Out of focus ~Baseballフォトブログ~

<   2014年 06月 ( 47 )   > この月の画像一覧

オールスター選手間投票もバレンティンだけ、中村悠平捕手が2位と健闘

試合がなくて退屈なので、またまたオールスターねたを取りあげます。

今日、マツダオールスターゲーム2014の選手間投票の結果が発表されました。
詳細は 選手間投票結果

先のファン投票では東京ヤクルトスワローズからはバレンティン選手だけが1位で選出されましたが、
今回の選手間投票でもバレンティン選手のみ1位で選ばれ、ファン投票とダブル選出となりました。
おめでとうございます。
e0222575_19405245.jpg


現在バレンティン選手は、アキレス腱痛でお休みしていますが、
ファンからも選手間でも、バレ様の存在感は際立っています。やっぱりチームの顔なんですね。
サッカーW杯で、今日はオランダが勝ち上がったので、バレ様の始動はまた遅れるかも!?

選手間投票を見ると、捕手部門で中村悠平捕手が2位と大健闘。
もちろん、阿部慎之助捕手がいるので1位になるのは難しいですが、谷繁兼任監督より上で、
スワローズからノミネートされていた相川亮二捕手よりも選手間では高い評価を受けているようです。
本人にとっては、これは嬉しいことでしょうね。
e0222575_19113771.jpg


現在、ヤクルトは捕手2人制で、相川さんと中村くんがハーフハーフで起用されています。
外から見る目と、チーム内での事情とは違うのかもしれませんが、
小川監督がこの結果を尊重してくれるといいなあと、私個人は思います。

もしかして、中村くんは監督推薦をもらえるかもしれませんね。そうあってほしいです。

ところで、ちょっと謎の選手間投票があって、いったいどうなってるの?と思うことがありました。

山田哲人選手がセカンドではなく、得票数は少ないながらショートで3位に入っています。
まさか他球団の選手は、山田くんはショートの選手だと思っているの??
いや、対戦しているのでそんなことはないですよね?
ヤクルトのセカンドは田中浩康選手のイメージが強いんでしょうか??
それとも、山田くんにはショートをやってほしいとの願望からの投票とか??まさかの集計ミスとか(笑)?
真相は謎??なんだか訳わかりませんでした。

山田くんは、交流戦では最年少の首位打者となり、
また、セ・リーグ打撃成績では昨日時点で.3298で3位につけています。
本来なら、選手間投票で、セカンドのポジションで上位に入ってしかるべきだと思うんですが、
2塁手では3位にも入っていません。
う・・・・・ん、よくわかりませんね。今回、この点に関しては私は非常に不満に思いました。

まあ、そう大した問題ではないので気にしないでおきましょう。
ただ、選手間で選ばれるというのは、実力を認められるってことなので、名誉あることには間違いありません。
来シーズンは、選手間投票で、山田選手をはじめ、もっと多くのヤクルト選手が選ばれるようになってほしいですね。

残るは7月3日に発表される監督推薦がどうなるでしょう。
ヤクルトからは、私の予想では山田哲人選手は選ばれそうで、
中村悠平捕手、川端、雄平選手も微妙ですが、選ばれる可能性はあると思います。
楽しみにしています。

オールスターも真のスター選手がいなくなって、それほど魅力ある祭典にはならなくなっていますが、
若手の選手にとっては出場できれば嬉しいことだと思います。
ひとりでも多くの燕戦士が出場できるよう願っています。
by misty2011 | 2014-06-30 20:11 | 東京ヤクルトスワローズ

オールスターファン投票パ・リーグ、西・糸井選手他フォト

マツダオールスター2014のファン投票の結果が27日発表されました。
前の記事ではセ・リーグの主に1位で選出された広島カープの選手のフォトをアップしましたが、
今回はパ・リーグ編で、ファン投票で球団最多の5名が選ばれたオリックス・バファローズの選手他です。
数字はオールスター出場回数


