打に仕留めます。

1点を追うロッテは7回、先頭の伊志嶺選手がヒットで出塁。
荻野貴選手もヒットでつなぎ無死1、2塁で、角中選手は送りバントも3塁フォースアウト1死2、3塁。
増井投手に交代後、ロッテは2死満塁とますが、宮西投手の前に代打サブロー選手がショートゴロに倒れ得点できません。

8回はロサ投手が登板し、ランナーは出しますが無失点。

しかし9回、松永投手が、大野、陽選手に2発被弾して3失点。

ロッテは5回の5点以降、反撃することなく5-9でファイターズに敗れました。
これでロッテは5連敗。
今日はお互い先発両投手が5失点ずつでイーブンでしたが、2番手投手で試合の流れがあちらにガラッと流れました。
e0222575_0421385.jpg

日本ハムファイターズの大谷翔平投手は5失点も、味方の反撃で黒星を免れる強運!?持ってますね。

藤岡投手は先発不合格となり、再び中継ぎに戻りましたが、
リリーフでも、前の投手が残したランナーを全部かえして、その役目を果たせませんでした。
3番手の内投手が素晴らしかっただけに、その差がいやというほど出ましたね。

松永投手は、なんだか集中してなかったんでしょうか?あんな簡単に被弾するとは思いませんでした。
1点差ならまだ望みがありましたが4点差では挽回する力が今のロッテには無理でした。

明日は古谷投手なので、試合は作れると思いますが、継投がまた大事になって来そうですね。
連敗が止まるよう願っています。
by misty2011 | 2013-07-30 23:04 | パ・リーグ

ロマン投手もダメでした5回持たず6四球

東京ヤクルトスワローズは今日から東京ドームで読売ジャイアンツとの3連戦。
先発は巨人が内海哲也投手、ヤクルトはオーランド・ロマン投手で、今日は午後6時30分試合開始。

初回、ロマン投手は2四球でランナーを出しますが、村田選手を空振り三振に斬ってとり無失点。
2回表、1死後、今日5番に入った畠山和洋選手が10号ソロホームランをレフトスタンドに放り込み1点先制。
いいねぇ~ハタケ!!

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 畠山選手に10号先制弾も追加点奪えず、ロマン投手は4敗目

3回表、先頭の川島慶三選手がレフト前ヒット、ロマン投手の送りバントを内海投手がはじいて無死1、2塁。
山田哲人選手は送りバント2度ファール後、打って出てライトフライもタッチアップした慶三くんが3塁アウト。
ライト橋本到選手からの好返球でした。初めて見る選手ですが、敵ながら凄いレーザービームでした。
上田選手も倒れ、この回追加点ならず。

その裏、ロマン投手は長野選手にヒット、橋本選手にフェンス直撃の2塁打を浴び、
2死後、阿部慎之助は敬遠気味で2死満塁の大ピンチ。
ここで村田修一選手に2点タイムリー2塁打を浴び1-2と逆転されます。

5回、ヤクルトは先頭の川端選手がサード内野安打で出塁。
相川捕手のショートゴロで2塁へ進み、慶三選手は四球で1死1、2塁。
ロマン投手は、バスターからレフトへの惜しいファールがありましたが結局三振。
山田選手はライトフライで得点できません。

その裏、ロマン投手は橋本選手にヒット、坂本選手に四球で1死1、2塁、
怖い阿部捕手はセカンドゴロに打ち取り、村田選手とは勝負できず四球で2死満塁。
このあと、ロペス選手にはフルカウントから押し出しの四球で1-3となります。

ここでロマン投手は降板となり、江村将也投手が登板し、代打の谷選手を空振り三振に仕留め3アウト。
いやいや、よく抑えました。

直後の6回表、先頭の上田選手が2塁打で出塁、ミレ&バレ選手は倒れ、畠山、川端選手は連続四球で2死満塁。
つづく相川捕手はショートゴロに倒れ、この回も得点できません。

6回からヤクルトは木谷投手に継投し、2死後、長野選手にヒット、橋本選手には四球でピンチを招くと、
坂本勇人選手にタイムリーヒットを打たれ1-4。
ヤクルト投手陣には毎度の2死ランナー無しからの勿体ない失点でした。

7回、山口投手からヤクルトは2死後、山田選手がヒットで出塁。
代打・飯原選手がライト前ヒットでつないで2死1、3塁も、ミレッジ選手がショートゴロに倒れ、この回も得点ならず。

