Out of focus ~Baseballフォトブログ~

<   2014年 04月 ( 56 )   > この月の画像一覧

冴える小川采配、初スタメン野口猛打賞ほか先発野手全員安打、浩康・山田連続アーチ、古野今季初勝利

昨夜は9回の攻防で、一瞬にして天国から地獄につき落とされた東京ヤクルトスワローズ。
あそこまで行ったら勝っておきたかった試合でしたね・・・。

今日の先発は読売ジャイアンツがセドン投手、ヤクルトは古野正人投手で午後6時試合開始
厳しい展開が予想されましたが・・・!?

ヤクルトスタメンには、2番ショート荒木選手、5番ライト飯原選手、8番センター野口祥順選手が起用されました。
ただでさえ守備が不安なチームなのに、この布陣で大丈夫?ベンチはどういうつもりなの?
その分、打撃でカバーできるのならいいけど、そうでもないし・・・。
だいたい、野口選手って、センター守れるの??いや~これは怖いわ・・・。
始まる前は、このスタメンに首をかしげていた私でしたが、ところがびっくりのスタメン起用が大当たり!
これには、もう小川監督に土下座です。

川端選手以外、ずらっと右バッターを揃えたヤクルトは、序盤に左腕のセドン投手を攻略。
初回、荒木、川端、バレンティン選手の3連打で満塁とすると、飯原選手のショートゴロの間に1点先制!


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 古野投手が7回途中1失点で今季初勝利! 野口選手が猛打賞!

3回には、飯原、畠山選手の連打後、ボークでそれぞれ進塁すると、相川亮二捕手のライト前タイムリーヒットで2点目。
さらに暴投(訂正)で3点目が入ります。

続いて、最初の打席で今季初ヒットを打った野口選手がショート内野安打、古野投手が送りバントを決めると
山田哲人選手が3塁線を破るタイムリー2塁打で5-0と突き放します。

ここで原監督はたまらずバッテリーごと交代。
ヤクルトは、さらに荒木選手がタイムリーヒットを放ち6-0と大きくリード。

古野投手は、落ち着いた丁寧なピッチングで、4回までノーヒットピッチング!
しかし5回、先頭のアンダーソン選手に初ヒットを許すと、高橋由伸選手には四球を与え、
橋本到選手にライトへタイムリーヒットを打たれついに失点して6-1となります。

続投の6回は、ボール先行の苦しい投球でしたが無失点で切り抜けます。

迎えた7回、ヒットと死球でピンチを招くと、ロマン投手に交代。
坂本選手を1球でショートゴロ併殺打に仕留め、この回を無失点に抑えます。
ナイスリリーフ、ロマン投手!

さらに8回には2死後、久古投手に継投し、アンダーソン選手をセカンドゴロに打ち取り3アウトチェンジ。
細かい継投がズバズバ当たりました。

中盤以降、得点がなかったヤクルトでしたが、9回2死後、野口選手が3安打目となるフェンス直撃の2塁打でで出ると、
代打・田中浩康選手が2号2ランホームランをレフトスタンドに運び8-1
続いて、山田哲人選手が負けじと、4号ソロアーチをレフトスタンドに放り込み9-1
セカンド争いをする二人が連続アーチで火花を散らしました。

9回はカーペンター投手が三者凡退に抑え、9-1で巨人に快勝しました。

e0222575_15325026.jpg

7回途中まで投げ、5安打1失点と好投した古野正人投手が、嬉しい今季初勝利、自身初の巨人戦での白星をゲットしました。
本当にナイスピッチングでしたね。おめでとうございます。
ヤクルトはこれで、小川、木谷投手に続いて今季先発3人目の勝ち投手となりました。

それにしても、今日の小川采配は見事でしたね。
これほど冴えわたったのは久しぶりじゃないでしょうか。
怖いくらいズバズバ当たって、文句のつけようがありませんでした。恐れ入りました。

何と言っても、意表をついた野口祥順選手のスタメン起用でしょうね。それもセンターですからね。
そりゃ~、普通は驚きますよ。
その野口選手が、小川監督の起用に応えて3安打猛打賞とは、これまたびっくりでした。

