Out of focus ~Baseballフォトブログ~

<   2016年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧

燕6連敗!打たれ続ける館山投手、打てそうもない山田選手、見るのが辛くなっただけの試合

東京ヤクルトスワローズは、昨日も大敗してこれで5連敗。
東京ドームでは、今季8戦全敗となりました。

3戦目の先発は、読売ジャイアンツがマイコラス投手、ヤクルトは館山昌平投手
日替わりスタメンは、1番に大引選手が戻り、2番は今日1軍昇格の山崎晃大朗選手
3番坂口、4番山田選手と続きます。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 バレンティン選手の19号ソロも、序盤の失点響き6連敗

どんなに打順をいじっても、結果は同じでした。

先発の館山投手は初回こそ、ランナーを出しながらも0点に抑えますが、2回につかまります。
先頭の村田選手から3連打浴び1点失うと、小林誠司捕手にも打たれ満塁となり、
1死後、長野選手にタイムリー、2死後、坂本選手にタイムリー、
阿部慎之助選手にタイムリー2塁打を浴び、この回、7安打浴び一挙6失点。
2回で試合が決まりました。

4回にも、2死1、2塁から村田選手にタイムリー2塁打を浴び0-8

相変わらず制球がばらつき、真ん中付近に入った甘いストライクを打たれ続けました。
何を投げても打たれる館山投手を見るのは忍びなかったです。

打線はマイコラス投手の前に、3回までパーフェクトに抑えられます。
4回、先頭の大引選手がチーム初ヒットで出塁も、後続が倒れます。

5回、先頭のバレンティン選手(誤変換訂正)が
右中間スタンドへ19号ソロホームランを放り込み1点かえして1-8

写真は4月10日ハマスタ バレンティン選手
e0222575_19372255.jpg


5回からヤクルトはバッテリーごと交代で平井諒投手、西田明央捕手のバッテリー
6回まで2イニングを三者凡退にきっちり抑えます。

7回は土肥投手が登板し、2死1、2塁から小林誠司捕手にタイムリー2塁打を浴び1-10

8回は秋吉投手が登板し、坂本選手に2塁打を打たれますが、0点に抑えます。

9回、巨人は戸根投手が登板
2番からの打順も三者凡退、最後は山田選手が力ないセンターフライに倒れゲームセット。

ヤクルトは阪神戦から6連敗、東京ドームでは今季9連敗、昨季からだと10連敗となりました。

打線はマイコラス投手から散発5安打、バレンティン選手の一発の1得点のみでした。
途中出場の西田選手が2塁打を含む2安打と奮起しました。

ルーキーの山崎晃大朗選手が昇格即2番ライトスタメン出場も、
先発がマイコラス投手というもあって、初ヒットは出ませんでした。

山田選手は今日は4打数ノーヒット。
東京ドーム3連戦は、死四球で出塁しただけで、ついにノーヒットに終わりました。
打率はミルミル下がり.335まで落ちました。

この後、ナイターで試合があるDeNAの筒香選手に抜かれるのは時間の問題でしょうね。
本塁打数は既に抜かれ、打点もおそらく抜かれるでしょう。
安打数も倉本選手が今日ヒットを打ったのでトップの座から落ちました。
かろうじて盗塁だけ1位をキープしています。
現在、出塁率も1位ですが、これも筒香選手次第では抜かれる可能性があります。

この際、タイトルは置いといて、2年連続のトリプルスリーだけは、確実なものにしてほしいです。
打率は下がりだすと、あっという間なので、ちょっと心配ですが、3割は大丈夫と思いたいです。
盗塁もあと5個なので、イケるでしょう。

2年連続トリプルスリー達成なら史上初の快挙です。
タイトル獲得以上に、はるかに難関の偉業となります。
この際、もうそれだけで十分でしょう。
チームの勝利を常に目指してプレーしている山田くんにとって、今季のチーム状態では、
自分のモチベ―ションを保つことは、どれほど難しいことかと察せられます。

これ以上、心身とも疲弊させないでほしいと願います。
まだ、この先、長い野球人生なので、先を見据えて身体を大事にいたわってほしいです。
そちらの方が、はるかに大切です。

今日の打席では見るからに覇気がなく、守りについた時も、目がうつろでした。
昨日、背中にデッドボールがモロ当たって、その痛みがまだあったのかもしれませんが、
とにかく身体から生気が失われている感じ。
こうなることはわかっていたので、昨日のブログで、私はお休みさせてほしいと書きました。
今日のような山田くんを見るのは、ホントに辛かったです・・・。

巨人の阿部選手は当然としても、今日の坂本選手や、ここまでの筒香選手なんかも、
試合が決まったあとは、ベンチに下がることが多く見られます。
そうやりながら、コンディションを維持しています。

フルイニングなんて、意味のないことへのこだわりは捨てましょう。
確かに出つづけることは大変なことですが、
鳥谷選手を見ても、途切れてみて、あれは何だったのと、かえってさっぱりした感じです。
早めにラクになりましょうよ。

今シーズン、山田選手は、ずっと足腰状態が悪いままフルイニング出場しています。
しかも昨年からフルイニングを続けている山田くんに関しては、
身体がつらそうな時は、休ませるべきだと思います。
ホントは心身とも、こんな疲労困憊になる前に、早めに休ませるなどベンチは配慮して欲しかったです。
もう今さら遅いんですけどね。

昨年の三冠トリオの畠山、川端選手が離脱し、雄平選手まで抜けた今、
チームの顔である山田くんは、どんなに疲れていても不調でも、
自ら休むなんてことは言わないんでしょう。
だからこそ、ベンチが配慮してほしいのです。

今日のような山田くんなら、試合に出ていても、ファンとしては、見るのがつらくなるだけでした。

心身ともコンディションさえよくなれば、山田くんの調子は戻ってくると信じています。
今がどん底なら、これからは上がってくるのを待つだけです。

8月は、屋内の試合はナゴヤドームの3試合のみ。
あとは屋外の連戦が続きます。消耗度はハンパありません。
これ以上、疲れが溜まって負担にならないようしてほしいものです。

今日で7月が終わり、月が変わることで、ヤクルトも何か流れが変わってくれることを祈るしかありません。
ひとつ、大事なことを書き忘れていました。
山田くんの母校、履正社高校が大阪代表で夏の甲子園出場を決めました。
6年ぶり3度目の出場です。おめでとうございます。
山田くんも、後輩たちの活躍に喜んでいることでしょう。
これで、山田くんが少しでも元気になるといいですね。

by misty2011 | 2016-07-31 19:43 | 東京ヤクルトスワローズ

内海に続き大竹も打てず打線どん底★0-9完封負けで5連敗!

試合前に、選手公示で村中恭兵投手が抹消されていてショックを受けました。
なに、なにがあったの!?
先発調整で下げるのならまだわかりますが、そんな雰囲気は全くないので、
そうじゃなければ何かアクシデントがあったんでしょうね?心配です。
代わって下からは土肥寛昌投手が上がってきました。
また一人、貴重な中継ぎ投手がいなくなりました。どうするのブルペン!?

