Out of focus ~Baseballフォトブログ~

<   2014年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

DeNA山崎憲晴選手フォト@神宮3/29

3月29日神宮での開幕2戦目より、今回は横浜DeNAベイスターズの山崎憲晴(のりはる)選手のフォトです。
試合編フォトは先にアップした こちら

バッティング練習
e0222575_14552714.jpg

e0222575_14553764.jpg
e0222575_14554438.jpg

シートノック前のキャッチボール
e0222575_1511393.jpg

e0222575_1512316.jpg

試合前の素振り
e0222575_14563592.jpg

この時は、このあとヒーローになるとは思ってなくて、これだけしか撮っていませんでした。

ここからは試合中
3-3の7回、ヤクルト山本哲哉投手から今季1号ソロホームランを放ちDeNAが4-3と勝ち越します。
山崎選手にとって、今季初ヒットが価値あるホームランとなりました!
e0222575_1522243.jpg

3塁馬場コーチとタッチして
e0222575_1535212.jpg

ホームイン 小池コーチが迎えます。
e0222575_154572.jpg

e0222575_1543640.jpg


試合はその後両チーム1点ずつ追加しますが、横浜が5-4で競り勝ちました。
ヒーローインタビューに呼ばれます。
声援に手を振る山崎憲晴選手
e0222575_1554910.jpg

あいにく向こう向きだったので、オーロラビジョンの映像を2枚
e0222575_1544984.jpg
e0222575_1545877.jpg

インタビューが終わって歓声に帽子をとって応えます。
e0222575_155543.jpg


おまけ 2009年4月7日ハマスタ ルーキーイヤーの山崎憲晴選手
e0222575_1650714.jpg

1年目と比べると、今は随分体ががっしりしました。


神宮開幕2戦目は2番伏兵の一発がDeNAを勝利に導きました。
3戦目は雨天中止となり、神宮での開幕カード、ヤクルト対横浜DeNAは1勝1敗に終わりました。
今シーズンは両チームとも少しでも順位を上げて、期待の持てるシーズンにしてほしいと思います。
ヤクルトか横浜のどちらかでもCS争いをしてくれたらいいなあと願っています。

何度も書いていますが、私は以前から特定球団の熱心なファンではなく、好きな選手を応援するタイプの野球ファンです。
その好きな選手も各チームにいろいろ散らばっていて、しかも、すぐ気が変わるという勝手気ままな困ったちゃん。
胸を張ってどこどこのファンとは言えませんが、
ゆるいながらもセ・リーグではヤクルト、横浜DeNAが好きなチームではあります。

スワローズブログとして始めたこのブログですが、ブログ上で思いもかけぬ仕打ちを受けて気持ちが萎えました。
今シーズンは特にどのチームと決めないで単純に野球を楽しもうと思います。


あっ、それからどうでもいいことですが、当ブログは「ブログ村」に登録していますが、
INポイントのバナーは設置していません。
しかし、たまにINポイントが入ることがあって不思議で仕方ないんですが、
「ブログ村」に問い合わせても原因がわかりません。
たぶん、機械の誤作動なんでしょうね!?
by misty2011 | 2014-03-31 19:11 | セ・リーグ

ヤクルトルーキー・西浦直亨選手フォト@神宮3/29

3月29日神宮球場開幕2戦目の東京ヤクルトスワローズ対横浜DeNAベイスターズの試合より
前日、開幕戦史上初の新人プロ初打席初球3ランホームランを放ち、衝撃的なデビューを飾った
ドラ2ルーキーの西浦直亨(なおみち)選手のフォトです。

アップに集合
e0222575_10303433.jpg

シートノック
e0222575_1033323.jpg

e0222575_10304349.jpg

大きな声がでていました。
e0222575_10305915.jpg

ベンチで横浜のシートノックを見ています。
e0222575_12211241.jpg


ここからは試合中  晴天だったのでサングラスをかけています。
e0222575_10332196.jpg

3枚追加
e0222575_053055.jpg

e0222575_0531981.jpg
e0222575_0533073.jpg

サングラスを外して守備につきました。
e0222575_10333426.jpg

開幕2戦はショート西浦、センター雄平選手の布陣でした。
e0222575_12303195.jpg

近くで撮れた写真がないので、次回にトライしたいと思います。

打撃は開幕戦のホームラン以降はノーヒットです。
守備力を買われて、ルーキーながらショートスタメンに起用された選手なので、
まずは守備できっちり結果を出してアピールしてほしいと思います。
ヤクルトの場合、なかなかセンターラインが定まらないので、他の選手との競争の中で、
西浦選手が攻守に成長してくれることを見守りたいと思います。