先発野手全員安打の16安打で9得点。田中浩康、山田哲人選手の連続アーチのサプライズまで飛び出しました。

どちらが最下位争いをしているチームかわからないほどの横綱相撲で、昨日の悔しいサヨナラ負けの仕返しをしましたね。
久々の快勝にスカッとしました。

野口選手がスタメンだと、今まではいろいろ不安視されていましたが、今日は見事に結果を出しました。
これがフロックと言われないよう、2軍での実績を1軍でも発揮してほしいと思います。

荒木貴裕選手もなかなかヒットが出ませんでしたが、今日は今季初ヒットが出て2安打1打点と活躍。
ショートの守備も軽快に捌いていました。
こちらも、この調子を持続するよう頑張ってほしいです。必死で1軍に生き残ってください。

今日の快勝が明日も是非続きますように!全員野球で巨人に連勝しましょう!

バレンティン選手は、今日は天井に当たるラッキーなヒットがありましたが、ホームランから遠ざかっています。
そろそろ一発が欲しいですね。
by misty2011 | 2014-04-30 22:06 | 東京ヤクルトスワローズ

カープ新人・大瀬良大地投手&田中広輔選手フォト@神宮4/24

神宮観戦より、他球団の選手編で、今回は広島東洋カープのルーキー、大瀬良大地投手と田中広輔選手のフォトです。

4月24日神宮球場、対広島カープ5回戦で、広島カープはドラ1ルーキーの大瀬良大地投手が先発し、
8回を投げ8安打6奪三振2失点で2勝目を挙げました。

背が高く振りかぶって投げる投球フォームは、よりスケールが大きく見えます。(長崎日大高−九州共立大)
e0222575_10181915.jpg

e0222575_10183330.jpg

e0222575_10184672.jpg


e0222575_102251100.jpg


e0222575_1014033.jpg

e0222575_102571.jpg
e0222575_1023785.jpg

e0222575_1019196.jpg

打っては6回、ライト前にタイムリーヒット
e0222575_10263019.jpg


続いて、ドラ3ルーキーの田中広輔選手(東海大相模高−東海大−JR東日本)
打撃練習後の1枚  この時は、私は初めて見る選手で、まだ誰だかわかりませんでした。
e0222575_10245330.jpg

2枚追加 はっきりした目鼻立ちです。
e0222575_9153450.jpg

e0222575_9155026.jpg

7番ショートスタメンで出場 2回、古野投手からプロ初本塁打となる3ランホームランを放ちました。
e0222575_10271450.jpg

e0222575_10272995.jpg

ネクストサークル
e0222575_10251416.jpg
e0222575_10252363.jpg
e0222575_10253264.jpg
e0222575_10254091.jpg


9-2でカープが勝利 ヒーローインタビューに呼ばれました。
e0222575_10255216.jpg

声援に帽子をとって応える田中広輔選手
e0222575_10274582.jpg


以上、当日の試合で大活躍したカープのルーキー2選手でした。
試合編フォトは こちら  まだカープ編は続きます。
by misty2011 | 2014-04-30 11:08 | セ・リーグ

日テレアナ大失態!試合はサヨナラ負けも、今年の畠山は本物だ

東京ヤクルトスワローズは、今日から東京ドームで読売ジャイアンツとの3連戦

先発は巨人が菅野智之投手、ヤクルトは八木亮祐投手で午後2時プレーボール
先発投手からすると、どう見ても勝ち目はありません。
ただ、飛び過ぎていた統一球が今日から変更され、
今までよりは飛ばなくなっているはず?ヤクルトにとってそれがいい方向に働くといいんですが。


いやいや、それにしても凄い結末となりました。
9回1死1塁、バレンティン選手が空振り三振した瞬間、日テレ中継アナウンサーの「試合終了~!!」の絶叫に
「こらぁぁぁ~!!ざけんじゃない!まだ終わってないぞぉ~」とスワローズファンの誰もが怒ったことでしょう。

直後に雄平選手がヒットでつなぎ、畠山選手に回します。

ここで、何と何と、畠山選手が見事、菅野投手から逆転3ランホームランをレフトスタンドに放り込み
4-3と逆転に成功!がっくりうなだれる菅野投手・・・。

今季、今までの試合の中でも最高の盛り上がりでした。
男ハタケの起死回生の一発に、身震いするほど感動しました。

バチがあったね、蛯原アナ! 一番冷静さを欠いていたのはあんたでした!