その後の情報で、村中投手は左ひじの張りで抹消とのことです。どうかお大事に!
サンスポ 燕・村中、疲労による左肘の張りのため登録外れる

中継ぎ、先発と便利屋扱いされ、調整が難しい中、明らかに疲れが溜まっていましたからね。
だから、村中投手は先発で使ってって言ってたのに・・・
オンドルセク投手の退団が、ここにも暗い影を落としています。


4連敗で借金が13に膨れ上がった東京ヤクルトスワローズ
東京ドーム2戦目は、ヤクルト先発陣では、最も安定している山中浩史投手に連敗ストップを託します。
読売ジャイアンツは大竹寛投手が先発。

スタメンは今日も日替わりで、1番坂口、2番は三輪正義選手
5番以下は、今浪、大引、西浦選手
中村悠平捕手が1日でスタメン復帰となりました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 試合の主導権を握られ5連敗…

ヤクルトは初回、先頭の坂口選手がヒット、2盗でチャンスメイクも、後続が倒れます。
今日も1点が重い流れ・・・

山中投手は2回、先頭の阿部選手に2塁打を打たれると、
2死2塁から脇谷選手にライト前に落ちるタイムリーヒットを打たれ、
阿部選手がホームインして1点先制されます。

3回裏には、長野選手にソロホームランを浴び0-2

4回には、四球、ヒットで1死1、3塁から、小林誠司捕手二タイムリーヒットを打たれ0-3

5回からは成瀬投手が登板も、坂本、村田選手にヒット、中井選手に四球を与え1死満塁から
押し出しの四球で0-4
なおも満塁で、小林誠司捕手にタイムリーヒットを打たれ0-6
大竹投手の送りバント処理をミスって満塁となったところで、土肥投手に交代も、
長野選手にタイムリーヒットを打たれ0-7

6回も続投の土肥投手は、さらに2点失い0-9と一方的な展開に。

打線はこの間、7回まで大竹投手から散発4安打。全くつながりません。

ヤクルトは7回から岩橋慶侍投手が登板し、キャッチャーは西田明央捕手にバッテリーごと交代。
ここまで、ダラダラ打たれていましたが、岩橋投手が8回まで2イニング、3三振を奪うなど
6人をぴしゃりと抑えます。
バッテリーが交代したら、俄然テンポがよくなりました。

岩橋投手は、以前から私推しのピッチャーですが、
今日の投手陣の中では、唯一ポジれるピッチングでした。
ぶっちゃけ、同じ左腕の中継ぎ・成瀬投手が試合を壊したのと比べると、
よほど制球が安定して、攻めるピッチングが光りました!
よく腕が振れていて、ストライクゾーンできっちり勝負できていました。

いや、これなら、岩橋-西田のバッテリーで、先発で見たいなあと私は思ったくらいです。
村中投手が離脱したあと、唯一、希望となれそうな左腕です。

8回は、山田くんが田原投手から背中にデッドボールをぶつけられ、倒れ込みました。
こんな点差で、ぶつけるんじゃないよ、もぉ~!(怒・怒。怒)
今まで何度も山田くんの死球は見ましたが、中でも今日はかなり痛そうでしたね。
一瞬、息ができなくなっていたんでしょう。
しばらくして立ちあがると、大きく深呼吸していました。

もう無理することはないので、ベンチに下げてほしいと思いましたが、そのまま1塁へ向かいます。
骨は大丈夫なんでしょうか?

こういう時は、一旦ベンチに下げて、ぶつけられた箇所を確認するくらいしてほしいものです。
ヤクルトの場合、本人が大丈夫といえば、そのままプレー続行ですからね。
あの谷内くんの時だって、代走は送らずそのまま塁に出ましたからね。あとで交代しましたが。

こんな試合で、山田くんが壊れたらどうするんですか!
本人の意向もあるかもしれませんが、フルイニング出場なんて、私からすると、クソ喰らえです。
強制的にでもベンチに下げてほしいです。
当たったところは、これから腫れて痛むでしょう。
山田くんは不調まっただ中だし、明日はもう休ませてほしいです。

痛みをこらえ気丈に塁に出た山田くんが、もう可哀想で見ていられませんでした。

極端すぎるかもしれませんが、もう盗塁30をクリアしたら、
試合出場よりは、痛めた足腰のケアをして、来季に備えてほしいくらいに思っています。
こんなシーズンに無理したら、のちのち選手寿命にかかわってきそうで心配です。

再び試合に戻って、
先発の山中投手は、巨人にはどうも相性がよくないようですね。
そう悪くもなかったですが、山中投手としては4回7安打3失点は、不本意だったでしょうね。
いつもよりテンポが悪くなっていました。
ま、今まで好投しても勝ち星に恵まれなかったのは打線の責任なので、
今日負けたからって、そう責められません。次回こそ勝ち星を!

e0222575_19421056.jpg


とにかく不甲斐ないのは打線です。
雄平選手が離脱してから、毎日猫の目打線となっていますが、どれもこれもつながりません。
山田くんが不調に加え、バレンティン選手も、輪をかけて打てそうな気配がありませんからね。
大引選手も1番のときほど打っていません。

失礼を承知で言わせてもらうと、内海投手や大竹投手を打てない打線って、相当重症でしょうね。
昨日も今日も4安打では勝てません。
確かに、両投手とも好投しましたが、それにしても何もできない相手ではないでしょ。
プロの集団として、ベンチも選手も、やる気あるのかと思いました。

何をやってもダメなので、野手は西浦、西田選手をとにかく積極的に使っていく。
捕手は、中村、西田捕手の併用。山田くんは、本人が出るといっても休ませる。
谷内選手は、まだ守備につけないようですが、代打要員で上げておいてもいいかも。

また、中継ぎの成瀬投手は先発以上に使い勝手が悪くて、何のメリットもありません。
先発でも打たれますが、中継ぎよりはまだいいかと思います。成瀬投手は先発に戻す。
私が考えられることは、このくらいですかね・・・。
しかし、マジで選手の層の薄さを痛感します。

by misty2011 | 2016-07-30 19:47 | 東京ヤクルトスワローズ

デイビーズ、阿部・坂本の2発に泣く★1-3、打線は内海から4安打1得点のみ

甲子園で阪神に3タテ喰らわされて再び最下位に転落した東京ヤクルトスワローズは、
今日から東京ドームで読売ジャイアンツとの3連戦。

初戦の先発は、巨人が内海哲也投手、ヤクルトは、アチコチ痛いとお休みばかりのデイビーズ投手。
今日はしっかり投げてもらいましょう。

スタメンは、1番比屋根、2番西浦選手で、スタメンマスクは西田明央捕手。
ベンチがついに中村捕手を外しました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 先発・デイビーズ投手は6回3失点の粘投も、連敗ストップならず

試合は初回の攻防で明暗分かれました。
ヤクルトは、比屋根選手が内野安打、西浦選手がライト前ヒットで無死1、2塁と先制のチャンスに、
山田、バレンティン、大引選手が倒れ得点できません。
結果的には、今日は初回に1点も取れなかったのが敗因だったでしょうね。

