Out of focus ~Baseballフォトブログ~

<   2014年 08月 ( 37 )   > この月の画像一覧

ライアン小川8回1失点7勝目、飯原先制2点適時打、9回追い上げられるも逃げ切る

甲子園での3戦目は、阪神タイガースが岩貞祐太投手、ヤクルトスワローズは小川泰弘投手の先発
先発マスクは、前回ナイスリードだった相川亮二捕手

初回、ヤクルトは先頭の山田選手がセンターへのヒットで出塁
送りバント、ショートゴロで2死3塁から、畠山、雄平選手が四球で歩き2死満塁となると
飯原誉士選手がセンター前に2点タイムリーヒットを放ち、ヤクルトが先制!ナイスバッティング、メッシ!


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 小川投手が8回1失点で7勝目! 飯原選手に先制2点タイムリー

4回には、2死満塁から、山田選手が押し出しの四球を選び3-0

6回にも2死満塁で、代打・バレンティン選手が押し出しの四球で4-0と引き離します。

ライアン小川投手は、前回同様、ストレートの力があり、変化球は高めに甘く入ることもありましたが
6回まで阪神打線を散発3安打に抑えます。

しかし7回、ゴメス選手に高目に入ったカットボールをレフトスタンドに放り込まれて4-1
さらに、マートン選手にも高めに浮いたストレートをレフト前に運ばれます。
福留選手には四球を与え、ピンチを招きますが、後続の代打・新井貴、関本選手を打ち取り、この回1点どまり。

追加点が欲しいヤクルトでしたが、7回以降は阪神の継投の前に得点ならず。

3点差で9回裏はバーネット投手が登板
1死後、マートン、福留選手に連打され1死1、2塁
坂選手のショートゴロで2死1、3塁となりますが、鶴岡捕手にショート内野安打を打たれ2-4と2点差に
しかし、狩野選手を打ち取りゲームセット。4-2で逃げ切って、ヤクルトが阪神に連勝しました。

小川泰弘投手は、今日も落ち着いたピッチングで7回6安打9三振で1失点と好投
前回に続いて7勝目を挙げました。おめでとうございます。

ストレートは、あれは意識的なんでしょうね、高目に行くことも多いですが、
力があるぶん、空振りがとれるなど打者を打ち取りました。
変化球が時折高く浮いてヒヤッとすることもありましたが、6回までは3安打無失点。

やや球威が落ちた7回に、一発を浴び、その後もピンチでしたが、結局ソロホームランの1失点でした。

最後は、ピンチにバーネット投手がキレないことを祈りながら見ましたが、何とか逃げ切れてホッとしました。

打線は、初回の飯原選手の2点タイムリーヒットが効果的でしたね。
あれで、優位な試合運びが出来ました。
飯原選手が、最近はいいところで打っていますね。
スタメン起用も増えて、これからもますますアピールしてほしいと思います。
e0222575_22491218.jpg


代打のバレンティン選手の押し出しのフォアボールはさすが貫録勝ちでした。

山田哲人選手は初回の1安打のみで、敬遠気味の四球と押し出しの四球で1打点
あとはヒットが出ず、3打数1安打で.336 安打数は160安打。
200安打まで残り29試合で40安打は厳しいですが、可能性は大いにあります。
猛打賞など固め打ちの試合があるとラクになるんですけどね。神宮に戻ってからの試合に期待しましょう!

首位打者を争うマートン選手は、今日も2安打で.339と打率を上げ、ちょっと差が広がりました。
この3連戦で計5安打献上。ヤクルト投手陣に抑えてほしいと願うのは難しかったかもしれません。
他チームの投手陣にマートン封じを託すしかありませんね。他力本願ですが、どうかよろしくです。

YouTube プロ野球チャンネル セントラルリーグ ハイライト

      
by misty2011 | 2014-08-31 22:19 | 東京ヤクルトスワローズ

石山投手7回1失点で3勝目、雄平選手5安打固め打ち!

昨夜は9回無死満塁の追い上げムードが豪雨登板でコールド負け。
惜しかったとも言えますが、如何せん反撃が遅すぎました。

今日の先発は阪神が金田和之投手、ヤクルトスワローズは石山泰稚投手
バレンティン選手は欠場で、ユウイチ選手がスタメンレフト、畠山選手が4番に入りました。

また、本日付で、昨日打たれた赤川投手が抹消され、野口祥順選手が上がってきました。
これで再び「NTT」三役揃い踏み。左のT選手は、最近は攻守に結果を出して頑張っています。

ヤクルトは初回は先頭の山田選手が、2回も先頭の雄平選手がヒットで出ますが、後続が倒れます。

先制したのは阪神。
2回裏、石山投手はゴメス、マートン選手に連打され、今成選手は併殺打に仕留めますが
伊藤隼太選手にタイムリーヒットを打たれ1点先制されます。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 石山投手が7回1失点の好投で3勝目!! 雄平選手は5打数5安打

追いかけるヤクルトは4回1死後、4番・畠山選手がヒット、雄平選手がフェンス直撃の2塁打で1死2、3塁
ここで、ユウイチ選手がセンターへタイムリーヒットを放ち二者生還して2-1と逆転!

