Out of focus ~Baseballフォトブログ~

勝ち継投の杉浦&石山打たれ星くんの初勝利消える★4-7、雄平今季1号ソロ3安打猛打賞

東京ヤクルトスワローズは、昨夜は雨の中、小川泰弘投手がカープ打線を力でねじ伏せ、
7回降雨コールド1-0で完封勝利を挙げました。

広島カープに3連勝となるでしょうか!?
今日の先発は、ヤクルトがオーレンドルフ投手、広島は九里亜蓮投手
スタメンオーダーは、中村捕手が6番に上がり、西田選手が7番に。
やっとそうしましたが、動くのが遅いんだわ。

選手公示では、村中投手と山崎選手が下がり、近藤投手と山本哲哉投手が昇格しました。
村中投手はなぜ??もしかして先発調整?


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 雄平選手の1号ソロで一時勝ち越しも、逆転許し3連勝ならず…

初回、立ちあがりが課題のオーレンドルフ投手は、田中広輔選手に粘られセンター前ヒットを打たれます。
菊池選手はセカンドフライ、丸選手は四球で1死1、2塁
新井選手は空振り三振、鈴木選手はレフトフライに打ち取り無失点で切り抜けます。

その裏、ヤクルトは2死後、山田選手がライト前ヒット出塁。
本来のバッティングではないですが、第1打席でヒットが出ると、ほっとします。
山田くん、走って~の思いは届かず、バレンティン選手はサードゴロで3アウト。

2回2死後、オーレンドルフ投手は會澤捕手を四球で出します。
九里投手には、とんでもないボール球が続き、連続四球で2死1、2塁
何をやってんだか・・・。ノーコン過ぎて
トップに戻り、田中広輔選手に左中間へのタイムリー2塁打を浴び、二者生還して0-2となる間に、
田中選手は3塁へ進みます。
菊池選手はサード前のセーフティスバントを決め0-3
このあと、菊池選手に2盗を許し2死2塁。
カープは各選手が常に次の塁を狙っています。こういうところはホントに抜け目ないですね。
丸ちゃんは抑え3アウト。しかし3点先制され、苦しい展開となりました。

その裏、雄平選手がサード前の内野安打で出ます。
中村悠平捕手は、ライトへのヒットで無死1、3塁
つづく西田選手が初球を捉え、3塁線を破るタイムリー2塁打で1点かえして1-3
なおも1死2、3塁で、大引選手はショートゴロで、3塁から中村捕手が生還して2-3

1死3塁で、ヤクルトは早くもオーレンドルフ投手を引っ込め代打・大松選手
しかし、ピッチャーフライに倒れ2死3塁
坂口選手はレフト前タイムリーヒットで、あっという間に3-3の同点に!ナイスバッティング♪
荒木選手は空振り三振で3アウト。

ヤクルトは3回から星知弥投手が登板
あら、こういう展開で投げさすとは、知りませんでした。
新井、鈴木選手は打ち取り2死後、松山選手にセンター前ヒットを打たれますが、
安部選手をセカンドフライに打ち取り3アウト。

その裏、先頭の山田選手はレフトフライ。
本調子ならスタンドインになる当たりも、体が前に突っ込むのが早くて打球が伸びません。
まだまだです。
バレンティン選手三振後、雄平選手が今季1号ホームランをライトスタンドに放り込み、
4-3と勝ち越します。
やった~~雄平選手に待望の一発が!

e0222575_21123898.jpg



1点リードの4回、星投手は先頭の會澤捕手にセンター前ヒットを打たれますが、
九里投手の送りバントを素早いフィールディングで2塁フォースアウトで1死1塁。
しかし、田中選手にもセンターへヒットを打たれ、九里投手の激走で1死1、3塁。
菊池選手はいい当たりもセカンドライナーで、
山田選手が3塁へ送球して飛び出した九里投手がアウトとなり、ダブルプレーで3アウト!
星投手、このピンチを無失点で切り抜けます。
山田くん、落ち着いたナイスプレーでした。今日も「守備の人」でチームを救います。

その裏、ヤクルトは2死後、星投手がセンター前にプロ初ヒット!
打つ方もイケるじゃないですか!?
しかし、坂口選手がサードゴロで3アウト。

5回、星投手はカープのクリーンナップを三者凡退に抑えます。

e0222575_21161165.jpg


その裏、先頭の荒木選手がセンター前ヒット
山田選手はサードゴロで2塁フォースアウトとなり1死1塁。ダブルプレーにならなくてほっ…
しかし、1塁への走塁は山田くんにしては遅いですね。最後は流した感じで間一髪のセーフでした。
足でも痛めてる??今度こそ走れ~!!と思ったら、バレンティン選手は四球で1死1、2塁

ここで、広島は飯田哲矢投手に交代
雄平選手はショートゴロも、バレンティン選手の好走塁で2塁セーフ!内野安打となり1死満塁
雄平選手3安打猛打賞でにこにこ。
広島は中田廉投手に交代し、1死満塁から中村悠平捕手はキャッチャーファールフライで2死満塁。
西田選手は見逃し三振で、追加点ならず。
ヤクルトにとって、満塁のチャンスはピンチになるのがデフォなんですかね・・・。

6回も星投手は続投
1死後、安部選手にヒットを打たれ、中村捕手のパスボールで1死2塁のピンチ。
會澤捕手はセカンドゴロで2死3塁。
ここで、カープは代打・エルドレッド選手
センターへの大飛球も、坂口選手がフェンス前で捕って3アウトチェンジ。危なかったですね…。

