Out of focus ~Baseballフォトブログ~

<   2014年 10月 ( 45 )   > この月の画像一覧

ヤクルト秋季練習より畠山和洋選手フォト

10月27日に見学に出かけた神宮外苑コブシ球場・東京ヤクルトスワローズ秋季練習の写真のアップ4回目は
畠山和洋選手と武内晋一選手です。

既出ですが、ランニング中の畠山選手
e0222575_14192860.jpg

キャッチボール
e0222575_14195348.jpg


守備練習 ノックを受けます。
e0222575_1420158.jpg

e0222575_14205899.jpg
e0222575_1421930.jpg

今シーズンはファーストの守備が安定していました。エラーはわずか2個でした。
e0222575_14213839.jpg

後方では、ユウイチ選手がボールを使ったトレーニング中
e0222575_14214910.jpg
e0222575_14215967.jpg
e0222575_14221136.jpg

武内晋一選手
e0222575_14222965.jpg


武内選手と組んで、メディシンボールを使ったトレーニング
ちょうど、同じような写真がスワローズ公式フォトギャラリーにも乗っています。10/27 ここですよ!!の写真
e0222575_14262190.jpg
e0222575_14263864.jpg

隣では、石山泰稚投手もやっています。
e0222575_14265883.jpg


前にも書いて重複しますが、畠山選手は途中、太ももの肉離れで離脱がありましたが、
今季は113試合に出場して、打率は.3104とセ・リーグ打撃成績の8位、
チームでは3位のキャリアハイのシーズンとなりました。

特に、得点圏打率が高く、リーグ2位の.402をマーク 勝負強さが光りました。
112試合で69打点のバレンティン選手に対し、
113試合で79打点と、チャンスに一打が期待できる頼もしいバッターでした。

また、試合中には、投手への声かけも積極的にやっていて、チームリーダーとしての自覚も出来てきました。
来季も更なる活躍を期待しています。
by misty2011 | 2014-10-31 18:26 | 東京ヤクルトスワローズ

なんと言う幕切れ!?ソフトバンクが日本一、大和選手の守備に感動!

日本シリーズは3勝1敗で、3年ぶりにソフトバンクホークスが日本一に王手をかけました。

今日第5戦で本拠地で日本一が決まるか、阪神タイガースが意地を見せるか、大事な一戦となりました。
ソフトバンクの先発は攝津正投手、阪神はメッセンジャー投手

阪神打線は今日も打てません。
虎の看板が泣いています。ダメ虎、弱虫ネコちゃんになりました。

攝津投手を打てず、6回まで散発4安打7三振で得点できません。
2戦目の武田翔太投手のカーブに翻弄されて以来、阪神打線はすっかり調子が狂ってきました。
今日も攝津投手が多投するカーブに幻惑され、凡打の山。

一方、中4日のメッセンジャー投手は孤軍奮闘。
初回、先頭の柳田選手に10球粘られますが、11球目を見逃し三振に斬ってとります。
決して初戦ほどの出来ではありませんでしたが、負けられない一戦で力の限りを尽くしました。

試合経過は ニッカンスコア

メッセンジャー投手は幾度かピンチはありましたが、センター大和選手の2度の超ファインプレーにも助けられ
得点を許しません。
3回には、2死2、3塁で明石選手のセンターへの低いライナー性の打球を
大和選手が突っ込んできて、地面すれすれでスーパーダイビングキャッチで3アウトチェンジ!
打った瞬間、私は完全にタイムリーヒットだと思いました。鳥肌もんのスーパーキャッチでした。
普通はあそこまで果敢に突っ込んで来れないし、もし捕れなくて後逸すれば2者生還したかもしれませんからね。
ヤクルトでは考えられないような超美技でしたね。

6回にも2死2、3塁のピンチで、中村晃選手の抜けようかという右中間への打球に追いついてスーパーキャッチ。
ここでも相手の得点を阻みました。
こんなセンターがヤクルトにも欲しい!