その裏、2死後、デイビーズ投手は坂本選手にライト前ヒットを打たれると、
阿部慎之助選手に右中間スタンドに7号2ランホームランを運ばれ2点先制されます。

直後の2回1死後、スタメンマスクの西田明央捕手がレフトへの2塁打
つづく荒木貴裕選手がセンターへのタイムリーヒットを放ち1点かえして1-2

しかし、ヤクルトの得点はこの1点のみでした。

デイビーズ投手はテンポよく投げ、その後は、5回まで追加点を阻みましたが、
6回、坂本勇人選手にライトスタンドへ17号ソロホームランを浴び1-3

ヤクルトは、7回は松岡投手、8回は村中投手が登板し、無失点に抑えます。

2点を追うヤクルトは8回1死後、2番手のマシソン投手から、山田選手が四球を選び出塁。
2盗を決めます。これで25個目の盗塁。
今日はノーヒットに終わりましたが、トリプルスリーに向け盗塁を決めたので、
ちょっと救われました。

しかし、バレンティン、大引選手が倒れます。

9回は澤村投手から、代打の坂口選手が四球を選び先頭で出塁も、
代打攻勢の上田、今浪、森岡選手が倒れゲームセット。
1-3で東京ドーム初戦に敗れました。

先発したデイビーズ投手は、6回を投げ4安打無四球で3失点。
阿部、坂本選手の2発に泣きました。
テンポよく投げ、杉浦、小川投手のあとだっただけに、
ホームランこそ打たれましたが、イライラやストレスは感じないピッチングでした。
こういう時こそ打線の援護が欲しかったですが、今日はクリーンナップがノーヒットで、
下位の西田-荒木選手の連打による1得点のみでした。

2回表、タイムリーヒットを打った荒木貴裕選手 今日唯一の得点
1塁上で嬉しそうでしたね。写真はキャンプより
e0222575_1516526.jpg



これでヤクルトは4連敗。
チームがこんな状態なので、私の楽しみは、正直言って山田くんだけなんですが、
今日はDeNAの筒香選手が30号、31号どちらも3ランホームランを放ち、
ついにホームラン数を抜かれました。
まだ、DeNAの試合は終わっていませんが、筒香選手は打点もここまで6点稼ぎ、
73打点と伸ばし、山田くんとは4点差。打点も抜かれるのは時間の問題となりそうです。
打率も爆上げで.333、今日3タコだった山田くんの.340に迫っています。

また、倉本選手が今日ここまで5安打と打ちまくって、
最多安打で山田くんの121安打に1本差となりました。
打撃好調なのはもちろん知っていましたが、思わぬ伏兵が躍り出てきました。

3冠やら6冠やら騒がれてきた山田くんですが、
これからは、むしろ筒香選手のほうに3冠の注目が集まるでしょうね。
悔しいですが、あちらは絶好調なので、山田くんは今はじっと耐えるしかありません。

ただ、太ももが万全でない状態でも、自分で抜くところと走るところを調整しながら、
盗塁はコツコツ増やしているので、2年連続トリプルスリーへは大きく前進しています。
あとは、まあこれからの状態次第でしょうね。

ホームランを抜かれ、筒香選手へ3冠の目が向けられることは、
山田選手にとって、むしろ肩の荷が下りてラクになるかもしれません。
DeNAはAクラスの2位争いが熾烈になっているので、
筒香選手へのマークがこれからは厳しくなるでしょう。
そうなってからが本当の勝負でしょうね。

山田くんは、たとえ3冠は無理でも、そのうちのひとつ、首位打者はまだとってないので、
出来れば打率だけは、何とかこのままキープしてほしいですね・・・。
じりじり下がっているので厳しいですが。

それには、とにかくノーヒットの試合をなくすことでしょうね。
今日は、得意の内海投手でしたが、甘い球を見逃して、
低めを打たされた感じでヒットが出ませんでした。
不調のときの山田くんそのものでした。
明日は、もっと積極的に甘い球を狙ってほしいと思います。

山田くんのことが長くなりましたが、これ以外では、
西田捕手は、しばらくスタメンマスクで使ってほしいですね。
2塁打も打ったし、テンポいいリードだったし、中村捕手にとっても、いい刺激になると思います。
あと、西浦選手も1安打でしたが、これ以外にもヒット性のいい打球がありました。
こちらも、左右関係なく、しばらくスタメンで使ってみてはどうでしょう。
ベテランもいいですが、先を見据えて、もっと若手を我慢してでも積極的に使ってほしいと
私は希望します。

by misty2011 | 2016-07-29 21:49 | 東京ヤクルトスワローズ

連夜の大量失点、小川5回9失点★5-10

甲子園で阪神タイガースに連敗した東京ヤクルトスワローズ
AクラスとBクラスがはっきり分かれ、
下位のヤクルト、阪神、中日の最下位争いが、ますます混戦模様となってきました。

3戦目の先発は、阪神が青柳晃洋投手、ヤクルトは小川泰弘投手
この3連戦で、藤浪投手と当たらないのはホッとしましたが、
青柳投手も荒れ球のようなので、どうか誰もぶつけられないようにと願います。特に右バッター

選手公示では、杉浦投手が抹消され、森岡良介選手が上がってきました。

スタメンは、今日は相手が右投手だからか、またまた大幅にいじってきました。
1番上田選手、2番坂口選手、3番山田選手で、前日よりはよほどいい感じ。
しかし、坂口選手がスタメンなら、大引-坂口ー山田選手の並びでいいようにも思うんですが。
今浪選手は5番サードで、大引選手は6番、しかし、森岡選手が早速ファーストでスタメンですか…。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 バレンティン選手のタイムリーで先制するも、中盤の大量失点響き3連敗…

先制したのはヤクルト
4回2死まで青柳投手にパーフェクトに抑えられていたヤクルトは、4回2死後、
山田選手がライトへのヒットで出塁。1打席目もいい当たりでしたがサードライナーでした。
ここで2盗に成功し、バレンティン選手のセンター前ヒットで一気に走ってホームイン!
ヤクルトが1点先制!