マツダオールスター2014 ファン投票結果

【先発投手】 西勇輝投手 2回目
e0222575_9173647.jpg


【中継ぎ投手】 佐藤達也投手 2回目
e0222575_9175179.jpg
e0222575_918054.jpg


【抑え投手】 平野佳寿投手 6回目 写真なし
オリックスが投手部門すべてトップで独占しました。

【捕手】 嶋基宏捕手 6回目

【1塁手】 中村剛也選手 6回目

【2塁手】 浅村栄斗選手 2回目

【3塁手】 松田宣浩選手 4回目

【遊撃手】 今宮健太選手 初

以上5選手は今季の写真なし

【外野手】 糸井嘉男選手 6回目 
e0222575_9193740.jpg

2年連続最多得票数487,246票を獲得した糸井選手
e0222575_9194656.jpg
e0222575_920878.jpg


【外野手】 中田翔選手 4回目
e0222575_9523992.jpg

5月28日は金髪でした。

【外野手】 陽岱鋼選手 3回目
e0222575_9552188.jpg


【DH】 ペーニャ選手 2回目
e0222575_9203215.jpg
e0222575_9203755.jpg


オリックス4選手の写真はすべて6月21日神宮交流戦より
日本ハムファイターズ2選手は、5月28日神宮交流戦より

オールスターの選手間投票は6月30日(月)、監督推薦を含む出場メンバーは7月3日(木)に発表されます。

選手間投票の結果が発表されました。選手間投票結果
by misty2011 | 2014-06-30 16:38 | パ・リーグ

オールスターファン投票セ・リーグ選出の選手フォト

今日は秋田こまちでの試合が雨で中止となったので、書く記事もないので写真のアップです。

27日にマツダオールスターゲーム2014のファン投票の結果が発表されました。
東京ヤクルトスワローズからは、バレンティン選手が4年連続4回目(ファン投票選出は3回目)の出場を決めました。
おめでとうございます。

マツダオールスター2014 ファン投票結果

セ・リーグは、広島東洋カープから8選手がファン投票で選ばれました。
どこの球場でもカープファンの動員力は凄いものがあって、スタンドが真っ赤に染まりますが、
ファン投票でもカープファンの団結力を見せつけられました。
不人気球団のヤクルトも、最後は予想以上に得票数が伸びましたが、とうていカープ票には及びませんでした。

後日、監督推薦が発表されますが、ヤクルトからはおそらく野手が何人か選ばれそうですね。
楽しみに待ちましょう。

では、セ・リーグファン投票で選出された選手たちの今シーズン私が撮った写真です。
観戦回数が少ないので、今シーズンの写真の無い選手は掲載していません。数字は球宴出場回数

【先発投手】 前田健太投手 4回目(広島東洋カープ)
e0222575_1684387.jpg


【中継ぎ投手】 一岡竜司投手 初(広島東洋カープ) 写真なし

【抑え投手】 K.ミコライオ投手 初(広島東洋カープ)
e0222575_1693193.jpg


【捕手】 阿部慎之助捕手 11回目(読売ジャイアンツ) 今季の写真なし

【1塁手】 キラ・カアイフエ 選手 初(広島東洋カープ) 写真なし

【2塁手】 菊池涼介選手 初(広島東洋カープ)
e0222575_17273099.jpg


【3塁手】 堂林翔太選手 3回目(広島東洋カープ) カープ女子の票をがっちり集めました。
e0222575_16584533.jpg


【遊撃手】 鳥谷敬選手 5回目(阪神タイガース) 今季の写真なし

【外野手】 丸佳浩選手 2回目(広島東洋カープ) 
e0222575_17133217.jpg


【外野手】 B.エルドレッド選手 初(広島東洋カープ) 
e0222575_16103453.jpg


【外野手】 W.バレンティン選手 4回目(東京ヤクルトスワローズ)
e0222575_17211765.jpg


今日29日、カープのエルドレッド選手は2本のホームランを放ち、ここまで25本塁打と両リーグトップのホームラン数。

アキレス腱痛でお休みしているバレンティン選手は18本塁打で、これで7本差になりました。
バレ様、足が痛いのもありますが、どうも今季はやる気がイマイチ感じられません。
ひょっとして今年はホームラン王はあきらめているんでしょうか?
このままでは、4年連続のホームラン王に黄色信号が灯ってきました。

オールスターへの出場は意欲を見せているバレンティン選手ですが、肝心のリーグ戦への復帰はいつになるでしょう?
W杯でオランダが勝ち続けている間は無理っぽいかもしれませんね!?