これだけメッセンジャー投手が力投し、ファインプレーがでれば、打線は乗って行かなきゃいけないのに、
全く点が取れる気配がありませんでした。

0-0で迎えた8回裏、続投のメッセンジャー投手は柳田、内川選手にヒットを打たれ2死1、3塁となります。
ここで、松田宣浩選手にセンター前にタイムリーヒット打たれ、ついに均衡が破れます。
つづく中村晃選手の打席で、オー・スンファン投手に交代して、セカンドフライに打ち取り1点どまり。

追いかける阪神は9回、抑えのサファテ投手の乱調で3四球をもらい1死満塁となりますが、
西岡選手が3ボール1ストライクから打って出てファーストゴロ。
これが3-2-3のダブルプレーとなり一瞬にしてゲームセット。あっけない幕切れとなりました。

ファーストゴロでまず本塁憤死、細川捕手が1塁へ送球も、明石選手が捕れず同点になったと思いましたが、
西岡選手が1塁へ走る際に、ラインの内側を走ったために守備妨害となりました。
日本一が決まったソフトバンクナインがグランドに駆けだして集まっている中、
和田監督の抗議が続きましたが、判定は覆らず試合終了。

後味の悪い幕切れとなり、日本一が決まるにしては、なんだかやりきれない思いが残りました。
守備妨害なので仕方ないにしても、あれだけコントロールに苦しんでいるサファテ投手に対して
押し出しで同点のチャンスが十分ありながら、ボールカウント3-1から待てのサインは出せなかったものでしょうか?
その前にカウント2-0からファールした球もボール気味でしたからね。
確かにバッティングカウントでしたが、同じ打つにしても、もう1球待てなかったものかと私は残念に思いました。
2球続けてストライクが入るとは思えない状況でしたからね・・・。

終わったことなので仕方ありません。
初戦に勝ったものの、2戦目以降、阪神打線が打てなさ過ぎました。
それもこれも、すべては2戦目の武田翔太投手のカーブで翻弄された後遺症があったからでしょうね。
とにかくセ・リーグの代表としてパの覇者ソフトバンクに完敗でした。

シリーズ通して、阪神はメッセンジャー投手の孤軍奮闘と、大和選手の守備が特に印象に残ったシリーズでした。
ヤクルト打線ならもう少し打てたのにねぇと思わなくもなかったです。
でもそのぶん守れないので失点してたか!?

初戦のヒーローのゴメス選手は2戦以降さっぱりで、いわゆる逆シリーズ男になってしまいましたね。
これも残念な事でした。選手の皆さん、お疲れさまでした。

日本一になって、有終の美で秋山監督を胴上げできたソフトバンクの皆さん、おめでとうございました。
日本シリーズの最高殊勲選手(MVP)にはソフトバンクの内川聖一選手が選ばれました。おめでとうございます。
その他、優秀選手にはソフトバンクの柳田悠岐選手、サファテ投手、武田翔太投手
敢闘選手にメッセンジャー投手(阪神)が選ばれました。それぞれおめでとうございます。


スワローズは、いつになれば胴上げが見られることやら・・・・・・・
by misty2011 | 2014-10-30 23:00 | セ・リーグ

2015年ヤクルトスワローズのコーチングスタッフ決まる

2015年東京ヤクルトスワローズのコーチングスタッフが決まりました。

詳細はスワローズ公式サイト 2015年コーチングスタッフについて でご確認ください。

2軍から昇格して1軍作戦コーチ(兼内野守備走塁)となる三木肇コーチ
今年の写真がないので、以下3コーチは昨年11月戸田秋季練習より
e0222575_1116765.jpg

同じく2軍より昇格の宮出隆自打撃コーチ
e0222575_11161331.jpg

こちらも2軍より昇格した野村克則バッテリーコーチ
e0222575_11154026.jpg


左に伊藤智仁投手コーチ、真ん中はつば九郎体型の?真中満監督 右は高津臣吾投手コーチ
以下の写真は今年の神宮外苑コブシ球場秋季練習より
e0222575_101556.jpg


来シーズンも頼りにしています!杉村繁チーフ打撃コーチ 
e0222575_9284819.jpg


福地寿樹外野守備走塁コーチ
e0222575_9291485.jpg


2軍バッティングアドバイザーの伊勢孝夫さん
e0222575_929085.jpg


その他のコーチングスタッフは写真がないので略します。

この中で、作戦コーチ(兼内野守備走塁)となる三木肇コーチの役割が大変そうですね。
ただでさえ、内野の守備(特に三遊間)が崩壊しているのに、兼任コーチで大丈夫なの?と思います。
私自身は三木コーチの現役時代はそれほど印象がないのと、日本ハム時代のコーチとしての手腕も知りません。
出来れば、兼任ではなく、内野守備走塁コーチとしてもう一人コーチを増やしてほしかったですね。
内野ノックの上手いコーチはいないものでしょうか??
そういえば、前任の城石憲之コーチは、日本ハムファイターズの2軍コーチとして招へいされるようですね。