6回には2番手筒井投手を攻め、川端選手が2塁打後、3塁まで進み、筒井投手の暴投で1点追加して3-1
このあと、雄平、飯原選手のヒット、四球で満塁となり、石山投手がライト前にヒットを放ちますが、
伊藤隼太選手が1塁へ素早く送球して間一髪アウト、ライトゴロとなり追加点はなりません。
珍しいプレーが出ました。

8回には、雄平、飯原選手のヒット、武内選手が送りバントを決め、中村悠平捕手の犠牲フライで4-1
コツコツ得点を重ねます。

石山投手は7回まで投げ、8安打されながらも1失点と好投。
フォアボールが1個で、最少失点のとどめることが出来てよかったと思います。

8回は秋吉投手が三者凡退に抑えます。

9回、ヤクルトは森岡選手のヒット、雄平選手の5安打目となるヒット、飯原選手は死球で2死満塁のチャンスも
代打・田中浩康選手がショートライナーに倒れます。

最後はバーネット投手が三者連続三振に斬ってとりゲームセット。
4-1で阪神を下しました。

石山泰稚投手が7回1失点の好投で3勝目を挙げました。おめでとうございます。
打たれながらも要所を締め、また1四球と制球の課題が今日はクリアできていました。

打線は今日ももよく打って14安打
圧巻は5打数5安打の雄平選手 打率を.320まで上げました。
e0222575_2132577.jpg


山田哲人選手は第1打席でヒットを打つと、第4打席では当たり損ねのサード内野安打と、ラッキーなヒットでマルチ
5打数2安打で159安打となりました。打率は.3361でマートンに次いで2位
なかなか長打が出ませんが、まあ、ヒットはヒットなのでヨシとしましょう。

ユウイチ選手は今日も先制の2点タイムリーヒットと頼もしいバッティング
途中出場の飯原選手が2安打1死球で3打席全部出塁しました。

気のせいか?バレンティン選手不在のオーダーほうが、打線がつながるような気がします。
今季のバレンティン選手はチャンスに打てませんからね・・・。
ただ、4年連続のホームラン王がかかっています。明日は出場できるでしょうか?
アキレスけん痛の状態はどうなんでしょう?
今日は代打で出場してフォアボールでした。


明日は小川投手の先発なので、是非勝って阪神に連勝したいですね。
山田くんのためにも、出来れば、マートン選手をノーヒットに抑えてほしいです。

YouTube プロ野球チャンネル セントラルリーグ ハイライト

      
by misty2011 | 2014-08-30 22:11 | 東京ヤクルトスワローズ

戸田軍投手陣で10失点!9回表無死満塁攻撃中も降雨コールド負け

広島カープとの3連戦では、最後にエース・前田健太投手をKOして一矢報いた東京ヤクルトスワローズ
今日から甲子園で阪神タイガースとの3連戦
先発は阪神が負けが先行している能見篤史投手、ヤクルトは2軍から上がってきた赤川克紀投手
赤川投手の昇格と入れ替わりで、藤井亮太選手が抹消されました。
せっかく捕手3人制になってよかったと思っていたのに、また捕手2人制に逆戻りですね。

スタメンは恒例の左投手用オーダーで、ショートは谷内選手、ライトに飯原選手で雄平選手はセンター

まあ、先発投手の格からしてヤクルトが勝つのは難しいとは思っていましたが、その通りの展開となりました。
先発の赤川投手は4回途中まで投げ7安打4四球7失点
球威がない上にコントロールも悪くては、こうなりますね。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 追い上げ及ばず…9回無死満塁の好機で降雨コールドに…

2番手の阿部健太投手は、ファームでは好投していたようですが、上ではやっぱり通用しませんでした。
赤川投手のあと、4回途中からマウンドに上がりましたが、3安打され0-9と一方的な展開に。

5回からは山中浩史投手に継投し、5回は抑えますが2イニング目に1点取られて0-10

解説の濱中さんにまで「ヤクルトの投手陣はひどいですね・・・」と言われる始末(苦笑)

大量リードで能見投手はスイスイ投げ、6回までヤクルト打線は3併殺打などでランナーは出すも得点できません。

疲れが見えた7回、1死後、畠山選手が四球、飯原選手がヒットでつなぐと、
中村悠平捕手がレフトへタイムリー2塁打を放ち、ようやく1点かえして1-10
山田選手のサードゴロエラーで2-10とします。

8回には2番手の加藤投手を攻め、比屋根、雄平選手連打後、飯原選手は四球で2死満塁から
中村悠平捕手がセンターへタイムリーヒットを放ち4-10

この間、ヤクルトは山本哲哉-久古投手とつないで無失点に抑えます。

9回表、渡辺投手から、ヤクルトはこの日まだヒットがなかった山田選手がショート内野安打で出塁。
谷内選手は四球で歩くと、川端慎吾選手が榎田投手からライト線へのタイムリー2塁打を放ち5-10とします。
比屋根選手は四球で歩き無死満塁となり、阪神は慌てて呉昇桓投手をマウンドに送ったところで、
雨が強くなり試合は中断。
そのまま降雨コールドとなり、ヤクルトは5-10で敗れました。

これからというところでの中断、そしてコールドは何とも消化不良で、ヤクルトにとっては無情の雨となりましたね。
もともと10点も取られて勝とうというのが厚かましい話ではあるんですが。


他に先発投手がいないので、赤川投手を先発起用しましたが、4回持ちませんでした。
あとから出てくる阿部、山中投手も、本来は1軍では投げられないレベルの投手を無理やり上に上げただけなので
まあ、当然のように打たれました。

その間に、少しでも反撃出来ればよかったですが、能見投手がこれだけ援護をもらえば、ラクに投げられます。
チャンスはありましたが、3併殺でつぶしました。

能見投手降板後の8、9回は、阪神もそれなりの投手が投げたので、こちらもそれなりに反撃出来たってことでしょう。
雨の中断がなければ、無死満塁から、あとどのくらい反撃できたかは、雄平選手からだったので
ちょっと見たかったですね。

今日は、阪神は今季1軍初出場でスタメン起用された狩野恵輔選手が、
2ランホームランを含む3安打猛打賞4打点と大活躍!狩野デーとなりました。
最近見かけないので、すみません、もう私は忘れた存在になっていましたが、見事な復活ですね。
明日からも脅威となりそうです。