しかしその裏、小川投手がつかまります。
初回、2回とヒットは打たれるも0点に抑えていましたが、味方が先制したあと、すぐに吐き出します。

1死後、福留選手にレフトへの3塁打を浴びます。
上手いライトなら捕球できたかもしれませんが、上田選手が捕れませんでした。
つづく原口捕手にセンターへタイムリーヒットを打たれ、あっさり1-1の同点に追いつかれます。
このあと、ゴメス選手に2ランホームランを浴び1-3

さらに、新井選手にレフト線への2塁打を打たれると、北條選手にスクイズを決められ1-4
この回、4本の長短打を浴び4失点。
昨日と同じ魔の4回!?同じ選手に同じように打たれました。

さらに5回にも、髙山選手がフェンス直撃の2塁打、このあと死四球で満塁となると、
原口捕手に左中間への走者一掃のタイムリー2塁打を浴び、1-7と引き離されます。
外野の守備位置が、やけに左中間が広く空いていました。
昨日から、原口選手は引っ張った打球が多いのに、逆だろうって思いました。
このあと、ゴメス選手にバックスクリーンに2ランホームランを浴び1-9

ゴメス選手には2試合で3発献上!
まあ、ゴメス選手にこれだけ簡単にホームランを打たれるのはヤクルト投手陣くらいなものでしょう。
甘い球が吸いよせられるように真ん中高めに入りました。

これで試合は決まったかと思いましたが、6回、青柳投手が制球を乱し、四球を連発。
1番から3番が四球で歩き無死満塁となると、阪神は安藤投手に交代。
1死後、今浪選手、大引選手が連続押し出しの四球をもらい2点かえして3-9
さらに、森岡選手のショートゴロ併殺崩れの間に4-9
タイムリーヒットなしで4点奪いました!?

ヤクルト7回、高橋投手から、西浦選手が1塁線を抜ける2塁打を放つと、1死3塁から
坂口選手のタイムリーヒットで5-9と4点差。
ここで、阪神はマテオ投手に交代し、山田選手はレフトフライ、バレンティン選手は四球も、
今浪選手がセカンドゴロで追加点ならず。

この間、6回から2イニング、成瀬投手が0点に抑えます。

8回は平井諒投手が登板も、北條、鳥谷選手に連打され、1死2、3塁から、
大和選手にライトへタイムリー2塁打を浴び5-10
この打球、上田選手の追い方が拙かったですね。

9回はドリス投手の前に三者凡退でゲームセット。
ヤクルトは5-10の大敗で、このカード3連敗。
オールスターを挟み、これで阪神には5連敗を喫しました。

昨日の杉浦投手が4回途中で9失点、今日の小川投手も5回で9失点と、
先発投手が、同じように大量失点しては試合になりません。
しかも、福留、原口、ゴメス選手の中軸に、警戒しながらも、同じように打たれては話になりません。

杉浦投手は抹消されましたが、小川投手は先発が足りないので下げるわけにもいかないんでしょうね。
しかし、今季の小川投手は、こんな投球の繰り返し。
野手が必死で点を取ってもすぐに吐き出して、今日は大量失点。
とっくにエースとは呼べなくなりましたが、劣化具合が止まりませんね。悲しくなります。
他チームなら、先発ローテはく奪でしょうけど、このままローテを任すんですかね?

e0222575_2353178.jpg


私は、小川投手に喝を入れるべく中継ぎに回して、
先発は、むしろ村中投手や、中継ぎでは、どうも使いづらい成瀬投手を当てるべきだと思いますね。

野手の打順もそうですが、投手の配置も適性とは程遠い感じに思えてなりません。
先発がこれだけ背信投球をしているのに、中継ぎに村中投手や成瀬投手を回す余裕はないでしょ!
ベンチには再検討をお願いしたいです。

今日は5点は挽回したといっても、四球をもらってのもので、タイムリーヒットでの得点は2点のみ。

上田選手は、せっかくのスタメンもノーヒットで守備では2個ミスが出ました。
こういうところでアピールできないのは、もどかしいですね。
森岡選手をファーストスタメン起用にも首をかしげました。

さらに、これだけピッチャーが失点して、打つ方はさっぱりの中村悠平捕手のスタメン固定も、
限界に来ているように思います。
ベンチは西田捕手には信頼がないようですが、中村捕手は、たまにはスタメンを外れ、
ベンチから冷静に試合を見ることも必要なのではないかと思います。
井野捕手を使ってもいいでしょ。

阪神は聖域と言われた鳥谷選手をスタメンから外してから、不思議と好調です。
ヤクルトも、これ以上、正捕手・中村捕手を聖域化することはないように思えてきました。

by misty2011 | 2016-07-28 23:06 | 東京ヤクルトスワローズ

猛虎打線の餌食に!4回一挙9失点★0-9 能見に完封負け

甲子園での阪神との初戦は、初回に山田選手の3ランで先制したものの、同点に追いつかれ、
8回にはゴメス選手に2ランホームランを浴び逆転負けしました。

さらに、試合中、雄平選手が左わき腹の張りを訴え負傷交代。病院へ直行しました。
その雄平選手は本日付で抹消され、代わって比屋根選手が上がってきました。
また、スタメンを外れ、途中代打で出場した坂口選手も、右ひじの状態がよくないそうです。


2戦目の先発は、阪神タイガースが能見篤史投手、ヤクルトスワローズは杉浦稔大投手
スタメンは、ガラッと変更されました。
1番に比屋根選手、2番は荒木選手で3番が山田選手、バレンティン選手が4番に入り、
大引選手が5番、以下、西浦、ジェフン、中村選手と続きます。
う~~~ん、3、4番を入れ替えるのはわかりますが、1-2-3番の並びには目まいがしそう!?
どういう結果が待っているでしょう。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 完封負けを喫し2連敗…

初回、ヤクルトはあっさり三者凡退
その裏、杉浦投手は、先頭の髙山選手にヒット、江越選手に四球を与えますが、
怖い福留、原口選手を三振に仕留め無失点で切り抜けます。
しかし、初回から球数を要しました。

2回、ヤクルトはバレンティン選手が四球、大引選手、西浦選手が連続ヒットで無死満塁のチャンス!
ジェフン選手が三振後、中村悠平捕手がファーストゴロ3-2-3の併殺打で一瞬にして3アウト。
絶好の先制のチャンスを潰します。
相変わらず、こういうところで1点も入りません・・・。

3回2死後、荒木瀬手がレフト前ヒットで出塁も、山田選手がキャッチャーフライで3アウト。
今日は能見投手に合っていないようです。
というか、昨日の初回のホームラン以降、タイミングがズレている感じ。

杉浦投手は、2、3回とも三者凡退に抑えます。

4回裏、杉浦投手は先頭の江越選手にライトへヒットを打たれると、
福留選手にもレフト前ヒットを打たれ、無死1、2塁のピンチを招きます。
つづく原口捕手に、レフトスタンドへ9号3ランホームランを運ばれ0-3

このあと、ゴメス、新井選手にも連打され無死1、3塁から、
荒木郁也選手にライト前タイムリーヒットを浴び0-4。荒木選手はプロ初打点

能見投手は送りバントで1死2、3塁から、髙山選手にライトへ2点タイムリーヒットを浴び0-6
貧打のはずのトラ打線に打たれ放題。
ここでようやく杉浦投手は降板となります。

杉浦投手は、4回に7安打浴び一挙6失点。
球威のなさに加え、4回には早くもスタミナ切れ!?
ベンチは試合をあきらめたのか、これだけ連打されても途中で代えませんでした。

2番手で中島彰吾投手が登板
北條選手に四球を与え、江越選手にはライト前ヒットで1死満塁から、
福留選手には押し出しの四球を献上して0-7
原口捕手はレフトへの2点タイムリーヒットで0-9
阪神の勢いが、もうどうにも止まりません。