最も頼もしく思えるのは野村克則バッテリーコーチ
サンスポ 燕・野村克則コーチ、「ノムラの考え」導入で堅守復活させる

これまで、バッテリーコーチの役割って、私は正直よくわかりませんでした。
昇格する野村バッテリーコーチは、『新・ノムラの考え』を導入すると宣言
「現実を見たらのんきなことは言っていられない。(バッテリー間の)投球の意識、配球からもう一度考え直さないと」と語り、
また、けん制やクイック投法など失点を減らす工夫をバッテリー間で話し合う意向とのことです。

11月からの松山秋季キャンプでは父・野村克也監督時代の夜間ミーティングを再開する考えを明かしました。
これで少しでも扇の要を中心に、守りの野球が浸透していくことを願います。

ただ、毎年のことですが、スワローズのコーチングスタッフは、OBで固まり、安易な内部昇格となっています。
外部からの招へいはなく、有能と言われるコーチを呼ぶ考えもなさそうです。
これでは、多少の入れ替えがあっても、そう期待できそうもありません。
弱体投手陣の1軍の投手コーチが、二人ともそのままっていうのも、おかしな話ではあります。

真中&杉村打撃コーチの指導で、ヤクルトの打撃は飛躍的に向上しました。
コーチの手腕って、やっぱり大きいなあと感じます。

現状のヤクルトは、とにかく守備の立て直しが急務です。走塁もですが。
前にも書きましたが、私は福地コーチは走塁専門コーチとして指導してもらい、
別に外野の守備専門コーチを誰か呼んできてほしいのですが。
そういう考えって球団にはないんでしょうか?人件費の問題とかあるとは思いますが。

日本シリーズを見ていると、阪神の大和選手がファインプレーを連発して、3~4点くらい阪神の失点を防いでいます。
打てなくても、守りでこれだけ貢献すれば大きな戦力です。

ヤクルトは外野、特にセンターのレギュラーがいまだに決まっていなくて、大和選手の好守備を見ると羨ましくなりました。
ミレッジ、バレンティン選手は、来季いつ復帰できるかわかりません。
雄平選手はライト(もしくはセンター?)でひとり決まっていますが、あとは誰でもチャンスがあります。

元々の選手自身の能力、センスの問題もあるとは思いますが、
コーチの指導で少しは守備が改善できるのではないかと思います。
どこかに有能な守備コーチはいないものでしょうか?

来季のコーチングスタッフを見て、内外野の守備改善はそれほど期待できそうもないというのが私の感想です。
by misty2011 | 2014-10-30 11:11 | 東京ヤクルトスワローズ

日本シリーズ第4戦、中村サヨナラ3ランでソフトバンクが王手!

ソフトバンクホークスが2勝1敗で迎えた日本シリーズ第4戦
先発はソフトバンクが中田賢一投手、阪神タイガースは岩田稔投手

試合は2-2で両者譲らず延長にもつれ込み、10回裏、伏兵の中村晃選手が、
オー・スンファン投手から3ランホームランをライトスタンドへ放り込み、ソフトバンクが歓喜のサヨナラ勝ちとなりました。
ソフトバンクは3勝1敗で、3年ぶりの日本一に王手をかけました。

しかし最後は劇的でした。
こう言っては何ですが、まさかの中村選手のホームランとは、いやいや、びっくりしました。

試合経過は ニッカンスコア

試合は初回、中田投手が制球に苦しみ2死満塁となりますが、福留選手が空振り三振に倒れ得点ならず。

その裏、今日もまた先頭の柳田選手がレフトへの2塁打で出塁。
明石選手の送りバントを岩田投手が3塁へ送球もフィルダースチョイスとなり無死1、3塁とピンチが広がります。
内川選手は四球で無死満塁で、イ・デホ選手は三振に倒れますが、
松田宣浩選手がレフトへタイムリー2塁打を放ち、ランナーが二者生還してソフトバンクが2点先制!

追いかける阪神は3回、1死後、3連続四球で満塁となると、マートン選手が犠牲フライで1点、
さらに福留選手のタイムリーヒットで2-2の同点に追いつきます。

このあと、ソフトバンクは東浜-森-五十嵐投手とつなぎ阪神を無失点に抑えます。
一方、岩田投手も7回まで投げ、初回の2失点のみに抑えます。
8回からは福原-安藤投手とつなぎます。

惜しかったのは10回表、阪神はサファテ投手から西岡、鳥谷選手のヒットで1死1、3塁となりますが
ゴメス選手がサードゴロ併殺打に倒れ、一気にチャンスを潰しました。

その裏、2イニング目の安藤投手が先頭の明石選手を四球で出すと、
1死後、本多選手の送りバントを藤井捕手が2塁へ送球もセーフとなります。

ここで阪神は守護神オー・スンファン投手に交代し、松田選手をセカンドフライに打ち取り2アウト。
しかし、つづく中村晃選手に、インコースのストレートを、まさかのライトスタンドへ3ランホームランを放り込まれ
ソフトバンクが5×-2でサヨナラ勝ちを収め、日本一に王手をかけました。