ヤクルト打線は阪神の12安打を上回る13安打も放ちました。
川端選手が3安打1打点
中村悠平捕手が3安打3打点
畠山選手が2安打など、打った割には追いつかない程度の反撃でした。
9回は、試合の中断がなければ、もう少し得点は入っていたでしょうね。

山田哲人選手は最後の打席でようやくショートゴロ内野安打。鳥谷選手の強肩で危うくアウトになりそうでしたが、
全力疾走で間一髪セーフ。5タコで終わるのとは大違い。1安打でも打てたのでよかったです。

首位打者を争うマートン選手は4打数1安打3打点で、一日でまた打率が上になりました。
しかし、ヤクルト投手陣がよく1安打に抑えてくれたと言えるでしょうね。
あとでわかったことですが、中日のルナ選手が3安打して打率トップに立ちました。

明日は、山田くんがヒット量産してくれるよう願っています。やっぱり最初の打席ですね。打って下さい!

あと、バレンティン選手は1回の攻撃で全力疾走した際に持病の左アキレスけん痛が再発。
3回の守備から交代しました。明日も出場は厳しいようです。
昨日は盗塁までしたというににね・・・。出たりでなかったり中途半端なのもどうかと思います。


投手陣は打たれましたが、打撃のほうで3安打猛打賞3打点と活躍した中村悠平捕手
また打率が3割に乗ってきました。
e0222575_2132959.jpg


YouTube プロ野球チャンネル セントラルリーグ ハイライト

      
by misty2011 | 2014-08-29 22:28 | 東京ヤクルトスワローズ

祝♪石川雅規投手3年ぶり10度目の2ケタ勝利

マツダスタジアムでの広島カープとの3連戦は、1戦目が大敗、2戦目は延長サヨナラ負けと連敗し、
東京ヤクルトスワローズは自力でのCS出場の可能性が消滅しました。

3戦目の先発はカープが前田健太投手、ヤクルトは石川雅規投手
チームの勢いからすると勝ち目はないですが、ひとつでも勝って最下位チームの意地を見せたいところです。

初回、ヤクルトは先頭の山田哲人選手がセンター前ヒットで出塁。
森岡選手のファーストゴロで、山田くんが一気に3塁まで走ります。抜け目ない好走塁でした。
続く川端選手の犠牲フライで、ヤクルトが幸先よく1点先制!

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 石川投手が球団史上3人目となる10度目の二桁勝利を達成!!

その裏、石川投手は先頭の堂林選手から5連打浴び1-2と逆転されます。
さらに、畠山選手のホームへの送球がフィルダースチョイスとなり1-3
今日も内野のミスが出ました。
石川投手は初回に29球、打者一巡の猛攻を浴び、どうなることかと案じました。

追いかけるヤクルトは、3回、中村捕手がヒット、石川投手がきっちり送り、
山田選手がレフト前タイムリーヒットを放ち2-3
つづく森岡選手のセンター前タイムリーヒットで3-3の同点に。
早めに追いつきました。

4回には、雄平、畠山選手の連打後、武内晋一選手がライトへ勝ち越しのタイムリーヒットを放ち4-3
今日もいい働きです、武内選手。
このあと1死1、3塁から、石川投手のスクイズを前田健太投手が弾くエラーで、
3塁走者が生還して5-3と2点差に。大きな追加点でした。
トップに戻って、山田選手がヒットで1死満塁も、森岡選手が併殺打に倒れ3アウト。

ヤクルトは5回、2番手の戸田投手から、バレンティン選手が四球で歩くと、なんと2盗に成功!
このあと、畠山選手のライトへのタイムリーヒットで6-3と3点差に。
バレ様の盗塁が効きましたね。

援護をもらった石川投手は、徐々に調子を上げ、低めに丁寧に投げ、ゴロを打たせて取るピッチングで
追加点を許しません。

9回まで続投の石川投手は2死までこぎつけますが、會澤捕手のショートゴロを、
守備固め?に入った谷内選手が弾くエラーで出塁を許します。
続いて代打の石原選手にレフト線へヒットを打たれ、あと一人で完投の場面で交代となります。

最後はバーネット投手が堂林選手を空振り三振に斬ってとりゲームセット。
ヤクルトが6-3で広島カープを下しました。

石川投手は初回の3点のみで、9回2死まで投げ123球9安打3失点で10勝目を挙げました。
惜しくも完投はなりませんでしたが、
2ケタ勝利は2011年以来3年ぶり、自身10度目の快挙となりました。おめでとうございます。
恵まれない体で、今シーズンもローテを守って、特に8月は4連勝と調子を上げてきました。
あらためて小さな大エースだなあと敬服します。
e0222575_21154262.jpg

節目の10勝目は、完投できればさらによかったですね。写真は5月28日神宮 石川雅規投手

小川監督は守備固めのつもりでショートを谷内選手に代えたと思うんですが、裏目に出ましたね。
今日は、森岡選手は昨日の失敗があったので、守備は必死さが伝わってきました。
あのまま最後まで森岡選手でよかったのにと思います。この辺は小川監督の勝負勘の無さでしょうね。
むしろサードの慎吾くんの方が守備固めが必要だったかも?って言っても誰もいませんが。

今日は勝ったからよかったものの、相変わらず守備はお粗末。
記録上は最後のショートのエラーだけですが、畠山選手のフィルダースチョイスがありました。
問題の三遊間は、森岡選手は捕ろうと追いかける姿勢は見せていましたが、
慎吾くんは相変わらず突っ立っているだけで、三遊間はゆるいゴロでも抜け放題でした。
ああも簡単に抜けて行ったら、どのチームからも狙われますからね。何とかしてほしいです。
おまけに、レフトがバレンティン選手なので、とにかくヤクルトの左半分に打球が飛ぶと、ひやひやします。
来季の大きな課題でしょうね。

