Out of focus ~Baseballフォトブログ~

館山、西武クリーンアップに3被弾、中継ぎも打たれ大敗★2-11、山田11試合ぶり6号2ラン

交流戦4連敗となり、いまだ勝ち星がない東京ヤクルトスワローズ
しかも、毎度同じような逆転負けを喫しています。

西武ライオンズとの2戦目の先発は、館山昌平投手と佐野泰雄投手
ヤクルトのスタメンオーダーはは前日と同じ


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 山田選手が6号2ランも、投手陣が踏ん張れず…打線も追加点奪えず5連敗

初回1死後、館山投手は源田選手を四球で出し、2盗を許します。
秋山選手は三振、浅村選手はセカンドゴロ。山田選手の好守もあって無失点に抑えます。

1回裏、山田選手はショートゴロ。また全力疾走を怠っています。
いくら不調でも、この点に関しては、私は擁護できません。
今シーズン、何度も見るシーンですから。
ベンチも注意すべきですが、見てみぬふり。この辺にもチームのたるんだ様子が伺えます。
アウトになるのはわかっていても、足が悪くない限りは、やはりきちんと走らないと。
打てないんだから、せめて一生懸命さは見せてほしいです。

坂口、バレンティン選手も倒れ三者凡退。

2回、館山投手は先頭の中村剛也選手に11号ソロホームランを浴び1点先制されます。

その裏、先頭の雄平選手がレフト前ヒットで出塁も、大引選手はショートライナーで、
雄平選手が1塁へ戻れずダブルプレーで2死ランナーなし。
このあと、荒木選手がレフト前ヒットで出塁も、今度はけん制タッチアウトで3アウト。
こんなことをしていたら、また真中監督に干されますよ。
う~ん、冗談のような見事なチグハグ攻撃。

3回1死後、金子侑司選手がレフト前ヒットも、中村捕手が2盗を刺します。
このあと、源田選手の膝裏に死球をぶつけます。有望新人にぶつけて申し訳ありません。
ベンチで手当てを受け出てきたので、ほっとしました。
このあと秋山翔吾選手がレフトスタンドへ11号2ランホームランを放り込み、0-3となります。
つづく浅村栄斗選手に6号ソロホームランを打たれ0-4
西武クリーンアップそろい踏みとなりました。1本ぐらいヤクルトに分けてほしい…
今日は、もう逆転負けはなさそうですね。

その裏、先頭の中村捕手がセンター前ヒット、西浦選手の送りバントで1死2塁。
代打・比屋根選手は空振り三振
山田選手は痛烈なファールが福地コーチに当たったあと、
フルカウントから、レフトスタンドへ6号2ランホームランを叩き込み2-4とします。

待望の引っ張っての一発でした。打ったのは甘いチェンジアップ。
スローで見ると、やはりホームランを打った時のフォームはいいですね。
今日の一発をきっかけにしてほしいです。
ただ、左腕の変化球だったので、
インコースのストレートを引っ張って打てるようになるまでは、まだまだ何とも言えません。

ベンチに引きあげた際、山田くんは福地コーチに謝っていました。 
写真は5月11日神宮での福地コーチと山田くんのツーショット
e0222575_1705195.jpg


このあと、坂口選手がライトへの2塁打で続きますが、バレンティン選手が倒れ3アウト。

4回、ヤクルトはギルメット投手が登板
先頭のメヒア選手を四球で出し、1死後、佐野投手の送りバントで2死2塁。
金子侑選手は、叩きつける内野安打で2死1、3塁から、すかさず2盗して2死2、3塁
つづく源田選手がライトへタイムリーヒットを放ち、二者生還して2-6

しかし、西武は監督が辻さんに代わっただけで、
チームが引き締まって、大味な野球からソツのない攻めができるようになりました。
走攻守に大活躍のルーキー源田壮亮選手の加入も大きいですが、守りもすっかり改善されました。
ヤクルトもはよ!