新人のプロ初打席初球本塁打は、開幕戦ではプロ野球史上初の快挙 その3ランホームランの動画
初回、4-0とヤクルトリード 8番ショート西浦選手が法政大学1年先輩の三嶋一輝投手の初球を
レフトスタンドへ放り込みました。
YouTube プロ野球チャンネル セントラル・リーグ
西浦がド派手デビュー!プロ初打席で初HR! 2014.03.28 S-DB

   




それから今朝、緊急トレードの発表がありました。
ヤクルト公式 トレード成立のお知らせ
増渕竜義投手と北海道日本ハムファイターズの今浪隆博選手との交換トレードが成立しました。
e0222575_11262310.jpg

増渕投手にとっては、この2年くらいは低迷していたので、環境を変えることで何か見えてくるものがあるかもしれません。
新天地での復活に期待しています。
両チーム、両選手にとって実りあるトレードになるよう願っています。
by misty2011 | 2014-03-31 11:39 | 東京ヤクルトスワローズ

宮本慎也氏・前田智徳氏・中畑清監督・始球式フォト@3/29

3月29日神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズ対横浜DeNAベイスターズ戦より、
昨年引退して今年から解説者・評論家になった宮本慎也さんと前田智徳さん
また、中畑清監督や始球式ほかの写真をアップします。

当日はNHKで開幕2戦目のテレビ中継があり、ヤクルトOBの宮本慎也さんが解説されました。
試合前、NHKの森中アナウンサーらと談笑する宮本慎也さん
e0222575_17403233.jpg

宮本氏はNHKの解説者、また日刊スポーツの野球評論家としても活躍しています。
e0222575_17403793.jpg
e0222575_17404370.jpg


中畑監督に挨拶後、横浜DeNAのフリーバッティングを見ています。
e0222575_17405250.jpg

昨年広島カープを引退して、現在、中国新聞の野球評論家、
またテレビ朝日・広島ホームテレビの野球解説者に就任した前田智徳さんと談笑
e0222575_1741451.jpg

宮本さんもそうですが、背広がとても似合っていてダンディですね。
e0222575_17411173.jpg
e0222575_17411864.jpg

現役時代とは違って、前田智徳さんのやわらかな表情が印象的でした。
e0222575_17412625.jpg

高木豊さんも加わって野球談議?
e0222575_17413335.jpg


東京海上保安庁音楽隊の演奏による国歌演奏後、つば九郎が指揮をとり『聖者の行進』を演奏
e0222575_17422166.jpg
e0222575_17423176.jpg

燕太郎が復帰!?
e0222575_17424666.jpg


始球式にアイドルユニット「X21」の皆さんが登場
e0222575_174362.jpg

リーダーの吉本実憂さんが投げました。
e0222575_17431173.jpg



ベイスターズのマスコットDB・スターマン
e0222575_17465257.jpg

e0222575_1747722.jpg

試合前、中畑監督と2ショット記念写真
e0222575_17471431.jpg


e0222575_1938571.jpg



メンバー表交換
e0222575_17433338.jpg

e0222575_17441685.jpg


試合後、今季初勝利にスタンドから清コール 帽子を取って応えています。
e0222575_1935132.jpg

次回からは両チームの選手編フォトです。
by misty2011 | 2014-03-30 20:15 | 東京ヤクルトスワローズ

3/29神宮観戦フォト 山崎憲晴勝ち越し弾で井納&DeNA今季初勝利

東京の桜が満開となった今日、開幕2戦目の神宮に行ってきました。
午後2時プレーボールで、温かい日差しを浴び観戦日和となりました。
試合は序盤から点の取り合いでもつれた展開となり、3-3の同点となった7回、
山崎憲晴選手のソロホームランで横浜DeNAが勝ち越し、その後両チーム1点ずつ追加しますが、
DeNAが5-4で1点差で逃げ切りました。