昨日5タコに終わった山田くんは、今日は初回に詰まりながらもラッキーなセンター前ヒット。
これで気をよくしたのか、そのあともヒットが続きマエケンから3安打猛打賞1打点。
ただ5打席打席が回ってきたので、もう1本くらい打ってほしかったですね。
でも、3安打だったのでほっとしました。
明日も続けて打ってほしいですね。これで156安打となりました。
また、打率は.3369で、マートン選手の.3364をわずかに抜いて首位に立ちました。

YouTube プロ野球チャンネル セントラルリーグ 

       
by misty2011 | 2014-08-28 22:08 | 東京ヤクルトスワローズ

接戦の好ゲームも、最後は三遊間の拙守で延長サヨナラ負け

試合の前に、今日付けで、昨日打たれた木谷投手と江村投手が抹消され
阿部健太投手と山中浩史投手が1軍昇格しました。
まあ、木谷投手は当然としても、そういう投手を先発で使わざるを得なかったというのが、
今のヤクルト投手陣の苦しい台所事情。
江村投手は何だか道連れにされたような気がしなくもないです。

かわって上がってくる投手も、他に誰もいなくて苦し紛れの昇格、それほど期待はできません。
好投してくれたら儲けもんってくらいです。だからこそ、生き残りをかけて必死でアピールしてほしいです。

広島カープとの2戦目は、福井優也投手とナーブソン投手の先発
スタメンマスクは前回、好投を引き出した相川亮二捕手

試合は予想以上に両投手の好投でスコアボードには0が並びます。

ナーブソン投手は前回も好投しましたが、今日もストレートとカーブのコンビネーションが冴え
カープ打線を翻弄。
8回を投げ4安打9三振2四球のナイスピッチングで無失点に抑えます。
これで勝ち星がつかないのは可哀想でした。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 1点守りきれずサヨナラ負け…ナーブソン投手は8回無失点

一方、福井投手も今日はストレートに力があり、課題のコントロールもまずまず。
こちらも7回を投げ3安打6三振2四球で無失点の好投でした。

惜しかったのは2回、ヒットの雄平選手を2塁に置いて、畠山選手の右中間を抜けたかと思った打球を
ライトの堂林選手に好捕されました。あれが抜けていればね・・・。

また5回には、2死2塁で、山田哲人選手がレフトへ大飛球を放ちますが、フェンス前でこちらも好捕されました。
打った瞬間は、行った~と思ったんですが、あとひと伸び足りませんでした。がっくり・・・。

試合は0-0のまま延長に入ります。
10回、ヤクルトは1死後、武内選手がヒットで出塁し、
代走・比屋根選手が相川選手のピッチャーゴロの間に3塁まで走る好走塁。
ここで、代打・ユウイチ選手が永川投手からライト前にタイムリーヒットを放ち、
ついに均衡が破れヤクルトが1点奪います。
e0222575_2334129.jpg

一時は勝ち越しの一打を放ったユウイチ選手 ヒーローに成り損ないました。残念 (写真は8月3日神宮)

しかしその裏、バーネット投手が、田中、松山選手に連打され1、3塁のピンチから、
代打の中東選手に犠牲フライを運ばれ1-1の同点に。

1-1の11回裏、松岡投手が登板も、1死後、四球とヒットで1死1、2塁のピンチを招き、
ここで久古投手に継投。

しかし、田中広輔選手のショートゴロを森岡良介選手がトンネルするエラーで1死満塁の大ピンチ。
正面のゴロで捕っていればダブルプレーで3アウトでした。

このあと、ヤクルトは山本哲哉投手に交代するも、代打の石原選手にサードへのタイムリー内野安打を浴び
1-2×で、サヨナラ負けを喫しました。

この打球も、川端選手のほぼ正面の打球でしたが、慎吾くんが弾いて(記録はヒット)、結果サヨナラ打となりました。
捕っていればサードを踏んでホームか1塁へ投げればダブルプレー3アウトだったでしょうね。
打たれたというより、ショートとサード連続の内野の拙守で落とした試合となりました。

先発両投手の好投で、緊迫した試合が、最後の最後でヤクルトの内野守備の破たんが出て
最悪の結果となりました。

だから言ったでしょう。こんな時に守備固めの慶三くんがいればね。
少なくとも11回は無失点で3アウトチェンジで、サヨナラには至りませんでした。

カープには外野で2度のファインプレが―出て、こちらの得点を阻まれ、
ヤクルトは最後に守備力の弱さが露呈してサヨナラ負けジエンド。
打たれて負けるより後味が悪いですね。

森岡選手は、普段は安定した守備ですが、こういう時にやらかしが出ますね。
しかも失点に絡むので印象が悪くなります。
川端選手のサードに関しては、もう何度も書いているので、これ以上言いたくはありませんが、
やっぱりサードの適性がないように感じますね。
強い打球、速い打球に対する反応が悪すぎます。一歩目の足が出ません。
ボールを怖がるっていうのもありますね。

今日の打球にしても正面で捕ればいいものを、わざわざ横向きになっていて弾きました。
守備範囲は狭くても、まだショートの方がましのように思えてきます。
今シーズンはもう無理でも、まじめに再コンバートを考えたほうがいいかもしれないレベルでしょう。
やるとしたら1塁くらいしかありませんけどね・・・。それか、元のショートに戻るとか・・・。
一応ショートでは無難にこなしていましたからね。送球はどちらも安定しています。

今日はサヨナラ負けをするわ、山田くんは5打数ノーヒットに終わってしまい、私にとっては踏んだり蹴ったりの試合でした。
明日は、山田くん、第1打席でヒットが出るといいですね。今日のぶんを取り返してほしいです。