しかし、感動の余韻も、その裏、抑えの山本哲哉投手が男・村田修一選手に打たれ、こちらがサヨナラ負けとは。

こうなる筋書なら、絶叫アナのあのときに試合終了でもよかったかもと思ったほど、悔しい悔しいサヨナラ負けとなりました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 畠山選手が土壇場9回二死から逆転3ランも、サヨナラ負


e0222575_1793790.jpg

写真は4月13日ハマスタ 畠山和洋選手

しかし、小川監督が打撃好調の畠山選手を、調子を落としてはいけないと、ガンとして6番から打順を上げなかったのが、
今日はよくわかったような試合でした。

昨年、さんざん「はたらけ~山」とヤジを飛ばされ、悔しいシーズンを送ったハタケが、見事に今シーズンは蘇りました。

昨年、不振の今頃は、私も畠山選手の実力はこんなものかもしれないと、失礼なことを書きましたが、
今年は素直に謝ります。ごめんなさい、畠山選手!

これで勝っていれば、難敵・菅野投手に黒星をつけ、ヤクルトは3連勝で、マジで勢いがつくはずでした。
それが勝てないのが、何とももどかしいですが、まあ、これがチームとしての実力なんでしょう。


先発の八木投手は、初回に片岡選手にホームランを浴びるなどして2失点しましたが、
その後は、徐々に腕が振れるようになって、再三のピンチを切り抜け、5回2失点でした。
今季、先発した中では一番よかったかもしれません。

打線は菅野投手の前に凡打の山。
キレキレのストレートに、内外角コントロールよく投げ分ける変化球などに翻弄され、手も足も出ない状態。

そこから、6回、代打の今浪選手の2塁打を足がかりに1点かえし、そして最終回2死後のハタケの逆転弾!
これだから野球って面白いって感動してたら、その裏、キツーイお返しがきたでござるとは・・・。
これもまた勝負の残酷さっていうことでしょう。
サヨナラの場面、満塁策をとってもよかったと思ったんですが、村田選手とまともに勝負でしたね・・・。

ヒーローになりそこなった畠山選手ですが、今日で、また男をあげました!
それだけは確かです。本当によく打ってくれました。

今日の悔しさを、全員でまた明日につなげてほしいと思います。

ボールが変更されて、他球場では投手戦のロースコアの試合もあって、今日はそれほど乱打戦にはなっていません。
明日も、先発が試合を作れば、何が起きるかわかりません。
今日の悔しさを晴らしてください!
by misty2011 | 2014-04-29 17:56 | 東京ヤクルトスワローズ

東京ドーム3連戦を前に、新戦力G選手 片岡・アンダーソン・小林選手他フォト

東京ヤクルトスワローズは、今日から東京ドームで読売ジャイアンツとの3連戦
せっかく連敗脱出して連勝したので、その流れを大事にしたいところですが、強敵・巨人が立ちはだかります。

今回は、その巨人の新戦力となった選手たちの写真です。
3月21日の東京ドームオープン戦で撮った写真より

試合前に、新入団の選手たちの紹介があり、名前を呼ばれて並びました。
広島カープからFA移籍してきた大竹寛投手 新外国人投手のセドン投手
e0222575_11383176.jpg