中村晃選手はパ・リーグの最多安打のタイトルを獲得しましたが、シリーズでは目立った活躍がなく不調でした。
今日は最初の打席でヒットを打ちましたが、まさかオー・スンファン投手からサヨナラ弾を打つとは想定外でした。
地味な選手が、最後にド派手な仕事をやってのけましたね。

阪神は、打線が振るわず今日もわずか4安打。特に10回の攻撃が悔やまれます。
あそこでゴメス選手が打っていれば・・・、犠牲フライでもよかったんですが、最悪のゲッツーでしたからね。
打点王のゴメス選手がブレーキでは勝ち目がありませんでした。
そして最後は、守護神がサヨナラ被弾とは・・・。

阪神はこれであとがなくなりました。
明日はこのまま勢いに押されることなく、意地を見せてほしいと思います。
頼れるメッセンジャー投手に勝利を託します!
攝津投手なので、必ず打てると思います。打線の奮起をお願いしたいですね。

4戦目ともなると、どちらのチームのファンでもないので、
日本シリーズの試合を見るのは、正直もう飽きてきましたが、
やっぱり、阪神にはこのままで終わってほしくはありません。
by misty2011 | 2014-10-29 23:14 | パ・リーグ

秋季練習より川端慎吾選手(祝♪結婚)&山田哲人くんのメディシンボールトレ動画

神宮外苑コブシ球場で行われている東京ヤクルトスワローズの秋季練習10月27日のフォトその3です。

と、その前に、今朝はビッグなおめでたいニュースが入ってきました。
川端慎吾選手が6月に結婚していたことがわかりました。

サンスポ ヤクルト・川端、タレントの水野今日香さんと結婚していた!
スポニチ ヤクルトのプリンス川端 3歳年上タレント水野今日香と結婚

おめでとうございます。
才色兼備の素敵な奥様ですね。
お料理上手で、交際後は栄養学を学び「アスリートフードマイスター」の資格を取得し、
また、試合の様子を映像編集するなど、慎吾くんを献身的に支えてきました。
今シーズンは怪我もなく142試合に出場して、打率.305のキャリアハイの成績を残したのも
内助の功があったからでしょうね。本当によかったです。
来シーズンもさらに飛躍する1年になることでしょう。楽しみです。

燕のプリンス慎吾くんの結婚に、大勢いる川端選手の女性ファンはちょっと複雑な思いかもしれませんね!?

秋季練習より、川端慎吾選手の写真を1枚 幸せそうな笑顔はそういうことだったんですね。
e0222575_1128081.jpg


では、練習の順番は前後しますが、私が帰る間際、午後2時頃に見た、川端慎吾選手と山田哲人選手の
メディシンボールを使ったトレーニングの様子をアップします。

全体練習が1時半過ぎに終わり、その後しばらく選手の姿がなくなりました。
実際は、このあと、神宮周辺で坂道ダッシュや、外苑周りをランニングしていたようですね。
帰宅後、公式のフォトギャラリーを見て知りました。
それを知らないものだから、まだ2時前だし、ちょっと休憩でもしたら、また出てくるだろうと思っていました。
しかし、2時近くになっても誰も出てきません。あれ、終わったのかな?と思い帰り支度をしていたら
慎吾くんと山田くんが、ブルーとオレンジのTシャツにお着替えしてやってきました。

慎吾くんは、こちら向きの写真が失敗で山田くんのみ 
先に慎吾くんがやってきて、そのあと山田くんが手をあげながら余裕の表情で?やってきました。
e0222575_921679.jpg


二人でのメディシンボールを使ったトレーニングが始まりました。
これ、相当きつそうでした。他の選手は守備練習やキャッチボールの合間にやっていましたが、
二人は最後だったようです。たぶん、外でのランニングの前だとは思いますが。  

e0222575_8484893.jpg

膝を直角に曲げ、その下でボールを上下に動かします。
e0222575_849688.jpg
e0222575_8491983.jpg


スケートのように左右に足を滑らせて、お椀のようなカップにボールがつくまで動かせます。
e0222575_84929100.jpg
e0222575_8493985.jpg
e0222575_8495090.jpg
e0222575_850734.jpg