YouTube プロ野球チャンネル セントラルリーグ ハイライト 

      
by misty2011 | 2014-08-27 22:43 | 東京ヤクルトスワローズ

初回に試合が壊れる。バレ29号、谷内プロ初ホームラン

東京ヤクルトスワローズは今日からマツダスタジアムで広島カープとの3連戦。
全国的に不安定な空模様が続いていますが、
今回の広島での土砂災害で亡くなられた多くの方々には、哀悼の意を表します。
また被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

今日の先発は、広島が野村祐輔投手、ヤクルトは木谷良平投手
スタメンでは雄平選手がセンター、武内選手がライトに入っています。Why?
先発の名前だけ見ると、とても勝てそうにありませんが、まあ試合はやってみないとわかりません。
と思ったのもつかの間、とんでもない試合になりました。

初回、ヤクルトはバレンティン選手の29号2ランホームランで2点先制

しかしその裏、木谷投手が大乱調。
先頭から二者連続四球後、丸選手にヒットを打たれ無死満塁。
ロサリオ選手に2点タイムリーヒットを打たれて同点になると、松山選手にも四球を与え
梵、田中選手の連続タイムリーを浴び2-4
さらに野村投手にもタイムリーを打たれて2-5
暴投が続き2-6
堂林選手にもタイムリーヒットを浴び2-7

ここでようやく2番手江村将也投手に交代し、菊池選手を打ち取り3アウト。
いつ終わるのかと思うほどカープの長い攻撃でした。

木谷投手は1回持たず打者10人に5安打3四球2暴投で7失点。
中継ぎをやっていた際にも、抑えているイメージはありませんでしたが、
再び先発に戻っても、新垣投手が霞む程のひどい状態でした。
最初からビビりまくってストライクが入らないわ、苦し紛れのストライクは簡単に弾き返されるわで
ピッチングになっていませんでした。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 木谷投手が初回に7点を失い6敗目…谷内選手にプロ初本塁打

2番手の江村投手も2回に、満塁から押し出しのフォアボールと犠牲フライで2点失い2-9

捨てたような試合でしたが、野手は反撃します。
4回に、途中出場の谷内亮太選手がプロ初本塁打となる3ランホームランを放ち5-9とします。

プロ初のホームランおめでとうございます。今日は守備も軽快でした。
e0222575_21403296.jpg


6回には、2死1、2塁で山田哲人選手がライト前にタイムリーヒットを放ち6-9と3点差に。
ちょっと試合はわからなくなってきました?

ヤクルトは江村投手の後は、藤井亮太捕手がマスクを被り、山本哲、久古投手と継投し、無失点に抑えます。

しかし、7回、松岡投手が満塁から代打・小窪選手に走者一掃のタイムリー2塁打を浴び6-12と突き放されます。

ヤクルトはその後は広島の継投の前に得点できず、そのままゲームセット。6-12で大敗しました。
初回に、よーいドンで7失点ではお話になりません。
木谷投手も悪すぎましたが、そのまま放置して投げさせ続けたベンチもたいがいでした。

その後、野村祐輔投手から6点も取って反撃したことを思うと、
なおさらもっと早く木谷投手を引っ込めておけばと思いました。
初回だったので、次の投手の準備もあったでしょうけど、それにしても・・・。

攻撃では、29号を放ったバレンティン選手が、足の状態なのかな?すぐベンチに下がったのも勿体なかったですね。
あとで公式サイトを見たら、やはり左アキレス腱痛でした。

今日は、こんな状態だったので、藤井亮太捕手を試すことができたのはよかったです。
リードはまずまずも、打撃がちょっとまだ・・・。

山田哲人選手が2安打1打点だったのが、私にとっては癒しとなりました。
今日は5打数2安打で、ちょっと打率を上げました。これで153安打!
夏になって体重が落ちたのもあるのか、最近はシングルヒットばかりで、
2塁打やホームランなど長打が出ないのが、ちょっと残念ですが、
それでもコツコツヒットを打ってくれるのは本当に嬉しいです。

初回から壊れた試合だったので、私は山田くんがヒットを打てばもうそれでいいわ状態でした。

明日は、試合が壊れないよう、先発が粘ってほしいと願います。

YouTube プロ野球チャンネル セントラルリーグ 谷内亮太選手プロ初ホームラン

      
by misty2011 | 2014-08-26 22:25 | 東京ヤクルトスワローズ

山田哲人選手の飛躍を支える早出11種類のトスバッティングとライバルたち

松山で苦手DeNAに連勝したヤクルトナインは、今日25日、高速ジェットで広島へ移動しました。
船着き場での山田、川端、谷内選手の3ショットが、スワローズ公式フォトギャラリーに こちら

また今夜、NHKで放送された「ニュースウォッチ9」のスポーツコーナーで、山田哲人選手が取り上げられました。
録画してないので、覚えている範囲で簡単に。
これまでフジテレビでも紹介されていたのとほぼ同じですが。

プロ4年目、打撃好調の山田哲人選手の飛躍の裏には、杉村繁コーチ指導の早出のトスバッティングがあります。
左右たすき掛けのようにクロスにバットを振ったり、一本足で打ったりして重心を体の中心に置くようにすること、
また、アウトコースを打つ練習、インサイドを打つ練習など、トスバッティングの種類は11種類にも。
フジで見た時にはバランスボールに座って打つ練習もしていましたね。あと、左でも打っていました。

今季の山田選手は追い込まれてからもヒットが打てること
内、外のボールに対する対応ができるようになったことを挙げていました。

交流戦で岸投手から打った場面が紹介され、インコースを腕をたたんでレフトスタンドへホームラン
また、アウトコースは右方向へ打って、当日は西武のエース・岸投手から3安打猛打賞でした。