ゴメス選手もヒットで、なおも1死満塁から、
新井選手はショートゴロ併殺打で、ようやく3アウト。
はぁ~長い攻撃でした。
この回だけで打者14人に10安打浴び9失点。
バッティングピッチャーでも、これだけ打たれるのは難しいでしょうにね・・・。
もうタオル投入で終わりにしてほしいくらい。

5回表、ヤクルトはあっさり三者凡退

5回裏からは岩橋慶侍投手が登板 キャッチャーは西田明央捕手に交代。
荒木選手の内野安打と北條選手のヒットでランナーを出しますが、0点に抑えます。

6回は1番からの攻撃も、比屋根、荒木、山田選手が7球で3アウト
大量失点に、打者が戦意喪失気味か!?
しかし、山田くん、あと1打席、1日1安打は打っておかないと。
筒香選手が今日は29号など3安打猛打賞で、依然好調。ホームラン、打率がヤバい・・・

8回、ヤクルトは1死後、代打の飯原選手がヒット、西田捕手もヒットで1死1、2塁のチャンス。
比屋根選手は三振、ワイルドピッチでランナーがそれぞれ進塁して2死2、3塁。
しかし、荒木選手が空振り三振3アウト。

8回裏は、久々に松岡投手が登板。投げないので心配していましたが無事でほっとしました。
きっちり3人で片付けます。

9回は山田くんから。
初球を打ち上げ、1塁手が捕れずエラーで出塁。
バレンティン選手はライトフライ、代打の井野捕手はショートゴロ併殺打でゲームセット。

大量リードに守られた能見投手にスイスイ投げられ、5安打8奪三振、
0-9の大敗で完封負けを喫しました。
これで対阪神戦は4連敗となりました。

今日は、攻撃では2回無死満塁から1点も取れなかったこと。
守っては4回に杉浦-中島投手で一挙9失点。
打者のやる気もなくなり惨敗でした。

山田くんは4打数ノーヒットで、打率がじわりじわり下がってきました。
明日は、気持ちを切りかえて集中して打席に立ってほしいと思います。
守備では、最後まで緩むことなくナイスプレーを見せました。

大敗なので、今日の打順がどうのこうのとは言えませんが、
やっぱりセンスを感じないオーダーでした。
まあ、しばらく試行錯誤でいろいろ試すんでしょうね!?

先発の杉浦投手は、今日も期待外れのピッチング。
前回7月19日は3回5失点、今日は4回途中まで投げ7失点。
試合を作るどころか壊しました。先発ローテで起用するにはもう限界でしょうね。
毎回、同じような投球で、よくなる気配が見えません。

3番手で投げた岩橋慶侍投手は、試合が決まったあととは言え、3回2安打無失点と好投しました。
いつも上がってきてはすぐ下に落とされますが、
この投手こそ、もっと気長に使ってみてはどうかと私は思います。

写真はキャンプブルペンより岩橋慶侍投手
e0222575_123524.jpg


今日は、ポジれる要素がほとんどなく、試合が早く終わったことだけがよかったことでした。

by misty2011 | 2016-07-27 21:41 | 東京ヤクルトスワローズ

初回山田の30号3ランのみ、ゴメスに2ラン浴び★3-5 阪神に球宴挟み3連敗

尾張名古屋で3連勝した東京ヤクルトスワローズは、今日から甲子園で阪神タイガースとの3連戦

先発は、阪神が岩貞祐太投手、ヤクルトは石川雅規投手の新旧左腕対決
スタメンは2番の坂口選手がベンチスタートとなり西浦選手が入ります。
ファーストは西田選手で、センターはジェフン選手
選手公示では、昨日、由規投手が抹消され、本日、岩橋慶侍投手が上がってきました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 山田選手が両リーグ一番乗りとなる30号3ランも…逆転許し4連勝ならず

初回、ヤクルトは立ち上がりの岩貞投手を攻略!
先頭の大引選手がセンター前ヒット、2番の西浦選手もライト前ヒットで続きます。
バレンティン選手は空振り三振に倒れますが、
山田選手が岩貞投手の初球をライトポール直撃の30号3ランホームランを放ち3点先制!
7月10日以来の一発、両リーグ一番乗りの30号先制3ランとなりました。
初球、それも珍しく右への一発、こういうホームランを打てると、もっと量産できるでしょうね。

山田くんは、これで早くも2年連続トリプルスリーのひとつの30本塁打を達成。
あとは、打率と盗塁ですね。間違いなく行けるでしょう!

石川投手は3回まで阪神打線を0点に抑えます。
しかし4回1死後、福留選手にセンター前ヒット、原口捕手にライトへの2塁打を打たれ1死2、3塁
つづくゴメス選手にライトへのタイムリーヒットを打たれ3-1
捕れる打球かと思いましたが、雄平選手の動きがちょっとヘンでポテンヒットとなりました。

このあと、新井選手にはレフト線へのタイムリー2塁打を浴び3-2
大和選手にライトへ犠牲フライを運ばれ、ついに3-3の同点に。
このフライも、雄平選手の肩ならホームで刺せると思いましたが、
送球が山なりとなり生還を許します。

直後に、雄平選手の所にトレーナーと三木ヘッドが出向き、そのまま交代して飯原選手がライトに。
どこか痛めたようですね。ゴメス選手の打球の追い方といい、バックホームの送球といい、
明らかにおかしかったですからね。おそらく脚では?または肩でしょうか??
心配ですね。情報が入り次第、追記します。

【追記】
サンスポ 燕・雄平、左脇腹痛で途中交代 真中監督「抹消することになると思う」

これによると、雄平選手は4回の打席のスイングで左脇腹を痛めたそうです。
登録は抹消される見込みで、またまたケガ人が出て厳しくなりましたね・・・。


岩貞投手から初回に3点先制したものの、その後、岩貞投手はすっかり立ち直って、
ヤクルト打線は2回から7回まではノーヒットに抑えられ、追加点が奪えません。

石川投手は7回まで投げ、8安打で3失点。
3点取られた4回は、高めに甘い球が多く、打たれるべくして打たれました。
ただ、ビジターのカツオくんとしては、まあ粘って何とか3点に抑えたという感じでした。

ヤクルトは8回1死後、代打の坂口選手が藤川投手からセンタ―前ヒットで出塁。
大引選手三振後、西浦選手がファースト内野安打で2死1、2塁となりますが、
バレンティン選手が空振り三振に倒れ3アウト。

その裏、ルーキ投手が登板
1死後、原口捕手にヒットを打たれると、
ゴメス選手にバックスクリーン左に2ランホームランを放り込まれ3-5

9回はドリス投手の前に、2死後、代打の今浪選手が内野安打で出塁も、
最後はジェフン選手がセンターフライでゲームセット。

ヤクルトは3-5で敗れ、これで阪神戦はオールスターを挟んで3連敗。
最下位の阪神に3連敗もしているようでは、上位浮上は厳しいですね。

150勝に王手をかけていた石川投手は、今日は勝ち負けつかず、通算150勝はお預けとなりました。

結局、今日は初回の山田くんの先制3ランのみで、打線は閉店状態。
立ち直った岩貞投手になんの策もなく、選手の自主性任せのバッティングで、
淡々とアウトを重ねました。