なにしろずいぶん遠い場所でやっていたので、画像は全体的に不鮮明なことをおわびします。
山田くんはこちら向きでしたが、慎吾くんは後姿なので表情はわかりにくいです。

今度は脚を開いてその下で地面にボールがつくまで上下に動かします。
e0222575_8502869.jpg
e0222575_8503650.jpg

歯を食いしばってがんばる山田くん ちょっとアップでその表情を
e0222575_8504599.jpg
e0222575_851938.jpg


しばし休憩 山田くんは倒れこんでいます。
e0222575_8511986.jpg
e0222575_8513234.jpg
e0222575_8514445.jpg

新田玄気さんと話しています。
e0222575_8515627.jpg
e0222575_852931.jpg

休憩中は笑顔も見せる山田くん
e0222575_8525748.jpg
e0222575_853813.jpg

しか~し、もう一回やると言われて?、えぇ~?と情けなさそうな表情になった山田くん
e0222575_8531989.jpg
e0222575_8532965.jpg
e0222575_8533898.jpg
e0222575_8534720.jpg


ここからは急きょ、動画に切り替えて撮影 途中からだったので、中途半端ですぐ終わってしまいました。

      

トレーニング終了で、ひきあげる川端選手と山田選手
e0222575_8535470.jpg


二人は、この後、外周をランニングしたのではないかと思います?
知っていれば見ていたんですけどね・・・。

これを最後に、私は帰宅しました。
まだまだ、その他の練習の更新は続きます。
by misty2011 | 2014-10-29 09:45 | 東京ヤクルトスワローズ

日本シリーズ第3戦 大隣好投、虎5安打1得点で完敗

日本シリーズは1勝1敗で今日から福岡ヤフオクドームで第3戦が行われます。
先発はソフトバンクホークスが大隣憲司投手、阪神タイガースは藤浪晋太郎投手

初回、大隣投手の前に三者凡退に終わった阪神
その裏、藤浪投手は先頭の柳田選手にライトへ2塁打を打たれ、送りバントで3塁へ進まれると
内川聖一選手にセンターオーバーのタイムリー2塁打を浴び1点先制されます。
第2戦目と同じような形で失点しました。


試合経過は ニッカンスコア

大隣投手は、今日もコントロールがよくて抜群の安定感。
阪神打線は6回までマートン選手の1安打のみ。四球も5回に出した1個で、攻略の糸口が見えません。

藤浪投手は毎回ヒットでランナーを出しピンチの連続も何とか3回まで1点に抑えます。
しかし4回、先頭の吉村選手を四球で出し、犠打で2塁へ進まれると、
細川捕手の振り逃げ三振の際、ワイルドピッチをおかし、
ランナーが2塁から一気にホームインして2点目がソフトバンクに。

このあと、四球でランナーを出し、再び暴投で2死2、3塁のピンチを招きます。
打席には内川選手を迎え、センターへのライナーを打たれますが、
センター大和選手が突っ込んできてスーパーダイビングキャッチ!追加点を阻みました。

6回も続投の藤浪投手は、先頭の吉村選手にヒットを打たれ出塁されます。
その後、2死2塁で高宮投手に交代しますが、柳田選手に死球をぶつけ、明石選手には粘られて
ライトへヒットを運ばれ2死満塁のピンチを招きます。

ここで安藤投手に交代し、内川選手をサードゴロに仕留めますが、
西岡選手が2塁へ送球して、これがフィルダースチョイスとなりセーフ。ソフトバンクに3点目が入ります。
さらに、2死満塁からイデホ選手にセンターに2点タイムリーヒットを打たれ5-0とリードを広げられます。

阪神は、7、8回の2イニングを歳内投手が0点に抑える好投。

追いかける阪神は、8回は、五十嵐投手の前に三者凡退
9回裏は、2死後、サファテ投手から上本選手がレフトへの2塁打で出ると、鳥谷選手がセンター前タイムリーヒットで
阪神がようやく1点かえして5-1。
しかし、反撃もここまで。5-1でソフトバンクホークスが勝ち、対戦成績はソフトバンクの2勝1敗となりました。

それにしても大隣投手の好投につきますね。
難病を克服して、CSファイナルから大車輪の活躍は見事というしかありません!
今日勝って、本拠地での1勝のアドバンテージは大きいでしょうね。
勢いのまま行くかもしれません。

一方、阪神は大隣投手からわずか3安打、最後にサファテ投手から1点取るのがやっとでした。
最終回の攻撃が明日につながることを期待したいです。

守備では大和選手の超ファインプレーもありましたが、6回の西岡選手の野選が痛すぎましたね。
肘を痛めているので、安易に2塁へ投げたんでしょうけど、大きな判断ミスでした。