先発の井納翔一投手が6回3失点の粘りのピッチングで今季初勝利、
横浜DeNAが開幕2戦目で初白星を挙げました。

試合経過は ニッカンスコア
横浜DeNA公式 試合結果
スワローズ公式 相川選手が1号同点2ランを放つも、リリーフ踏ん張れず惜敗

では撮った写真を順に並べておきます。
アップするのに時間がかかったので、後ほど感想など補足します。

開幕2戦目の先発は東京ヤクルトスワローズは石川雅規投手
いきなり先頭・石川雄洋選手を四球で歩かせピンチ
e0222575_2254919.jpg

犠打で2塁へ進むと、ブランコ選手のレフト前ヒットでホームに突っ込むも、
ミレッジ選手の好返球でホームタッチアウト
e0222575_2255856.jpg


横浜DeNAの先発は井納翔一投手
e0222575_226887.jpg

1死後、雄平選手がファーストエラーで出塁
この時、井納投手と雄平選手が交錯し、両者倒れて井納投手は怪我の手当てで一旦ベンチに引きあげ
戻って来て続投
e0222575_2263687.jpg

川端慎吾選手がレフト前タイムリーヒットを放ち、ヤクルトが1点先制
e0222575_2264838.jpg
e0222575_227446.jpg


2回、石川投手は先頭に四球を与え、バルディリス選手の移籍後初アーチとなる2ランホームランで
DeNAが2-1と逆転
e0222575_2272317.jpg


ピンチの連続に、カツオくんの「ロージンふ~っ」が頻繁に
e0222575_2273410.jpg


3回、山崎選手が四球後、梶谷選手がファースト内野安打で出塁
e0222575_2275174.jpg

ブランコ選手の右中間の飛球に雄平選手が追いつきナイスキャッチ
バレンティン選手とぶつかりそうで、ヒヤッとしました。
e0222575_2212216.jpg

筒香選手のセカンドゴロ併殺崩れの間に1点追加して横浜が3-1と2点リード
e0222575_22124125.jpg


6回は押本健彦投手が三者凡退に抑えます。
e0222575_22254022.jpg

6回も続投の井納投手
e0222575_22272716.jpg

その6回、川端選手がヒットで出塁 
e0222575_22263520.jpg

相川亮二捕手がレフトへ2ランホームランを放り込み3-3の同点に
e0222575_22265291.jpg
e0222575_22271114.jpg


7回、ヤクルトは山本哲哉投手が登板
e0222575_22305720.jpg

山崎憲晴選手にソロホームランを浴び横浜が4-3と勝ち越します。
e0222575_2231848.jpg
e0222575_22311763.jpg

その裏、DeNAの長田投手が3人でピシャリと抑える好投
e0222575_22333612.jpg

8回、ヤクルトはカーペンター投手が登板も
e0222575_2233471.jpg

黒羽根利規捕手にタイムリーヒットを打たれ5-3と2点差に
e0222575_22342884.jpg


横浜は8回、山口俊投手が登板
e0222575_22384540.jpg

川端選手が四球で歩くと、1死後相川捕手がヒットでつなぎます。
e0222575_22362543.jpg

代打・ユウイチ選手がライト前タイムリーヒットで5-4と1点差に (写真の順番を間違えていたので訂正)
e0222575_22364837.jpg

代走の上田剛史選手が2盗に成功も代打・森岡選手が三振に倒れ追加点ならず。
e0222575_2241886.jpg


9回はバーネット投手が登板 3人でかたづけます。
e0222575_224244100.jpg

その裏、横浜はソーサ投手が登板
e0222575_22425772.jpg

1死後、ミレッジ選手が2塁打で出塁
e0222575_22454565.jpg

代走の三輪正義選手が、畠山選手のサード内野安打で3塁まで進みます。
e0222575_22441269.jpg

当たっている相川選手に期待がかかりますが、空振り三振に倒れゲームセット
e0222575_22502132.jpg
e0222575_2250309.jpg
e0222575_22503831.jpg

ヒーローインタビューは勝ち越しホームランを打った山崎憲晴選手でした。
声援に手をあげて応えるのりはる選手
e0222575_22504585.jpg

枚数が増えすぎるのでかなりカットしましたが、写真は以上です。

残りの練習中の写真他は両チームとも選手別に準備出来次第アップしていきます。


YouTube プロ野球チャンネル セントラル・リーグ

   


ヤクルト先発の石川雅規投手は先頭を3回も四球で出すなどコントロールが悪く、自らを苦しめました。
らしくないピッチングでしたね。
リリーフ陣は、心配された山本哲哉投手の一発病が出て、カーペンター投手も簡単に打たれました。

