Out of focus ~Baseballフォトブログ~

<   2016年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

飯原選手が値千金の代打逆転2ラン!2年前の借りを返し?小川投手3勝目

神宮で読売ジャイアンツに先勝した東京ヤクルトスワローズ
2戦目の先発は小川泰弘投手、巨人は左腕の今村信貴投手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 飯原選手の1号2ランで逆転勝利!シーソーゲームを制し3連勝!!

立ちあがり、小川投手は1死後、片岡選手にヒットと2盗、坂本選手には四球を与え2死1、2塁から
長野選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ1点先制されます。

その裏、ヒットの川端選手を置いて、バレンティン選手が6号2ランホームランを
レフトスタンドに運び2-1と逆転!

しかし、小川投手は3回、坂本勇人選手に6号ソロホームランを打たれ2-2の同点に追いつかれます。
さらに、ギャレット選手にヒットを打たれると、亀井選手にタイムリー2塁打を浴び
2-3と勝ち越しを許します。

今日の小川投手は、初回から球が高く、ストレートのスピードが130キロ台、フォークも見切られて
苦しいピッチングの連続でした。
よく3点で済んだと思います。

中盤以降、少し修正できて立ち直ってきたのはさすがでした。

追いかけるヤクルトは、ランナーは出ても、毎度のチグハグ攻撃で打線がつながりません。
今村投手からは初回の2ランの2点のみ。

7回から巨人は山口鉄也投手が登板。
1死後、代打の田中浩康選手がセンターオーバーの2塁打でチャンスメイク!
久しぶりのヒットが長打となりました。
続いて代打の飯原誉士選手が、何とレフトスタンドギリギリに飛び込む2ランホームランを放ち
4-3と逆転!!
低めの難しいボール気味の球でしたが、上手くすくいあげました。
真中監督の代打攻勢が大当り!誰もがびっくりポンの逆転劇でした。

この後、2死から山田選手がレフトフェンス直撃の2塁打、バレンティン選手が歩きますが、
雄平選手がレフトフライに倒れ追加点ならず。
山田くんの打球はもうチョイでスタンドインの惜しい当たりでした。
2塁打でもがっかりされる山田くん!?ファンも贅沢になったものです。

8回はルーキ投手、9回はオンドルセク投手が三者凡退に締めゲームセット。
ヤクルトは飯原選手の2年ぶり今季1号2ランが飛び出し、巨人に4-3で逆転勝ちしました。

思えば、2年前の最終戦、10勝目前だった小川投手が、レフト飯原選手の落球から
10勝目がするりとこぼれ落ちました。
その飯原選手が、今日はその借りを返すかのような大仕事!
負けから一転、小川投手に3勝目をプレゼントしました。
よかったですねライアン!おめでとうございます。

ヤクルトは逆転勝ちしたものの、得点はバレンティン、飯原選手の2ランによる4得点。

打線のつながりは相変わらず悪く、タイムリーヒットは出ませんでした。
特に、1番と2番がいまだにかみ合いませんね・・・。
川端選手は今日はマルチヒットでしたが、
坂口選手がヒットで出るとダブルプレーでチャンスを潰しました。

打順をいじった方がいいのではないかと思うんですが、
じゃあ、どう変えたら上手く行くのか思い浮かびません。今のままでいくしかないでしょうね。
畠山選手が復帰すれば、もう少しつながって得点できるのではないかと期待しています。

しかし、今日の逆転劇は本当に嬉しいですね。
下でメッシが打っていたので、早く上げてほしいと思っていましたが、
上がってきてこれで2打数2安打2打点ですからね。素晴らしい活躍です。
これからも、今日のような活躍を期待しています。

メッシの今季の写真はまだ撮ってないので、こちらは2年前の飯原誉士選手と田中浩康選手
e0222575_19422039.jpg



小川投手は序盤はよれよれでしたが、7回3失点と試合を作り、逆転で3勝目が転がり込みました。
見ていて、フォーム改造が必ずしもうまく行ってないようにも思えますが、どうなんでしょう?

ルーキーイヤーのような力感がなくスピードもかなり落ちました。
長い回を投げられるよう省エネで無駄を省いたフォームだそうですが、
投げている球自体に力もキレも前ほど感じないのが心配です。
試合の中で修正していけるのはさすがですが、これから先、まだ不安要素は感じます。
やはりストレートをもっと磨いてほしいですね。それにかかっているように感じました。

巨人に連勝して、明日は原樹理投手が初勝利をかけ先発します。
打線の早めの援護をお願いしたいですね。



by misty2011 | 2016-04-30 22:00 | 東京ヤクルトスワローズ

燕バッテリーが大活躍!石川8回2/3で1失点、中村2適時打3打点!☆4-1

連敗を3で止めた東京ヤクルトスワローズは、今日から神宮で読売ジャイアンツとの3連戦
先発はヤクルトが石川雅規投手、巨人はポレダ投手
スタメンにはポレダ投手に強い比屋根選手が1番センターに入り、日替わり1塁は荒木選手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 石川投手は8回2/3を1失点に抑える好投!中村選手の連夜のタイムリーで2連勝!

両チーム、初回はランナーを出しながらも得点できません。

2回、ヤクルトは先頭の荒木選手が高く弾んだ内野安打で出塁。
大引選手がライト前ヒットで1、3塁となり、大引選手が2盗に成功して無死2、3塁。
ここで、チャンスに強い中村悠平選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち二者生還して2-0

3回、ヤクルトは先頭の山田選手が四球で出塁し、ギャレット選手がけん制捕球ミスで2塁へ!
つづくバレンティン選手の1塁ゴロで山田くんは3塁へ進むと、
雄平選手が叩きつけるバッティングでセンター前に抜けるタイムリーヒットを放ち3-0

3点援護をもらった石川投手は、強風にも負けず、丁寧に両サイドに投げ分け、巨人打線を封じます。

7回裏、ヤクルトは2死後、川端選手が四球、山田くんはレフト前ヒットで2死1、2塁のチャンスに、
バレンティン選手がレフトへヒットを放ちますが、川端選手がホームを狙うもタッチアウトで、
追加点ならず。
川端選手、3塁を回ったところで一旦スピードが落ち、福地コーチが手を回し本塁突入しますが、
余裕のアウトでした。

石川投手は8回も続投で三者凡退に抑えます。

その裏、ヤクルトは公文投手を攻め死四球で1死1、2塁の好機に、
中村捕手が、またも右中間へのタイムリー2塁打を放ち4-0と突き放します。
中村捕手、2適時打で3打点!チャンスにめっちゃ強いナイスバッティング!
石川投手は四球で歩き1死満塁となると、巨人は田原投手に交代。
代打・坂口選手を送りますが、セカンドゴロ併殺打に倒れ3アウト。

完投完封目指して9回も続投の石川投手でしたが、坂本選手に2塁打を打たれ、
2死3塁から、長野選手に左中間へタイムリー3塁打を浴び、完封目前で1点失い4-1
ここで、オンドルセク投手に交代し、亀井選手をキャッチャーファールフライに打ち取りゲームセット!