小川監督は7月8日から始まる9連戦には戻って来てほしいと熱望していますが、
果たして本人に気持ちは通じているでしょうか?
むらっ気バレ様に、今シーズンも振り回されることになりそうです。
幸い、若手和製クリーンアップの山田-川端-雄平選手が打撃好調で、バレンティン選手不在の穴を埋めています。

今季は、バレ様はチャンスに打てないことが多く、むしろ今の方が打線がつながっているようにも感じますが、
やっぱりバレ様がいるといないとでは相手投手へのプレッシャーが違います。
一日も早い復帰をお願いします。

なお、オールスターの選手間投票は6月30日(月)、監督推薦を含む出場メンバーは7月3日(木)に発表されます。

選手間投票の結果が発表されました。選手間投票結果


明日は、ファン投票選出のパ・リーグ編の写真を予定しています。
by misty2011 | 2014-06-29 19:32 | セ・リーグ

リーグ戦再開もヤクルト大敗、今季2度目の完封負け

交流戦が終わり、今日からリーグ戦が再開されました。

その初戦、東京ヤクルトスワローズは、秋田こまちスタジアムで読売ジャイアンツとの2連戦。
先発はヤクルトがナーブソン投手、巨人は杉内俊哉投手
田中浩康選手が6番でファースト、荒木貴裕選手が7番レフト、スタメンマスクは中村悠平捕手でした。

ナーブソン投手は初回、2死から四球でランナーを出すと3連打され2点先制されます。

3回にも2死後、四球、暴投、森岡選手のトンネルのタイムリーエラー
長野選手の2ランで3点追加され0-5となります。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 4併殺で今季2度目の完封負け…ナーブソン投手は6敗目喫す

4回も続投のナーブソン投手でしたが、アンダーソン選手のソロホームラン、
亀井選手のタイムリーで0-7と一方的な展開に。

ここでようやく2番手の松岡健一投手に交代も、満塁から阿部慎之助捕手のタイムリー他で、さらに2点失い0-9

巨人ファンだけ大盛り上がりで、秋田まで行ってこれでは、
観にに来たスワローズファンに申し訳ないような試合展開となりました。

この後は、ヤクルトブルペン陣のカーペンター-赤川-江村将也投手が無失点リレーと好投しました。

打線の方は、杉内投手に対し3回から6回までは毎回安打でランナーは出ますが、4併殺とことごとくチャンスを潰します。

8回からは継投に交わされ、0-9で今季2度目の完封負けを喫しました。
一言でいうと、ヤクルトサイドから見たらつまらない試合でした。

スタメンの浩康選手も荒木選手も1安打はしましたが、ランナーを置いては併殺打。
4番川端選手はノーヒットで内容もよくありませんでした。
雄平選手はレフト前ヒット1安打で、好投の左腕・杉内投手からヒットを打ったのでまずまず。

3回に手痛いトンネルのタイムリーエラーをやらかした森岡良介選手は、
次の打席で、即座に代打・慶三選手を送られ交代となりました。
懲罰交代と見ていいんでしょうか?
最近はショートの守備が安定していたと思っていた矢先のエラーでした。
まあ、打撃好調なので明日もスタメンだとは思いますが・・・。
e0222575_21283694.jpg