一方、井納投手は、ピンチでも冷静に投げていました。球のキレも見ていて感じました。
よく粘りましたね。
同点に追いつかれても、味方がすぐ勝ち越して勝ち星をゲット!今季初勝利おめでとうございます。
リリーフでは長田秀一郎投手がよかったですね。
山口投手は相変わらず不安定で、今年もハラハラしそうです。
ここがしっかりすると、勝ちが計算できるでしょうね。

見ていて退屈しない試合でしたが、どちらのファンにとってもドキドキもんだったでしょうね。
横浜は9安打で5得点、ヤクルトは13安打とヒット数が多くチャンスは再三作りましたが、あと1本が出ませんでした。
前日ノーヒットだったバレンティン選手が2安打とヒットは出ましたが、チャンスには打てず、まだ本調子ではないようです。
どうもボールを見すぎるような気がします。タイミングが合わないんでしょうね。
早く打点が欲しいところです。
山田、川端、相川選手はよくバットが振れています。
今日は2番の雄平選手がつなぐことが出来ませんでした。

1勝1敗のタイで3戦目はお天気が心配ですね。
by misty2011 | 2014-03-29 23:10 | 東京ヤクルトスワローズ

ヤクルト開幕圧勝、小川泰弘白星発進、新人・西浦初打席初球3ラン

2014年日本プロ野球が開幕しました。
開幕カードより、東京ヤクルトスワローズ対横浜DeNAベイスターズ戦を主にテレビで観ました。

開幕戦の栄えある先発投手は、プロ2年目で初の開幕投手となった同期対決、
ヤクルトは昨年の新人王&最多勝の小川泰弘投手、横浜DeNAは三嶋一輝投手のフレッシュな投げ合いで始まりました。

まずは、東京ヤクルトスワローズの2014年開幕スターティングオーダーを、
先日3月21日に神宮オープン戦で撮った写真で並べました。
スタメンオーダーは発表前に準備していましたが、予想通りで写真を入れ替える必要がありませんでした。
e0222575_1629884.jpg


(敬称略)
1番セカンド 山田哲人  2番センター 雄平  3番ライト バレンティン  
4番レフト ミレッジ  5番サード 川端慎吾  6番ファースト 畠山和洋
7番キャッチャー 相川亮二  8番ショート 西浦直亨  9番ピッチャー 小川泰弘

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 開幕白星発進! 西浦選手が史上初の開幕戦初打席初球3ラン!!

プロ2年目で開幕投手に起用され、プレッシャーの中、期待に応える力投で今季初勝利の小川泰弘投手
大量援護に守られ、2年目もいいスタートが切れました。
e0222575_16182221.jpg

6回7安打8奪三振1失点 2回は4連打され無死満塁のピンチを招きましたが、最少の1失点で切り抜けました。


攻撃では、立ち上がり不安定な三嶋投手を攻め、山田選手が四球、雄平選手がヒット、バレンティン選手三振後、
4番ミレッジ選手がレフト前タイムリーヒットで1点先制。
川端選手が四球でつなぐと、畠山選手が技ありの右中間を破る走者一掃のタイムリーヒットで4-0

さらに、相川捕手がヒットで続くと、ルーキーの西浦直亨(なおみち)選手が、
プロ初打席初球を振り抜くと、打球はグングン伸びてレフトスタンドへ飛び込む3ランホームラン。これで7-0
e0222575_1302533.jpg

ド派手なデビューとなりましたね西浦選手 見事に先発スタメンの期待に一発回答でした。

初ホームラン、初のお立ち台おめでとうございます。
今日の初打席のホームランは一生忘れられないでしょうね。
(写真は小川投手、西浦選手とも3月21日神宮)

2回表にライアン小川投手は1失点しますが、その裏、雄平、ミレッジ選手がヒット後、
川端慎吾選手がレフトへタイムリーヒットを放ち、ランナーが二人生還して9-1

ヤクルトはバレンティン選手がブレーキで4たこでしたが、ココ様除く先発野手全員安打の13安打9得点と
普段のヤクルトとは思えないほど?効率よく得点しました。

ただ、得点できたのは乱調だった三嶋投手からのみ。
2番手のルーキー三上朋也投手以降のDeNAリリーフ陣からは追加点が奪えませんでした。
中でもルーキーの三上投手が投げっぷりがよかったですね。横浜にとっては楽しみな投手になりそうです。