西武ライオンズからFA移籍した片岡治大(やすゆき)選手
e0222575_11384380.jpg
e0222575_11385432.jpg

アンダーソン選手と、ドラ1ルーキーのイケメンキャッチャー・小林誠司捕手
e0222575_1139456.jpg
e0222575_11392058.jpg

中日から移籍の井端弘和選手の姿も
e0222575_11393130.jpg


西武時代は片岡選手は好きな選手でしたが、巨人入りしてからは、そうでもなくなりました。
守備が劣化してますね。やはり度重なる怪我の影響があるんでしょうか?
e0222575_11394123.jpg

e0222575_11395733.jpg


打撃好調のアンダーソン選手は要注意!前のカード広島戦では4番に入りました。
e0222575_1140682.jpg

片岡選手は盗塁も警戒です。
e0222575_11401385.jpg


この3連戦、ヤクルトの現状では多くは望めませんが、ひとつくらいは勝ちたいですね。
by misty2011 | 2014-04-29 12:04 | 東京ヤクルトスワローズ

雄平選手フォト@4月ハマスタ&神宮

今回は雄平選手のフォトです。
2014年開幕は2番センターでスタメン出場し、今季こそレギュラー定着に向けいいスタートを切りました。
小川監督からは「最強の2番打者になってほしい。ジーターみたいにね」と、攻撃的2番として期待をかけられました。
しかし、それもつかの間、このあと5番を任されるようになりましたが、
最近は打撃の調子が上がらず、ついにスタメン落ちするようになりました。

思いっきりのいいスイングが影をひそめ、当てるようなバッティングが目につきます。
結果が欲しいんだと思うんですが、やはり本来のスイングをして不振から脱出してほしいと思います。

では、随分前の写真ですが、4月13日ハマスタより
e0222575_929560.jpg

打撃練習中
e0222575_9293261.jpg
e0222575_9294399.jpg

フリー打撃前、小川監督から声をかけられます。
e0222575_9295660.jpg
e0222575_930103.jpg


試合中より
当日は5番センターでスタメン出場 ノーヒットで迎えた8回の打席 ヒット性のセンターへの飛球でしたが
e0222575_9303816.jpg

荒波選手に好捕されアウト がっくりする雄平選手 
e0222575_9305314.jpg

「あれを捕るかぁ?」という表情で、両手を広げて残念そう。
e0222575_931535.jpg
e0222575_9312596.jpg

この後くらいからですかね、打撃の形が徐々に崩れていったのは・・・

4月24日神宮 球場入り
e0222575_9451385.jpg

e0222575_9452277.jpg

試合直前の素振り
e0222575_9453467.jpg

e0222575_9454397.jpg

当日は5番ライトでスタメン出場 4打数ノーヒットに終わりました。
e0222575_9461026.jpg


左でパンチ力があって、期待されている選手です。
もう一度、原点に戻って自分のバッティングを取り戻してほしいと願います。
現状では5番は雄平選手にとって荷が重すぎたように思います。
打順を下位に置いて、気楽に打たせるところからでも不振脱出をしてほしいのですが。
by misty2011 | 2014-04-29 09:52 | 東京ヤクルトスワローズ

鯉の季節 堂林翔太選手フォト@神宮4/24

連休の合間に、撮りためたヤクルト以外の他球団の選手のフォトをボチボチアップしていきます。

画像の無断転用、コピペ貼るこはおやめください!

まずは、4月24日神宮観戦より、首位を走る広島東洋カープの堂林翔太選手の写真です。
例年だと広島は鯉のぼりの季節までなんて揶揄されますが、
今年はどっこい、このまま最後まで突っ走りそうな勢いですね。

同じお金をかけない球団として、ヤクルトスワローズとはどこでどう差がついたんでしょう!?
最近のドラフトで、カープは即戦力の投手をクジで引き当てているのも力をつけたひとつの要因でしょうね。
大瀬良投手は、ヤクルトも1位指名でしたがクジで外れました。
その外れ1位の杉浦投手は、いきなり右ひじ靭帯断裂でリハビリ中ですからね。大きな差がつきました!
ヤクルトは、去年ドラ2でとった小川泰弘投手くらいですからね。そのライアン小川くんも骨折ときては・・・。
悔しいやら、うらやましいやら複雑な気持ちですが、カープ投手陣の充実ぶりと整備は見習う点が大いにありそうです。