8回2死1、2塁では、バレンティン選手が、そう厳しくもない藤川投手のストレートに空振り三振で
追加点が奪えませんでした。
初回にも、2死1、2塁のチャンスに空振り三振でしたね・・・。
そのあと、山田くんに3ランが飛び出したので、目立ちませんでしたが、今日はブレーキとなりました。

今のバレンティン選手は、そこそこ速いストレートは打てなくなっています。
変化球なら何とかバットに当てることはできるんですが。
真中監督は、バレンティン選手が3番なら打席で勝負してもらえるということで
バレちゃん3番固定の考えのようですが、
山田くんの前の3番がこれでは、たとえバレンティン選手が勝負してもらえるとしても、
後ろにつなげません。

雄平選手のケガがどういう状態なのかわかりませんが、→(左脇腹痛で抹消されるとのこと)
再度、山田くんの前後の打者をどうするか考え直してもらいたいです。

なんだか、次々に離脱者がでるのは寂しすぎます。
満身創痍で頑張っている山田くんに、これ以上負担がかからないようにしてほしいものです。
お願いします。
7月10日以来となる久々のホームランが、今日も空砲となりました。

写真はオールスターでの山田哲人選手
e0222575_0541516.jpg


by misty2011 | 2016-07-26 22:11 | 東京ヤクルトスワローズ

山田・川端・大引・中村・バレンティン・秋吉選手フォト@2016オールスター第2戦ハマスタ

遅くなりましたが、今日は7月16日ハマスタで開催されたマツダオールスター2016第2戦より、
東京ヤクルトスワローズから出場した選手たちの試合前の写真です。

なお、試合前のセレモニーや、試合編、表彰式のようすなどは、
「オールスター」のタグでご覧ください。

守備練習前のキャッチボール
e0222575_14304819.jpg


e0222575_14305763.jpg


既出ですが、オールスター仕様のカラフルなドナイヤ(Donaiya)のグラブ
e0222575_0395547.jpg


キャッチボールの相手は大引啓次選手
e0222575_1431851.jpg


e0222575_14311869.jpg


ショートでノックを受ける大引選手
チャンスに強い大引選手、一時は第2戦のMVP候補でしたが、同点に追いつかれとり逃しました。
e0222575_14332798.jpg


サードでノックを受ける川端慎吾選手と山田哲人選手
当日は、山田選手はスタメンを外れ、川端選手交代後、サードの守備につきました。
e0222575_14313081.jpg


内野席の下のグランドに近い場所に行こうと思ったら、
その席のチケットを持ってないと行けなくて、仕方なく中段からの撮影です。
高い料金なので、オールスターの時くらい、どのエリアも行けるよう
開放してくれたらいいのにと思います。
e0222575_14314471.jpg


e0222575_14315357.jpg


e0222575_14333897.jpg


e0222575_143352100.jpg


e0222575_1434576.jpg


e0222575_14341473.jpg



メヒア選手と談笑するバレンティン選手
e0222575_14342518.jpg


e0222575_14343882.jpg


守備練習を終え引きあげてきた川端選手
e0222575_14383768.jpg


川端選手は、球宴後の最初の試合で自打球を当て、右足の親指付け根にある舟状骨を骨折
再検査を受けた結果、8月中に復帰できるとの見通しだそうです。
e0222575_14385257.jpg


ベンチに戻る際に、取材を受ける山田選手 
カメラの前での取材は、開門後、私が中に入った時は既に終わっていたようです。
e0222575_1439436.jpg


e0222575_14391624.jpg


e0222575_14392785.jpg


e0222575_14393986.jpg


e0222575_1439484.jpg


NHKの杉浦アナの取材を受ける中村悠平捕手
e0222575_1440249.jpg


試合中より1枚 秋吉亮投手
e0222575_1452980.jpg



既出ですが再度掲載 試合後、オールスターに出場した6選手と真中監督、つば九郎との記念撮影
前に人がいて選手の顔が隠れたので、2枚で全員の顔が写っています。
e0222575_14412011.jpg


e0222575_14412838.jpg


来年は、ヤクルトからMVPが選ばれるといいですね。

by misty2011 | 2016-07-25 16:01 | 東京ヤクルトスワローズ

由規投手、1786日ぶりの復活白星おめでとう♪

ナゴヤドームで連勝した東京ヤクルトスワローズは、今日勝てば中日ドラゴンズを抜いて4位に浮上します。
3戦目の先発は、中日ドラゴンズがルーキーの小笠原慎之介投手、
ヤクルトは復帰2試合目の先発となる由規投手


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 由規投手が6回途中2失点の力投で1,786日ぶりの白星!!チームは3連勝で4位浮上!

ヤクルトはルーキ―の小笠原投手の前に3回まで、パーフェクトに抑えられます。

先制したのは中日。
3回裏、1死後、工藤選手がレフトへの2塁打で出塁すると、2死2塁から、
ビシエド選手にライトへタイムリーヒットを打たれ、1点先制を許します。
初回の打席ではスライダー攻めで空振り三振に仕留めたので、それでよかったのにと思いましたが、
打ちごろのストレートを投げタイムリーを打たれました。

直後の4回、先頭の大引啓次選手がセンターバックスクリーンに5号ソロホームランを放り込み
たちまち1-1の同点に!
昨年は大野投手キラーの大引選手が、今季はルーキー左腕から一発を放ち、プロの洗礼を浴びせました。

ヤクルトは5回、先頭の西浦選手が四球で歩くと、中村捕手がヒットで続き、
由規投手が送りバントを決め1死2、3塁。
小笠原投手の暴投で2-1とすると、大引選手がセンターへタイムリーヒットを放ち3-1

6回、中日は福谷投手に交代
先頭の山田選手がセンター前ヒット、雄平選手もヒットで続くと、
西田選手が送りバント決め1死2、3塁
つづく西浦直亨選手がライトフェンス際へのタイムリー2塁打を放ち5-1と突き放します。

その裏、由規投手は福田選手に四球、エルナンデス選手にセンターへの2塁打を打たれ、
無死2、3塁のピンチ。
このあと、堂上選手のショートゴロの間に3塁ランナーが生還して5-2

ここでヤクルトは由規投手から村中投手に継投
桂投手に四球を与えますが、代打のナニータ選手をピッチャーゴロ併殺打に仕留め3アウト。
村中投手の2塁への送球がそれましたが、大引選手が上手く捕って併殺を完成させました。

村中投手は7回も続投して無失点。
8回はルーキ投手が2安打されますが、エルナンデス選手の暴走もあって、無失点に抑えます。

3点リードで9回は秋吉亮投手が登板
三者凡退で締めゲームセット。
5-2で中日を下し、このカード3連勝で、中日を抜いて4位に浮上しました。

そして、由規投手が復帰2戦目で嬉しい今季初勝利をあげました。
2011年9月3日以来、1786日ぶりとなる復活の白星、おめでとうございます。

5年前の9月、神宮でその試合を観戦しました。
まさか、この日から5年もの歳月、由くんが離脱するとは夢にも思いませんでした。

2011年9月3日神宮 巨人戦 5年前最後の1軍登板
7回を投げ無四球で2失点と好投し2011シーズン7勝目 
途中、雨が降って中断があるなど長い試合でした。
e0222575_3304790.jpg