YouTube プロ野球チャンネル セントラルリーグ

   

  

まあ、それにしてもオープン戦でわずか1勝しかできず、得点効率が悪かったヤクルトが、
開幕したらいきなりの猛攻にはびっくりでした。
三嶋投手の出来が悪かったのもあるので、差し引いて考えなきゃいけませんが、
とりあえず開幕白星発進はよかったですね。

始まる前に、ライアン小川くんで負けたら、ズルズル行きそうな感じすらしていましたから、
ホントに今日の勝ちは大きいです。

いい流れを明日も続けてほしいですね。
明日は今日打てなかったバレンティン選手に期待しましょう!

最後に、私一推しの山田哲人くんは1死球2安打と3回出塁。1番バッターとしていい働きでした。
また、守備でもいい動きでほっとしました。
by misty2011 | 2014-03-28 22:31 | 東京ヤクルトスワローズ

3番バレンティン&4番ミレッジ選手フォト@神宮3/21

3月21日神宮球場オープン戦の写真の更新が続いていますが、
最後は、今シーズンは3番に入るバレンティン選手と4番ミレッジ選手のフォトです。

ヤクルト最大の得点源であるバレンティン選手は、チャンスに敬遠されることが多く、
また、打席が少しでも多く回るようにするということで3番に入り、
後ろの4番にミレッジ選手に置くという攻撃型のオーダーのようです。
最後までこの打順で行くのか、途中でバレンティン選手を4番に戻すかは、開幕後の結果次第でしょうね。

バレ&ミレ選手、仲良く並んで球場入り
e0222575_15311017.jpg

ファンに笑顔で手を振るバレンティン選手
e0222575_15312274.jpg


試合中より
初回、1死1、3塁で、ミレッジ選手がレフト前タイムリーヒットを放ち1点先制
e0222575_15103330.jpg

e0222575_1592629.jpg
e0222575_1595428.jpg

ミレッジ選手のタイムリーヒット後、2死3塁まで進んだバレンティン選手 追加点ならず。
e0222575_15101320.jpg


4回、バレンティン選手がバックスクリーン右に2ランホームラン
e0222575_15265917.jpg

1塁の城石コーチとタッチ
e0222575_15115452.jpg

3塁の福地コーチとタッチしてホームへ
e0222575_15192074.jpg

ミレッジ選手が出迎えます。今季は親指と中指で丸を作るOKサインのパフォーマンス!?
e0222575_15193259.jpg

ベンチでハイタッチ
e0222575_15194266.jpg


初回はランナーを置いて4番ミレッジ選手のタイムリー、4回は3番バレンティン選手の2ランホームランと
この試合では3、4番のオーダーの成果は出ました。

外国人2選手の並びはずっとこのまま行くのか、どこかで変更があるかは4番ミレッジ選手の打撃次第でしょうね。

ヤクルトが少しでも効率よく得点するためには、バレンティン選手の前にランナーを置くこと、
そして4番バッターが勝負強いことが求められます。
いい結果が出るよう期待したいですね。
by misty2011 | 2014-03-28 11:36 | 東京ヤクルトスワローズ

明日が開幕だというのに、今季はワクワクしない

いよいよ明日、2014年プロ野球が開幕します。

例年なら、多少なりとも期待に胸ふくらませワクワクするものですが、今年はそれがさっぱりありません。

私がヤクルトスワローズブログを始めてから4年目のシーズンに入りましたが、
開幕を前に、これほどしら~っとした気持ちになるのは初めてです。

ヤクルトのオープン戦の成績は1勝11敗1分けの最下位で、勝率.083
勝率が1割未満は1991年の日本ハム(.067)に次いで2度目だそうです。
今年のヤクルトはオープン戦の試合数が少ないのもありますが、試合数がもっと多くても勝てるとは思えませんでした。