ちょうどNHKの解説が宮本慎也さんでしたが、昨年、宮本選手が同じようにサードゴロをセカンドに送球して
それがフィルダースチョイスとなり(かなりきわどいタイミングでしたが)、そのことがきっかけとなって、
バーネット投手がキレて、その後、決定的な3ラン被弾をした試合を思い出しました。
西岡選手も、内川選手の足を考えたら、素直に1塁へ送球するべきだったでしょうね。

まあ、どちらにしても打線が打てなさ過ぎました。
明日は、打線が活発になることを期待したいですね。
主軸のGM砲が今日は1安打ずつでしたが、初戦のようには打てず、相手に研究されてきた感があります。
下位打線がさっぱりなので、ここも奮起してほしいですね。

ソフトバンクは明日は中田賢一投手の先発なので、何とかなるでしょう!?
あとは好調の柳田選手を、初回にきっちり抑えることが大事ですね。
1番が打って、3番で還すパターンが出来上がってるので、これを何とか食い止めてほしいです。
by misty2011 | 2014-10-28 22:57 | セ・リーグ

秋季練習見学より、由規・石山・中澤・久古投手の守備練習動画、キャッチボールフォト他

10月27日、神宮外苑コブシ球場での東京ヤクルトスワローズ秋季練習見学より、
2回目写真アップの今回は、ランニング、キャッチボール、投手陣の守備練習などです。

ストレッチのあとは、軽くランニング
左から、武内、田中雅彦、新垣、川端、山田選手のグループ
e0222575_1014185.jpg

e0222575_10143226.jpg


こちらは山本哲哉、石山、久古、七條、飯原、森岡選手のグループ
e0222575_1018360.jpg

三輪ちゃん、田中浩康、畠山選手
e0222575_1015090.jpg

e0222575_10151126.jpg


ここで初めて私は由規投手を発見!そうだ、秋季練習に参加していたんですね。
私は昨年のファン感以来見ましたが、その時よりは幾分体が絞れているような感じでした。
e0222575_10152492.jpg

中澤雅人投手と雄平選手
e0222575_10154420.jpg



キャッチボール開始 
あいにく山田選手は一番遠い方で投げたので、ほとんど見えませんでした。
e0222575_10202166.jpg


雄平選手と由規投手が並んでキャッチボール
e0222575_1021992.jpg

由規投手はフェニックスリーグに不参加という時点で、どういう状態か推して知るべしでしょうね?
e0222575_10212443.jpg

雄平選手は元ピッチャーだけあって、キャッチボールでもフォームがいいですね。
順調にいっていれば、今頃はこの二人が左右のエースだったかも?とふと思いました。
e0222575_10214812.jpg

e0222575_1022587.jpg


キャッチボールをする秋吉亮投手
e0222575_10221592.jpg
e0222575_10222370.jpg

小川泰弘投手のキャッチボールは、連写で撮って編集が間に合わないので後日に回します。

キャッチボールを終えた山田哲人選手が、フライ捕球練習のため、こちらに向かってきました。
この捕球練習の写真も次回に回します。
e0222575_10223388.jpg


順番が前後しますが、投手陣の守備練習の動画を1本
ノッカーは伊藤智仁投手コーチ
e0222575_10284829.jpg


各エリアでそれぞれ練習していたので、選手が重なって見づらいですが。
ノックを受けるのは由規、石山泰稚、中澤雅人、久古健太郎投手です。

      

動画を見てもわかりますが、石山投手が捕球ミスをするなどフィールディングがイマイチ。
先発転向で試合でも露呈しましたが、フィールディング、バントなど打撃、投げる以外でも課題が多いようです。

e0222575_10281778.jpg
e0222575_10282885.jpg
e0222575_10283828.jpg


次回につづきます。
by misty2011 | 2014-10-28 11:04 | 東京ヤクルトスワローズ

10/27ヤクルト秋季練習見学 守備練習動画(山田・川端・三輪)、監督コーチ陣フォト

今日は神宮外苑コブシ球場で行われている東京ヤクルトスワローズの秋季練習を見てきました。

何回かに分けて写真をアップしていきます。

快晴とまではいきませんが、まずまずの好天で、寒くも暑くもなく見学日和でした。
練習は正午ごろから始まりました。
全員集まってストレッチなど入念な準備運動 (この1枚はスマホ撮り)
e0222575_17524176.jpg