ヤクルトが石川投手の好投と、中村捕手の2適時打3打点他でカツオくんを援護して、
巨人を下しました。
昨年ベストバッテリー賞の石川投手-中村捕手が、今日はその名に恥じない素晴らしい活躍でした。
石川投手、3勝目おめでとうございます。
昨日、新垣投手で連敗を止めたいい流れに乗れてよかったです。

石川投手はあと一人で惜しくも完封も完投も逃しましたが、
前回ナゴヤドームでの汚名返上する気合の入ったナイスピッチング!
今日は風が強いので、ちょっと心配でしたが、その強風に全く影響されることなく、
ゴロを打たせてとるピッチングでアウトを重ねました。

女房役の中村悠平捕手の好リードと、打撃での援護が頼もしかったですね。
8番を打つ中村捕手の打点は、これで15打点になりました。
上位打線が、好機に強いとは言えない中、下位打線にチャンスに強い大引、中村選手がいるのは、
本当に心強い限りです。
これからも、打って守ってチームを勝利に導いてほしいと願います。

写真は4月3日神宮 中村悠平捕手
e0222575_1342697.jpg



最後に、今日の山田選手は3打数2安打1四球。
昨日はノーヒットだったので、今日のマルチヒットはよかったです。
また、盗塁のチャンスはありましたが、相手エラーで阻止され2塁へ進み、損した気分でした。

一方、川端選手が珍しく2試合ノーヒットに終わりました。
バットが振れていませんね。打球にも力がありません。今日もチャンスに打てませんでした。
ちょっと心配ですが、慎吾くんのことだから、すぐ立ち直ってくれると思います。

連勝の勢いで、このカード、巨人に3タテ喰らわせたいですね。
明日先発の小川投手の好投を期待しています。
by misty2011 | 2016-04-29 21:54 | 東京ヤクルトスワローズ

初回に6得点で逆転!新垣チームを救う今季初先発初勝利☆6-4

試合の前に、骨折した谷内亮太選手の手術のニュースからです。
スワローズ公式サイト 谷内選手について

谷内選手は27日、慶應義塾大学病院にて、骨折観血的手術を受け、全治3ヶ月の見込みだそうです。
どんな手術かわかりませんが、重症の骨折だったんですね。かわいそうに・・・。
一日も早い回復をお祈りしています。

神宮で広島カープに2試合続けて大敗した東京ヤクルトスワローズ
3戦目の先発は、今日1軍昇格した新垣渚投手、広島はルーキーの岡田明丈投手
ヤクルト日替わりファーストは今日は今浪選手

選手公示では、新垣投手とともに中澤雅人投手が上がってきました。
また、久古健太郎投手と風張蓮投手が抹消されました。
なんで、久古投手が下がるの?何かアクシデントでもあったんでしょうか?
風張投手は先発調整とか??
ブルペン陣を削ってまで、残したい野手がいるんですね。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 新垣投手の今季初登板初先発初勝利で連敗ストップ!

小雨の中、試合は最後まで無事行われました。
立ちあがり、新垣選手は先頭の田中選手にヒットを打たれ、
好調・菊池選手にタイムリー2塁打を浴び、1点先制されます。
さらに、1死後、新井選手にライトへのタイムリーヒットを浴び、初回に2失点。

その裏、ヤクルトは1~3番が連続四球で無死満塁。
バレンティン選手は空振り三振も、雄平選手が初球を叩いてレフトへの2点タイムリーヒットを放ち、
たちまち2-2の同点に!
続く今浪選手は四球で歩き満塁から、會澤捕手のパスボールで3-2。
大引選手がライト線へ2点タイムリー2塁打を放ち5-2。
大引選手は、これで出場した10試合連続ヒット中!

ここで、カープは早くも2番手九里投手に交代。
代わりっぱな、中村捕手がセンター前タイムリーヒットで6-2。
打線がつながり初回に一挙6点奪い逆転に成功!
もしかして今日は勝てるかも!??

2回、新垣投手は三者連続三振に斬って取ります。ナイスピッチング!
その裏、ヤクルトは2番からの攻撃も、
九里投手の前に、山田、バレンティン選手が連続三振など三者凡退。

3回、新垣投手は2四球と暴投でで2死2、3塁も、エルドレッド選手を空振り三振に仕留めます。
その裏、1死後、今浪選手がセンター前ヒットも大引選手はセカンドゴロ併殺打。

4回、新垣投手は安部友裕選手に今季1号ソロホームランを浴び6-3と3点差。
今日もやっぱりホームランを打たれましたね。これでチーム37本目の被本塁打。
しかし、相手チームに今季1号アーチを献上しまくりですね。
もう誰に打たれても驚きません。

その裏、ヤクルトは三者凡退。
九里投手が先発だったほうが厄介だったでしょうね。ヤクルトなら立派なローテ投手です。

5回、新垣投手はカープ1番からの打順。
1死後、菊池涼介選手に2試合連続となる4号ソロホームランを浴び6-4と2点差に…あらら。
これでチーム38被弾。
しかし、菊池選手が絶好調ですね。誰か抑えてよ~!
ヤバい、山田くんが打つ方で菊池選手に負けるのは悔しすぎます!

その裏、先頭の川端選手が四球で出塁。
山田くんは、力ないライトフライに倒れます。カープは打球が伸びるのに、こちらは伸びません。
バレンティン選手はショートゴロ併殺打であっという間に3アウト。
ココちゃん、やる気なし!
初回に6点取ったものの、ヤクルトはその後追加点なし。なんだか流れが変わりそう。

6回も続投の新垣投手は、三者凡退にきっちり抑えます。
その裏、ヤクルトはあっさり三者凡退。九里投手を打てません。いよいよマズい。
ヤクルトは6得点ですが、ヒットはわずか4安打、しかも初回に3安打ですからね。

ヤクルトは7回から2番手で秋吉亮投手に継投。1塁に武内選手が入ります。
山田選手の好守もあって三者凡退に抑えます。

その裏、広島は3番手で今村猛投手が登板
2死後、坂口選手が四球で歩きますが、川端選手はぼてぼてのショートゴロで3アウト。
慎吾くんの打球に勢いがありません。

8回、ヤクルトはルーキ投手が登板
先頭の菊池選手を見逃し三振に斬ってとります。やっと抑えました。ほっ・・・
2死後、新井選手に粘られ四球を与えます。
つづくエルドレッド選手には、初球をレフトにヒットを運ばれ2死1、2塁。
しかし、鈴木選手を空振り三振に仕留め、0点に抑えます。
よく踏ん張りました。これで、勝利が見えてきましたね。

その裏、広島はヘーゲンズ投手が登板
山田くんはショートゴロに倒れます。今日はノーヒットいいとこなし。
GReeeeNの登場曲に変わってから調子を落としているんですが・・・。
バレンティン選手はセンターフライ。雄平選手も倒れ追加点ならず。

2点リードで9回はオンドルセク投手に託します。
危なげなく打ちとり、最後は三振斬りでゲームセット!
6-4でヤクルトがカープを下し、連敗を3で止めました。
1、2戦はカープにやられ放題でしたからね。勝ってよかったです。