この後、肩を痛め、2013年には右肩のクリーニング手術、
そして長いリハビリを経て1771日ぶり、
2016年7月9日 神宮中日戦 1軍のマウンドに戻ってきた由規投手 この時は負け投手に
e0222575_142825.jpg


そして2016年7月24日 ナゴヤドーム中日戦で、1786日、5年ぶりの復活白星☆
この間、どれだけ苦しんできたか、私には想像できません。
投げられない辛い日々、本当に苦しかったでしょうね。
しかし、あきらめない強い気持ちで、今日までよく頑張ってきたと思います。

以前から書いていますように、私が2011年、このブログを始めたきっかけは由規投手でした。
しかし、その年の9月以降、今シーズンまで1軍で投げる姿は見ることができませんでした。
申し訳ないことに、ファンの私でも、もう由くんの復活は無理かなあとあきらめたことさえありました。

しかし、ヒーローインタビューでも話していましたが、
「こうして勝つことだけを考えてやってきた」と由規投手。
一途な強い気持ちでやってきたからこそ、今日の勝ち星につながったんでしょうね。
その思いが報われて本当によかったです。
復活の今季初勝利、おめでとうございます。

スタンドにはご両親も応援に駆けつけ、由規投手のピッチングを見守っていました。
ゲームセットの前から、復帰初白星に涙、涙でしたね・・・。

由くんは
「5年前みたいな勢い良く、力強いピッチングはできませんけど、今は一生懸命投げています」と、
今日のピッチングを振り返りました。

確かにスピードも平凡で、コントロールも不安定なところが出ました。
中日打線だから抑えられたというのはあったかもしれません。
ただ、勝ちたいという強い気持ちで、何とか踏ん張り2失点にまとめたように思います。

打線も効果的に援護しました。
大引選手がソロホームランとタイムリーヒットの2打点
西浦選手が、ライトフェンス際への長打、タイムリー2塁打で2打点と活躍。

由くんを継いだ村中投手も、ピンチを何とか無失点で抑え、ルーキ、秋吉投手も0点に抑え、
由規投手の勝ち星をきっちり守りました。

なお、5回バレンティン選手のバットが頭を直撃して倒れ込み、流血までして、
負傷交代した杉山翔大捕手が心配でですね。
どうか大事に至ってないことを祈ります。申し訳ないことをしました。

バレンティン選手、これよくやるんですよね。
やられた方はたまったもんじゃありません。避け方がどうのこうのの問題じゃないでしょ。
危ないから、バットから手を離して振り回すのはやめさせるよう、誰か注意してほしいものです。
由くん白星の嬉しい試合でしたが、このことはちょっと後味が悪かったですね・・・。
報復ではないと思いますが、8回には山田くんの顔付近に危ないボールがきました。


最後に、今日の山田くんは3打数1安打1四球1得点
6回には先頭でヒットで出てチャンスメイクし、そのあと、西浦選手のタイムリー2塁打でホームインしました。
次のカードでは、そろそろ一発が見たいですね・・・。

由規投手の復活星で、ヤクルトは中日に3連勝して4位に浮上。
いい流れのまま連勝を続けて、さらに上を目指したいですね。
今日の勝利は、チームに勇気と明るい希望をもたらしてくれたことでしょう。


by misty2011 | 2016-07-24 20:15 | 東京ヤクルトスワローズ

山中好投も、また勝ち星つかず残念!延長10回山田ラッキー内野安打が決勝打!

ナゴヤドーム初戦は、西浦選手に自身初となる満塁ホームランが飛び出し、試合を決めました。

2戦目の先発は、東京ヤクルトスワローズが山中浩史投手、中日ドラゴンズは吉見一起投手


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 延長10回に山田選手が勝ち越しのタイムリー内野安打!先発・山中投手は8回1失点の好投!

先制したのはヤクルト
2回、先頭の山田選手がセンター前ヒットで出塁し、2盗に成功!これで23個目
際どいタイミングながらスライディングが抜群に上手かったですね。
つづく雄平選手もセンターへのヒットで無死1、3塁。
ここで、今浪選手がレフトへ犠牲フライを運び、ヤクルトが1点先制!
最低限をサラッとやってくれる今浪選手、さすが頼りになります。

3回には2死後、坂口、バレンティン選手がヒットで2死1、2塁も、山田選手がショートフライに倒れ、
追加点ならず。

その裏、山中投手は1死後、大島選手にライトへの2塁打を打たれ、
2死3塁から、平田選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ1-1の同点に。

このあと、両投手の好投で得点が動きません。
圧巻だったのは、4回2安打され無死1、3塁のピンチで、
山中投手は、後続を三者連続三振に斬って取る気迫のピッチングで切り抜けました!

1-1のまま、中日は8回から何と抑えの田島投手を投入
9回まで続投で、2イニングを0点に抑えられます。

山中投手は8回まで投げ、8安打されますが、粘り強く投げ、わずか1失点。
9回裏はルーキ投手が登板し、無失点に抑え、延長に入ります。

10回表、中日は祖父江投手が登板
先頭・代打の三輪ちゃんがヒットで出塁。
大引選手の送りバントは杉山捕手の悪送球で無死1、2塁とチャンス拡大。
坂口選手も送りバントをしますが、こちらは3塁フォースアウトで1死1、2塁。
バレンティン選手はピッチャーゴロで、ランナーがそれぞれ進塁して2死2、3塁。
ここで、山田選手がピッチャーのグラブを弾くタイムリー内野安打で、ヤクルトが2-1と勝ち越します。
グラブに当たっていなければ、あるいは内野ゴロでアウトになっていたかもしれませんが、
ラッキーな勝ち越し打となりました。

このあと、中日は岩瀬投手に継投
雄平選手もショートへのラッキーなタイムリー内野安打で3-1と2点差に。
この回、中日に細かいミスが続出し、それが勝ち越し点につながりました。

その裏、2点リードで秋吉投手が登板
先頭の大島選手に2塁打を打たれますが、後続を打ち取りゲームセット。
ヤクルトが延長の末、3-1で下し、4位の中日とは0.5ゲーム差となりました。

勝ち投手は9回にリリーフしたルーキ投手で、5勝目をあげました。おめでとうございます。

8回1失点と好投した山中投手は、援護が1点しかなく、今日も勝ち星はつきませんでした。
山中投手が投げる試合は、好投すれども援護に恵まれず、いまだに3勝7敗とは気の毒すぎます。
今日の勝ち星は、勝ち投手にふさわしい山中投手にあげたかったですね。
それが残念でなりません。