その裏、大引選手が四球、中村捕手がヒットも、後続が倒れます。

5回2死後、ギルメット投手は、メヒア選手にレフトへの2塁打を打たれます。
岡田選手敬遠後、佐野投手にライトへヒットを打たれ2死満塁
このあと、金子侑選手には押し出しの四球を献上して2-7

その裏、先頭の代打・鵜久森選手がレフトへのヒットで出塁
山田選手は当たりはまずまずもライト正面のライナー。
坂口選手はセカンドゴロ併殺打で3アウト。

6回、ヤクルトは5点ビハインドで石山泰稚投手が登板
先頭の秋山選手がセンターへのヒットで出塁
2死後、外崎修汰選手にライトオーバーのタイムリー2塁打を浴び2-8

その裏1死後、雄平選手がサード内野安打で出塁も後続が倒れます。

7回、石山投手は続投で、三者凡退に抑えます。

その裏、西武は平井克典投手が登板
先頭の中村捕手がライト前ヒットで出塁
1死後、鵜久森選手はショートゴロで併殺崩れで2死1塁となり、
山田選手はボール気味の外スラに空振り三振。毎度の右投手からの打ち取られ方でした。
まだ一日一善がやっと。
ホームランは左投手の変化球だから打てただけで、復調にはほど遠く感じた打席でした。

8回、ヤクルトは平井諒投手が登板
先頭の源田選手がセンターへの2塁打で出塁
秋山選手のセカンドゴロで3塁へ進み、浅村、中村剛也選手は連続四球で1死満塁
つづく外崎選手にライトへタイムリーヒットを打たれ、二者生還して2-10
田代選手のショートゴロの間に3塁ランナーが生還して2-11
岡田捕手には死球をぶつけますが、後続を抑えます。
もうぶつけるのもぶつけられるのもやめて下さい!

その裏、西武は南川投手 知らない投手が次々出てきます。
1死後、バレンティン選手は、バットが三遊間まで飛んで行った後、空振り三振。やる気なし
雄平選手はセカンド内野安打、今日3安打猛打賞。
膝が悪くても、一生懸命走っています。ただ、点差を考えれば、もうベンチに下げてほしいです。
大引選手は三振で3アウト。

9回、ヤクルトは秋吉亮投手が久々の登板。ファーストに西田選手
西田くんを使うのなら、中村捕手に代わって捕手で使えばよさそうなものなのに。
干されっぱなして、実戦感覚がなくなっていそう。
中村捕手に何かあればどうするつもりなんでしょう?
秋吉投手は3人で片付けます。

その裏、西武は田村投手
荒木選手は四球で出ますが、最後は西田選手が併殺打でゲームセット

ヤクルトは2-11で西武ライオンズに大敗し、これで5連敗。借金は12となりました。

今日は先発の館山投手が打たれました。
3回を投げ4安打4失点。西武ライオンズのクリーンアップそろい踏み、
秋山、浅村、中村選手に一発を浴び、早々と降板しました。

2番手以降のギルメット、石山、平井投手も失点を重ね、4投手で11失点
改めて西武打線の力を見せつけられました。

一方、ヤクルトは3回に、山田哲人選手が11試合ぶりとなる6号2ランホームランを放ち、
得点はこの2点のみでした。
雄平選手と中村悠平捕手のWゆうへいが3安打猛打賞など、
チームは10安打でしたが、毎度の3併殺など打線がつながりませんでした。

山田選手に待望のレフトスタンドへの一発が出ましたが、結局4打数1安打に終わりました。
いいと思う打席が、なかなか続きません。
ホームランは復調へのきっかけになるといいなあという程度で、
特に最後の空振り三振の打席を見ると、外の球への対応が出来ず、まだまだという気がしました。

西武打線は2アウトからでもきっちり得点を重ねますが、
ヤクルトは先頭が出ても得点には至らず、攻撃の質の違いをまざまざと感じさせられました。
同じように打っているように見えても、考えたバッティングができるか否か、勝負強さの違い、
また、西武は打球が鋭くて抜けて行きますね。

本来なら真中監督がやりたいような攻撃ですが、大きな差は、選手任せではなく、
西武は、辻発彦新監督ら首脳陣のもと、きちんと指導され、
選手が監督の意図を理解したうえでの野球ができているように思いました。
昨年までよりは、チームが引き締まり、打線は明らかにつながりが良くなっているように感じますね。

ヤクルトはこれで5連敗。明日は星投手で連敗脱出と行きたいですね。

# by misty2011 | 2017-06-03 19:25 | 東京ヤクルトスワローズ