新垣投手は、今季初先発で初勝利、おめでとうございます。
6回5安打2被弾2四球4失点は、決して好投とは言えないかもしれませんが、7奪三振はさすがです!
神宮カープ3連戦の先発投手で、唯一、球に力があって、変化球のキレもよかったですね。
とにかく、悪い流れのこの状況で、勝ったことが何より大きな価値があります。
連敗ストップ、ありがとうございます。
次回も、勝てるピッチングを期待しています。

勝ったものの、得点は初回の6点のみ。
ヒットはわずか4安打で、相手ルーキー岡田投手の乱調でとった得点のみ。
褒められた内容ではありません。
もし、2番手の九里投手が先発なら、やられていたでしょうね。

打線は、1番から4番が四球はあったものの、揃ってノーヒット。
川端、山田選手とも冷えています。バレンティン選手は今日は全くダメでした。
そんな中、よく初回に5番からの打線で一挙6得点できたものです。
雄平選手の同点タイムリー、大引選手の2点タイムリー2塁打、
中村捕手の6点目となるタイムリー! ナイスバッティングでした。
下位打線で、特に大引啓次選手が当たっているのが心強いですね。

雨の中、試合が早く終わったのもよかったですね。観戦した皆さま、風邪などひかないように。
お疲れさまでした。

写真はキャンプブルペン 新垣渚投手
e0222575_1120335.jpg


連敗が止まったので、これからはコツコツ借金を返済していきましょう。
先発投手陣は投げてみないとわからず不安いっぱいなので、とにかく打線の奮起あるのみです。


by misty2011 | 2016-04-28 21:12 | 東京ヤクルトスワローズ

被本塁打数は今季どこまで伸びるやら!?山中3被弾、野村に完封負け★0-8

昨夜の東京ヤクルトスワローズは、投手陣が満塁弾を含む5発のホームランを浴び大敗しました。
新井貴浩選手2000本安打達成をお祝いするかのような神宮大花火ショーとなりました。

3者連続ホームランを浴びた成瀬善久投手は、今日付で抹消され、
下からは、ベテランの飯原誉士選手が上がってきました。
なかなか昇格できませんでしたが、ようやくですね。
是非、結果を出して期待に応えてほしいと思います。

ヤクルトは、打率が1割を切っても1軍安泰の選手がいる一方で、
下から、これという若手で上げる野手もいません。寂しいことです。
谷内選手の骨折離脱は、その意味でもホントに痛いです。

投手も同じで、成瀬投手の降格は仕方ないにしても、じゃあ他に誰を先発させるかとなると、
新垣投手くらいしかいませんからね。投手、野手とも選手が育っていません。

2戦目の先発は、ヤクルトが山中浩史投手、広島は野村祐輔投手
今日のスタメン1塁は武内晋一選手


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 代打・飯原選手に今季初安打も…野村投手に完封許し3連敗

初回から、昨夜の続きのような花火ショー!
山中投手は、先頭の田中広輔選手をヒットで出すと、
菊池涼介選手に3号2ランホームランを打たれ2点先制されます。

4回にはエルドレッド選手にヒットを打たれ、
鈴木誠也選手にレフトスタンドへ3号2ランホームランを運ばれ0-4
鈴木選手には2試合で3発目・・・。

つづく安部選手に2塁打、石原捕手にタイムリーヒットを打たれ0-5
このあと、トップに戻って田中広輔選手に今季1号2ランホームランを浴び0-7

ヤクルトは3回まで野村投手にパーフェクトに抑えられますが、
4回、先頭の坂口選手がヒット、川端選手もセンター前ヒットで2死1、2塁。
しかし、山田選手は1塁ファールフライ、バレンティン選手はショートゴロ併殺打で得点できません。

5回も続投の山中投手は、新井、エルドレッド選手ヒットで1死1、3塁から
鈴木選手に犠牲フライを運ばれ0-8

6回、ヤクルトは中村捕手が四球、代打の飯原選手がセンター前ヒットでチャンスメイク!
しかし、坂口、川端選手が倒れ2死2、3塁となり、山田くんに期待も、
痛烈なショートへのライナーを田中広輔選手に好捕され3アウト!
あれが抜けていればね・・・、超惜しい当たりでした。

ヤクルトは6回から継投に入り、
6回は風張投手、松岡投手は7、8回の2イニング、久古投手は9回を無失点に抑えます。

ヤクルト最後の9回、1死後、川端選手が四球で出ると、山田くんはレフト前ヒットで1死1、2塁。
しかし、バレンティン選手がセカンドフライ、雄平選手はショートゴロでゲームセット。
0-8で大敗し、野村祐輔投手にプロ初完封負けを喫しました。

まあ、今日もカープ打線の打球は恐ろしく飛びました。
初回に菊池選手、4回には鈴木、田中選手にそれぞれ一発を浴びました。
これ以外にも、もうチョイでホームランかという打球もありました。

山中投手は球が遅いので、ストライクが真ん中近くに入ると、カープ打線は迷いなく振ってきました。
何か癖か配球でも読まれているかのように打たれましたね。どうしようもありませんでした。

前回は好投も、今回は3被弾8失点と打たれました。山中浩史投手
e0222575_2141154.jpg


これでヤクルトは開幕以来、26試合で36本のホームランを献上。
一応投手有利と言われる4月でこれですからね。
この先、暑くなるにつれさらに被弾数はふえそうです。どこまで記録が伸びるでしょう!?
恐ろしくなります。

打線は打てそうでなかなか野村投手を攻略できません。
時折投げるゆるいカーブが効果的でしたね。
大量援護もあって、野村投手は余裕を持って投げていました。
一方、ヤクルト打線は2試合続けての序盤の大量失点に、イマイチ反撃の気力が感じられませんでした。

カープは投げても打っても守っても、すべていいほうに回り、
こちらは何をやっても上手く行きませんでした。
山田くんのショートライナーはツキにも見放されましたからね。

なお、本日の試合で大引選手がプロ野球史上474人目の通算1000試合出場を達成。
おめでとうございます。

しかし、野村投手にプロ初完封とは・・・、打てないピッチャーではないと思うんですが。
流れが悪いと、こうなるんですね。

しいて明るい材料を探すとしたら、飯原選手が今季初打席で初ヒットを打ったことくらい。
お帰りなさいメッシ!
主に代打だと思いますが、これからも力になってくれるよう期待しています。

あとは、まあ気楽な場面で投げたのはありますが、中継ぎ陣が無失点リレーをしたことですかね。

明日3戦目は新垣投手が先発します。
今日の試合を見て思ったんですが、球の遅い成瀬、山中投手が1、2戦と続いたのは、
相手にとっては打ちやすかったかもしれませんね?
間に新垣投手を挟んだ方が、目先が変わってよかったかもと思いました。
まあ、結果は同じかもしれませんが。

いくら好調のカープ打線と言っても、神宮で3タテ喰らうわけにはいきません。
明日は、打線が奮起してくれるようお願いします。

あんまりホームランを打たれるので、もしかしてまた飛ぶボール?かと疑ったりしていますが、
悔しいことに、ヤクルトの打球は伸びないんですよね。
なんでこんな差がつくんでしょう!?
明日こそ打ち勝ってほしいと思います!