また、2ストライクと追い込まれてからの打率が、昨年は.256だったのに対し、
今シーズンは.323で、これは両リーグトップの成績です。

現在151安打で両リーグ最多安打数の山田選手には、日本人右バッター最多の191安打の
記録更新へ期待が高まります。(これまでの記録は、藤村富美男さんの191)

山田くんは、これからもチャンスに打てるよう頑張りますと力強く語っていました。
191と言わず、200安打目指して突き進んでほしいですね。以上、うろ覚えのレポでした。

後日、「GET SPORTS」で放送されたティーバッティングの方がより詳細です。こちら


e0222575_21231617.jpg
前回の記事に続き、8月24日試合終了時点での打撃成績をまとめてみました。

山田哲人選手は24日の試合では3打数ノーヒットに終わり、
打率を少し落としました。
安打数は151でトップですが、大島選手が1本差で追ってきています。

ヤクルトは残り35試合で、山田くんが200安打に達するためには、
1試合平均1.40本のヒットが必要。
これまでも、109試合中108試合に出場して(1試合は発熱で欠場)、
出場した試合では1試合平均1.398本のヒットを放っています。
ほぼ同じペースで打ち続ければ200安打は計算上は可能な数字です。

しかし、ここからは記録挑戦のためのプレッシャーや、
競った試合では、好打者の山田選手は相手チームから
チャンスで敬遠されることも考えられるため、
今まで通りにヒットを量産するのは厳しくなるかもしれません。
現に、24日の試合では、9回の打席で敬遠されノーヒットに終わりました。

ただ、こういうチャンスは、またあると簡単に口では言えますが、
実際には、そう何度もあるものではありません。
目の前のチャンスをモノにできるかどうかは、
山田くんがスター選手になるための試金石だと私は思っています。
可能性のある限り191と言わずさらに上の200安打を貪欲に狙ってほしいと思います。
本人もきっとそのつもりでしょう。

打率の方は、マートン選手にちょっと離されましたが、
最後まで、上位数名選手の争いが繰り広げられると思います。
追いかける方がラクなので、ぴったりくっついて行ってほしいですね。

首位打者だけなら、よくあるトップになったら、
残り試合を欠場するという手もありますが、
山田選手の場合は、最多安打も狙っているので、それができません。

これ以外にも、出塁率でも現在3位で、こちらもタイトルが十分狙えます。

今シーズンは、規定打席をクリアし、レギュラーに定着した1年目で、
これほど急成長するとは想像以上で、嬉しい驚きです。
欲張りなようですが、それでもすべてチャレンジして狙ってほしいと思います。

小川監督から指令が出た200安打&30本塁打もきわめて難しい命題ですが、
達成できれば史上初ということなので、叶えてほしいですね。
夢は見るものではなく叶えるもの!
それができるのが山田くんだと信じています。
期待の大きさに潰されないよう、プレッシャーを力に変えて
金字塔を打ち建ててほしいと願っています。

【追記】もっと詳細なティーバッティング(トスバッティング)に関しては、
後日テレビ朝日で放送された「GET SPORTS」山田哲人×前田智徳~覚醒の秘密~ 
の文字起こしをしていますので、こちら をご覧ください。








ここからは山田哲人選手のライバルとなる選手達

現時点で、最多安打で1本差で2位につけている中日ドラゴンズのトップバッター大島洋平選手
今日現在で、残り試合は中日が30試合、ヤクルトは35試合と5試合多く残しているので、
安打数を争うタイトルでは、山田くんにとって、この点が少し有利かと思います。
e0222575_161828100.jpg

もっか首位打者のマートン選手 ヤクルト投手陣がどれだけマートン選手にサービスしたことやら・・・。
山田くんにとって、ヤクルト投手陣と対戦できないのは大きなマイナス要素でしょうね。
e0222575_16185584.jpg

今シーズンの写真を撮ってないので、これは昨年の神宮でのルナ選手
打率争いは最後までもつれそうですね。
e0222575_16183435.jpg


同じセカンドのポジションである広島カープの菊池涼介選手も、山田くんにとって脅威な存在です。
打率、最多安打ともまだ差はありますが、広島は残り試合が34試合とヤクルトとは1試合差
菊池選手の場合、コンスタントにヒットが出ているのと、内野安打でも打率を稼げます。
また、犠打が多くて打数が上位打者の中では少な目なので、1本ヒットが出れば打率の上昇は大きくなります。
優勝争いをしているという高いモチベーションを持っているので、それもプラスになる要素です。

気が早すぎますが、同じ2塁手として、ゴールデングラブ賞は間違いなく菊池選手だと思います。
その上、何か打撃部門でのタイトルを獲得すれば、菊池選手にベストナインも持って行かれます。
私は山田選手がベストナインに選ばれることを願っているので、
少なくとも打撃部門では菊池選手を上回る成績を残してほしいと切望しています。
ただでさえ、ベストナインは記者投票なので、知名度では菊池選手の方がありますからね。
今年に限らず、この二人はこれから先もずっとよき好敵手として競うことになるでしょう。
e0222575_185589.jpg


一方、チーム内では、山田くんは出塁率でバレンティン選手を追いかけています。
この部門では、四球が多い鳥谷敬選手も要注意ですね。
e0222575_16291619.jpg

また、川端慎吾選手の調子が再び上がれば、打率、安打数で山田くんを追い上げてきそうです。
とにかく打ちだしたら止まりませんからね。
お互いのバッティングが相乗効果となっていることもあるでしょう。
e0222575_16252862.jpg

これからも怪我には気を付けて、
山田哲人選手が満面の笑顔でフィニッシュできる2014シーズンとなってほしいと心から願っています。
e0222575_1633498.jpg