まずは最初の1枚 ユウイチ、川端、森岡選手がやってきました。1枚追加
e0222575_21412390.jpg

遠目では誰がどこにいるのか探すのが大変でした。
新垣投手が見えます。背が高いので見つけやすいですね。
e0222575_18453985.jpg

雄平選手がやってきました。大半の選手がサングラスをしていました。
e0222575_18503536.jpg

小川泰弘投手
e0222575_18454985.jpg

山田哲人選手をようやく見つけました。雄平選手と並んでアップです。
e0222575_18455612.jpg

久しぶりに田中雅彦捕手を見ました。
e0222575_1846322.jpg

ちょっと離れた所に田中浩康選手 高津コーチと話していました。
e0222575_18461115.jpg


選手がストレッチをしている間、何往復もウォーキングする杉村繁コーチ いつものにこやかな表情です。
e0222575_18542482.jpg

スタッフと練習メニューの確認?真中満監督 覗き込む伊藤智仁投手コーチ
e0222575_18553030.jpg

e0222575_1855415.jpg

伊勢孝夫バッティングアドバイザー お元気そうでした。ウォーキングのあと、ストレッチなどしていました。
e0222575_18563197.jpg

内外野とも、ノックは福地寿樹コーチ 隣でお手伝いをする新田玄気さん 戦力外後、何故か?打撃投手として契約
e0222575_1857257.jpg

一通り、コーチングスタッフの写真を載せました。
ところで、三木肇内野守備走塁コーチや、野村克則バッテリーコーチの正式一軍就任はまだでしょうか?


ストレッチの後は、ランニングやキャッチボールで体をほぐして、このあとは、各エリアに分かれて守備練習
ランニングやキャッチボールの写真は次回に回して、取り急ぎ先に動画を1本アップします。
毎度、下手な動画ですが、練習の様子が少しでもわかればと思います。

福地コーチのノックで、ゴロ捕球の守備練習をする川端慎吾、山田哲人、三輪正義選手

      

基本練習なので相変わらずゆるいノックです。
慎吾くんは、至近距離からの強い打球を捕球する練習をしたほうがいいように思いますが・・・。
いずれはやるのかな???


守備練習を終えて、一旦引きあげる3選手
e0222575_18594019.jpg


今回はここまで


コブシ球場での全体練習は1時半頃に終わり、今日はえらい練習が軽めだと思っていたら、
この後、外に出て坂道ダッシュをやったようです。

スワローズ公式サイトのフォトギャラリー (10月27日ぶん)こちら

私は知らなくて、2時前に、慎吾くんと山田くんがメディシンボールを使ったトレーニングをしているのを
最後に見て引きあげたので、外での坂道ダッシュの様子は全く知りませんでした。
それでなんですね。1時半過ぎから選手の姿がなくなって、どうしたのかな?もう練習終了なのかなあ?
と不思議に思っていました。

川端選手と山田選手も、トレーニング後、坂道ダッシュ、そして外苑の1㎞走を3本走ったそうです。
公式フォトギャラリーに写真が載っていますので、そちらでご覧ください。
肝心な部分を見落とすというドジなことで・・・。

秋季練習も沖縄キャンプみたいに、日程と練習メニューを掲示してくれるとありがたいですけどね・・・。

コブシ球場での写真と動画(あと2本)は次回につづきます。
選手個別のフォトは最後になると思います。
by misty2011 | 2014-10-27 19:46 | 東京ヤクルトスワローズ

日本シリーズ第2戦、武田翔太投手快投、ソフトバンクが競り勝つ

阪神タイガースが先勝して始まった日本シリーズ
第2戦の先発は、阪神が能見篤史投手、ソフトバンクホークスは武田翔太投手

ソフトバンクは初回、先頭の柳田選手がヒットで出塁、送りバントで2塁へ進むと
内川聖一選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち、能見投手からあっさり1点先制!


試合経過は ニッカンスコア

4回にはイ・デホ選手がレフトスタンドへホームランを放り込みソフトバンクに2点目が入ります。

好調阪神打線でしたが、武田翔太投手のゆるいカーブにタイミングが合わず、キレのあるスライダー、
速いストレートとのコンビネーションの前に翻弄され、5回までパーフェクトに抑え込まれます。

ようやく6回、2死後、代打の狩野選手がレフトへチーム初ヒットを放ちます。
つづく西岡選手が粘ってフルカウントからライト線へタイムリー2塁打を放ち、阪神が1点かえします。