by misty2011 | 2016-04-27 21:50 | 東京ヤクルトスワローズ

成瀬3者連続飛翔、中継ぎも満塁被弾など5発浴び大敗★3-11、新井2000安打!山田8号2ラン

東京ヤクルトスワローズは、今日から神宮で広島東洋カープとの3連戦

先発はヤクルトが成瀬善久投手、広島はジョンソン投手
広島は新井貴浩選手が2000本安打にあと1本となっています。
勝敗とは別に、こちらにも注目が集まります。
また、24日の試合で左足内転筋を痛め負傷交代したバレンティン選手は、
4番レフトでスタメン出場。ファーストは荒木貴裕選手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 山田選手が8号2ラン放つも…投手陣が試合を作れず連敗

ヤクルトはひどい試合が続いていますが、今日もあきれるくらいひどい展開となりました。

成瀬投手は2回、エルドレッド、鈴木、堂林選手に三者連続ソロホームランを浴びます。
ソロならヨシと言っても三者連続はないでしょ!
それにしても成瀬投手の球はよく飛びますね~。

成瀬投手は3回には丸選手に2塁打を打たれると、
新井貴浩選手にレフトへタイムリー2塁打を浴び0-4。
新井選手は史上47人目のメモリアルとなる2000安打達成となりました!
おめでとうございます。
ベテランなのに、今年はバッティングがさらに進化していますね、大したものです。

成瀬投手は、4回には菊池涼介選手にタイムリー2塁打を浴び0-5

追うヤクルトは4回裏、先頭の川端選手がヒット後、
山田選手が、レフトスタンドへ3試合連続となる8号2ランホームランを放り込み2-5
このあと、バレンティン選手が四球、大引選手がヒット、荒木選手が四球で1死満塁から
中村捕手が犠牲フライを運び3-5と2点差に。
ちょっと試合がわからなくなりました。

5回、6回は秋吉亮投手が3人で片付け無失点のナイスピッチング。

しかし7回、3番手のペレス投手が四球とヒットで満塁から、
鈴木誠也選手に今日2本目となる2号満塁ホームランを浴び3-9と突き放されます。
これで勝負ありでした。

8回には風張蓮投手が丸選手にタイムリーヒットを打たれ3-10

その裏、先頭の山田選手がレフトフェンス直撃の2塁打を放ちますが、得点できません。

9回には松岡健一投手が、エルドレッド選手に今日2本目の8号ソロホームランを浴び3-11

ヤクルト9回裏は、今浪選手がヒットも、後続が倒れゲームセット。
3-11で広島カープに大敗しました。

まだ花火大会の季節には早すぎますが、カープ打線に5発も浴びてはね・・・。
エルドレッド、鈴木選手には2発献上、しかもグランドスラムまで飛び出しました。
どんだけ飛ばされたら気が済むことやら・・・。
一方、ヤクルトは山田くんの8号2ランの1本だけ。

おまけに、菊池涼介選手は3安打猛打賞で、打率はもとより、安打数でも川端選手を上回りました。

気が早いですが、ヤクルトのタイトル争いは、相手打者より味方投手陣が敵となりますからね。
今シーズンも、山田くんのホームラン王、川端選手の打率、最多安打争いは、
チームメイトの投手陣に足を引っ張られそうな予感がぷんぷん!?

成瀬投手は、今年は違う、やってくれそうと一瞬でも思ったこともありましたが、
あれは何だったんでしょう!?
ワンシームはどうなってんの?ゴロを打たせてとるんじゃなかったの?
あいかわらず飛翔しまくりですね。
球が遅くて真ん中に集まれば、まあ打たれます。
今日は球審のゾーンが狭かったのもありますが、ジョンソン投手にも一緒で辛目でしたからね。

ズムスタの登板では満塁弾を浴び、今日は三者連続被弾 飛翔王は健在でしたか・・・。
e0222575_2212413.jpg



リリーフした中では、秋吉投手がナイスピッチングで、それも無駄使いとなりました。
ペレス投手は、ランナーを溜めてのグランドスラムですからね。
2日前に、ルーキ投手がビシエド選手に満塁弾を浴びたばかりで、またまた今日もですか。
後ろの外国人助っ人トリオの2投手が、立て続けに打たれました。

これ、この先、後ろはどうなるんでしょう?
他にいないので、頑張ってもらうしかないでしょうね。

先発が試合を壊し、中継ぎが次々に失点。
打線は途中2点差まで追い上げましたが、そのはるか上を行く失点で引き離されるばかりでした。

先発が試合を作れないと、どうしようもありません。
これなら、まだ村中投手の先発のほうが、球に力がある分、よほどいいように思います。
ベンチは、先発の再編成をマジで考えてほしいですね。
軟投派の石川、成瀬投手が同じような打たれ方で試合を壊していますからね。
下では、今日先発した杉浦投手が満塁ホームランを浴びました。
こちらも、復調にはまだ時間がかかりそうなのと、メンタル面でかなり問題がありそう。

やっぱり先発を何とかしないと試合になりません。
いくら打ってもそれ以上に失点しては、打線も戦意喪失です。

真っ赤に染まった神宮は、今日は新井選手の2000安打もあって、
どちらが本拠地かわからないほど、カープファンばかりが盛り上がった試合でした。
明日は、カープキラーの山中投手に、ぎゃふんと言わせてもらいたいものです。
好投を祈ります!

by misty2011 | 2016-04-26 22:08 | 東京ヤクルトスワローズ

セ・リーグ新監督、高橋・金本・ラミレス監督フォト

今日は試合がないので、写真のアップです。

【お詫び】 タイトルで金本監督をタイプミスしていました。
訂正してお詫びします。

今シーズン、セ・リーグは3球団に新監督が誕生しました。
読売ジャイアンツは高橋由伸監督、阪神タイガースは金本智憲監督、
そして、横浜DeNAベイスターズはアレックス・ラミレス監督、
すべて40代のフレッシュな顔ぶれです。

監督2年目となる東京ヤクルトスワローズの真中満監督、広島カープの緒方孝市、
今季から兼任がとれ監督に専念する中日ドラゴンズの谷繁元信監督もすべて40代。
一気に監督の世代交代が進みました。

では、読売ジャイアンツの高橋由伸監督から
本人は現役続行希望も、監督要請を断れず、野球賭博問題など深刻なチーム事情の中、
覚悟の船出となりました。

思えば、巨人入団も本人の希望とは異なり、父親の負債のために急きょ巨人入りとなりました。
自分の意志に反する形で始まったプロ野球人生は、現役引退までも自身の思い通りにならず早まりました。
代打としてまだ十分やれる力があっただけに、勿体ないことだと思います。

もしかして、ヤクルトに入団していたかもと思うと、周囲の事情に翻弄されたその運命には、
同情を禁じ得ません。
それでも一切不満を漏らすことなく受け入れ、
スター選手として歩んできた選手時代には敬意を表します。
巨人の選手だったのもあって、現役時代、特別ファンというわけではありませんでしたが、
走攻守そろって一流で、おまけに顔がいいし、
ヤクルトに入っていたら、真っ先にファンになっていたと思います。