写真は3月21日神宮オープン戦より 小川淳司監督
e0222575_16355768.jpg


昨年最下位のチームが、監督は続投で、選手の補強らしい補強もせず、現存の選手の底上げや復帰を願うのみ。
ポジれる要素がほとんど見当たりません。

球団経営者にとって、小川監督はいろいろ無理な要求はしそうもないので、言いなりの都合のいい監督。
監督代行や、監督1年目は思い切った采配や勝つための執念を感じましたが、
ここ2年は悪い意味での固執や選手への気づかい、思考停止の戦術など、首をかしげることが私は多くなりました。
オープン戦を見る限りでも、それほど今シーズンも変わらないだろうって感じます。
戦力が無いので弱いのは仕方ありませんが、いくら人柄がよくても、勝負士としては限界を感じざるをえません。
ホントに、どうしてこんなに弱いチームになってしまったんでしょう・・・。
何より首脳陣にも選手にも覇気を感じません。


野球解説者や評論家のほとんどが、ヤクルトをペナントレース最下位に予想しています。
昨年引退した宮本慎也さんもそうです。
私も正直、最下位だろうなあって思います。4位や5位になれたら御の字って感じです。

えてして、開幕前の評価が低い年は、ヤクルトは強いと言われていますが、今年に限ってはそうなりそうもありません。
まあ、予想が大はずれしてくれたら儲けもんと思うくらいで・・・。

巨人が優勝候補の筆頭であることは間違いありませんが、
私は巨人が強いというよりは、他チームが弱すぎるように思えてなりません。
どこもこれと言って強さを感じませんからね・・・。
しいて言うなら、昨年からの勢いで、広島カープがセ・リーグでは目玉になるかもしれません。

先日、私はこのブログ「Out of focus」のサブタイトルを 
“YSフォトブログ” から “Baseballフォトブログ” に変更するとお知らせしました。(こちらの記事 サブタイトル変更

私は以前からヤクルトは好きなチームで、神宮が自宅からは一番近くて行きやすい球場だったこともあって、
ゆるゆるのにわかスワローズファンになりました。
決してヤクルト一筋とか、熱心なファンではなく、選手に興味を持ったのがきっかけで、このブログを始めました。

しかし、ヤクルトブログを開始して以降、同じヤクルトブロガーに画像を盗られたり、
「神宮で殴ってやる」と脅迫されるなど悔しい思いをしています。
繰り返しこの件については記していますが、発信者情報開示請求(開示は拒否されました)や、警察に届け出ても、
相手は脅迫を撤回する気も謝罪する気もありません。なので、私もしつこく書き続けて抗議します。

ヤクルトファンは他球団ファンに比べておとなしくて温厚だと思っていただけに、これは私にとって大ショックでした。
それでも何とかスワローズを応援してきましたが、今シーズンはキャンプ遠征をめんどくさいと中止した時点で
その気持ちが萎えてきました。申し訳ありません。

開幕して、いろいろな試合を見てから、今年はどういうスタンスでブログを続けていくか、成り行き次第で決めたいと思います。
ただ、今までよりはプロ野球そのものに対する興味が薄れつつあるのは残念ながら確かです。

2014年シーズンは、スワローズにはこだわらず、また、どこを応援するでもなく
自由気ままに野球を楽しみたいと思っています。

もし、メジャーの試合で、ダルくんとマー君が投げ合うようなことになれば、ニューヨーク遠征をしたいなあと
夢みたいなことも考えています。
前やっていたサイトで、2009年に2度ほどニューヨーク遠征をしているので、
ある程度、ニューヨークの勝手はわかっているつもりです?
まあ、二人の対決があるかどうかもわからないし、予定が立てづらいので、遠征は実現しそうもありませんが。
by misty2011 | 2014-03-27 19:22 | 東京ヤクルトスワローズ

川端慎吾選手フォト@神宮3/21

3月21日神宮球場オープン戦より、今回は東京ヤクルトスワローズの川端慎吾選手のフォトです。
いい表情が撮れなくてボツにしようかと思ったんですが、一応載せておきます。
慎吾くんの場合は、イケメンなのにあまり写真写りがよくなくて、私にとっては非常に難しい被写体のひとりです。
実際に生で見たほうがいいと思います。

球場入り
e0222575_950538.jpg

e0222575_1094243.jpg


試合前 カメラ席前で素振り 3塁側の内野席から撮っています。
e0222575_9511123.jpg
e0222575_9512920.jpg
e0222575_9514611.jpg
e0222575_9521299.jpg

キャッチボール
e0222575_9523732.jpg



試合中より 当日は4打数ノーヒット1四球でした。
e0222575_9534529.jpg

余談ですが、昨年まで神宮のラインが曲がっているのが気になると再三書いてきたんですが、
21日のオープン戦は、ほぼまっすぐに見えました。座る席によって角度が違って見えるってことでしょうか!?
e0222575_953676.jpg
e0222575_953184.jpg