9回最後の攻撃で、この日まだヒットがなかった山田哲人投手が右中間への2塁打を打ったのが、
私にとっては唯一の慰めとなりました。
解説の高木豊さんが、1打席1打席を大切にしていると話していましたが、確かにそうですね。
大敗の試合の最終回でも、タダでは終わらない姿勢、きっちりヒットを打つあたりは大したものだと思いました。

巨人は、前半戦はどうもパッとしなかった杉内投手が、今日は好投しました。
また、阿部慎之助捕手の打撃の状態が上向いてきたようで、ますます手強くなりましたね。

明日は、調子づいた巨人打線をどう抑えるか、八木投手の好投を祈っています。


YouTube プロ野球チャンネル セントラルリーグ ハイライト

     
by misty2011 | 2014-06-28 21:36 | 東京ヤクルトスワローズ

交流戦首位打者の山田哲人選手、日本生命賞ゲット♪

前の記事に続き山田選手関連情報の連投です!

つい先ほど、2014年日本生命セ・パ交流戦の表彰選手が発表されたので、速報で!

NPB公式サイト 2014年「日本生命セ・パ交流戦」最優秀選手賞(MVP)および日本生命賞決定のお知らせ

サンスポ 巨人・亀井が交流戦MVP!骨折から復帰で3本塁打10打点

これによると、最優秀選手賞(MVP)は優勝した巨人から亀井善行選手が選ばれました。
私はひとつ前の記事で小山投手と書きましたが、見事外れでした(苦笑)。
ほとんど巨人の試合を見てなかったので、亀井選手の活躍は知りませんでした。
失礼をば・・・。おめでとうございます。

これ以外に、セ・パの各リーグから1名ずつ活躍の目立った選手に贈られる日本生命賞(賞金100万円)には、
セ・リーグが打率3割7分8厘で交流戦最年少の21歳で首位打者となったヤクルトの山田哲人選手
パ・リーグは交流戦最多の1シーズン4完封で4勝1敗、防御率0.69だった楽天の則本昂大投手が選ばれました。
おめでとうございます。こちら「日本生命賞」の方は、2選手とも私の予想通りでした。

山田くん、やったね~!ホントによかったですね、おめでとうございます。
e0222575_162477.jpg



この後、おそらく本人の受賞コメントが出ると思いますので、のちほど追記しておきます。
追記
サンスポ 燕・山田、『日本生命賞』受賞に「こういう賞があるとは知らなかった」

私も知らなかったですが、あとで調べてみたら、交流戦10年の歴史で、
ヤクルトからはMVP、日本生命賞は誰も受賞していなくて、山田選手が初めての受賞です。素晴らしいことですね。


5月の月間MVPは雄平選手に譲る形となり惜しくも逃しましたが、見事、交流戦最年少首位打者で
その分まで取り返したほどのご褒美ですね。
7月16日には22歳になりますが、一足早い誕生日プレゼントになったかもしれません。
山田くん推しの私も嬉しくてたまりません。

これからも好調をキープできるよう、一層頑張ってほしいと願っています。
これで、オールスターも監督推薦で出場間違いないでしょう。

シーズン終了時に、いったいどのくらいの成績になってるんでしょう?楽しみにしています。
首位打者も、最多安打も狙える位置につけていますが、あまり期待をかけ過ぎてもいけません。
本人も語っているように、リーグ戦でも継続して結果を出してほしいですね。
地道に努力しているので出来ると思います。
夏バテしないよう体調を整えて、最後まで突っ走ってほしいと願います。

杉村繁コーチが「ヤクルトの宝」と期待をかけていますが、
行く行くは日本を代表するくらいの選手になれる逸材なんでしょうね。
2010年のドラフトは、はずれ1位が大当たり、3回目で引き当てた残り物に福あり、
お宝を引き当てた小川監督、いい仕事をしましたね。本当にありがとうございました。
by misty2011 | 2014-06-27 16:50 | 東京ヤクルトスワローズ