私は野球に限らずいろいろなスポーツ観戦が好きで、自分もテニスを20年近くやってきました。
今まで見てきたアスリートの中で、野球で天才だと思った数少ない選手の一人が高橋由伸選手でしたね。
同世代の同じ巨人の松井秀喜選手は、それほど天才だとは正直感じませんでした。

ちなみに、野球以外では、テニス界の悪童・マッケンロー選手が、天才としては私の中ではNo1で、
柔道の野村忠宏選手のスピードと、キレキレの技の鮮やかさ、
そして、品格がどったらこったら言われましたが、朝青龍関のスピードと多彩な決まり手も
天才だと思いました。見ていて面白かったですね。
3人とも、私は大ファンでした。

野村忠宏選手に関しては、野村氏と親交のある上原浩治投手と同じ思いで、
オリンピック3大会連続金メダルの野村選手が、
なぜ国民栄誉賞をもらえなかったのか、今でも大いに不満に思っています。
同時代に活躍したやわらちゃんに話題をほとんど持って行かれましたからね・・・。

話が脱線しました。では高橋由伸監督のフォトです。
4月10日神宮 試合前、古田敦也さんと談笑する高橋由伸監督
e0222575_14145864.jpg


e0222575_14151347.jpg


e0222575_14154289.jpg


e0222575_14155773.jpg


e0222575_141683.jpg


e0222575_14161732.jpg


e0222575_14162820.jpg


e0222575_14164578.jpg


監督ではありませんが、こちらも、現役時代「天才」と呼ばれた前田智徳さん
e0222575_14165288.jpg


e0222575_1417239.jpg


e0222575_14171181.jpg



3月17日神宮オープン戦より金本智憲監督 メンバー表交換
e0222575_14502236.jpg


試合では、選手より監督の方が目立っていますね。トリプルスリーの大先輩です。
e0222575_14504750.jpg



4月10日ハマスタ ラミレス監督 真中監督とメンバー表交換
e0222575_14532494.jpg


元チームメイトだけあって、対戦ではお互い負けたくないとライバル心がメラメラ
e0222575_14533419.jpg


2016シーズンが始まってまだ1ヶ月なので、新監督の采配はわかりませんが、
名将となるのか迷将となるのか、これからがお手並み拝見というところですね。

by misty2011 | 2016-04-25 16:19 | 東京ヤクルトスワローズ

悪夢の逆転負け!原樹理6回1失点の好投も初勝利消える、8回ビシエドに逆転満塁被弾★3-5

昨日は9回、中村悠平捕手の3ランで中日に逆転勝ちした東京ヤクルトスワローズ
3戦目の先発は、中日がネイラー投手、ヤクルトはドラ1ルーキーの原樹理投手。
今日こそプロ初勝利なるでしょうか。

スタメンは昨日と同じでファーストは武内晋一選手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 原樹理投手が6回1失点の好投も、終盤に逆転許しプロ初勝利ならず

ヤクルトは初回、1死後、川端選手がセンター前ヒットで出塁すると、
山田選手がレフトスタンドへ7号2ランホームランを放り込み2点先制!
うぉ~、ナゴヤドームで2戦連発とは、山田くん凄い!
もう、神宮専とは言わせません!

2点援護をもらった原樹理投手は、その裏、先頭の大島選手に3塁打を打たれます。
普通の捕れる打球かと思いましたが、レフトのバレンティン選手が捕球できず、
追った際に足かどこか痛めたようで、早速負傷交代。
レフトに武内選手、4番ファーストに今浪選手が入りました。

動揺したのか原樹理投手は2番堂上選手にストレートの四球を与え無死1、3塁
つづく高橋周平選手のショートゴロの間に大島選手がホームインして2-1
怖いビシエド選手はピッチャーゴロ併殺打で1点どまり。
実質エラーの3塁打から、よく1失点で踏ん張りました。

2回、ヤクルトは先頭の武内選手が四球で歩き、1死後、原樹理投手が送りバントを決め2死2塁も、
坂口選手がショートゴロで追加点とれず。

2回裏、原樹理投手は、先頭のナニータ選手にレフト前ヒット
平田選手は四球で無死1、2塁のピンチ
谷選手はショートゴロで1死1、3塁も、
杉山捕手をサードゴロ5-4-3の併殺打に仕留め、無失点で切り抜けます。
あっ、今日は前回打たれた桂捕手じゃないんだ。よかった。

3回1死後、山田くんが四球を選んで出塁、走れ~!と思ったら
4番に入った今浪選手の打席で、ネイラー投手のワイルドピッチで2塁へ進みます。
2死後、雄平選手がライト前にタイムリーヒットを放ち3-1!
ナイスバッティング。もしかして明日から雄平選手が4番かな?

4回裏、原樹理投手は先頭の高橋周平選手に1塁線を破る2塁打を打たれます。
ビシエド選手はピッチャーゴロでランナーが3塁へ進み、
ナニータ選手はファーストゴロで2死3塁。
平田選手を空振り三振に仕留め、得点を許しません。ナイスピッチング!

5回2死後、山田くんが四球で出塁し2盗成功!いいね~♪
ホームラン7本、7盗塁はもっかリーグトップ
今浪選手は三振で3アウト。

その裏、原投手は先頭の谷選手にヒットを打たれますが、杉山捕手をショートゴロ併殺打。
続くネイラー投手に四球を与えますが、大島選手を空振り三振に斬ってとり3アウト。

6回裏、2番からの打順も、原樹理投手は三者凡退のナイスピッチング!
今日はビシエド選手を完璧に封じているのが効いていますね。
ついに、プロ初勝利が見えてきました。

7回裏から継投に入り、ヤクルトは2番手で秋吉亮投手が投げ、無失点に抑えます。

8回はルーキ投手が登板し、先頭の代打・藤井選手にショート内野安打を打たれます。
大島選手のショートゴロは大引選手がよく捕って2塁フォースアウトも
堂上、高橋選手に連続四球を与え1死満塁のピンチ
ここで、今日ノーヒットのビシエド選手に
カウント3-1から7号満塁ホームランを浴び5-3と逆転されます。
うわぁぁぁぁぁぁ~~、悪夢だわ。原樹理くんの初勝利が消えました。
これなら押し出しの方がまだよかったわ・・・。

写真は4月3日神宮 ビシエド選手
e0222575_1729276.jpg



9回、中日は福谷投手が登板し、ランナーは出しますが得点ならずゲームセット
3-5で昨日のお返しのような逆転負けを喫し、
好投して勝ち投手目前だった原樹理投手のプロ初勝利はまたもお預けとなりました。
かわいそう・・・・・

勝ちから一転悪夢の大逆転負けに、もう言葉がありません。
昨日の仕返しをされましたね。

ヤクルトは勝ちパターンの継投でしたが、最悪の結果となりました。
それまで、原樹理投手には全く合わなかったビシエド選手が、ルーキー投手に代わった途端に
一発、それも逆転のグランドスラムですからね・・・。打たれたのは甘い変化球でした。
マジで、歩かせた方がよかったですよ。