今シーズンはチームは最下位でも、山田くんの活躍が私にとっては最大の楽しみとなりました。
by misty2011 | 2014-08-25 22:45 | 東京ヤクルトスワローズ

雄平選手フォト@神宮8月

今回は、昨夜の松山坊ちゃんスタジアムで先制の18号ソロホームランを打った雄平選手の
8月神宮での写真です。

広い坊ちゃんスタジアムの右中間スタンドへ放り込むとは、さすが雄平選手のパワーですね。
8月7日以来の久しぶりの一発でした。
少し打撃の調子が落ちてきたかと思っていたら、直近の5試合は好調で、打率は常に3割以上をキープ。
そのパワーからすると、ホームラン数はもう少し欲しいところですね。
チームでは、バレンティン、山田選手に次ぐ3位、リーグでは6位につけています。

では、遅くなりましtが8月3日と19日神宮での雄平選手のフォトです。

8月3日 球場入り
e0222575_15202167.jpg

シートノック前のキャッチボール
e0222575_15202416.jpg

鍛えあげた逞しい腕
e0222575_15203358.jpg
e0222575_15195687.jpg
e0222575_1520482.jpg

試合直前の素振り
e0222575_1521922.jpg
e0222575_15212059.jpg
e0222575_15214015.jpg


試合編より 3日はタイムリー2塁打などマルチヒットで1打点
e0222575_1522766.jpg
e0222575_1523132.jpg
e0222575_15223956.jpg


8月19日神宮 球場入りすると、よく内野スタンドでサインのファンサービスをしています。
それからベンチに向かいます。
e0222575_15312714.jpg

当日は5打数ノーヒット、9回裏は最後の打者になりました。
e0222575_15313775.jpg


ただ、このあと調子を少しずつ上げきて、昨夜のホームランなどマルチヒットにつながりました。
レギュラーで出場する初のシーズン、しかも5番という主軸を任されていて、プレッシャーはあると思いますが、
これからも思い切りのいいスイングで、元気にチームを引っ張って行ってほしいと願っています。
by misty2011 | 2014-08-25 15:47 | 東京ヤクルトスワローズ

小川泰弘8回0封復活☆、雄平&武内の一発で援護

昨夜の坊ちゃんスタジアムは、リリーフ陣の踏ん張りと、7回、相手ミスを足がかりに逆転した東京ヤクルトスワローズ。
今日もいい流れで連勝と行きたいところです。

先発は横浜戦を苦手とする小川泰弘投手、DeNAベイスターズは井納翔一投手で、
今日のスタメンマスクは相川亮二捕手。
小川-中村バッテリーで横浜には打たれ続けているので、これはまあアリかなあと思いました。
2番にはショート森岡選手が入り、7番センター武内晋一選手

初回、小川投手は1死後、石川雄洋選手にヒットを打たれますが、梶谷選手をセカンドゴロ併殺打に仕留め
得点を許しません。

2回裏、ヤクルトは先頭の雄平選手が18号ソロホームランを
広い坊ちゃんスタジアムの右中間スタンドへ放り込み1点先制!
雄平選手の調子が上向いてきたのは嬉しいですね。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 小川投手が8回無失点で6勝目! 雄平選手と武内選手にソロ

小川投手は4回にも先頭の石川選手にヒットを打たれます。
梶谷選手のセカンドゴロでランナーが入れ替わり、2盗されますが、
後続のブランコ選手を三振に仕留めるなど、この回も0点に抑えます。

一方、井納投手も今日はストレートに力があり、なかなかヒットが打てません。

追加点が欲しいヤクルトは5回、武内晋一選手がライトスタンドへ4号ソロホームランを運び2-0
スタメン起用に応える貴重な追加点となりました。
このあと、1死後、小川投手がレフト前ヒットで出塁も、山田選手がショートゴロ併殺打に倒れます。

小川投手は、今日は足を高く上げることを意識して投げ、ストレートが走り、変化球のキレも戻ってきました。
ストレートは高目に行くこともありましたが、空振りがとれ、バットに当たっても打者が振り遅れていました。
フォームの修正で、昨年のいい時に近い投球でした。

しかし、やや疲れが見えた8回、代打の松本選手にヒット、1死後、石川選手にもヒットを打たれ1死1、2塁のピンチ。
ここで、梶谷選手を空振り三振、ブランコ選手をショートフライに打ち取り、無失点で切り抜けます。
渾身のストレートを投げ込みました。。
相川捕手も強気のリードで、ライアン小川投手を引っ張りました。ナイスリードでしたね。

その裏、相川選手がヒットで出塁。
代打の田中浩康選手がきっちり送りバントを決め1死2塁で、山田選手は敬遠されます。
横浜は長田投手から林投手に継投すると、ヤクルトは代打・飯原選手が登場も、
ショートゴロ併殺打でこの回も追加点ならず。

2点リードで、9回はバーネット投手が登板し、バルディリス選手に一発を浴びますが、そのままゲームセット。
2-1でヤクルトが横浜DeNAを下し、松山で2連勝を飾りました。

今日は、小川泰弘投手の好投に尽きるでしょうね。
8回を投げ7安打8三振1四球で無失点。ナイスピッチングで6勝目を挙げました。おめでとうございます!
e0222575_137177.jpg

小川投手と久しぶりにバッテリーを組んだベテラン相川亮二捕手の好リードも光りました。
ピンチでもストレートを信じて投げさせた強気のリードが冴えわたりましたね。
ストレートがよかったので、変化球も生きました。

特に8回、一発のある梶谷、ブランコ選手には、逃げることなく攻めたリードにはしびれました。

今日は小川采配がばっちりでしたね。
いつもは中村捕手と組んでいた小川投手を、今日は開幕以来の相川捕手とバッテリーを組ませて好投を導き、
また、スタメン起用の武内選手が価値あるホームランを放ちました。