8回はマシソン投手の前に、あっさり三者凡退。
9回も西村投手の前に、三者凡退で1-4で敗れました。

ヤクルトは結局、畠山選手のソロ一発の1得点のみ。
ミレッジ選手と復帰したバレンティン選手、ともに4タコに終わり、得点に絡むことなく終わりました。

e0222575_22234771.jpg


先発のロマン投手は5回途中まで投げ、4安打ながら6四球で3失点。
そう打たれたわけではないですが、結局勝負しきれず四球でランナーを出し、そこからの失点と
このところのスワローズ投手陣のいつもの失点のパターンでした。

6回も2死走者なしからのヒットと四球が絡んでの失点。これもデフォとなった失点パターン。

今日は大量失点こそしていませんが、やっぱりヤクルト投手陣にとっては、どうやっても四球が防げないようですね。
そこから必ずと言っていいほど失点する、困ったもんです。
シーズン通してずっとそう。何か対策はないでしょうか?もう四球を出すと罰金とか。

ヤクルトはこれで借金19・・・ どうやって返すの!?
このまま、おそらく20の大台にのるでしょうね。投手陣が崩壊しているので、明るい見通しが立ちません。

3位の横浜DeNAは今日も広島を下して3位キープ。着々と借金を返済しています。
もう横浜銀行なんて、そんな失礼なことは口が裂けても言えません。

私は以前から公言しているように、ヤクルトに次いでセでは横浜を応援しているので、
この際、ヤクルトがダメなら、DeNAに頑張ってもらってAクラス入りをしてほしいと願うほどです。
広島だけは、ノムケンが監督をしている限り、絶対にAクラス入りは阻止してほしいです。
by misty2011 | 2013-07-30 22:26 | 東京ヤクルトスワローズ

山田哲人&上田剛史選手フォト@神宮7/25

今日は試合がないので、前回出かけた神宮の写真をアップします。

東京ヤクルトスワローズは1番・山田哲人選手、2番・上田剛史選手の若手俊足コンビがスタメンを張っていますが、
最近は、山田くんのバッティングの状態がイマイチなので、
そろそろ外されるのではないかと、毎試合スタメン発表をドキドキしながら見ています。

一方、上田選手は打撃好調で、打率も3割を超えていて、毎試合コンスタントにヒットが出ています。

7月25日神宮 仲良く一緒に球場入りする上田選手と山田選手
e0222575_170958.jpg
e0222575_1701658.jpg

山上田の1.2番コンビがこれから定着するかどうかは、やはり打撃と出塁率次第でしょう。
必死のパッチで頑張ってください。
e0222575_1702142.jpg


e0222575_171237.jpg

アップに集合
e0222575_1713388.jpg
e0222575_1714070.jpg
e0222575_1714821.jpg

キャッチボール 残念ながら、あまりいい表情が撮れませんでした。
e0222575_1722857.jpg

シートノック中 セカンドの守備は無難にやっていますね。
送球はちょっと危なっかしい時もありますが、守備範囲は広いようです。
e0222575_1724587.jpg

試合直前の素振り
e0222575_172556.jpg


e0222575_1775844.jpg


上田選手は振りが随分シャープになりましたね、鋭い打球が多いです。
e0222575_17101453.jpg

試合終了時の山田くん 色合いがヘンだったのでモノクロにレタッチ
e0222575_179024.jpg

by misty2011 | 2013-07-29 19:06 | 東京ヤクルトスワローズ

赤川への温情采配が裏目、5回満塁被弾と2ラン被弾で逆転許す

昨夜のカープ戦は川端慎吾選手の満塁弾で、逆転で小川投手に11勝目をプレゼントした東京ヤクルトスワローズ。
連勝してこのカードの勝ち越しを期します。

雨空の中、広島カープは小野淳平投手、ヤクルトはか赤川克紀投手の先発で試合開始。
今日もバレンティン選手はスタメンを外れ、川端選手が3番、ミレッジ選手が4番、畠山選手が5番というオーダーでした。

初回、ヤクルトは先頭の山田選手が死球で出塁。
上田選手のセカンドゴロで2塁へ進むと、昨夜のヒーロー川端選手はレフト前ヒットで1死1、3塁。
しかし、4番ミレッジ選手は浅いセンターフライ、畠山選手はサードゴロで得点ならず。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 ミレッジ選手の4戦連続弾など二桁安打も、投手陣踏ん張れず