打線は3点取ってから、そう良くもないネイラー投手から追加点を奪えなかったのは大きな反省点。

原樹理投手にとっては、好投報われずも、こんな展開で勝ちを消されるとは・・・。
中村捕手と一緒に原くんを食事に誘って激励した山田くんにとっても、
後輩のために打った今季初のソロ以外の先制2ランが空砲になるとは・・・。
ダメージの大きな敗戦となりました。

昨日の2試合目も終わるまで試合は何が起きるかわからない大どんでん返しでしたが、
今日はそれ以上に野球の怖さを思い知らされました。

次回こそ、原樹理投手をもっともっと援護して初勝利をプレゼントしてください。

追記】なお、バレンティン選手は左足内転筋の張りで負傷交代だそうです。
スポニチ バレが試合開始早々に負傷交代 左足内転筋の張り、軽症を強調

しかし、こうたびたびアチコチ痛い痛いでは使う方も困りますね。
太りすぎとトレーニング不足は明らかでしょう。

by misty2011 | 2016-04-24 17:36 | 東京ヤクルトスワローズ

9回中村悠平の2号3ランで大逆転☆7-5、山田6号・バレ5号ソロ

ナゴヤドーム初戦は、石川投手の大乱調で大敗した東京ヤクルトスワローズ

2戦目の先発は、中日ドラゴンズが吉見一起投手、ヤクルトは小川泰弘投手
スタメンファーストは武内晋一選手。

それから、昨夜の試合で右足に死球を受けた上田剛史選手が抹消され、
代わって三輪正義選手が上がってきました。
上田選手は右足小指剥離骨折だそうです。うわ~、谷内くんに続いてまた死球で離脱ですか。
9回、勝負がついた後での骨折とは、ついていませんね。
一日も早い回復を祈ります。

スポニチ 燕・上田 右足小指剥離骨折で抹消…谷内に続き、また死球骨折の不運


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 中村選手が9回に2号3ラン!土壇場の逆転劇で連敗ストップ

ヤクルトは初回、1死後、川端選手がセンター前ヒットで出塁。
坂口選手が打たないと慎吾くんが打ちますね・・・。
山田くんは初球を打ってセカンドフライ。慎吾くんが打つと山田くんは打ちません。
打ち上げては進塁打にもなりません。
バレンティン選手はセンター前ヒットで2死1、2塁。
しかし、雄平選手は空振り三振で、今日もチグハグ攻撃で残塁祭りになりそう!?

その裏、1死後、小川投手は堂上選手に3塁線を破る2塁打を打たれ、
高橋周平選手のファーストゴロで3塁へ。
ビシエド選手はフルカウントから四球を与え2死1、3塁。
ここでナニータ選手にレフト前にタイムリーヒットを打たれ、あっさり1点先制されます。
ビシエド選手を避けても、後ろのナニータ選手が好調ですからね。
続く平田選手は見逃し三振で1点どまりで済みました。

ヤクルトは2回2死後、中村捕手がレフトへの2塁打で出塁も、小川投手がサードゴロに倒れます。

3回、ヤクルトは1番からの攻撃
2死後、山田くんがセンターバックスクリーンへ6号ソロホームランを放り込み1-1の同点に!
思ったより打球が伸びました。
山田くん、ここまですべてソロホームランなんですよね。ランナーがいるときに出ればね。
しかし、吉見投手との相性は今季も健在でした。

同点となったその裏、小川投手は先頭の大島選手に3塁打、
堂上選手にライト前にタイムリーを打たれ、早速1-2と勝ち越されます。
ビシエド選手にも左中間へのタイムリー2塁打を浴び1-3
さらにナニータ選手にライトスタンドへ来日初アーチとなる2ランホームランを打たれ1-5
昨日の石川投手と同じで、打たれ出したら止まりません。

ヤクルトは5回2死から、坂口、川端選手が連打で1、3塁となりますが、
山田選手はレフトフライに倒れます。
1、2番が久しぶりにつながったと思ったら、チャンスで山田くんが凡退。
こういう時に一打が欲しいですね。
スパースターへの道はまだ遠いようです。

ヤクルトは6回、1死後、雄平、大引選手が連打で1死1、2塁のチャンス。
ここで、武内選手がセンターへ抜けるタイムリーヒットを放ち2-5
なおも1死2、3塁で中村捕手がレフトへ犠牲フライを運び3-5
下位打線がつながりました。
2死3塁となり、代打・田中浩康選手は四球、坂口選手も歩いて2死満塁。

ここで、中日は岡田投手に交代。
さあ、久しぶりに打点を稼ごう慎吾くん!
しかし、空振り三振に倒れます。

ヤクルトは6回から、秋吉→村中→ペレス投手とつないで、中日に追加点を許しません。

ヤクルトは8回、田島投手を攻め、武内選手が四球、中村、今浪選手がヒットで1死満塁も、
坂口、川端選手が倒れ追加点ならず。

2点を追うヤクルトは9回、1死後、
福谷投手からバレンティン選手ライトスタンドに5号ソロホームランを放り込み4-5と1点差。
2死後、大引選手が四球で歩くと、ここで中日は岩瀬投手を投入。
代打の荒木貴裕選手がライト前ヒットでつなぎ2死1、2塁から、
なんとなんと、中村悠平捕手が岩瀬投手の初球スライダーを狙い打つと、
打球がぐんぐん伸びてレフトスタンドへ飛び込む2号3ランホームラン!!!
ヤクルトが土壇場で7-5とが逆転します。

9回裏はオンドルセク投手がランナーを出しながらも無失点に抑え、
ヤクルトがまさかの大逆転7-5で中日を下しました。

頼みの小川投手が3回までに5失点と打たれ、流れとしては最悪なムードでした。
3回には山田くんのソロホームラン、
6回には下位打線の武内、中村選手で2点かえして5-3
なおも満塁で川端選手が三振に倒れ、あと一押しできません。

8回も下位打線が作った1死満塁のチャンスに、坂口、川端選手が倒れ、
もはやこれまでかと思いました。ごめんなさい。

私は夕食の仕度もあって、このへんからは集中して見ていません。

9回、バレンティン選手の一発が飛び出しますが、ここでも勝てるとは思いませんでした。
中日の投手交代が完全に裏目に出て、まさかの中村捕手の3ランで逆転とはね・・・。
何が起きるかわかりませんね。勝ちに不思議の勝ちアリですか。
これだから野球って面白いというか、怖いですね。

負けていれば、中村捕手のリードに散々文句を言いたいところでしたが、
今日は3ランでそれも吹っ飛びました。
あっぱれムーチョ!
写真は4月10日ハマスタ 打撃練習中の中村悠平捕手
e0222575_1363691.jpg



中村捕手は今日3ランを含む3安打猛打賞で、犠牲フライを合わせて一人で4打点たたき出しました。
チームでは13打点の坂口、山田、雄平選手、12打点のバレンティン選手に続く10打点となりました。
チャンスに打てない川端選手に「打点なんぼっすか?」って言ってもいいくらいの大殊勲でした。
ちなみに川端選手は打点4です。