2014交流戦最年少首位打者・山田哲人選手フォト@神宮6/21

今年の交流戦は雨で試合が随分流れて、昨夜の横浜DeNA対日本ハムファイターズの試合をもって全日程が終了しました。

2014年のセ・パ交流戦の対戦成績はパ・リーグ71勝、セ・リーグ70勝と拮抗した結果となりました。
優勝は読売ジャイアンツ
その他、交流戦での個人成績等詳細は こちらのサイト 日本生命セ・パ交流戦 でご覧ください。
NPB公式サイト 日本生命セ・パ交流戦


既に25日のスワローズの試合終了後、山田哲人選手の交流戦首位打者は確実なものとなっていました。
私はフライングで、2位の柳田悠岐選手を抜いた時点で確定なんて書きましたが、
1試合残していた横浜DeNAの山崎憲晴選手が、最終戦で6打数6安打すれば抜かれることになっていました。
まあ、ちょっと不可能な数字だとは思いましたが、山崎選手は最終戦で3打数1安打に終わり、
無事、山田選手が、打率.378で首位打者に輝きました。おめでとうございます。

サンスポ 燕・山田、セ6年ぶり交流戦首位打者!「継続して結果を」

交流戦の首位打者は正式なタイトルではありませんが、とにかく1番になったのは凄いことですね。
しかも、山田哲人選手の21歳11カ月は、交流戦が始まって10年の中で最年少の首位打者。
また、セの打者では2008年の金本選手以来6年ぶり2人目の快挙です!

開幕前には、今シーズン、セカンドのポジション争いがどうなるのかと私は心配していたんですが、
もやはそれは決着がついた上に、ここまで急成長するとは予想以上でした。
いやいや、嬉しすぎます♪

セ・パ交流戦での表彰は、1位のチームから最優秀選手賞(MVP)が選ばれるほか、
各リーグから1名ずつ、期間中特に活躍が目立った選手を選出する日本生命賞があります。

もしかして、これに山田くんが選ばれるんじゃないかと私は予想しています。
ついでに私の予想を書いておくと、MVPはおそらく3勝負けなしの巨人・小山雄輝投手
日本生命賞は、4勝1敗で防御率もトップの楽天の則本昴大投手、
そして我らがヤクルトの最年少首位打者・山田哲人選手ではないかと予想しています。
どうか私の予想が当たりますように!

また決定したら、記事に書く予定です。いつ発表でしょう?楽しみですね。
選ばれました!次の記事で


では、神宮交流戦6月21日の山田哲人選手の写真です。
シートノック前のキャッチボール
e0222575_11475947.jpg

セカンドでシートノック
e0222575_11481078.jpg

昨年は目もあわさず、言葉を交わすこともなかった田中浩康選手と山田くんですが、
今年に入ってからは、普通に話しているシーンを見かけるようになりました。
お互い心の壁がとれたようで、よかったと思います。
e0222575_11483047.jpg
e0222575_11484196.jpg
e0222575_11485278.jpg


ここからは試合中 既に、履正社のT-岡田選手と一緒の写真は こちらにアップ済みです。
e0222575_11552256.jpg

ネクストサークルにて
e0222575_11553313.jpg
e0222575_11554630.jpg

初回、レフト前ヒットで出塁
e0222575_11562825.jpg
e0222575_11563964.jpg

川端選手のタイムリーで初回に先制 3アウトチェンジの際
e0222575_1157161.jpg

最近は慎吾くんとよく話しているシーンを見かけます。
e0222575_115714100.jpg

この日は、散髪直後だったようで、ちょっと髪型が変わっているような?
e0222575_1157267.jpg
e0222575_11574310.jpg
e0222575_1157527.jpg
e0222575_1158840.jpg

2打席目は三振でしたが、その後の打席は警戒されたのか?3四球
山田くんは選球眼もいいので、出塁率が高いですね。
e0222575_1158271.jpg
e0222575_11583983.jpg
e0222575_1159918.jpg
e0222575_11592865.jpg
e0222575_11595573.jpg