その裏、赤川投手は当たり前のように初回から失点。
先頭を四球で出すと、犠打で2塁へ進まれ、2死後、キラ選手も四球で歩かせ2死1、2塁。
ここで梵選手にライト前タイムリー2塁打を浴び1点先制されると、
廣瀬選手にもレフト前タイムリーヒットを打たれ0-2

しかし、ヤクルトは2回、先頭の飯原選手がセカンド内野安打で出塁、
相川亮二捕手のセンターフェンス直撃のタイムリー2塁打、で1点かえして1-2とします。
もうチョイでホームランでしたけどね。

e0222575_17223863.jpg


赤川投手は2、3回と三者凡退に抑えます。
すると4回、ヤクルトはミレッジ選手が4試合連続となる15号ソロホームランで2-2の同点に追いつきます。
畠山選手が四球で歩き、飯原選手のゴロでランナーが入れ替わり1死2塁から、
相川選手のレフト線への2打席連続のタイムリー2塁打で3-2と勝ち越します。
さらに、森岡選手のタイムリー2塁打で4-2と、この回3点奪い逆転に成功!

広島は5回から久本投手に継投。
ヤクルトは先頭の上田剛史選手がショート内野安打で出塁。
1死後、ミレッジ選手はサード内野安打、畠山選手は三振、久本投手のワイルドピッチで2死2、3塁から
飯原誉士選手がセンター前に抜ける2点タイムリーヒットを放ち、6-2とリードを広げます。

4点リードをもらって、その裏を抑えれば赤川くんは今季初勝利となりますが、
その5回裏、勝ちへの意識過剰になったのか、赤川投手が崩れます。

先頭の堂林選手を四球で出し、石原、小窪選手に連打され無死満塁の大ピンチ。
ルイス選手はフルカウントから空振り三振に仕留めますが、
菊池涼介選手に何と6号満塁ホームランを浴び、6-6の同点に。試合は振り出しに戻ります。
先頭の四球が余計すぎました。

それにしてもなんという悪夢だぁぁぁ・・・
赤川投手に何とか勝ち星をと続投させたベンチの温情がアダとなりました。
e0222575_2285045.jpg

昨日のお返しとばかり、菊池涼介選手にグランドスラムを浴びました。写真は7月14日神宮

2死後、キラ選手に四球を出したところで、ついに降板。2番手で木谷投手に継投します。
しかし、梵英心選手に2号2ランホームランを浴び6-8と逆転されます。
もう、言葉を失いました。
結局、赤川くんの交代を早めても、誰を出しても5回はこうなったのかな?もう訳わかりません。

7回には江村将也投手が1死後、ヒットと四球でランナーを出すと、松岡健一投手に交代しますが、
堂林選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ6-9
石原捕手のセーフティスクイズで10点目

ヤクルトは、6回からの広島カープの3番手・永川投手、4番手横山投手の継投の前に、
ノーヒットに抑えられ、得点出来ません。

9回はミコライオ投手から1点奪いますが、7-10でゲームセット。

ヤクルトは、5回の赤川投手の継投のタイミングを外し、4点リードを一気にひっくり返され、
その後は、カープの万全の継投の前に挽回する力を失いました。

赤川投手は4点リードをもらいながら5回を投げ切れず、今シーズンは未勝利のまま7失点で5敗目となりました。

ベンチが今日は個を守ろうとして、結果チームは試合に敗れたように私は感じました。
最下位のチームなんだから、いやそうでなくても、やっぱりチームの勝利こそ優先すべきでしょう。

今シーズンは、いろいろワーストゲームがありますが、今日はまたひとつワーストの中に入る試合となったと思います。

ひとつでも上を目指すチームとしては、今日はリードしていた段階で、何が何でも勝ちにいかなければならない試合でした。
それがこういう結果となっては、もはや何もありません。
最低でも広島戦は勝ち越さなくてはいけなかったし、今日は勝てた試合でした。

このままでは、何だか最下位一人ぼっちになりそうな心配までしなくてはなりません。
打線が必死につないで得点しても、それ以上に投手が打たれてはどうしようもありません。
投手陣の力不足と言えばそれまでですが、いくら駒が足りないとしても、もう少しやりようはあると思います。
先発もブルペンも、投手陣、何とかなりませんか!?
by misty2011 | 2013-07-28 22:38 | 東京ヤクルトスワローズ

