Out of focus ~Baseballフォトブログ~

3/22オープン戦vs西武☆5-4、畠山和洋選手が決勝ソロ弾!

東京ヤクルトスワローズは、今日は神宮で埼玉西武ライオンズとのオープン戦

WBC準決勝終了後、途中からフジONEの中継を見ました。
神宮は快晴も風が強く吹いていました。

先発は、ヤクルトが山中浩史投手、西武はガルセス投手

試合経過は ニッカンスコア

初回、山中投手はヒットと盗塁で1死2塁となりますが、後続を打ち取り無失点。

その裏、ヤクルトは先頭の西浦選手がセンターへのヒット、
1死後、鵜久森選手が1塁ファンブルエラーで1死1、3塁から、
雄平選手が、センターへタイムリーヒットを放ち1点先制!
畠山選手は四球で1死満塁となり、荒木選手は押し出しの死球で2-0
大引選手のライトへのタイムリーヒットで3-0
幸先よく、初回に3点奪います。

2回、山中投手は1死後、栗山選手にヒット、このあと自身の悪送球で1死1、2塁から、
中田捕手にライトへタイムリー2塁打を浴び3-1
2死後、田代選手に2点タイムリー2塁打を打たれ3-3の同点に。
さらに、斎藤選手にもタイムリーヒットを打たれ3-4と逆転されます。

4回、大引選手がレフトへヒット、中村捕手は四球を選び、山中投手が送って1死2、3塁。
ここで、西浦選手がライトへ犠牲フライを運び4-4の同点に追いつきます。

山中投手は5回を投げ、8安打と打たれ4失点も自責は0(自身のエラー)

6回からヤクルトは平井諒投手が登板
先頭の山川選手の打球がグラブを持った左手首付近に当たり、センター前ヒットとなります。
平井投手はベンチに下がり、そのまま負傷交代となり、ギルメット投手がマウンドに。
大事に至らなければいいですね。

中田捕手が送って1死2塁となり、源田選手は四球で1死1、2塁も、
ギルメット投手は、田代選手をセカンドゴロ併殺打に打ちとり得点を許しません。

その裏、西武は福倉投手に交代
2死後、代打の榎本葵選手がライトへヒットを打ちますが、西浦選手が倒れ3アウト。

7回、ヤクルトは星知弥投手が登板
先頭を四球で出しますが、中村捕手が2盗を刺します。
しかし、浅村選手にも四球を与え1死1塁でおかわり中村くんを迎えます。
ライトへ大飛球を運ばれますが、雄平選手が捕って2死1塁。
木村選手はショートゴロで3アウト。

その裏、先頭の坂口選手がレフトへのヒットで出塁も、
1死後、雄平選手のセカンドゴロ併殺打で3アウト。

8回はルーキ投手。3人でぴしゃりと抑えます。

その裏、西武はシュリッター投手が登板
先頭の畠山和洋選手がライトスタンドへ1号ソロホームランを放り込み5-4と勝ち越します。
ハタケに待望の一発が飛び出しました。

写真は沖縄浦添キャンプより畠山和洋選手
e0222575_12191393.jpg


荒木選手もヒットで続き、暴投で2塁へ進みます。
1死後、グリーン選手は四球で代走は三輪ちゃん
しかし、代打の飯原選手、1番・西浦選手も倒れ3アウト。

1点リードで、9回は石山泰稚投手-西田明央捕手のバッテリーに交代
1死後、田代選手にショート内野安打を打たれますが、後続を抑えゲームセット。

ヤクルトが5-4で西武ライオンズを下しました。

最初の方を見てないので、何とも言えませんが、
山中投手は5回8安打と今日のように打たれる試合もありますが、四球は0と自滅はしません。
リリーフ5投手は無失点で抑える好投。星投手は、2四球がちょっと反省点。

打つ方は、何と言っても畠山選手の勝ち越し決勝弾が良かったですね。
待ちに待ったハタケらしい右への一発でした。
これで調子がグーンと上がることを期待しています。

あと、トップバッターの西浦選手は1安打ながら、きっちり犠牲フライを打って1打点。
下位では大引選手がマルチヒット1打点と活躍しました。
また、代打で登場の榎本葵選手が、今日もヒットを打ってアピール。
楽しみな外野手です。

これで、山田選手とバレンティン選手、秋吉投手がWBCから戻ってくるので、
戦力はさらにアップすることでしょう。
ケガなく無事にチームに戻れることが何よりよかったです。
あっ、ココちゃんの足はどうなんでしょう?

今日はWBCの準決勝戦がありましたが、
神宮で応援した熱心なヤクルトファンの皆さん、ヤクルトが勝ってよかったです。

# by misty2011 | 2017-03-22 16:17 | 東京ヤクルトスワローズ