さらに、広島カープはスワローズと違って人気があります。
神宮なんて、どちらが本拠地かわからないほど、スタンドが真っ赤に染まりますからね。
カープの人気ブロガーさんが、「広島東京カープ」と、上手いこと表現していましたが、まさにそんな感じです。

そのカープにあって、カープ女子に人気抜群なのが鯉のプリンスこと堂林翔太選手。
ヤクルトだって、イケメンの川端慎吾選手はいるし、私イチおしのやま~だ・てつと君だってカッコいいと思うんですが、
地味なんですかね。イマイチ、広く知名度はありません。

グダグダ前ぶりが長すぎました。
では、4月24日の主に試合前の堂林翔太選手の写真です。

試合直前、シートノック前のキャッチボール
この時間はネット際には行けなかったので、遠くからの撮影で、ネットがぼかし切れていなくてNGもんのショット2枚
e0222575_1619342.jpg

e0222575_16211542.jpg


サードでシートノックを受けます。
e0222575_16215086.jpg
e0222575_16215564.jpg
e0222575_16225100.jpg
e0222575_1622135.jpg

e0222575_16223234.jpg
e0222575_16223994.jpg
e0222575_16224987.jpg
e0222575_16225628.jpg


e0222575_16265530.jpg

小窪哲也選手もサードの守備についてシートノックを受けます。
試合では、代打の小窪選手が3ランホームランを打ちました。試合編フォトは こちら
e0222575_16231632.jpg
e0222575_16232336.jpg
e0222575_16233070.jpg
e0222575_16234177.jpg
e0222575_16234950.jpg

口元をきゅっと結ぶのが特徴的な堂林選手
e0222575_1624024.jpg
e0222575_16242927.jpg
e0222575_16244240.jpg

髪にパーマをかけたのかな??
e0222575_1624486.jpg

打率は高くないんですが、ヤクルト投手陣はどうりんによく打たれます。
e0222575_16245592.jpg

以上です。
カープ編はまだ続きます。
by misty2011 | 2014-04-28 17:10 | セ・リーグ

バレンティン選手フォト@ハマスタ&神宮

東京ヤクルトスワローズは、昨夜の中日戦では外野でミスが出ましたが、
勝利への執念で逆転、再逆転して勝利を飾りました。

一時は、やる気なしおちゃんのココ様でしたが、少しずつ打撃の状態が上向き、昨日の決勝打につながりました。
遅まきながら、神宮での今季初のお立ち台に上がり上機嫌でした。

YouTube プロ野球チャンネル セントラル・リーグ  バレンティン選手のヒーローインタビュー

     


その立役者、再逆転2点タイムリーヒットを打ったウラディミール・バレンティン選手の写真です。
今季はホームランを打っても空砲が多くて、なかなか写真をアップするきっかけがなかったんですが、
ようやく今回、撮りためた写真をアップすることになりました。

まずは4月13日ハマスタでの打撃練習中より
ベンチで準備中
e0222575_1001984.jpg

e0222575_1003374.jpg

打撃練習にやってきました。
e0222575_1004327.jpg
e0222575_1005766.jpg
e0222575_101615.jpg
e0222575_1011564.jpg
e0222575_1012877.jpg
e0222575_1013944.jpg
e0222575_1014896.jpg
e0222575_1015858.jpg
e0222575_1023562.jpg


4月13日の試合では6号ホームランを打ち勝利に貢献
e0222575_1063255.jpg

e0222575_1013132.jpg

4月13日試合編フォトは こちらの記事



4月21日神宮 球場入り
e0222575_10152565.jpg
e0222575_1015342.jpg
e0222575_10154054.jpg
e0222575_10154770.jpg


4月24日試合編フォトは こちらの記事

もうすぐ、反発係数が規定内に戻された統一球が使用され、今より飛びにくくなりますが、
パワーのあるバレンティン選手は、あまり影響されないでしょう。
4年連続ホームランキングを目指して、ガンガン量産してチームを勝利に導いて下さい!
by misty2011 | 2014-04-28 11:36 | 東京ヤクルトスワローズ

バレンティン逆転打~!ヤクルト、中日に連勝

昨夜は、ようやく連敗を9で止めた東京ヤクルトスワローズ。
その流れを今日につなげたいですね。

先発はヤクルトが中4日のナーブソン投手、中日ドラゴンズはカブレラ投手で、
今日も神宮だけが、東京六大学野球がある関係でナイターです。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 打線がつながり連勝! バレンティン選手の決勝打で再逆転!