次回こそ、山中投手が投げている間に、もっと援護点をプレゼントしてください。
野手の皆さん、お願いします。
いま、安定感では実質ヤクルトのエースでしょ!
今日は自らヒットも打ちましたが、得点に至りませんでした。

写真はキャンプブルペンより
e0222575_16172493.jpg




決勝打となるラッキー内野安打の山田くんは、形はどうであれ、タイムリーヒットになってよかったです。

2回は先頭でヒットで出塁し2盗成功させ、
3塁へ進んだあと、今浪選手の犠牲フライで先制のホームを踏みました。
やっぱり打者としての適性は、チャンスメイクのバッターなんでしょうね。
3回のチャンスにはショートフライに倒れ、
6回は一度もバットを振ることなく見逃し三振に倒れました。
それだけに、最後に内野安打とはいえ決勝タイムリーが出てよかったです。

今日の試合を見ても、やはり本調子ではありませんが、結果的に勝利に導けたのは何よりです。
自身も、会心の打撃ではなくヒーローインタビューに立ったのは不本意だったかもしれませんが、
まあ、今日は、疲労困憊の中、休むことなく頑張っている山田くんへのご褒美だったと
受け取っておきましょう。
今日のラッキーな決勝打で気分をよくして、明日につながるよう期待します。

凡退した打席では、あからさまに外、外と攻められていたので、
最初からそれを狙うつもりで、もっと積極的にバットを振ってほしかったですね。
明日も同じような配球をされると思います。
そんな簡単にはインにストレートは投げてこないでしょう。

明日は、復帰後2回目の先発となる由規投手と、中日はルーキーの小笠原投手の投げ合いとなります。
連勝のあとを受けて、3連勝目指して好投を祈ります。

by misty2011 | 2016-07-23 20:04 | 東京ヤクルトスワローズ

館山今季初勝利☆6-3、バレ18号ソロ&西浦3号満塁弾

梅雨空のつづく東京を離れ、今日から東京ヤクルトスワローズは、
ナゴヤドームで中日ドラゴンズとの3連戦

先発は中日がバルデス投手、ヤクルトは館山昌平投手
スタメンファーストはジェフン選手、サードは西浦直亨選手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 先発・館山投手が5回2失点で今季初勝利!西浦選手は自身初の満塁打!!

初回、大引選手がヒット、坂口選手は四球で出塁。
バレンティン選手は三振に倒れますが、山田選手は脚に死球を受け1死満塁となります。
ここで、雄平選手がレフトへ犠牲フライを運び、ヤクルトが1点先制!

3回には先頭のバレンティン選手が18号ソロホームランを放ち2-0
山田くんは、レフトフェンス直撃の、あとちょっとでホームランの惜しい当たりの3塁打で出塁。
しかし、後続が3人が凡退して追加点ならず。
今年のヤクルトは、こういうケースでベンチは無策、打者も工夫なく凡退することが目立ちます。

館山投手は3回まで中日を0点に抑えます。
4回、先頭の平田選手に四球を与え、ビシエド選手は三振に仕留めますが、
ナニータ選手の1塁ゴロをジェフン選手が弾いて1塁のみアウト。
2死2塁から、福田選手に1塁横を抜けるライトへのタイムリーヒットを打たれ2-1

追加点が欲しいヤクルトは5回、坂口選手がヒット、1死後、山田選手は四球を選び
2死後、ジェフン選手も四球で歩き2死満塁のチャンス。
ここで、西浦選手がレフトスタンドへ3号満塁ホームランを放り込み6-2と突き放します。
謎の長打力を最高の形で発揮しました。ナイスホームラン!!
館山投手にとって大きな援護となりました。

その裏、館山投手は、エルナンデス選手に2塁打を打たれると、
平田、ビシエド選手に連続四球で1死満塁のピンチ。
つづくナニータ選手に犠牲フライを運ばれ6-2となります。

6回からは継投に入り、村中投手が無失点に抑えます。

7回は平井諒投手が登板し、平田選手に2塁打を打たれ、
2死3塁からナニータ選手にレフトへタイムリーヒットを浴び6-3
平井投手は、復帰直後ほど腕が振れなくなってきているのが気がかりです。

8回はルーキ投手が無失点に抑えます。

この間、ヤクルトは中日のリリーフ陣、山井-福谷-伊藤準規投手の前に得点できません。

3点リードで9回裏は秋吉投手が登板
1番からの打順を三者凡退に抑えゲームセット
ヤクルトが6-3で中日を下しました。

館山投手は5回2失点で今季初勝利、おめでとうございます。
4、5回には2四球ずつ与えるなど、まだ制球が安定しませんが、
何とか踏ん張って2失点に抑えました。

今日は何と言っても、勝利を決定づけた西浦選手のグランドスラムが効きましたね。
バッティングに粗さはありますが、この長打力は魅力のひとつです。
サードの守備は今日は無難にこなしました。

3号グランドスラムは今季チーム初の満塁弾! 写真はキャンプより 西浦直亨選手
e0222575_23325465.jpg



試合には勝ちましたが、一つ不満があるとすれば、ジェフン選手のファーストスタメン起用ですね。
やっつけで1塁を守りましたが、エラーこそないものの、併殺がとれる場面でとれず、
2塁にランナーを残し、そのあとタイムリーを打たれました。
連係プレーもハラハラしました。
本職は外野なので、1塁で使うのは勘弁してほしいですね。
打撃の方も、どのボールも同じように振り回すだけのように見えました。
ファーストスタメンで使うほどのレベルではないように思います。

しかも今日は、5番以下が、雄平、ジェフン選手と並べる打順は、全くセンスを感じませんでした。
誰がこのオーダーを組んだんでしょう!?

1塁は西田選手を捕手として使わないのであれば、西田選手か今浪選手の併用でいいと思いますけどね。
サードは、西浦選手が今日は結果をだしたので、今浪選手との併用になるでしょうね。

また、ベンチに信頼がないようですが、
たまには西田捕手をスタメンマスクで起用してもいいんじゃないでしょうか?
中村捕手の打撃が一向に上がりませんからね。

今日の山田くんは、2打数1安打2死四球でした。
フェンス直撃の打球は、神宮ならという当たりで惜しかったですね・・・。
今日、また筒香選手が菅野選手からホームランを打ったので、これで2本差となりました。
【追記】その後、延長でサヨナラホームランを放ち1本差・・・。
これで3試合連続マルチホームランとな!!ちょっと凄すぎ!
あちらは止まりませんね・・・。ま、そのうち落ちてくるとは思います。

最近は、山田くんは危ない死球がまた増えてきてドキッとします。
とにかく、ぶつけられてケガだけはしないよう願っています。

守備は、今日は随所に好プレーがあって軽快でした。
3塁打の時の走塁を見ると、やはり足はまだ万全の状態からはほど遠いようですね。
それでも、懸命に走って3塁まで行ったのに、後続3人が何もできず、走り損になりました。
こういうところで、何としても1点を取る野球をしてほしいものです、真中監督!

明日は山中投手の先発なので、連勝を期待しましょう。

by misty2011 | 2016-07-22 22:24 | 東京ヤクルトスワローズ