11-3の圧勝でオリックスに勝ち勝利のハイタッチ 嬉しそうな山田くん
e0222575_120930.jpg

e0222575_12135298.jpg
e0222575_1201980.jpg

by misty2011 | 2014-06-27 12:26 | 東京ヤクルトスワローズ

川島慶三選手フォト@神宮6/21

6月21日神宮交流戦より、今回は川島慶三選手の写真です。

e0222575_22372953.jpg

つば九郎と一緒の写真は珍しいかも?
e0222575_22373946.jpg


ショートでシートノック 森岡選手が打撃好調なので、主に守備固めで起用されることが多いです。
e0222575_22375147.jpg
e0222575_22381575.jpg



e0222575_22384195.jpg

e0222575_2252263.jpg

8回に代打で出場 
e0222575_22385498.jpg

サードエラーで出塁
e0222575_2239529.jpg

盗塁成功で2塁へ
e0222575_22481835.jpg

ワイルドピッチで3塁へ このあと、川端選手の3塁打で10点目のホームを踏みました。
e0222575_22392198.jpg


ショートの守備につくためキャッチボール
e0222575_22393569.jpg
e0222575_22394768.jpg

ゲームセットのハイタッチ
e0222575_2240241.jpg


打撃がよくなれば、スタメンン起用のチャンスも出てきますが、いまのところショートの貴重なサブとなっています。
日ハム時代は外野もできたので、オプションとして再び外野の練習をしてもいいような気がしますね。
外野手としても、新庄選手お墨付きのセンスがあるので、
ちょっと練習すれば、たぶん現状の外野陣より上手いかもしれません?
私はファイターズのルーキー時代から慶三くんを見てきたので、
ヤクルトに来てからは怪我に泣かされて不憫でなりません。
明るいキャラで、後輩にも優しい性格なので好きな選手です。
もうひと花咲かせてほしいと願っています。
by misty2011 | 2014-06-26 23:19 | 東京ヤクルトスワローズ

打撃好調・ショート森岡良介選手フォト@神宮6/21

リーグ戦再開まで、再び写真のアップを続けます。
今回は打撃好調、守備も軽快でショートの定位置をつかんでいる森岡良介選手です。

神宮交流戦6月21日 ショートで川島慶三選手と一緒にシートノック
e0222575_17181369.jpg
e0222575_17182242.jpg
e0222575_17183018.jpg


e0222575_1746665.jpg

e0222575_17462592.jpg



試合中より、当日は3安打猛打賞でした。
e0222575_17191754.jpg
e0222575_17192724.jpg
e0222575_17193772.jpg


ゲームセットで整列してスタンドの挨拶後、引きあげて来る森岡選手 満足げな表情です。
e0222575_17195574.jpg


昨夜、交流戦が終了して、打率は.3936と依然高打率をマーク
ずっと4割台をキープしていましたが、昨夜のセンター前に抜けたショートタイムリーエラーがヒットなら、
4割台キープでしたね。あれはヒットでもよかったような・・・。

脇腹を痛めて離脱していたので、なかなか規定打席には到達しませんが、これだけ打撃が覚醒するとは驚きました。
相手投手が左腕であっても関係なくスタメン出場するべきだと以前に書きましたが、
最近は関係なくスタメンで起用されています。
ほぼショートのレギュラーを掴み取ったとみていいでしょうね。

守備でも安定感を増し、好プレーも多く、他の内野手たちがミスをやらかすことが目立つ中、
一番安心して見ていられる存在にまでなりました。
7月には30歳になりますが、まだまだ進化の途中です。

体格的には恵まれませんが、森岡選手はチーム内でも体の柔軟さは際立っています。
ストレッチしているときに、両足を開いて顔が地面につくほどです。球場に行った時には、見ておいてください。

この調子を持続して、攻守とも、また選手会長としても頼もしい存在であってほしいと思います。
by misty2011 | 2014-06-26 17:53 | 東京ヤクルトスワローズ