西野でも勝てずロッテ4連敗、3位に後退

Kスタ宮城は今日も雨が心配された中、予定どおり試合が行われました。
先発は東北楽天ゴールデンイーグルスが美馬学投手、千葉ロッテマリーンズは西野勇士投手で、午後5時5分試合開始。

先発マスクは、負傷の川本捕手と入れ替わりで上がって来た江村直也捕手で、久しぶりの西野-江村のバッテリー。

初回、ロッテは先頭の荻野貴選手が四球で出塁、2死後2盗に成功し、今江選手のライト前ヒットで1点先制。

3回は、先頭の塀内選手が今季初ヒットで出塁。1死後、角中選手がレフト前ヒットで1死1、3塁のチャンス。
井口選手の2点タイムリー2塁打で3-0。
今江選手もヒットで続き、2死後、大松選手のタイムリー内野安打で、この回5安打を集め4-0とします。

試合経過は ニッカンスコア

西野投手は4回まで楽天打線をパーフェクトに抑えます。
しかし5回1死後、マギー選手を四球で出すと、舛田選手に初ヒットを許し、
松井稼頭央選手にライト線へタイムリー2塁打を打たれ4-1
つづく、嶋捕手の犠牲フライで4-2
島内選手にレフト前タイムリーヒットを浴び4-3と一気に1点差に追い上げられます。
しかし、この島内選手って今まで知らなかったんですが、いいバッターですね。

楽天は4回から2番手で宮川投手に継投、
7回まで4イニング投げ、ロッテは5四球もらいますが、7三振奪われ追加点がとれません。


7回裏、続投の西野投手は1死後、マギー選手に2塁打を打たれたところで松永投手に交代。
しかし、舛田選手にレフトへタイムリー2塁打を浴び4-4と同点に追いつかれます。

8回も続投の松永投手は2死ランナー無しでロサ投手に交代。
しかし、ジョーンズ選手にセンター前ヒットを打たれ、これをセンター岡田選手が後逸し、ランナーは2塁へ。
ジョーンズ選手は日米通算2000本安打達成です。おめでとうございます。

この後、マギー選手を歩かせますが、枡田慎太郎選手にこの日3安打目となるエンタイトル2塁打を浴び、
楽天が4-5と勝ち越します。

ロッテ9回の攻撃も、1死後、今江選手がヒットで出ますが、最後はブラゼル選手が併殺打でゲームセット。
ロッテは4-5で逆転負けし、首位の楽天戦は同一カード3連敗。西武戦から4連敗となりました。

今日は先発が西野投手対美馬投手で、最も勝ちを計算できる試合でした。
その通りの展開で4点リードで、西野投手は5回1死までパーフェクト。
それが終わってみれば逆転負け・・・。

西野投手は5回1死後、四球から崩れ3安打と犠牲フライで3失点。
楽天の下位打線につかまりました。

その後は、継投が中途半端で、7回途中から松永投手をつぎ込みますが同点とされ、
8回も、回またぎの松永投手が2死走者なしからロサ投手に継投後に逆転されました。

ヒット数はロッテが10安打で楽天の7安打を上回りながらも、ロッテの残塁は10

一番の差は、楽天の下位打線の勝負強さでしょうね。
ロッテは下位打線がほとんど期待できないのとは大違いです。

今日は6番の舛田選手が3安打、同点打と勝ち越し打で2打点、
また、7番から9番の松井、嶋、島内選手がそれぞれ1打点ずつで、下位打線で全5打点をただき出しました。
この辺の打撃力がロッテとは雲泥の差です。

しかし、西野投手で4点リードで勝てなかったのは痛すぎますね。
これでロッテは首位楽天とは5ゲーム差で、今日勝った西武に抜かれ3位となりました。

このままズルズル行かないように切り替えて、次のカードに臨んでほしいと思います。
by misty2011 | 2013-07-28 21:22 | パ・リーグ

川本良平捕手、捕球時に球が当たり左目下を打撲裂傷、抹消へ

申し訳ないですが、今日は試合より川本ちゃんの怪我が心配で、その後の情報が出るのを待っていました。

日刊スポーツ 【ロッテ】川本が左目下に球、負傷交代
サンスポ ロッテ・川本、打球が顔面に…5針縫う裂傷
 サンスポの写真は出血がすごくて痛々しい…
スポニチ 川本フライ追い打球が顔面に…流血交代で登録抹消