阪神は7回は高宮投手、8回は安藤投手がそれぞれ三者凡退に抑え追加点を許しません。

8回裏、阪神は途中出場の藤井捕手が、五十嵐投手からヒットを放ち、西岡選手は四球で出塁も、
上本選手がセンターフライに倒れ得点ならず。

9回は、松田投手-梅野捕手の若いバッテリーが、ランナーを出しながらも盗塁を刺し、3人で片付けます。

1点を追う9回裏、阪神はサファテ投手から先頭の鳥谷選手がヒットで出塁
しかし、期待のゴメス、マートン、福留選手が倒れゲームセット。
2-1でソフトバンクが逃げ切り、対戦成績を1勝1敗としました。
阪神はわずか5安打1得点でした。

それにしても武田翔太投手がよかったですね。
快進撃を続けてきた虎打線でしたが、初対戦では、あのカーブの対処は、なかなか難しかったんでしょう。
やや疲れが見えた6回に1点取って完封を免れるのがやっとでした。

あとは9回裏の攻撃が惜しかったですね。
先頭が出たので、いちばん期待が持てる4・5・6番で何とかしてほしかったですが、打てませんでした。

CSファーストから続いていた阪神の連勝は、今日でついに止まりました。

明後日からはヤフードームに移動しての3連戦。
敵地での健闘を期待します。大隣投手が手強そうですね・・・。

チーム唯一の1点をたたき出した西岡剛選手
福留選手とともに、メジャー帰りの二人が存在感を示しています。写真は9月16日神宮
e0222575_21224360.jpg

by misty2011 | 2014-10-26 22:00 | セ・リーグ

日本シリーズ第1戦、ゴメス・マートン・福留で6打点!阪神先勝!

今日から甲子園球場で日本シリーズが開幕しました。
大事な第1戦の先発投手は阪神タイガースがメッセンジャー投手、
福岡ソフトバンクホークスはスタンリッジ投手。

どちらが日本一になってもいいんですが、この2チームだと、私は阪神の応援ですね。
どうも、前身のダイエー、今のソフトバンクって、理由はないんですが何となく好きになれないチームでして。
12球団の本拠地で、私が唯一行ってないのがヤフオクドームです。縁がないんでしょうね。

試合経過は ニッカンスコア

試合は、阪神がCSを勝ちあがった勢いそのままでした。

先発のメッセンジャー投手が力投。
7回を投げ2失点。最後の方はちょっとバテ気味でしたが、点差があったので心配なかったです。

打線は、相変わらず好調のゴメス・マートン両外国人選手が活躍!
4回、先頭の上本選手がヒット、鳥谷選手の投手ゴロで2塁へ進むと、
3番・ゴメス選手がレフトへタイムリー2塁打を放ち阪神が1点先制!

圧巻だったのは5回の攻撃
先頭の大和選手がヒット、メッセンジャー投手の送りバントで2塁へ進むと、西岡選手は四球を選びます。
2死後、鳥谷選手も四球で2死満塁。

ここで再びゴメス選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち走者が二人生還して3-0
つづくマートン選手もセンターへ2点タイムリーヒットを放ち5-0と突き放します。
スタンリッジ投手はここで交代となり、2番森福投手から、福留選手がレフトへタイムリー2塁打を放ち6-0
この回、一挙5得点で試合を決めました。

ソフトバンクは、6回1死満塁でイ・デホ選手の犠牲フライ、
7回には柳田悠岐選手のタイムリーヒットで2点かえしますが、
8回は福原投手、9回は呉昇桓(オー・スンファン)投手の前に三者凡退
6-2で阪神タイガースが初戦をとりました。

阪神はタイトルホルダーの外国人4選手、メッセンジャー、呉昇桓投手、ゴメス、マートン選手が、その実力通りの活躍。
ヤクルトファンから見ると羨ましい限りの助っ人たちですね。

打線は3番から6番までの中軸がしっかりしているのが強みです。
打点王のゴメス選手はさすがに勝負強くて、今日は2適時打で3打点。首位打者のマートン選手が2打点
そして、シーズン終盤から好調キープの福留選手がダメ押しの1打点。

投げる方もメッセンジャー→福原→オー・スンファン投手と盤石の投手リレー
投打とも阪神がソフトバンクを圧倒しました。

ソフトバンクは柳田、今宮選手の若い二人がマルチヒットも、4、5、6番がノーヒットに抑えられました。

勢いからすると阪神ですが、1試合だけではまだわかりません。
阪神が連勝するようなら、かなり優位になるでしょうね。

ゴメス&マートン選手で5打点! オマリー打撃コーチ補佐の効果は絶大!?
e0222575_20151692.jpg

写真は9月16日神宮
by misty2011 | 2014-10-25 22:24 | セ・リーグ