小川泰弘投手の復調は、本人だけではなくチームにも大きな希望となりました。
これからも今日のようなピッチングを続けられるよう頑張ってほしいと思います。
とにかく連勝できてよかったです。

ひとつ残念なのは、今日は山田哲人選手が3打数ノーヒットに終わったこと。最後は敬遠されましたからね。
最低限の一日1本が今日は出来ませんでした。
最初の打席でヒットが出ると、見る方もらくなんですが、3打席凡退でした。
井納投手のストレートがよかっただけに、打たせてもらえませんでしたね。
最後の4打席目に打ってくれと祈っていたら、敬遠されてがっくり。まあ、仕方ありません。
次の試合ではヒットが早めに出るよう願っています。

YouTube プロ野球チャンネル セントラルリーグ ハイライト アップされたら貼っておきます。

      
by misty2011 | 2014-08-24 22:03 | 東京ヤクルトスワローズ

川端シンゴ―3安打猛打賞逆転打~!

東京ヤクルトスワローズは、今日から松山坊ちゃんスタジアムで横浜DeNAベイスターズとの2連戦

先発はヤクルトが石山泰稚投手、DeNAはモスコーソ投手
何度もあたってやられています。
今シーズンも日程の関係で、同じチームの同じ投手と当たることが多くて
特に、横浜戦では井納・モスコーソ投手とは毎回のように当たってやられています。
いいかげん対策は出来ているのでしょうか??

石山投手は立ち上がり、いきなり四球でランナーを出しますが、後続を何とか抑え無失点。
しかし、制球がバラつきテンポの悪いピッチング。

2回には先頭の多村選手にソロホームランを浴び1点先制されます。
さらに、桑原選手のヒット後、黒羽根捕手にタイムリー2塁打を浴び0-2となります。
球数が増え、2回までを見る限り、今日は厳しいかなあと思いました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 7回鮮やか逆転勝ち! 川端選手が勝ち越し打含む3安打3打点!

打線は2回裏、バレンティン選手が四球、雄平選手がヒットで、畠山選手の浅いライトフライで
バレンティン選手がタッチアップして3塁へ好走塁。これはびっくりしました。
しかし、森岡選手がショートゴロ併殺打に倒れ得点なりません。


3回裏には、2死後、山田選手がセンター前ヒット、上田選手が四球を選び2死1、2塁から、
川端慎吾選手がレフトへタイムリーヒットを放ち1-2とします。

石山投手は3、4回は、落ち着いたピッチングで0点に抑えます。
しかし5回、またも先頭をヒットで出すと、犠打で2塁へ進まれ、梶谷選手のピッチャーゴロで、
ランナーを2、3塁間に挟みますが、川端選手のタッチが認められず、
ランナーも2塁まで進まれ1死2、3塁のピンチ。

ブランコ選手はファールフライに打ち取りますが、多村選手は四球で2死満塁。
このピンチにバルディリス選手をセンターフライに打ち取り無失点で切り抜けます。
大きな飛球でしたが、球場が広くて助かりました。

6回からは継投に入り、松岡投手が6回を無失点に抑えます。
7回は中澤投手が登板し、ヒットと四球でピンチを招きますが、ブランコ選手をファーストフライに打ち取ると、
ここで山本哲哉投手に交代し、多村選手をライトフライに打ち取り3アウトチェンジ!
よく抑えました。
なお、この回の途中から、雄平選手に代わって飯原選手がライトの守備につきました。
何かあったのかと心配しましたが、よくわかりませんでした。打順の関係でしょうか??

追いかけるヤクルトは7回1死後、森岡選手がソト投手からヒットを放ち出塁すると、
中村悠平捕手のショートゴロを、山崎選手が弾き1死1、2塁。
続いて飯原選手の打球を国吉投手が弾いて内野安打となりオールセーフ、1死満塁となります。ラッキーが続きました。
ここで、山田哲人選手がライト前にタイムリーを放ち2-2の同点に!

上田選手は倒れますが、川端慎吾選手が詰まりながらもレフト前に運ぶ2点タイムリーヒットで4-2と逆転に成功!
ナイスバッティング慎吾くん!今日3安打猛打賞3打点、殊勲の逆転打でした。

8回は秋吉投手、9回はバーネット投手が三者凡退に締めゲームセット。
ヤクルトは苦手横浜DeNAをに4-2で逆転勝利を飾りました。

【訂正】横浜に連敗中と書きましたが、前回勝っていました。訂正してお詫びします。

先発の石山投手は、毎回のように先頭打者を出し、ピンチの連続でしたが、何とか2点でしのぎました。
もっと点をとられてもおかしくなかっただけに、よく粘ったとも言えます。
ブルペン5投手の無失点リレーも光りました。


7回は、相手エラーからの逆転で、今日はついていた部分もありました。
ミスに乗じて、山田くんの同点打、そして慎吾くんが逆転打!
さすがというバッティングでした。
川端選手は守備でのミスもありましたが、バットで取り返しましたね。
当たりが止まっていましたが、今日の3安打固め打ちで、また調子が上がってくることを期待しましょう!
e0222575_23341759.jpg


山田くんは今日はマルチヒットで、タイムリーを打って1打点がついて70打点に達しました。
よかったです。

明日は前回は打ち崩した井納投手なので、今度も攻略できるといいですね。
今まで負けてばかりだったので、今回は連勝して横浜への借りを少しでも返してほしいと思います。
ライアン小川投手に前回のリベンジを期待しています。


YouTube プロ野球チャンネル セントラルリーグ ハイライト アップされたら貼っておきます。

      
by misty2011 | 2014-08-23 22:52 | 東京ヤクルトスワローズ