交流戦最終戦圧勝!雄平選手バースデーアーチ、山田くん交流戦首位打者確定

天候不良で前日は中止となった交流戦の神宮最終戦が2日ぶりに行われました。

先発は東京ヤクルトスワローズが石川雅規投手、千葉ロッテマリーンズは大嶺祐太投手
今日は岩村明憲選手が1塁でスタメン出場、DHは田中浩康選手でした。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 雄平選手が祝砲含む5打点! 山田選手の交流戦首位打者が確実

試合は拍子抜けするくらいヤクルトの圧勝でした。
先発全員安打の15安打で今季最多得点の14点

投げては、スライド登板となった石川雅規投手が7回を投げ5安打1失点と好投し、今季5勝目
また、交流戦通算20勝を挙げました。おめでとうございます。
大量援護もありましたが、今日は良いカツオくんで、ゴロを打たせて取るナイスピッチングでした。

8回は岩橋選手が無失点に抑えますが、
9回はバーネット投手が調整登板して、四球後、クルーズ選手に2ランホームランを浴び、
ベースを回る間に、何やら二人が言い合いになりちょっと不穏な空気が流れましたが、そのままゲームセット。
14-3の圧勝で、交流戦ラストを勝利で飾りました。

ロッテは投手陣も不調、守備はヤクルトかと思うくらい内外野ともボロボロでした。

打線はよく打ちましたが、
中でも今日30歳の誕生日を迎えた雄平選手が、13号2ランを含む3安打5打点と大暴れ!
自らの誕生日をバースデーホームランで祝福しました。早いものでもう30歳なんですね・・・。
去年の大怪我がホントにうそだったみたいな大活躍に、感慨深いものがあります。
おめでとうございます♪
和製クリーンナップ、山田-川端-雄平選手は、本当に頼もしいですね。
e0222575_213726.jpg

雄平選手のフルスイング 写真は6月21日神宮


また、DHの田中浩康選手が3塁打を含むマルチヒット2四球で2打点と活躍しました。
右打ちの3塁打は浩康選手らしくてよかったですね。

岩村明憲選手も2安打2打点と好調をキープ。
ただ、ファーストゴロの打球が肩に当たり、途中交代したのがちょっと心配ですね。なんでもなければと思います。
川端選手と中村悠平選手もマルチヒットでした。とにかく打線がよくつながりました。

一番私が嬉しかったのは、山田哲人選手が3打席目でヒットを放ち、あとの2打席は四球を選んで
3打数1安打、打率.378で交流戦の首位打者を決めたことです。

ヒットを打った時には飛び上がって喜びましたよ。
ただ、みんながよく打って打席が多く回ってくるので、どうなるのか心配でしたが、
あとはファオボールを選んでほっとしました。

ペナントレースの首位打者ほどの価値はなくても、とにかく交流戦の首位打者ゲットは一つの勲章です。
山田くんにとって大きな自信になったと思います。
e0222575_21411021.jpg


レギュラーシーズンに戻っても、この調子を持続してさらに打ち続けてもらいたいと思います。
打線の好不調の波が少ないのと、2ストライクと追い込まれても打てるのが強みですね。
あとは、昨年のような夏バテをしないよう、しっかり体調を整えてほしいと思います。
シーズン終了時の成績がどうなるのか、今から楽しみにしています。

交流戦はチームとしては今年も負け越しましたが、バレンティン、畠山選手の主軸を欠いた中で、
打線はホントに頑張りましたね。
投手陣も、先発の石川投手がよくなってきているし、ブルペンもバーネット投手が復帰して揃ってきました。

後半戦の初っ端は巨人との2連戦ですが、ここで勝ち越して弾みをつけたいですね。
大いに期待しています。


YouTube プロ野球チャンネル セントラルリーグ ハイライト

     
by misty2011 | 2014-06-25 21:56 | 東京ヤクルトスワローズ

本田ジャパンはこれで最後にして!

