Out of focus ~Baseballフォトブログ~

原樹理2勝目前、9回2死から秋吉4連打浴び逆転サヨナラ負け★2-3×

東京ヤクルトスワローズは、今日からナゴヤドームで中日ドラゴンズとの3連戦
現在5位のヤクルトと、6位・中日との最下位攻防戦となりました。

初戦の先発は、中日が小笠原慎之介投手、ヤクルトは原樹理投手
スタメンは、バレンティン選手が1試合出場停止のため、5番レフトに鵜久森、6番ファースト荒木、
8番サードに谷内選手が入りました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・原樹理投手が7回無失点6奪三振の力投も、9回に逆転許しサヨナラ負け…

初回1死後、坂口選手がヒットも、山田選手は一邪飛。
雄平選手は三振で3アウト。

その裏、原樹理投手は2死後、大島選手を四球で出しますが、2盗を中村捕手が刺し3アウト

2回、先頭の鵜久森選手が四球で出塁も、荒木選手がセカンドフライ
中村捕手はセカンドゴロ併殺打で3アウト。

ここまで、ヤクルトはランナーが出ても、次の打者が全く意味のないアウトでランナーが進めず、
極めつけは併殺打と、毎度の見飽きた拙攻。

その裏、原樹理投手は三者凡退に抑えます。

3回、先頭の谷内選手がレフトへのヒット、原樹理投手がきっちり送りバントを決めます。
1死2塁から、大引選手がレフトへタイムリー2塁打を放ち、ヤクルトが1点先制!
さすが、中日キラーのビッキー、ナイスバッティング!

なおも1死2塁で、坂口選手はレフトフライ
山田選手はフルカウントから四球で歩き2死1、2塁。打てそうもないので助かりました。
雄平選手はショートゴロで3アウトとなり、1点どまり。

3回裏、原樹理投手は1死後、松井捕手に四球を与えますが、後続を打ち取ります。

4回1死後、荒木貴裕選手がレフトスタンドへ3号ソロホームランを放り込み2-0
うお~~凄い!低めをうまくすくい上げました。
荒木選手は、松山で大野投手から打ったサヨナラ満塁弾以来の一発です。
こちらも中日キラーか!?

4回裏、ここまでノーヒットに抑えている原樹理投手は、この回も三者凡退に抑えます。
コントロールは多少バラけても、腕がよく振れて力のある球を投げ込み中日打線を封じます。

5回1死後、坂口選手がショート内野安打で出塁。
また、山田選手の前にランナーが出ました。
山田選手はサード後方への打球を打ちあげますが、
ゲレーロ選手が中途半端な追い方で、ポテンヒットなります。
完全に打ち取られた打球だったので、ラッキーとしか言えません。
まあ、ヒットはヒットということですが、
来週から交流戦が始まるというのに、山田くん調子は良くなるどころか悪くなっています。

つづく雄平選手は初球を打ってショートゴロ併殺打、一瞬にして3アウトチェンジ。
何も初球から・・・。じっくり攻めたいところでしたが、雄平選手には無理ですか?
ヤクルトは、Wユウヘイで今日はやくも2個目の併殺打。

5回裏2死後 原樹理投手は、平田選手にレフト前に初ヒットを許しますが、
つづく松井捕手を空振り三振に仕留めます。

6回2死後、中村捕手がライト線への2塁打、谷内選手は四球で出ますが、
原樹理投手はレフトフライで3アウト。山田くんより、よほどいいスイングに見えました。

その裏、原樹理投手は、この回も3人で片付けます。怖いくらい好投が続きます。

7回、中日はドラ1ルーキーの柳裕也投手が登板
1死後、坂口選手が四球で歩きます。
山田選手は力ないセンターフライ。
この打席、それほど厳しいインコースでもない変化球に、腰がぴくっと引けました。
死球後遺症がまだ続いてる?
また、軸足が粘れずタメがない上、スイングも鈍くて打球が全く伸びません。
雄平選手はショートフライで3アウト。
せっかく坂口選手が出ても、3、4番が何もできません。

7回裏、原樹理投手は2死後、ゲレーロ、藤井選手に連打され2死1、3塁のピンチを招きます。
続く平田の打席で、原樹理投手のワンバウンド投球の間に、
3塁からゲレーロ選手がホームに暴走して憤死となり3アウト。相手ミスに救われました。

8回、先頭の鵜久森選手がショートゴロ内野安打で出塁。代走は上田選手
荒木選手は送りバントで1死2塁から、中村捕手は捕邪飛で2死2塁となり、
谷内選手は空振り三振で3アウト。

その裏、ヤクルトは石山泰稚投手に交代
三者凡退に抑えます。

9回、中日は福谷投手が登板
1死後、大引選手は四球で歩きますが、坂口選手はショートゴロ併殺打で3アウト。
今日3個目の併殺打。
正直、私は山田くんに打席が回ってこなくてホッとしました。
打てないので、もう見たくない気分。

9回裏は2点リードで秋吉亮投手が登板
2死後、大島選手にライト前ヒットを打たれ、ビシエド選手はレフトへの2塁打で2死1、3塁
つづくゲレーロ選手にセンター前に落ちるタイムリーヒットを打たれ、
二者ホームインして2-2の同点に。
9回裏2死ランナーなしから、秋吉投手は3連打浴び、同点に追いつかれました。

しかし、あの打球でセカンドランナーを生還させちゃダメでしょ。
上田選手のバックホームがお粗末でした。
これで好投した原樹理投手の2勝目が消えました・・・。

さらに、藤井淳志選手に右中間へのタイムリー2塁打を打たれ、
代走の荒木雅博選手が1塁からホームインして2-3×
 
ヤクルトは9回2死ランナーなしから逆転サヨナラ負けを喫しました。
悪夢ですね・・・。言葉がありません。

守護神の秋吉投手が誤算なら、守備固めの上田選手のあの浅い位置からのバックホームも情けない。
7回3安打6奪三振無失点と好投した原樹理投手の2勝目が消えたのが残念でなりません。

e0222575_1251156.jpg



最後は秋吉投手が打たれましたが、2点しかとれなかった打線にも大きな責任があります。
ランナーが出ても進塁打さえ打てず、相変わらずの3併殺がその象徴でしょう。
選手もベンチも、中日打線相手なので、2点でちょっと安心していたのかもしれません。

しかし、ひどい試合をよくこれだけ繰り返しますね。
やっと連敗が止まったかと思った瞬間にサヨナラ負けですからね。ダメージが大きすぎます。

山田くんは、今日は3打数1安打1四球、ヒットといってもあれは相手ミスなので、実質はノーヒット。
打席で打てそうなオーラを全く感じません。
今日も、インコースの球に腰を引く場面がありました。
考えたくはないですが、まだ死球後遺症から抜け出せないのではと思ってしまいます。
フォーム的にも、スイングも、体のキレも、すべて本調子からはほど遠く、
よくなったのはほんの短期間で、また後退って感じです。

もし、心因的なものだとすると、フォーム云々ではなく、
メンタル面の根本的な治療をしない限り、よくなることはないように思えてなりません。心配です。
昨年後半からの不調があまりに長すぎて、
すっかり並みの選手になってしまっているのが痛々しくて悲しすぎます。
何とか立ち直ってほしいと、私は毎試合祈るしかできません。
今シーズンはチームも山田選手も本当につらいシーズンですね・・・。
結局、山田くんが復調しない限り、チームに勢いは出てこないでしょう・・・。

# by misty2011 | 2017-05-26 21:47 | 東京ヤクルトスワローズ