試合は、初回にブラゼル選手のタイムリーヒットでロッテが先制しましたが、2回裏、ゴンザレス投手が打たれ5失点。
この段階で、私はロッテ戦はほとんど見ることなく、ヤクルト戦のテレビ中継に集中していました。

で、3回に川本良平捕手が、ファールフライを捕球しようとした際に、打球を顔面に受け、
出血して担架で運ばれたというのは、あとで知りました。
なもので、その場面は全く見ていません。
見ていたら、もっとショックだったかもしれません。

記事によると、病院では「打撲による裂傷」と診断され、5針を縫って、骨に異状はないそうです。
最悪の事態は避けられましたが、目の下ですからね・・・。視力とか大丈夫でしょうか?


Kスタ宮城は途中から雨が強くなり、ホントなら、こんな中で試合をやってほしくなかったですけどね。
日刊の写真で見ても、大粒の雨が激しく降っている最中での怪我で、コアラが倒れこんで雨に濡れています。

川本捕手はコンタクトレンズをつけているので、雨粒で打球が見えにくかったのかもしれませんね?
【追記】 じゃなくって、ファールの打球がフェンスに当たって跳ね返って顔に当たりました。

もう悔しいやら、残念やら、ショックやらで、へこみます。
しっかり治療して、一日も早い復帰を願っています。

川本捕手は28日に出場登録を抹消し、代わって江村直也捕手が昇格するとのことです。
e0222575_23462661.jpg

写真は5月18日交流戦 神宮


コアラは比較的けがが多い選手で心配はしてたんですが、ここまで順調だったので一安心していたところに
これですからね。
田村捕手を下に落として、再び捕手2人制をとった矢先に、また一人捕手が怪我してリタイアとは。
やっぱり捕手は3人制にしておくべきでしょうね。
何だか今シーズンは、いろんなチームで捕手が呪われているかのようですね。

しかし、交換トレードの田中雅彦捕手と川本良平捕手が二人とも怪我とは、なんだかお互いついていませんね。
雅彦捕手は、もう練習は開始していて、下での試合にも捕手ではないですがDHで出ているようです?


試合経過は ニッカンスコア

試合は1-8でロッテが敗れました。
試合は負けるし、コアラが怪我するしで、中止にしてくれていればと恨みがましく思いました。

また、ケガの情報などありましたら追記します。
by misty2011 | 2013-07-27 23:33 | パ・リーグ

8回一挙6得点、川端慎吾決勝満塁弾、小川泰弘11勝

昨夜は、さすがに5位と6位の戦いぶりだと思わせるようなグダグダの試合で、
結局、延長で敗れた東京ヤクルトスワローズ。
今日は小川泰弘投手の先発だけに絶対に落とせません。
広島カープは野村祐輔投手の先発で、3万超のマツダスタジアムで午後6時試合開始。

スタメンにはバレンティン選手の名前がありましたが、試合が始まると即代打武内晋一選手が4番に入りました。
昨日痛めた手首かな?と心配しましたが、腰の張りがあってスタメンを外れたそうです。
バレンティン選手はベンチに座っていたので、それほど大したことではなさそうです。

初回、ヤクルトは先頭の山田選手が四球で出ますが、上田選手が送りバント失敗後、併殺打。
しかし、ミレッジ選手が3試合連続となる14号ソロホームランをレフトスタンドに運び1点先制。
小川投手の先発では、いつもバレンティン選手がホームランを打つんですが、今日はミレッジ選手が
先制アーチで援護しました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 川端選手が決勝グランドスラム! 小川投手が6連勝で11勝目

その裏、小川投手は先頭のルイス選手を死球で出し2盗を許すと、このあと慎重になったのか、
投球の間合いが長くテンポの悪い立ち上がりでしたが、無失点に抑えます。

この後、両投手の好投で5回まで0が並びます。
バレンティン選手不在のオーダーはさすがに迫力不足で、
ライアン小川投手への援護がなかなか入らず、併殺打でチャンスを潰すなどジリジリした展開でした。