今日はザックジャパン最後の試合なので、早起きしてと言っても寝過ごして前半途中からW杯を見ました。

日本はコロンビアに4-1で大敗しましたが、グループCのこれまでの試合よりは、
今日は攻める気持ちは伝わってきました。
惜しむらくは、初戦のコートジボワール戦から、今日のような戦う気持ちで挑んでほしかったですね。

前半の岡崎慎司選手の同点ゴールは見事でした。
本田選手のパスが自分の身体の後ろに来たにもかかわらず、体を反転させてよく頭でゴールにねじ込んだものです。
点取り屋の岡崎選手の真骨頂を見たような気がしました。
あれ、また入れろって言っても難しいようなゴールだったと思います。

今回のザックジャパン代表メンバーの中では、岡崎選手は私が最も応援している選手です。
かつては中山ゴン選手が好きだったので、同じように泥臭くゴールを狙いに行くプレースタイルが私は好きですね。
前2戦は、シュートの機会すらほとんどなくて残念に思っていたので、今日のゴールは嬉しかったです。
これで乗って行けるかと思いましたが、コロンビアとの実力差は歴然でした。

後半はカウンターから何なくゴールを決められ一方的な展開となりました。
日本もチャンスは何度かありましたが、決定力不足は如何ともしがたいものでしたね。
これが世界との差、日本の実力なんでしょう・・・。

試合後、本田圭祐選手は「優勝とまで言って、散々な結果ですから…自分たちが未熟すぎた。
口だけで終わってしまった。申し訳ないと思います」と、言葉に詰まりながらインタビューに答えていました。

前のW杯の記事で、私は以前から大口をたたくから好きになれないと書きましたが、さすがに今日は打ちひしがれていました。
それだけ敗戦のショックは大きかったと思います。

チームの目標を高く持つこと自体は決して悪いことではありませんが、
いまの自身の実力をきちんと自己評価できない選手がチームの中心にいては、ゲームメイクは難しかったと思います。

この4年間、ザックジャパンは本田選手を中心にチームを作り上げてきました。
その結果がこれです。4年前より明らかにチームのまとまりがなく、弱くなっています。

ザッケローニ監督の解任は避けられないでしょう。
今回は采配に関しても、ぶれまくって何がしたいのかわからないような状況でした。
選手もこれでは戸惑ったと思います。

素人なのでフォーメンションや技術的な事はわかりませんが、勝手なことを言わせてもらうなら、
選手の起用に関しても、出したらいいのにと思っている選手は使わなくて、引っ込めろよと思う選手は使い続けました。
守備に関しても、点をとられだしたら歯止めがきかない感じで、まるでヤクルトを見ているようでした。
攻撃も中途半端なら、守備ももろかったですね。


今後に関しては、中心メンバーの本田選手は、代表引退について聞かれると即座に「いえ」とひと言。
代表引退を否定し「はじめから次にも行くつもりでしたので。また目指したいと思います」と、
4年後のロシア大会に思いを寄せました。

今大会は、体調のこともあったでしょう、結果を出せなかったのは悔しいと思います。
ただ、スピードがなく状況判断が遅いプレーを見ていると、
失礼ながら、これからの4年間で、本田選手がさらなるレベルアップができるものだろうかって疑問です。
パスをちんたら回すだけでは点が取れないことは、今大会ではっきり結果が出ました。

一方、今大会は私から見たら、まあまあ頑張った方だと思っていた内田田篤人選手は、
代表引退を示唆するような発言がありました。
おいおい逆じゃないのと私は思います。

次期監督が決まってからの話ですが、メディアやスポンサー受けを狙った代表メンバーではなく
一から出直すサッカー日本代表として、少しでも納得できる選手選考をしてほしいと思います。

サッカーは口でやるスポーツではありません。脚で蹴ってなんぼのスポーツです!

最後に、力は出し切れませんでしたが、戦った選手の皆さん、
ブラジルまで応援に出かけた多くのサポーターの方々、本当にお疲れさまでした。

野球関連のブログなので、野球ではなかなかこうまで本音を書けませんが、
サッカーなので私の正直な気持ちを書きました。
by misty2011 | 2014-06-25 11:08 | その他