Out of focus ~Baseballフォトブログ~

【6/4神宮観戦】9回4点差から山田7号2ラン&バレ激走&グリーン適時打&相手失策で同点も延長ドロー

今日は久しぶりに神宮に行ってきました。
初夏のデーゲーム、強い日ざしの中、終盤、思わぬ熱い戦いとなりました。

先発の星知弥投手は、メヒア選手に満塁弾を浴びるなど5回6失点
ヤクルトは、4回にバレンティン選手の9号ソロ、
5回には、代打・大松尚逸選手のタイムリーヒットで2-6としますが、
2番手の成瀬善久投手が、6回、中村おかわりくんに12号2ランホームランを浴び2-8となります。

もはや負けと思った8回、
今日1軍昇格したグリーン選手が2点タイムリー2塁打を放ち4-8と4点差

そして9回、怒涛の反撃で4点奪い、土壇場でついに8-8の同点に追いつきます。
このあと延長に入り、両チーム得点なしで、延長12回引き分けとなりました。

写真の整理に時間がかかるので、先に9回、4点ビハインドから同点に追いついた場面と、
延長12回までの写真を並べます。
初回からの試合の様子は、このあと準備出来次第、アップします。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 終盤追い上げ土壇場で同点!延長12回、勝ち越し点は奪えず引き分け

4-8で迎えた9回、西武ライオンズはクローザーの増田達至投手が登板
e0222575_20231138.jpg


正直、私は負けたと思って帰り支度をしていました。
先頭の藤井亮太選手がセカンドゴロで1死となります。
代打の荒木貴裕選手が、右中間への3塁打を放ちます。ナイスバッティング!
e0222575_20254892.jpg


トップに戻って、今日まだヒットがない山田哲人選手
1ボール2ストライクから、高め150キロのストレートを捉え、
右中間スタンドギリギリに飛び込む7号2ランを放ち6-8と2点差に!
e0222575_20362347.jpg


e0222575_20363262.jpg


e0222575_20364390.jpg


e0222575_20372126.jpg


e0222575_20373086.jpg


e0222575_20373982.jpg

打った瞬間は、普通のライトフライかと思いましたが、意外と伸びました。
右方向へ少し風が吹いていましたが、ヤクルトファンの大きな声援が後押ししたのかもしれませんね。
一日一善のヒットが、2ランとなりました。
チャンスで打てない打席があったので、とにかくホームランが出てよかったです。

反撃はこれだけでは終わりませんでした。
坂口選手が倒れ2死となりますが、
バレンティン選手がファールで粘って、
e0222575_20402029.jpg


9球目を打ってショート内野安打
e0222575_20403085.jpg


1塁へ激走しました。
e0222575_2041135.jpg

しかし、脚を痛めたようです。右ひざの裏とのことです。

トレーナや、三木ヘッドが出てきて、交代となります。
e0222575_204201.jpg


e0222575_20421245.jpg


代走が鵜久森選手にえっ!?と思いましたが(笑)。
続く4番・雄平選手がレフトへのヒットを放ち、
e0222575_20442915.jpg


1塁で嬉しそうな雄平選手 今日3安打猛打賞
e0222575_20443757.jpg


レフト金子侑選手がファンブルする間に、鵜久森選手が好走塁で3塁まで進みます。
e0222575_20444665.jpg


つづくグリーン選手がライトへタイムリーヒットを放ち7-8と1点差
e0222575_20462867.jpg


グリーン選手も3安打猛打賞で、8回の2打点と合わせて3打点の大活躍!

1軍昇格で即結果を出し、ヤクルトの起爆剤となりそうで楽しみです。
8回には2塁から3塁へタッチアップしてセーフになるなど、思ったほどの鈍足ではありませんでした。
少しスリムになった効果でしょうか?
e0222575_20464018.jpg


代走は西浦選手
e0222575_2046514.jpg


2死1、3塁となり、大引選手はショートゴロも、これを源田選手が1塁へ悪送球して
3塁から鵜久森選手がホームインして、ついに8-8の同点に!
e0222575_2054218.jpg


e0222575_20541217.jpg


なおも2死1、3塁で、一打サヨナラの場面でしたが、
中村悠平選手はセンターフライで3アウト、同点どまり。

10回は秋吉亮投手が登板 三者凡退に抑えます。
e0222575_2057955.jpg


その裏、西武は牧田和久投手が登板 三者凡退
e0222575_20571823.jpg


11回はルーキ投手
四球でランナーを出しますが、0点に抑えます。
e0222575_20582364.jpg


11回裏は牧田投手が続投で三者凡退に抑えられます。
さすが侍ジャパンの守護神・牧田投手は打てそうもありませんでした。

12回表は近藤一樹投手 3人で片付けます。ヤクルトの負けはなくなりました。
跳ねるような躍動感ある近藤投手 とにかく投げっぷりがいいですね。
e0222575_2102771.jpg


その裏、西武はシュリッター投手
e0222575_2124348.jpg


1死後、大引選手が四球で歩きます。
e0222575_213565.jpg


2死後、藤井選手が内野安打で出塁。2死1、2塁のサヨナラの場面となりますが、
e0222575_2132294.jpg


e0222575_2133134.jpg


最後は、荒木選手がショートゴロに倒れゲームセット

延長12回、8-8の引き分けに終わりました。
e0222575_2153652.jpg


7回までに2-8と6点差ありながら、終盤の8回、そして9回土壇場でよく追いついきました。
あきらめかけたところからの同点で、9回は大興奮、見ていて久しぶりに面白かったです。
欲を言えば、9回同点から一気にサヨナラにもって行きたかったですね。

9回は、代打・荒木選手の3塁打から反撃開始。
山田哲人選手が2試合連続となる7号2ランで4点差まで追い上げ、
バレンティン選手の執念のファールと激走、雄平選手のヒットが外野エラーを誘い、
グリーン選手が1点差に迫るタイムリーヒット、そして大引選手のショートゴロを、またも西武がミス
西武が、ヤクルトの怒涛の追い上げに焦ったかのようにミスを重ねました。
相手にしてみれば、まさかの同点でしょうね。

グリーン選手の昇格がチームの起爆剤となり、終盤はチーム一丸となった戦いができました。
淡々と終わるのではなく、こういうのを見たかったですよね。
グリーン選手が、これからもチームに勢いをつけてくれることを願っています。
勝てませんでしたが、次のカードにつながる終盤の戦いぶりでした。

最後に、山田選手は2試合連続ホームランを打ちましたが、本塁打以外の打席では、
相変わらずよくなく、調子が上がってくるのかどうなのか、まだ判断できかねます。
ただ、今日は同点に追いつくきっかけとなった一発だったので、
精神的に少しでもラクになれていたらいいなあと思います。

取り急ぎ、9回から12回までの写真をアップしました。

# by misty2011 | 2017-06-04 21:35 | 東京ヤクルトスワローズ