よく他チームの捕手にヤクルト投手陣は打たれて悔しい思いをしていますが、
今日、谷繁監督は投手交代が裏目に出て眠れないでしょうね。

完全に負け試合の流れでしたが、よくぞひっくり返してくれました。
今日の1勝は大きな価値ある1勝ですね。

試合が大逆転勝ちだったので忘れるところでしたが、
先発の小川投手が、昨日のカツオくんに続いて、おまえもか!というようなピッチングでした。
今季は球速があまりでなく、球のキレで勝負と言っていましたが、
浮いた甘い球が多く、打たれるべくして打たれました。
特に今日は弱気な感じで、表情にも出ていました。
次回はもっと強気に攻めのピッチングをお願いします。

リリーフ陣は今日は無失点リレーでつなぎました。
その頑張りが逆転につながったでしょうね。
8回をきっちり三者凡退に抑えたペレス投手が、来日初勝利をあげました。
おめでとうございます。

最後に今日の山田くんは、6号ソロホームラン、しかもナゴヤドームのバックスクリーンに
叩き込みました。
しかし、今日はこの1本だけで5打数1安打1打点で2三振。
中でも5回、坂口、川端選手が連打で2死1、3塁となったチャンスに打てなかったのは残念です。
依然、SKYがつながらず機能していません。

川端選手は今日はマルチヒットですが、2度の満塁のチャンスにはヒットが出ませんでした。
言葉がキツイですが、何だか自分の打率や安打数の成績のためのヒットのようで、
これでは価値が半減です。
昨年の終盤、CSなど見せた勝負強さを、また取り戻してほしいと願います。
ヒットを打つ天才なんだから、自信を持って打席に立ってほしいですね。次回こそ!

明日はルーキーの原樹理投手の先発。今日の大逆転の勢いに乗りたいですね。


by misty2011 | 2016-04-23 20:03 | 東京ヤクルトスワローズ

石川3回持たず7失点、打線は攻撃的2番がブレーキ★6-11

東京ヤクルトスワローズは、今日からナゴヤドームで中日ドラゴンズとの3連戦

先発は中日が若松駿太投手、ヤクルトは石川雅規投手
雨で前日流れた小川投手は2戦目に先発の予定です。

昨年、ヤクルト打線は若松投手を打てず苦手としていましたが、今季はどうでしょう?
最初の対戦で、ガツンと打っておきたいですね。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 大引選手が復帰戦でタイムリーも、失点重ね連勝ならず

ヤクルトは初回、坂口選手が四球で歩きますが、川端選手が併殺打。
山田選手は四球で2盗を決めますが、バレンティン選手がセカンドフライで、チグハグ攻撃3アウト。

その裏、石川投手は初回から大炎上!
大島、荒木選手に連打され、高橋周平選手にタイムリーヒットを浴びまず1点。
ビシエド選手に四球で満塁からナニータ選手にタイムリーヒットを打たれ2点目。
今日1軍復帰の平田選手に押し出しの四球を献上して3点目。
さらに、堂上選手にタイムリーヒットを打たれ初回に一挙4失点。
コントロールが悪く、球威のない球が高めに浮いてキレもありません。

それでも打線は3回に反撃。
先頭の坂口選手がヒット、川端、山田選手が四球で無死満塁から
バレンティン選手がセンターへタイムリーヒットを放ち2-4
雄平選手に犠牲フライで3-4
さらに、大引選手のレフトへのタイムリーで4-4の同点に!
試合は振出しに戻りました。

しかしその裏、石川投手は1死1、3塁から杉山捕手にタイムリーヒットを打たれ4-5
四球を与え2死満塁となったところで、松岡健一投手に交代。
しかし、荒木選手に2点タイムリーヒットを浴び、この回3失点で5-7

4回は風張蓮投手が三者凡退に抑えますが、
5回、先頭の平田良介選手に2号ソロホームランを浴び5-8
さらに、ランナーを置いて杉山捕手にタイムリー3塁打を浴び5-9と突き放されます。

6回にはペレス投手が平田選手にタイムリーヒットを打たれ5-10

8回、ヤクルトは1死1、3塁から坂口選手のショートゴロの間に1点かえして6-10

その裏、7回から回またぎの久古投手が高橋周平選手に3塁打を打たれると、
ビシエド選手にタイムリーヒットを浴び6-11

ヤクルトは9回、2死後、雄平選手がヒット、上田選手は死球も、大引選手が倒れゲームセット

ナゴヤドームの試合とは思えないような乱打戦の末、6-11で大敗しました。

とにかく今日は先発した石川投手の乱調がすべてでしょう。
3回持たずに7失点では、どうしようもありませんでした。
若松投手も、昨年に比べてコントロールが悪く、つけ入るスキはありました。
3回に反撃して4-4になった時点では、まだ試合はわかりませんでしたが・・・。
その裏、石川投手がさらに3点奪われ、流れが中日に傾きました。

リリーフ陣も、風張、ペレス、久古投手が次々失点。
中日打線は先発野手全員安打の15安打11得点となりました。

一方、ヤクルト打線は10安打で6得点
坂口選手が相変わらずよく打って2安打と犠牲フライ、ショートゴロでの2打点。
バレンティン選手は3安打猛打賞で2打点
雄平選手が1安打で犠牲フライによる1打点
1軍復帰の大引選手は2安打2四球で4打席出塁して1打点と活躍!
中村捕手もマルチヒット。

写真はキャンプより大引啓次選手 早速のマルチヒット1打点は見事でした。
e0222575_1656228.jpg



しかし、2番の川端選手が4タコ1四球、
3番・山田選手が2四球1盗塁で、2度出塁はしましたがノーヒット。
いくら先頭で坂口選手が打っても、慎吾くんで切れてさっぱりつながりませんでした。

このところ、坂口選手が好調なのに、川端選手がつなぐことすらできないシーンが多くなりました。
前で坂口選手が天才的なバッティングをするので、
慎吾くんが粘ることなく、焦って打ちに行っているようにさえ感じられます。
とにかくかみ合わないんですよね。特に1番と2番が。
SKYはそれぞれ打撃成績はいいんですが、バラバラなバッティングでつながりません。

バントをしないのはいいとしても、攻撃的な2番の慎吾くんが、最近は裏目に出ているように思えます。
川端選手の不調が続くようであれば、打順の組み替えを考えてもいいかもしれませんね。
慎吾くんのことだから、すぐに打ちだすとは思いますが・・・。
山田くんもチャンスに強いとは言えません。

まあ、真中監督は動かないとは思いますが、とにかく得点効率が悪すぎます。
私は、2番がそのままなら、一時的にしろ、1番が山田くんで、3番が坂口選手のほうが
打線がつながって得点できるような気がします。
もしくは、1番と2番を入れ替えるとか。

このままだと、坂口選手が「打ってもいっしょや・・・」ってなりかねませんからね。
1番バッターなのに、得点より打点のほうが多いっていうのは、
後ろが還してないってことですから。
何とかベンチには考えてほしいです。

今日投げた中では、風張投手の1イニング目はよかったと思いました。
ストレートは、やっぱり魅力的でした。
ただ、ストレートでしかストライクが入らないと、それを狙われると苦しいですね。
カウントが取れる変化球があると、もう一つ上のピッチングができる可能性は感じました。