1点リードの6回裏、カープ打線は小川投手の初球を積極的に打って出てます。
先頭のルイス選手が初球を打ってヒットで出ると犠打で進塁。
丸選手も初球を打ってセンター前タイムリーヒットとなり1-1の同点となります。
小川投手は、つづくキラ選手に6号2ランホームランを浴び、ついに1-3と勝ち越しを許します。

打たれた初球はそれまでより甘い球でした。
いや~バレ様がいなくて、どうやって逆転するの?と正直不安になりました。
小川投手に負けだけはつけてほしくないと祈りました。

7回も続投の小川投手は三者凡退に抑え、この回で降板。

追いつきたいヤクルトは8回、先頭の森岡選手がライト前ヒットで出塁。
中村悠平捕手も2塁打で無死2、3塁とチャンスを広げると、
小川投手の代打・岩村選手がライト前タイムリーヒットで2-3と1点差。
続いて、代打・田中浩康選手がピッチャー前へのボテボテの当たりがラッキーな内野安打となり、
4連打で3-3の同点に追いつきます。
力投の小川投手の黒星を消すべく、執念を感じる打線のつながりでした。

このあと、上田選手のバスターで1死2、3塁とし、ミレッジ選手は敬遠され1死満塁。
ここで4番武内選手はサードファールフライに倒れ2死満塁に。うわ・・・、最低限もできずイヤな流れ。

しかし、しかし、5番川端慎吾選手が今季初ホームラン、しかもそれがグランドスラムとなる1号満塁弾を
ライトスタンドへ放ち7-3と一気に勝ち越します!
慎吾くんらしいライナー性の美しいアーチでした。さすが天才慎吾くん!
好投の野村祐輔投手をこの回で引きずり降ろしました。

8回は石山泰稚投手が三者凡退に抑え、最後は山本哲哉投手も三者凡退で締め、
ヤクルトが7-3で鮮やかな逆転勝ちを収めました。

小川泰弘投手は味方の反撃で一転勝ち投手となり、セ・リーグハーラートップの11勝目を飾りました。
また、球団新人としては初の6連勝となりました。
ホントに良かったですね。おめでとうございます。

いつもライアン登板では援護してくれるバレンティン選手がいなくても勝てました!
日頃あまり表情を崩さない小川投手が、慎吾くんが満塁弾を打った瞬間、ベンチでとても嬉しそうな笑顔でした。

それにしても川端慎吾選手のグランドスラムは値千金、惚れ惚れするほど素晴らしかったですね。
自身2本目のグランドスラムで、私は1本目の満塁弾は一昨年の9月神宮で生で見て感動したものです。こちら
e0222575_2181756.jpg

左足首の手術で出遅れましたが、今日は改めてその勝負強さと主軸バッターとしての存在感を感じさせてくれました。
これからも怪我には気を付けて、今日のような勝負強いバッティングを期待しています。写真は7月25日神宮


e0222575_9112629.jpg

ライアン小川投手の試合は絶対に負けられない、そんなナインの気持ちが一気に爆発した8回の一挙6得点でした。
写真は5月18日神宮

明日も勝って、このカード勝ち越しましょう。赤川くん、何とか粘ってください。
by misty2011 | 2013-07-27 22:16 | 東京ヤクルトスワローズ

5失策の広島に勝ちきれずヤクルト延長サヨナラ負け

石川投手の好投で連敗を止めた東京ヤクルトスワローズ。
いい流れで今日からマツダスタジアムで広島カープとの3連戦に挑みます。

先発は広島東洋カープが大竹寛投手、ヤクルトは村中恭兵投手で午後6時試合開始。

初回から村中投手が打たれます。
菊池選手に2塁打、丸選手にヒットを打たれ1死1、3塁となると、
2死後、梵選手にレフト前にタイムリーヒットを打たれ1点先制されます。
相変わらず簡単にヒットを打たれます。よく1点で済みました。

直後の2回1死後、ヤクルトは畠山選手が右中間への2塁打で出塁。
会澤捕手のとんでもないけん制悪送球で畠山選手が3塁へ進むと、中村悠平捕手のサードゴロを
今度は堂林選手がトンネルするタイムリーエラーで同点に追いつきます。
敵ながら、大竹投手が可哀想にと同情しました。
失策はこれにとどまらず、これ以降も、カープの笑ってしまうようなエラーやミスが続出します。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 ミレッジ選手の3ランなど3度追いつくも、延長サヨナラ負け

同点に追いついた2回裏、村中投手は、大竹投手に四球を与えるなど、3四球3安打で3点失い1-4
相変わらずの四球がらみの失点でした。
この時、キラ選手のライト前ヒットでバレンティン選手が打球を処理した際、
左手首付近を痛めたようですが、プレーは続行。何ともなければいいんですが。
この状況で、バレンティン選手が離脱することがヤクルトは一番困ります。

劣勢になったヤクルトは3回、山田、上田の連続ヒット後、ミレッジ選手が13号3ランホームランを放ち、たちまち同点に。
村中投手、なんという援護!?