その裏、広島は一岡投手が登板
先頭の大引選手がライト前ヒット
代打の西浦選手は送りバント失敗で1死1塁
坂口選手は捕邪飛で2死となり、荒木選手はレフトフライで3アウト。

1点リードの7回、ヤクルトは杉浦稔大投手が登板
サードに西浦選手が入ります。
まずは、ここまで3安打の田中選手を空振り三振に仕留めます。
菊池選手も空振り三振。
ほれぼれするストレート、伸びが凄い!
と思った直後ガ――ン、丸ちゃんにフルカウントからレフトスタンドへソロ弾を運ばれ4-4の同点に。
星投手の初勝利が消えました。あちゃ・・・

このあと、新井選手を空振り三振に仕留めで3アウト。なんとも勿体ない被弾でしたね。

その裏、広島は一岡投手が続投
先頭の山田選手は四球で歩きます。打てないので、これしかありません。
四球前の1球はストライクくさかったので、儲けもん!
バレンティン選手はセカンドゴロ併殺打、雄平選手はファーストゴロであっさり3アウト。
普通に走れる状態なら、やっぱり山田くんが走らなきゃ。
今日は走る素振りを見せなかったのが、ちょっと気になります。

8回、ヤクルトは石山泰稚投手
先頭の鈴木選手はサードゴロを一瞬弾き、1塁送球はアウトのタイミングも、
ファースト西田選手がこぼしす捕球ミスで無死1塁。
荒木選手を引っ込めず1塁に回しておけばと…
松山選手はセンターへのヒットで無死1、2塁。これはマズい。
つづく安部選手の送りバントを、石山投手がサードへ送球も、
セーフとなるフィルダースチョイスで無死満塁の大ピンチ。

會澤捕手は空振り三振も、代打の西川選手に右中間へのタイムリー2塁打を浴び4-6
田中選手にはライトへタイムリーヒットを打たれ4-7
カープは相手エラーからの満塁から一気に畳みかけて来ますね・・・。
1死1、3塁となり、田中選手が2盗して1死2、3塁。菊池選手は1塁邪飛で2死となり、
丸選手は空振り三振で、ようやく3アウト。しかし、石山投手が打たれました。

8回裏、広島のジャクソン投手の前に、ヤクルトは三者凡退

9回、ヤクルトはルーキ投手
新井選手からの打順を3人で片付けます。

3点を追うヤクルト9回裏、広島は今村猛投手が登板
先頭の西浦選手は空振り三振後、
坂口選手は振り逃げで出塁
代打・鵜久森選手は3球三振
坂口選手が2盗後、山田選手は四球を選び1死1、2塁。よく選びました。
打てないながら、いいつなぎをしました。
しかし、バレンティン選手はセカンドゴロでゲームセット。

ヤクルトはカープ3タテならず、4-7で敗れました。

先発のオーレンドルフ投手が、とにかく先発としては全く責任が果たせませんでした。
制球が悪く四球が多すぎます。
こんな試合ばかりが続くので、もう見切ってもいいでしょうね。

星投手は、ピンチがありながらもよく抑えました。
初ヒットも打って、勝っていればプロ初勝利で万々歳でしたが、そう上手く事が運びませんでした。

誤算は、勝ちパターンの杉浦、石山投手が打たれて負けたことですね。
これは痛いすぎます。
杉浦投手は、球が走っていただけに、フルカウントから首を振ってストレートを投げましたが、
丸ちゃんに読まれていたんでしょう。
石山投手は、先頭をエラーで出し、自らのフィルダースチョイスも合って、そのあと打たれました。
特に、伏兵の西川選手に打たれたのが悔やまれます。

今シーズンは打てない以上に、ミスが多くて、ことごとく失点につながっています。
こういう野球をやっていたら、なかなか浮上できないでしょうね。
一体、キャンプで何をやっていたのと聞かれたら、
練習はやっていますが、選手個々のレベルアップのための肝心の練習をやってないので、
特に何も…としかキャンプを見てきた私は答えられません。

打線は、雄平選手が3安打猛打賞、今季1号ホームランを打ってノリノリでした。
その他の選手は1日1善で計10安打
タイムリーを打ったかと思うと、その後は、あっけなく凡打や三振などで続きません。
山田選手は初回にヒットを打っただけで、3打数1安打2四球で3回出塁も盗塁はなし。
打率が低いので、これでも1日1安打すると打率が上がるのが、何とも・・・。
バッティングの状態は一向に上がってきません。
その分、守備で貢献しています。
「守備の人」もいいですが、早く「打の人」になってほしいです!

それから、3、4番の今の並びはどうなんでしょう?
私は昨年から、大いに反対していて、今季もそうです。
今は、特に山田選手が不調なので、つながりませんが、
この3、4番は、あうんの呼吸ってもんがありません。
もういっそのこと、雄平選手を4番にしてほしいくらい。
また、現状の山田選手なら、下位か1番くらいしかなさそうですね。
ランナーがいて山田くんに回ってきても、ファンの私から見ても打てそうな雰囲気が全くしません。

杉村コーチは暖かくなれば調子が上がると、えらく楽観的なのが、私はどうも信じがたいですが。
ホントにこのままで調子が上がるんでしょうか???

明日は試合がないので、つかの間の安息日です。

# by misty2011 | 2017-04-23 22:30 | 東京ヤクルトスワローズ