まあ~しかし、今シーズンはひどい負け方の試合が多いですね。
明日は小川投手でびしっと締まった試合をしてほしいです。

by misty2011 | 2016-04-22 22:33 | 東京ヤクルトスワローズ

2016年スワローズ「ヤ戦病院」けが人・故障者リスト(随時更新)

本日21日、倉敷マスカットスタジアムでの試合は、雨のため中止となりました。

これで、今日先発予定の小川投手が、おそらくナゴヤドームの中日戦にスライドでしょうね。
雨の中、強行してけが人が出ても困りますし、
途中で中止になるのは避けたいところ、早めの中止でよかったです。

試合がないので、今日は毎年恒例となった故障者リストをアップします。
今シーズンは比較的少ないので、けが人・故障者のリストアップを控えていましたが、
ここへ来て、たて続けに離脱者が出ました。

19日に阪神戦で谷内亮太選手がデッドボールを受け骨折、また20日には館山昌平投手の手術など、
今年もついに「ヤ戦病院」が賑わってきました。

ということで、わかる範囲で2016年けが人・故障者のリストをあげておきます。
(復帰情報も含めて)
なお、2軍情報は乏しいので、主に1軍メンバーからの離脱者です。

オープン戦、開幕以降も、制球が定まらず、どうもおかしいとは思っていましたが、
やはり、館山投手はひじに異変があったんですね。
過去にやった腱の移植や靭帯の再建手術とは違って、
今回はいわゆる関節ネズミ除去とクリーニングなので、館山投手にとっては軽めの手術。
とはいえ、右肘は5度目、他もいれると通算8度目の手術。
リハビリにじっくり時間をかけて、万全の状態で戻ってきてほしいです。

サンスポ ヤクルトに緊急事態…館山が5度目右肘手術、前半戦絶望

写真は2016年2月 キャンプブルペンで投げる館山投手
e0222575_1153397.jpg



◆投手陣 (敬称略)

館山昌平   4月20日群馬県内の病院にて、右肘関節遊離体摘出とクリーニングの手術
       全治6週間の見込み 
       7月6日 1軍復帰 


山本哲哉   2015年9月10日館林市の病院で右肘内側側副じん帯再建手術 全治1年リハビリ中
  
石山泰稚   2月キャンプ終盤から離脱 右肘滑膜炎  その後の情報が入ってきません。
       5月14日 戸田2軍戦で先発で復帰、4回1失点 
       5月31日 1軍復帰 
       6月13日 抹消 (肩痛)
       9月10日 1軍復帰 

デイビーズ  4月5日 背筋痛で抹消
       5月25日 1軍復帰 阪神戦で先発 

ペレス    3月29日 インフルエンザで抹消 
       4月8日 1軍復帰
       5月8日 2軍降格

徳山武陽   3月31日 インフルエンザで抹消
       6月28日 1軍復帰 

岩橋慶侍   4月5日 左足首に打球を受け打撲 6日抹消
           復帰後は1軍昇格と2軍降格の繰り返し

石川雅規   5月22日 左ふくらはぎ痛で登録抹消 
       6月1日 1軍復帰 
       6月3日 左ふくらはぎ痛で再び抹消 
       7月18日 1軍復帰 5勝目 

古野正人   6月15日 4回の守備で右肩負傷 抹消 

小川泰弘   6月27日 腰の張りで抹消
       7月20日 1軍復帰 

原樹理    6月29日 右肩の違和感で3回途中降板 登録抹消
       7月6日 横浜市内の病院で右肩の検査の結果、右肩甲下筋の肉離れと診断される。
       全治は未定。3~4週間は、ノースロー調整となる見込み 

村中恭兵   7月30日 左ひじの張りで登録抹消 
       8月31日 1軍復帰 
杉浦稔大   8月18日 腰痛のため抹消 
       8月30日 1軍復帰 巨人戦先発 
徳山武陽   11月22日 「黄色靱帯骨化症」発症で都内で手術 全治はリハビリ次第 New




◆野手陣 (敬称略)

バレンティン 3月14日 MRI検査の結果、左わき腹の軽度の肉離れと診断される。
       4月3日 1軍復帰
       4月24日 中日戦1回裏の守備で左足内転筋を痛め負傷交代も軽症
       4月26日 4番スタメン出場 

畠山和洋   キャンプ4日目にぎっくり腰で離脱 
       3月25日 開幕戦で1軍復帰 
       4月15日 背筋痛のため抹消
       5月7日  1軍復帰 
       6月13日 左手首痛のため抹消 
       6月15日 検査で左有鉤骨(ゆうこうこつ)骨挫傷と診断され、全治2ヵ月 
       右アキレス腱も悪化で、今季の復帰は絶望   

大引啓次   3月31日 腰痛のため抹消 
       4月21日 1軍登録 
       7月8日 腰痛のため抹消 
       7月18日 オールスター出場を経て、1軍復帰 

谷内亮太   4月19日 藤浪投手から死球を受け、左尺骨骨折 20日抹消
       4月27日 慶應義塾大学病院で骨折観血的手術を受け、全治3ヶ月の見込み 
       7月20日 2軍戦でDHで実戦復帰 
       8月07日 1軍復帰 


上田剛史   4月22日 死球を受け、検査の結果、右足小指剥離骨折で全治は未定
       4月23日 登録抹消 
       6月30日 1軍復帰

今浪隆博   6月17日 内野フライ捕球時に川端選手と衝突し担架で運ばれる。
       顔面から出血し14針縫う。脳しんとうの疑いアリ 
       6月21日 全体練習に参加
       6月24日 1軍復帰 
       9月03日 甲状腺機能低下症で登録抹消 全治は不明 New

川端慎吾   7月18日 右足首に自打球を受けて途中交代。検査の結果、
           「右舟状骨の骨折」で3-4週間の固定が必要と診断される。
       9月03日 2軍戦で実戦復帰 
       9月06日 1軍復帰 

雄平     7月26日 4回の打席で左脇腹を痛め、直後の守備から途中交代 
       7月27日 西宮市内の病院で検査を受け「左側腹部筋挫傷」と診断され抹消
            復帰は早くても1カ月はかかる見通し 
            左ひじ痛も発症 
       9月08日 1軍復帰 

山田哲人   7月30日 田原投手より背中に死球を受けるもフルイニング試合出場続行
       8月09日 2回の守備より交代 
       8月10日 遠征先の名古屋でMRI検査を受け、左第八肋骨骨挫傷との診断
            登録抹消 全治期間は未定 
       8月24日 1軍復帰 即スタメン出場 



写真は4月14日神宮アップ中 
グリーンの「2016TOKYO燕パワーユニホーム」がとても似合っている谷内亮太選手
打撃絶好調で、ショートのスタメンをつかむ大きなチャ
ンスだっただけに、
ケガでの離脱は、本当に無念でしょうね。
焦らずしっかり完治させて、また神宮に戻ってきてください。
仲良しの山田くんもヤクルトファンのみんなも待っています!
e0222575_1254468.jpg


離脱中の選手は一日も早い復帰を、そして、これ以上けが人が出ないことを祈っています。


by misty2011 | 2016-04-21 17:20 | 東京ヤクルトスワローズ