いつ交代するかと思った村中投手は、このあと7回途中まで投げ無失点に抑えます。
やればできるじゃん、これを最初からやれって思いますよね。

ヤクルトは6回、先頭の川端選手がショートゴロエラーで出塁
畠山選手のレフト前ヒットとレフト後逸で、川端選手が3塁を回ってホームに突っ込みますがタッチアウト。
ノーアウトで、無理してホームを狙うこともなかったのにと思います。
城石コーチが手を回したんでしょうか?テレビではわかりませんでした。

4-4の同点のまま8回、3番手木谷投手が堂林選手に5号ソロホームランを浴び4-5と勝ち越しを許します。
堂林選手はヤクルト戦から3本目のホームラン。打たれてはいけないバッターにまた被弾しました。

8回にはスクイズ失敗(ここはロッテ戦を見ていて見逃しました)追記

1点ビハインドで9回、ヤクルトは先頭の山田選手がヒットで出塁。
上田選手が四球でつなぎますが、ミレッジ選手はセカンドゴロ併殺打で2死3塁。

途中出場の三輪選手がピッチャーゴロでゲームセットと思った瞬間、1塁岩本選手がファーストベースをあけていて
これが内野安打となり、3塁走者が生還して土壇場で5-5の同点に追いつきます。ラッキーそのものでした。

延長に入り10回、ヤクルトは2死から、中村、飯原選手の連打で2死1、3塁のチャンスでしたが、
今日4安打の山田選手に期待がかかりますが、セカンドゴロに倒れ得点できません。

その裏、山本哲哉投手が登板も、先頭の倉捕手にヒットを打たれ、その後2死までこぎつけますが、
菊池選手にもヒットを打たれ2死1、2塁。
続く丸佳浩選手にセンター前に弾き返され、上田選手がホーム送球も高く外れ、
倉捕手がサヨナラのホームを踏みました。

延長10回、4時間30分のもつれた試合は、最後カープのサヨナラ勝ちで決着しました。

カープは記録上5失策、ヤクルト最初の得点は相手エラーが2個重なっての得点。
その上、9回はエラーはつきませんが、1塁手の大きなミスで同点にまでしてもらいました。

これ以外にも何度も勝てるチャンスはありましたが、攻めきれず、結局最後はサヨナラ負けと、
長い試合が徒労に終わりました。

村中投手は途中からは立ち直ったようですが、初回、2回と失点を重ねて、毎度のさかなクンでした。
この辺を修正しない限り、まだまだ信頼は取り戻せません。

あとは、もう何というか、広島のミスがこれだけひどくても勝てないとはねぇ・・・。
カープは勝ったものの、褒められたような試合ではありません。
それでも負けるヤクルトの弱さを今日はまた認識したような試合でした。

e0222575_0105762.jpg

サヨナラヒットの丸佳浩選手 成長著しいですね。足も速いし、守備もいいし、もちろんバッティングも。
これからも苦しめられそうです。写真は2枚とも7月14日神宮

e0222575_011157.jpg

タイムリーエラーで、堂林選手、優しいわ~と思ったのに、
ホームランを打つあたりは、やっぱり何か持っているんでしょうか?
あれだけ低打率で、守備が下手でもスタメンを確保できるのは、野村謙二郎監督故なんでしょうけど、
これがいいのか悪いのか?
その堂林選手にヤクルトは打たれすぎ~!!


一方、同じ若手の山田哲人選手は、今日4安打ながら、肝心の10回のチャンスに打てませんでした。
あそこで打てるようになれば本物でしょうね。
トップバッターとしては、かなりいい線行っているんですが、好機にも打てるようになってほしいと願っています。

カープには何としても勝ち越したいですけどね・・・。
by misty2011 | 2013-07-27 00:25 | 東京ヤクルトスワローズ