先制したのは中日。
2回、先頭の森野選手が四球で出ると、2死後、松井雅捕手の打球をセンター上田剛史選手が見失い、
これがタイムリー3塁打となり、1点先制を許します。
上田選手、どうしちゃったの!?って感じの信じられないミスでした。

4回には、ナーブソン投手が和田、堂上選手に連打され、荒木選手のライト前タイムリーヒットで中日に2点目が入ります。

ヤクルトはその裏反撃。
ミスをした上田選手が四球で出ると2盗に成功。川端慎吾選手のライト前タイムリーヒットで1点かえして1-2。
バレンティン選手がライト前ヒットでつなぐと、飯原選手が送りバントを決めそれぞれ進塁すると、
畠山和洋選手が低めの球を巧打してレフト前に運び、3-2と逆転に成功!
畠山選手、さすが好調だけあります。こんな器用なバッティングができるんですね。

しかし直後の5回、ナーブソン投手が、四球、ヒット、犠打で1死2、3塁のピンチを招くと、
和田一浩選手の犠牲フライで3-3の同点に。

さらに7回、3番手ロマン投手が登板も、大島選手の打球をセンター上田選手が後逸して、ランナーが3塁まで進みます。
打球を追いかけたバレンティン選手とぶつかりそうになったあと、上田選手が打球を後ろに逸らしました。
今日、2度目の大きなミスでした。
このあと、森野選手にタイムリーヒットを打たれ3-4と逆転されます。
ロマン投手、今季初の失点となりました。

追いかけるヤクルトはその裏、田中浩康、山田選手が連続四球で出塁すると、
エラーをした上田選手が汚名返上のレフト前ヒットで無死満塁のチャンス。

慎吾くんが倒れた後、今日ここまで2安打のバレンティン選手がレフトへタイムリーヒットを放ち、
ランナーが二人生還して5-4と再び逆転!
ココちゃん、逆転打に1塁上で大きく手をたたいて嬉しそうでした。

8回は秋吉投手が三者凡退にかたずけ、9回は山本哲哉投手が1安打されますが無失点に抑え、
ヤクルトが5-4で逃げ切りました。

9連敗が止まった後は2連勝して、神宮中日3連戦のこのカードの勝ち越しを決めました。

昨夜は投打がかみ合い、今日は接戦の末、逆転勝ちと、ようやく試合らしい試合ができるようになって、
いい形で連勝できました。

外野で上田選手が手痛いミスをやらかして、それが失点につながり、流れが悪くなりかけましたが、
すぐにハタケの逆転打、そして再び1点を追いかけ、7回にはバレンティン選手が2点タイムリーヒットで
再逆転!
打つべき人がいいところで打ちました。
e0222575_22111111.jpg

写真は4月24日神宮 バレ様の笑顔がこれから多く見られると嬉しいです。

勝ったからよかったものの、連敗中のヤクルトなら、外野で2度も大きなミスが出たら、そのまま負けていたかもしれません。
そこはやっぱり、昨日、連敗を止めたいい流れが今日の逆転につながったんでしょうね。

好調畠山選手は、ピッチャーがピンチの時は、率先して声をかけにマウンドに向かいます。
チャンスにも、勝負強いヒットが出ています。
昨年の悔しい思いが、今シーズンは人間的にも大きく成長させたように感じます。ホントに頼もしく見えます。

バレ様はホームランではなくても、満塁での逆転打はそれ以上に価値がありました。
今季、初のお立ち台でしたね。
これで次のカードからは機嫌よく打席に立てると思います。次はホームランを大いに期待しましょう。