オープン戦の最終戦でマルチヒットを放ちましたが、オープン戦通算打率は1割台と不調でした。
毎年のように怪我で離脱しているキャンプからオープン戦にかけて
今年はケガなく無事乗り越えただけでもヨシとしなきゃいけませんが・・・。
開幕後は本来のバッティングを早く取り戻してほしいと願っています。
by misty2011 | 2014-03-27 10:25 | 東京ヤクルトスワローズ

大谷翔平投手フォトその2@神宮ブルペン3/21

今回は、3月21日神宮球場オープン戦での試合前のブルペン投球練習中の大谷翔平投手フォトその2です。
その1は こちら
この翌日、東京ドーム対巨人戦に投げ5回無失点と好投しました。

前回と変わり映えしなくて同じようなショットばかりですが。
e0222575_15531648.jpg
e0222575_15533423.jpg
e0222575_15534945.jpg

e0222575_1554135.jpg
e0222575_15541598.jpg
e0222575_15542745.jpg


e0222575_1557192.jpg
e0222575_15571240.jpg

昨年より下半身がしっかりしてきました。
e0222575_15572679.jpg

腕が腰に巻きつくようにしっかり振りきれています。
e0222575_15573522.jpg

e0222575_1683441.jpg


e0222575_1661230.jpg

e0222575_15581544.jpg
e0222575_15582756.jpg
e0222575_15583686.jpg
e0222575_15585063.jpg
e0222575_1559193.jpg
e0222575_15591034.jpg


ブルペンを終え引きあげてくると
e0222575_1614340.jpg

囲み取材を受けていました。
e0222575_1615710.jpg
e0222575_162721.jpg
e0222575_1621892.jpg
e0222575_1623165.jpg


以上、数回に分けてファイターズの選手の写真をアップしました。
次回、私が日本ハムの試合を見に出かけるのは、たぶん交流戦になりそうです。
またしばらくは、セ・リーグ中心になると思います。
by misty2011 | 2014-03-26 18:47 | パ・リーグ

森岡・畠山・浩康選手フォト@神宮3/21

3月21日神宮球場オープン戦より、今回は東京ヤクルトスワローズ中堅3人、森岡・畠山・田中浩康選手のフォトです。

この3選手の中で、2014年開幕戦のスタメンに名前を連ねるのは、おそらく畠山和洋選手のみでしょう。
ショートは森岡選手ではなくルーキーの西浦選手、セカンドは山田哲人選手が確実です。
ただ、いつでも出番に備えてしっかり準備しておいてほしいと思います。

ヤクルトの場合、宮本選手が引退した今こそ、このへんの中堅クラスが、もっとしっかりして
チームをけん引していかなくてはと思います。
自分のことで精いっぱいという感じですかね・・・。

まずは新選手会長になった森岡良介選手  背番号が#10になりました。
チームの盛り上げ役としては適任でしょうね。
キャッチボール 今シーズンは山田哲人選手がキャッチボールのパートナーのようです。
ちなみに、当日のオープン戦では、森岡ー山田ペア 川端-浩康ペアでキャッチボールをしていました。
e0222575_104046.jpg
e0222575_1041153.jpg

シートノック
e0222575_1042069.jpg

西浦選手の状態によっては、案外、早い時期にスタメン奪取できるかもしれません?
e0222575_1043654.jpg



オープン戦は打率.357、本塁打1本と今年も好調だった畠山和洋選手
デーゲームが得意というのは確かなようです?
しかし、昨年のことがあるので、ほとんどの燕党は信用していません。
公式戦で結果を出して見返すしかありませんね。
e0222575_108183.jpg

e0222575_1082859.jpg

具体的にどうフォーム改造しているのか、私にはよくわかりませんでした。
e0222575_10123489.jpg



開幕セカンドスタメンは山田哲人選手に譲ることになってしまった田中浩康選手
e0222575_10163668.jpg

e0222575_10164680.jpg

セカンドの定位置奪回に期するものはあるでしょう。
e0222575_10165942.jpg


全体的に言えることですが、ヤクルトナインはもっと自分に厳しく、現状を打破する気概を見せてほしいと願います。
by misty2011 | 2014-03-26 10:32 | 東京ヤクルトスワローズ