先発のナーブソン投手は、勝ち星はつきませんでしたが、守備ミスの気の毒な失点がある中、5回を3失点にまとめました。
また、エラー絡みで失点はしましたが、自責点いまだに0と好投がつづくロマン投手が、今季初勝利、おめでとうございます。
好投が報われてよかったですね。これからも勝ちパターンを担ってください。

カーペンター投手も無失点でしたし、秋吉投手はナイスピッチングでした。
山本哲哉投手の攻めのピッチングもよかったですね。ブルペンが安定してきて、ようやく後ろに光が見えてきました。


YouTube プロ野球チャンネル セントラル・リーグ (毎回、ハイライト映像がアップされたら貼っておきます。)


      


連勝をさらに次のカードで伸ばせるよう、ヤクルトのこれからの巻き返しを願っています。
by misty2011 | 2014-04-27 22:23 | 東京ヤクルトスワローズ

川端慎吾選手フォトその2@ハマスタ4/13

4月13日ハマスタ観戦の写真のアップが続いていましたが、ようやく今回がラストとなりました。
川端慎吾選手の打撃練習の様子です。

横浜スタジアムは、試合中はもちろんですが、練習中でもスタンド内の移動の規制が厳しくなりました。
左バッターなので以前は1塁側に回って撮っていましたが、それが出来なくて、顔が見えるショットだけとなりました。
e0222575_9443567.jpg
e0222575_9444795.jpg
e0222575_9445553.jpg

e0222575_9464788.jpg
e0222575_947094.jpg
e0222575_9471941.jpg

e0222575_9494985.jpg


ここからはフリー打撃前 今浪選手と談笑中のショット
e0222575_951160.jpg

e0222575_9513798.jpg
e0222575_9515978.jpg

e0222575_9581688.jpg

e0222575_9521945.jpg
e0222575_9523610.jpg


川端選手は4月24日の広島戦で、サードファールフライを捕球後、
1塁走者・菊池選手がタッチアップして2塁進塁を許す緩慢プレーがあって、小川監督から懲罰交代させられました。

まさか3番の慎吾くんが外されるとは思ってなかったので、びっくりしましたが、本人にとってもショックだったと思います。

その小川監督の愛のムチに発奮したのか、25、26日と2試合連続ホームラン、特に26日中日戦では
先制タイムリーと中押しホームランを放ち、チームの連敗を止める活躍でした。

宮本慎也選手が引退後、ホットコーナー3塁は、無競争で川端選手がレギュラーを確約されています。
いい意味でのショック療法が、本人の気持ちを引き締めたようですね。

チームの中心選手として、またスワローズの顔として、これからも自覚と責任あるプレーを見せて
チームを牽引してほしいと願います。


なお、当日の試合編フォトレポは  こちらの記事
by misty2011 | 2014-04-27 11:02 | 東京ヤクルトスワローズ

木谷好投、打線奮起、ヤクルト連敗脱出!

試合の前に、東京ヤクルトスワローズは、25日付で真田投手が抹消され、七條祐樹投手が上がってきました。
また、本日付で岩村選手と西浦選手が登録抹消され、荒木貴裕選手と野口祥順選手が1軍昇格しました。

荒木、野口選手ともイースタンリーグでは3割超の打率を残しています。
チーム状態を救うため、少しでも戦力となってほしいと思います。
荒木選手は、守備でのミスをできるだけしないよう、必死で1軍にしがみついてほしいと思います。

ナイターで行われた神宮での中日ドラゴンズとの5回戦
先発はヤクルトが木谷良平投手、中日は大野雄大投手の先発で午後6時試合開始。

昇格即スタメンで荒木選手が7番ショートに入り、5番には今日31歳の誕生日の飯原誉士選手が起用されました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 投打がかみ合い連敗ストップ! 木谷投手が7回3失点の好投!!

初回、ヤクルトは不安定な大野投手から3四球を挟み、川端慎吾選手のタイムリーヒットで先制すると
今日誕生日の飯原選手の2点タイムリー、畠山選手のタイムリーヒットで4-0
さらに荒木選手のサードゴロの間に5点目が入ります。

先発の木谷投手にとっては初回から大きな援護となりました。

3回には畠山選手がライトスタンドに2号ソロアーチを運び6-0

木谷投手は緩急投げ分け、制球もきっちりと安定したピッチングで4回までパーフェクトピッチング。

しかし、5回、前の回にヒットで出塁して2塁まで走った影響か?、この回森野選手に四球を与え初めてランナーを出します。
続く和田一浩選手に2ランホームランを浴び6-2と4点差。
まだ大丈夫と思いつつ、ちょっと心配に・・・。

追加点が欲しい直後の5回裏、川端慎吾選手が2試合連続となる3号ソロホームランをセンターバックスクリーンに放り込み
7-2と5点差に。
風にも乗って良く飛びました。慎吾くん、懲罰交代後、何か強い気持ちが打席に出ていますね。
今日は先制タイムリーと中押しのホームランと、いい仕事をしました。
木谷投手にとって、嬉しい追加点となりました。

さらに6回には、四球で出た今浪選手を置いて、
2死後、山田選手がヒット、上田剛史選手のタイムリーヒットで8-2とします。

疲れが見えた木谷投手は7回、和田ベンちゃんにタイムリーヒットを打たれ8-3となり、
なおもピンチでしたが、1点で中日の反撃を断ちます。

8回からは継投に入り、久古投手がルナ選手にタイムリーヒットを打たれ8-4となりますが、
ロマン投手につなぎ、平田選手を空振り三振に仕留め3アウト!

9回は、山本哲哉投手が三者凡退にきっちり抑え、8-4でヤクルトがようやく連敗を9で止めました。

連敗脱出、本当よかったです。


e0222575_21584982.jpg

写真は4月13日ハマスタ 木谷良平投手 

連敗を止めたのは何と言っても先発の木谷良平投手の好投に尽きるでしょう。
5点リードでも気持ちを引き締めて4回までパーフェクトの好投。
ベンちゃんには打たれましたが、7回3安打3失点と、重苦しいチームを救う力投でした。
あっぱれ~と大きな拍手を送ります。お疲れさまでした、ナイスピッチングありがとう!

打線も、相手大野投手の乱調はあったものの、初回に5得点とビッグイニングを作って援護。
打線がよくつながりました。

昨日の記事で、私が希望したスタメンが今日はほぼ実現しました。
不調の雄平選手を外し、2番上田選手はタイムリーヒット、
5番に入ったバースデー飯原選手はタイムリーヒットで2打点、
また、7回には平田選手の打球を超ファインプレーで好捕して、守備でも魅せました。
キャッチャーの中村悠平くんも、好リードで木谷投手の良さを引き出しました。

バレンティン選手も一発は出ませんでしたが、久しぶりにヒットが出ました。

リリーフ陣も勝利への執念を見せました。
久古投手のピンチの後、ロマン投手が今日もきっちり抑えて反撃を断つ好リリーフ。
山本哲哉投手は、平常心できっちり三人でかたずけました。
ブルペンでは、この3投手が、今のところ最も信頼できますね。
連敗を止めたことで、これからは、この勝ちパターンで勝利に導いてくれることを期待したいと思います。

それにしても、勝つときは、すべてがうまくかみ合うもんですね。

やっぱり先発がきっちり試合を作ること、これなんですよね。
連敗を見事止めた木谷投手は、これで嬉しい2勝目を挙げました。おめでとうございます。
次回も、好投を願っています。
ライアン小川投手が不在の今、これからは木谷投手が投げる日は落とせないと言われるようになってほしいと思います。

今日の勝利で、明日からは連勝がつづくよう、チーム一丸で勝利に向かってください。

YouTube プロ野球チャンネル セントラル・リーグ (毎回、ハイライト映像がアップされたら貼っておきます。)

     
by misty2011 | 2014-04-26 22:16 | 東京ヤクルトスワローズ